FC2ブログ

PAVEL WILL & GRACE 5'9"

2020_pwg-1.jpg
2020_pwg-3.jpg

以前、atuに乗せてもらった『PAVEL WILL & GRACE』
シェイプから感じる直感めいたものや、
モデル名から感じる先入観のようなものは人それぞれにあると思うが、
WILL & GRACEは私の思うフィッシュ像そのものであります。

一言でフィッシュと言っても、同じリッチ・パベルが削るものでも何種類もある。
それぞれに方向性や楽しみ方、狙う波があって違いが生み出されているのですが、
(その違いについて、私に理解できるかどうか、作動させられるかどうかは
 一旦棚上げさせていただくことにする)不思議なもので、
そういった与えられた用途や機能以前に、見た瞬間に恋に落ちるやつと、
そうでないやつとがいる。

特にフィッシュは見た目がとても分かりやすいので、
知らない方には色や柄の違い以外はみな同じに見えるかもしれないが、
これが似て非なるものなのであります。

フィッシュが象徴する自由さを、私にとって明らかなカタチとして
視覚化しているのがこの『WILL & GRACE』なのであります。

その自由さを予感させる「走る」とか、「速い」、「小回りが効く」とかいった
シェイプから連想される事柄以外にも、
「浮力」とか「容量」とか、「走り出しがいい」とか、
「テイクオフが速い」とかいった印象論も、
ある意味「心のスポーツ」でもあるサーフィンにはとても大切だと思う。

もちろん、そういったコトに囚われている時点で
シロウト丸出しであることは痛いほど分かっている。
でも、たまのサーフィンをより有意義にするために、
「こいつとなら上手くやれそうだ」と信じられることで、
心の重荷を下ろすことも、とても大切な道具の役目だと私は思う。

水の上をいかに滑るかをイメージしたときに、
そのボードから、沈んでいくような印象を受けて良いはずがない。
身体の質量の大きい私にとって、そんな心の重荷を軽減してくれるのが、
このWILL & GRACEにも採用されている
『VARIAL FOAM』という新しいフォーム材でありました。

私が新しモノ好きであることは間違いがないのですが、
このバリアルフォームが新素材だからというだけで、
私の重荷を避けてくれると直感できたわけではない。
以前よりatuが、WILL & GRACEでどんなに割れづらい波でも
スイスイと走り出していく様子を何度も目の前で見せられたことが、
バリアルに対して好印象を持った一番の理由。
やはり同じ時間に同じ場所で、同じ波に乗る
仲間のボードが機能している様子が一番心に響くものだ。
それが何やら聞き覚えのないフォーム材でできているとか言われれば、
単細胞の私は尚のこと、分かりやすく興味を惹かれてしまう。

そうして実際にバリアルフォームが奢られた、同じリッチ・パベル シェイプの
DIAMOND TWINZER』に乗るようになり、
バリアルが単純に浮力の高い素材なのではなく、
私の体重や身長で強く踏み込んでも、きとんとスナップとして
反発してくれるフォーム材であることがよく解った。

これは、先日紹介した『On the Edge of a Dream』でも
エッジボードの特性として語られていたことと符号するのですが、
エッジが水流を加速させボトムの水を排出させることで水との抵抗を減らし、
フロウ方向にボードを持ち上げていたことを、
バリアルフォームはその差材の特性でボードを水流から剥離し、
抵抗を減らしてスピードを稼いでいるものと推察される
(もちろん私の独自考察です。悪しからず)。

なので、機能させるためにはそれなりに速い水流(波の速さやパワー)を
必要とするエッジボードと違って、バリアルフォームは
力の弱い小波であっても走り出しの良さを引き出しつつ、
フィッシュの特性である高い機動性を確保できるはずだ。

2020_0600-3.jpg

実際、WILL & GRACEのボトムは
薄いコンケーブが施されてはいるが、ほぼフラットに近い。
それだけ水の剥離性に優れていて、そもそも抵抗が少ない。
つまり、スピードコントロールに関するデザインへの対応幅が
ことのほか広いということなのだと思う。

そういったフィッシュへの思いや、
バリアルフォームへの信頼感といった類のものが組合わさったものが、
私にとってのWILL & GRACEであるわけだ。

そんなWILL & GRACEなので、
いつも次に欲しいサーフボードリストの一番上にいたのですが、
リッチ・パベルさんは毎年日本にやって来て、
日本のユーザーのオーダー分をシェイプしてくれていたので、
「いつかタイミングが合えば私もオーダーしよう」とか、
そもそもがオーダー嫌いの私は、それをさんざんあと送りにしてきた・・・

・・・のですが、
健康上の理由(シェイパーによって、フォーム材の削り粉が
体質的に合わないものがあるらしい)もあり、
リッチさんはもうバリアル・フォームを削らない決断をしたとの情報を、
昨年の11月に他でもないatuから聞いてしまった。

そもそもバリアルフォームを削るシェイパーじたいが少ないことに加え、
私の知る限り数本しか削られていないWILL & GRACEが
中古市場に出て来る可能性は極めて低い。

コリャもう無理だ。と、すっかり諦めていた今年の正月明け、
実は前回の来日シェイプの時にシェイプだけされていて、
まだグラスが巻かれていない状態のWILL & GRACEが存在することが判明した。

“判明”なんて言ってますが、単にSNSに情報が上がっただけのこと
(それを報せてきたのもatu)なのですが、
諦め気分だった私にとってそれは、“判明”レベルの蔵出し情報であったわけだ。

そうしてグラス作業に入る前に購入することにした。
ほとんど希少部位を食べたいがために子牛を買うような気分だ。

2020_pwg-6.jpg
2020_pwg-8.jpg

そうして2月にグレースさん(♀)は我が家に嫁いで来た。

アイソレジンという薄く軽量に巻いても強い表面強度をもつという
珍しい(新しい)レジンが使われているのですが、
強度の高いバリアルフォームが可能にする
ストリンガーレスのシンプルでソリッドな見た目の印象を、
アイソレジンのクリームがかったクリアが、
よりクラシカルに協調してくれております。

2020_pwg-5.jpg

このディケールは今のところこれにだけ使われているオリジナル。
リッチさんは来日中、毎日川沿いの道を歩いて工房に向かうのだそうですが、
これはその川で見かけるカワセミを顕しているのだそうだ。

2020_pwg-9.jpg

もちろん、いつものPAVELディケールも好きなのですが、
パッと見でそれと気づかせないカワセミくんの奥ゆかしいところもステキだ。

というわけで、またもや神器の予感。というか確定。
WILL & GRACEがどんなに欲しくても、今後はもう買えないことを思えば、
これは私にとってスキップ・フライよりも価値のあるサーフボードだ。
希少性も含めて手に入れることができた満足感は異様に高い。超幸せだ。

巻きたての新しいサーフボードを買うのはこれがはじめてなので、
「念のため1ヶ月ほど寝かせて、レジンが落ち着いたら使おう」
(と、アドバイスしてきたのもatuだ)とか思っていたら、
このコロナ騒動でいまだに進水式ができていない・・・
すでに3ヶ月以上もお預けを食らっている。
(これがatuの真の目的だったのか!なんてことだ!)
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2020.06.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

ジョジョ・ラビット

jojorabbit1_.jpg



日本での公開日は1月17日からだったので、
コロナ騒ぎの前に公開されていたのですが、
なんだかんだで観に行くことができなかった『ジョジョ・ラビット』。
先日レンタル配信が開始されたので早速観ておいた。

第二次世界大戦中のドイツを舞台にしたコメディ作品。
と言うだけで、その不謹慎さが伝わって来るだろう。
でも、ときには批判やら炎上やらを覚悟の上で、
それをすることでしか表現できないこと、
伝わらないことに真っ直ぐ向き合うべきときがある。

jojorabbit2_.jpg

戦時下のナチス・ドイツの有り様を、
とにかくアメリカンに揶揄しまくることで、
ナチスの冷徹さや残酷さを滑稽に見せまくる。
ホロコーストを含めて、歴史の授業で習った
ナチスの恐ろしさを知っているからこそ、その滑稽さのエッジさ加減、
笑えなさ加減が、逆に観る者の心を強く揺さぶってくる。

jojorabbit4_.jpg

恐怖で統治し、党員に恩恵を与える
アメとムチという子供でもわかる社会システムを、
子供社会の中で落ちこぼれてしまった10歳のジョジョの目線で描くことで、
単純だからこそ手強くて、だからこそ強力に抗わなければならない
恐怖政治のもつ真の恐ろしさ、そして、
人間の持つ真のやさしさを浮き彫りにしてくれます。

jojorabbit5_.jpg

自身は反ナチの活動家でありながらも、ジョジョにそれを押しつけることをせず、
ナチスに傾倒する息子の価値感を認めながら、
ノビノビとその個性を伸ばそうとする
ジョジョの若く美しい母親ロージーをスカーレット・ヨハンソンが演じている。

マリッジ・ストーリー』でも、持ち前の存在感と、その(意外な)演技力とが
キャスティングの妙として見事に顕れていましたが、
同時期に撮られていた今作でも、彼女でなければ成立しない
ロージーという一人のたくましくも美しい女性像を見事に演じきっていた。

人気先行のカワイコチャンかとばかり思っていたが、
今年のアカデミー賞では、マリッジ・ストーリーで主演女優賞、
今作で助演女優賞にダブルノミネートされ、
すっかり実力派女優の仲間入りを果たしておりました。
なんだか女優さんの方が男優さんよりもずっと野心的な気がする。
そして、良い意味で身替わりが早い。

こういう存在感のある女優さんが、ヘタに際立つこともなく、
監督の意図した世界観を定着させる重要なピースとして機能している
作品というのは、本当に良い作品だと感じられる。

jojorabbit3_.jpg

監督は『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ。
俳優でもある彼は、今作ではジョジョの想像上の友人である
「アドルフ」役として登場していて、俳優としての力量の高さも魅せてくれている。
今作でももちろん脚本も手がけており、マルチな才能を遺憾なく発揮することで、
作品に一本ビシッと貫かれる骨格を生み出している。
今年のアカデミー賞でも作品賞にノミネートされ、見事、脚本賞に輝いている。

jojorabbit7_.jpg

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一員でもあるワイティティですが、
同じディズニー傘下となったスター・ウォーズ・ユニバースでも、
アイアンマン』を生み出したジョン・ファブローが総監督を務めた
ザ・マンダロリアン』の最終回を監督しており、かなりの高評価を得ていた。
(ちなみにロボット賞金稼ぎIG-11の声もワイティティが担当している)

jojorabbit6_.jpg

現在『マイティ・ソー/ラブ・アンド・サンダー』の製作に取りかかっている
(コロナの影響で現在は撮影はストップしているが、2021年公開予定)
ワイティティ監督ですが、
2024年公開予定の新たな劇場版「スター・ウォーズ」作品の
監督を務めることもすでに決定している。
今や大作に引っ張りだこの人気監督であります。

そんな人気監督が、心から作りたかったオリジナル脚本作品ですので、
人気大作映画ではなかなかできない、伸び伸びと描かれた
清々しい世界観を堪能していただきたい。
(オススメ度:80)
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.06.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

クリストファー・ノーラン最新作『TENET』は予定通り9月に公開されるのか?

tenet1.jpg



ダークナイト三部作』、『ダンケルク』の
クリスファー・ノーラン監督最新作『TENET』。
これまで「国際スパイが世界を股にかける大作アクション映画」であること。
そしてノーラン監督にとって大きなテーマである
“時間の連続性”をめぐる物語であること伝えられてきたが、
例によって完全な秘密主義が貫かれ、
それ以外、内容に関してはほとんどの部分が謎に包まれている。

STAR WARSやアメコミ映画のようなシリーズものでもなく、
原作や元ネタがあるわけでもないオリジナル脚本の作品であれば、
ある程度のネタバレを覚悟の上でも関心を惹いていかないと
多くの観客を動員する事ができない。
つまり、ある程度ヒットすることが予測できなければ、
どんなに内容を秘密にしたくてもそれは許されない。
それだけノーラン監督の撮る作品は常に市場に待ち望まれ、
内容に関する宣伝なしでもヒット間違いなしと言われる、
現在唯一無二の映画監督と言って良い希代のヒットメーカーであります。

デジタル化が進む映画業界の中で、フィルムの存亡を憂い、
自らフィルムの可能性を誇示し続けるなど、
映画への愛の強さでも有名なクリストファー・ノーラン。
昨今の新型コロナウィルス禍における映画館を含む業界の未来に対しても
No.1ディレクターとしての発言権を行使し、先日、『TENET』の全米公開を、
当初の予定通り7月17日に行いたいとの発表を行った。

日本でもすでに緊急事態宣言が解除された地域の映画館では、
ソーシャルディスタンスを鑑みた対策を施しての営業が再開されてはいるが、
そのためあまり多くの観客を迎え入れることができない。
それはつまり、興行において重要な観客動員数を稼げないことになるため、
『007』や『トップガン2』をはじめとした、多くの超話題作は、
早々に公開を年末まで延期してしまっている。
もちろん、この緊急事態下では尚のこと、
公開日は監督の一存だけで決められる問題ではないのですが、
それでも今回のノーラン監督の発言は頼もしく感じる。

現在アメリカでは、新型コロナに続いて
人種問題に反対する大規模なデモが国中で行われているので、
先行きは尚不透明。
いまだに予告編からは公開日の記述は削除されたままだ。

果たして『TENET』は、ここ日本でも予定通り9月18日に公開されるのだろうか。
今後のノーラン監督の発言に、世界中の映画ファンの注目が集まっている。
  

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

2020.06.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

Good Surf wax

2020_0408-49.jpg

サーフィンにまつわる道具やモノがまた、
機能性を重視する以上に、心情的というか、
情緒的な価値基準で選ぶことの方が結果正解だったりする。

サーフワックスもまた然り。
私の場合はほとんどジャケ買い。
このパッケージデザインに完全にヤラれてしまった。

有機ココナッツオイルと蜜蝋のみから作られ、
石油化学物質を一切使用していないという製法はもちろん、
夏はHARD、冬はSOFT、厳冬期はEXTRA SOFTという3種展開というのも
このパッケージデザイン同様に、メッセージがシンプルでとても分かりやすい。

というわけで、すぐに手を出してしまったわけなのだが、
お値段はシンプルさに反比例してとても高い。
一般的なサーフワックスの約2.5倍もする。

最初私は画像を見てポチってしまったのですが、
てっきりこのバケツのようなパッケージが、
お値段通りに2.5倍大きいものとばかり思っていた。
届いてビックリ。
検●用の紙コップサイズで、容量も一般的なサーフワックスと同じくらい。

海に行くたび使うものなので、これはあくまでもイニシャルコストでしかなく、
この先のランニングコストもまた2.5倍。
しかも、塗り方にコツがあるらしく、なかなかツブになりにくいとの情報もあり、
買ったはいいのだが、これまで使うのは躊躇してしまっていた。

とか言っているうちに例の騒動で海に行けなくなり、
暇つぶしに家でサーフボードの古いワックスを剥がしていて・・・
・・・というのは後付けの話で、新しいサーフボードがやって来たので
(その話はまた今度)、購入から半年以上が経ってから、
フトこのワックスがあることを思い出した。

正直私はサーフワックスを塗るのはかなり苦手だ。否、下手クソだ。
ツブが不規則に並ぶことが、逆に有機的にさえ見せる
美しくワックスオンされたボード・デッキは、
巻き煙草の上手な男のように、使う者の自信さえ伺わせてくれる。
足裏や手のひらとボードをグリップさせるという機能以上にどこかカッコイイ。

それは分かっているのですが、とにかく面倒くさがりの私は、
特に準備にかかる事柄ほど“時短”を重要視する傾向にあるので、
こういった手の混んだ作業にはほとんど自信がない。
と言うか、そもそもやる気なし。
だったのですが、外出自粛期間中だからこその開き直りで作業を開始した。

2020_0408-42.jpg

案の定、最初に手がけたニューボードの方は、
きれにはツブを育てることができなかった。
そうして挑んだ2枚目の途中で何となくコツを掴みはじめ、
なんとかここまではツブ髙にすることができた。ちょっとウレシイ。

私はついクセで、ワックスの面を広くデッキに擦りつけるように押しつけいた。
今まで使っていたワックスなら、それでもツブになってくれていたのですが、
その方法だとGood Surf Waxは、ただ薄い層が重なるだけで、
なかなかツブにはなってくれない。

そこで、考え方を変え、面ではなくワックスの角や先端など尖った部分を、
崩さないように力を入れずに丁寧に、焦らずに軽く擦るようにしてやると、
ツブに積み重なっていってくれるようになった。

上の画像はベースとしてHARDだけ重ねた状態。
特にHARDの粘性は低く、例のぺたっと手に張り付く感じがあまりしない。
海や日射の下ではまた粘着感が違うのかもしれないが、
このワックスの場合、ツブによるグリップ感は尚のこと必要だと思われる。

もっと上手く塗れるようになるには、もう少し経験が必要そうですが、
香りの方は誰が塗っても極上。これぞ無添加、自然由来の香り。
なんか自分が良い人になったような気さえしてしまう。

もちろん、この上に別のワックスを重ねて塗っては意味がない。
そして、このワックスはSEXWAXのようにどこでも手に入る代物ではない。
私は準備なら怠らない、とにかく心配性な人間ですので、
まだ一度も使ってもいないのに、すでに予備も買い足してしまった・・・

もう後には引けない状況はありますが、試したらまた報告しようと思います。
  

2020.06.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

Netflix 『タイラーレイク』

tylerlake.jpg

いよいよ東京、埼玉でも、6月1日から映画館の営業自粛が解かれ、
久しぶりに劇場のスクリーンで映画を堪能できる日々が戻ってきた。
とはいえ、『トップガン2』や『007』などの超大作は、
すでに年末に公開日が延期されていたり、
まだまだ騒動の渦中にあることに変わりはない。
何の気兼ねもなく新作の公開を心待ちにする日々は、まだ遠い状況だ。

ちょうど自粛騒ぎが始まる頃に公開されていた『ジュディ 虹の彼方に』や、
『フクシマ50』、私は公開中に間に合った『スキャンダル』などは、
「自宅映画館」と称し、通常劇場公開終了後、
最低でも3ヶ月は開けてから開始する動画配信を、
すでに自宅で観ることができる措置が講じられたりしている。

ちなみに2月7日に全米で公開された『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』は
アメリカ国内ではすでに3月24日から配信が開始されている
3月20日から劇場公開された日本でも、すでに先行配信がスタートしています。
(レンタルの開始は6/10から)。

劇場閉鎖に伴う損失補填のための「自宅映画館」でありますので、
レンタルとしては少々高額で、なんと邦画の『フクシマ50』は¥1,900!と、
劇場鑑賞料より高かったりした。
自粛生活を応援するために様々なコンテンツが無料で配信されている中でも、
さすがに無料にしろとは言わないが、この作品の内容を考えても、
それはちょっといただけないと感じたので私は観なかったが。

それらを除けば、現在私にとって最新映画(まだ観ていない作品)を
観ることができる唯一の場となったNetflix。
毎度言いますが、場合によってはハリウッドの劇場公開作品以上に
予算を潤沢にかけられた大作も多く、大型スクリーンで観るか観ないかという
環境面以外、すでに劇場公開作品との差は存在しないし、
むしろ一定以上の視聴者を確実に確保できるNetflixの方が
予算規模が大きい場合も少なくない。



そんな、いまや動画配信サービス業界に留まらず、
ハリウッドにおいても確固たる地位を確立したNetflixにあって、
4週間で9,000万世帯で視聴され、Netflix史上最大のヒット作となったのが、
4月24日から独占配信が開始された『タイラーレイク -命の奪還-』。

主演は『マイティーソー』シリーズのクリス・へムズワース。
『アベンジャーズ:エンドゲーム』のルッソ兄弟が製作を努め、
ジョー・ルッソが脚本を手がけている。

麻薬王の息子が敵対する麻薬カルテルに誘拐され、
その子供の救出を、ある傭兵組織が依頼される。
その組織に所属する傭兵タイラー・レイクが任務を引き受け、
単身敵地に乗り込む。

地元警察を含む、多くの手下を配下に置く、
麻薬カルテルの反撃はもちろん、
実は傭兵組織への依頼料を支払えない麻薬王が、
別で雇った傭兵にタイラーから息子を奪わせようとしたり、
単純であったはずのミッションは、泥沼のサバイバルゲームへと変わっていく。

tylerlake2.jpg

麻薬王からの支払いが滞ることが決定的となり、傭兵組織はタイラーに、
子供を放棄して脱出することを指示するが、
タイラーはその指示を無視して子供を脱出させることを決意する。

生き残るためには如何なる冷酷な判断も実行してきたタイラーが、
なぜ、この子だけは助けると決意したのか?
タイラーのうちに秘めた過去と決意が次第に明かされていきます。

といった背景にも魅力がないわけではないのですが、
そんな細かいこと全部吹き飛ばすほどのアクションシーンが、
全編に渡って続けられ、まさに息つく暇のない
ジェットコースター・ムービーに仕上がっている。

中でも、カーチェイスはCGを駆使した擬似的なワンカットシーンになっていて、
車内に据え付けられたカメラが、そのまま車外に出て車全体を映したりする。
まさに観る者を降り回す独自のカメラアングルは、
車酔いどころの臨場感ではない。

と、絶体絶命の不利な戦場からの脱出という、
シンプルでいて究極的な状況描写にすべてのフォーカスが当てられ、
そのことを激しく観る者に伝えるために、箸休め的なシーンがほとんどないことが、
この作品をほとんど唯一のものに仕立て上げている。

『EXTRACTION』という原題ではなく、邦題にあえて主人公の名前が
作品名として使われていることからも分かるように、
すでに続編の製作も決定したらしい。
(オススメ度:80)
  

テーマ:Netflix - ジャンル:映画

2020.06.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

真夏が来る前にリモート環境を改善せねば!!と、新しいエアコンとDyson Pure Hot + Cool™ 空気清浄ファンヒーターを買ってみた話

2020_0501-34.jpg

コロナ騒動に気を取られているうちに、気がつけばもう6月。
春は通り過ぎて梅雨時期であります。梅雨が明ければトーゼン夏がやって来る。

先日、6月からの3ヶ月予測が発表されたが、
例年以上の暑さになるとの内容でありました。
昨年の猛暑にもホトホトまいったが、
今年も厳しい暑さの日が多くなりそうだ。

実は私の部屋のエアコンが壊れていて、
1時間も冷房をかけていると自動的に送風になってしまう。
場合によっては温風が出てくる。
そんな状態が、かれこれ3年ほど続いていたのだが、
猛暑日の昼間は部屋にいないようにするなど、なんとかやり繰りしながら、
エアコンの買い換えを先送りにしてきた。

しかして。またいつ週末の外出自粛要請が出されるか分からないし、
何より今は在宅勤務である。

というわけで、例の特別給付金の交付もニラミつつ、
取り付け工事が繁忙期になる前に済ませるため、
ゴールデンウィーク中にエアコンの取り替えを決意した。

スノーボードやサーフィンはもちろん、自動車やオートバイとも違って、
シロモノ家電の価値基準に情緒的価値はほとんど介在しない。
細かいことは無視して直感で何でも決めてきた私にとって、
家電の世界は深い。なかなかの難敵だ。
そして、家電の価格差とはそのものズバリ性能差。
家電の世界にあっては、1+1は美しいほど2なのである。
それを知るために必要な情報量は実に膨大だ。

性能や機能の上積みをどこで止めるか?が重要になるのですが、
知れば知るほど全てが必要に思えてしまう。
結局私は、省エネ性能、センサー機能、自動フィルター掃除機能に
エアコン内部を加熱乾燥させてカビの発生を抑制する機能、
そして、出先からでもスマホアプリを使って作動させられる
無線LAN対応機能など、エアコンの最新トレンドはほとんど網羅してしまった。
一周回って悩むだけムダ。

ただ、そんな厳格な価値世界であるからこそ、旧モデルはきちんと安い。
それと、季節モノであればあるほど、在庫が多いタイミングによっては、
安く買えるのも定形ルールの通りなのであります。

全部入りにしながらも、型落ち物件を探し出し、
取り付け工賃、古いエアコンのリサイクル費用などを含めて
特別給付金ビッタシに収めることができた。

2020_0501-33.jpg

無線LAN環境対応、いわゆるIoTというやつですが、これがまた興味深い。
出先からエアコンをコントロールできることもそうですが、
そのコントロールもとても詳細だ。
そして、電気代もモニターできるので、
こういったことに無関心だった私でも、省エネを気にするようになる。
私は使っていないが、音声AIアシスタントにも対応している。

という長〜〜い前段を経て、やっと本題でありますが、
家電のことをアレコレ調べていると、アレコレ見つかってしまうわけであります。
自粛生活によって時間なら腐るほどあるので、
リサーチ作業に余計に拍車がかかってしまう。

そうして目にとまったのがダイソンの扇風機。
エアマルチプライヤーであります。
エアコンが壊れていたこともあり、
就寝時間を中心に、これまでの扇風機の活用率は高かった。
そのため扇風機も、もちろんすでにポンコツ状態。

エアコンと同様、扇風機の世界もまた機能差がそのまま価格差になっている。
ただの扇風機にはじまり
・冬にヒーターとして使えるモデル
・更に空気清浄機能が着いているモデル
・私の買ったエアコンと同様に無線LAN環境に対応したモデル
そして、
・加湿機能まで備わっているモデルまである。

決定に際してはサイフと相談すれば良いだけの話なのですが、
中古まで見渡すと、その選択肢はかなり広がってしまい、
知れば知るほど一台に決めきることができない。

ということで、
① 2.5万円まで
② リモコンが付くこと
③ 青いこと
という3つの条件で星の数ほどもある出物をスクリーニングした。

ダイソンで2.5万円となれば当然中古が前提なのだが、
中古物件だとリモコンを紛失していて付属しないものも多い。
私は手の届く位置で全てを済ませたいズボラ人間なので、
いかにお得物件であってもリモコンなしは考えられない。

そして、みなさんコンサバな選択をされるのか、
シルバー/白以外のカラーは出物が少ない。
ダイソンの先進性を表現したあのデザインが私は好きなので、
あえてそこをシロモノにするという発想は私にはない。

そうなのである。
さきほどシロモノ家電には情緒的価値が介在しないと申し上げましたが、
ことダイソンに関してはそれがある。

これが価格差をおいてでもダイソンを購入したいと思わされる原動力だ。

2020_0501-30.jpg

そうした条件をクリアしてくれたのが
中古の『Dyson Pure Hot + Cool™ HP01』でありました。
2015年あたりのモデルでしょうか。
アイアンブルーと名付けられたこのカラーリングが超クール。
それと、全てのダイソン製品に施される
アルマイト風のマット仕上げ塗装が秀逸であります。

高い密閉性をもつ360°グラスHEPAフィルターで、
花粉、バクテリア、ウイルス、PM2.5はもちろん、
PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去¹。
8畳の部屋で約30分で処理してくれる。
今年は私の花粉は少なかったようなのですが、
来年以降は活躍してくれることと思う。
実際使ってみると部屋の臭いもかなり除去してくれた。

一日12時間使用で1年間でフィルターを交換する必要がある。
割安なサードパーティ製などもあるが、
ここをケチるのは意味がないのでダイソン純正を使い続けたいところ。
だいたい5,000円程度。
ちなみに私は新品のフィルターが装着された状態のものを買った。

2020_0501-31.jpg

暖房機能もかなりのものとお見受けした。
ここのところ気温がグッと下がる日もありますが、
私の部屋ならそんな日もダイソンくんだけで充分暖められる。
なんならこれだけでひと冬しのげてしまいそう。
暖房使用時の1時間あたりの電気代は、最大で32.4円と安くはないが
セラミックファンヒーターあたりと同等。

2020_0501-32.jpg

紛失されることが多いリモコンですが、
このように磁石でテッペンにひっつくようにできている。
(スイッチが下を向くうつ伏せの状態で磁石が効く)
さすがダイソン、こういったところもコダワってます。

一点気になるのは、送風音がそれなりにすること。
テレビを観るときなどは最小の「01」でないとウルサく感じるほど。
最新型になればなるほど改良されているのではなかろうか。
いっそ扇風機に特化して考えて、オーソドクスな羽根ありのもので
静音機能に優れたDCモーター扇風機などもいいかもしれないが、
ただの扇風機だったらDCモーターなんてぶっちぎって、5,000円のもので充分。
5倍のお金を払ってでも、やっぱりダイソンくんを買って良かったと思えることが、
ダイソンのブランド力だ。

というわけで、エアコンとの併用で、今年は猛暑もドンと来いであります。
もちろん猛暑を願っているわけでも、
自粛生活が長引くことを願っているわけでもありませんが、
まさに備えあれば憂いなしであります。

贅沢家電とも言われるほど、
近ごろ家電は基本性能以外の部分での開発競争が激しい。
無印的なモノで充分だと、頭では解っていても、
一度贅沢を味わってしまうと、あれもこれも欲しくなってしまう。
家電こそ財布の紐の弱い私にとって、
最も危険なエリアであるということが今回良く分かった。
次は4Kテレビが欲しいのだが、
もちろん周辺機器も芋づる式に4K対応が求められるわけで・・・
  

テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

2020.06.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

芽育 Bakebon L のその後

2020_0421-5.jpg

いま私にとって、外で楽しめる遊びと言えば、もっぱらスケートでの坂下り。
いわゆるダウンチルしかない。
ありがたいことに、我が家の近くには一級河川である荒川が流れていて、
一級河川らしい立派な土手のアプローチに、
距離は短いけれども舗装の良い坂が多くある。
トレーニングとか、ジョギングとか、絶対に続かない私にとって、
そうした坂をユラユラとスケートで滑り降りることが、
近ごろの唯一と言っていい運動であります。

私がスケートでしたいのはカービングだということ。
ターンと言うよりカービングの方がピンと来る。
スノーボードのようにターンをしながら滑り降りる感覚を得ることが目的。
結果的にスノーボードやサーフィンのオフ・トレになっているのかもしれませんが、
それが目的の第一義では決してないということ。
つまりはカービング遊びであります。

そんな私の愛機は芽育(MAKE)の『Baked Hill』と『Bakebon L』。
中でもBaked Hillは、ホイールベースも適度にあって安定感が高く、
幅が広くコンケーブされたデッキで、
足先の動きに対するレスポンスが適度で操作性が高い。
かと言って体重があって足のデカイ私でも反応しすぎることもないので
低速域であってもとてもコントロールがしやすい。
私にとって、ほぼ唯一無二と言っていいエースで4番的存在。

あまりに私とBaked Hill(と、いつもの坂)との相性が良すぎるため
ついBaked Hillにばかり乗ってしまうわけですが、
ここのところ集中してスケートばかりしているので、
さすがにそれにもちょっと飽きてきた。

もちろんこういう時のために手に入れたBakebon Lなのではありますが、
Bakebon Lはだいぶ大回りを好む素性で、
いつもの道幅の狭い坂では回しきれないと感じていて、
それもあって余計にBaked Hillにばかり乗ってしまうという、
ほとんど悪循環に陥ってしまっておりました。

2020_0515-14.jpg
2020_0515-15.jpg

私の感じるBaked HillとBakebonの違いで、
特に気になっている点を言うと・・・

1:ホイールベースが長いこと
2:トレッドが狭いこと
3:デッキが細いこと

・・・の3つということになる。

できればギュインッ!と回り込むようにターンさせ、
坂の真下を向いている時間を極力減らして、
無用な加速を抑えながら速度を調整したい。
なので、低速から急な小回りをさせても安定していて欲しいのですが、
コンケーブのないフラットデッキのBakebonは、撓(たわ)みを楽しむため、
以上の3点の違いが設定されている(ものと思われる)。

急に曲げようと強めに踏めば踏むほど、むしろボヨンボヨンと、
その動きは取り留めがなくなる。
そんなある日、例の「おうち時間」を持て余し、
漠然とYouTubeでスケートのHow Toものを見漁っていたら、
「デッキごとに乗る位置やスタンスは違う」という話を耳にした。
フラットデッキはトラックとトラックの間に両足が収まるように
狭いスタンスにした方が、デッキの撓りを使えて調子いいよ。とも。

2020_0408-44.jpg

これは!と思い、猛然とBakebonを試してみたくなった。ヒマだし。
翌朝、歩いても行けるいつもの坂にBaked Hillと2本持って繰り出し、
早速試してみると、Bakebonに対する悪い先入観を、
あっという間に覆してしまうほど、安定しはじめたじゃあ〜〜りませんか!
そうか、ポジションが悪かったのか。

それに気をよくして、
Baked Hillで使って好印象だった『OJホイール』に着け換えてみたら、
これがまた好調の上書き。つまり絶好調的大当たり。

2020_0515-13.jpg

前にも言ったように、私が手に売れたOJホイールは、
ロゴがプリントされている方を外に向けて装着すると、
ホイールセンターからかなりアウトセットされるので、
デッキ幅に合わせたACEの00トラックの狭いトレッドがさらに狭くなる。
トレッド幅が広い方が安定しそうな先入観もあり、
このえんぴつのような細〜〜っい見た目から受けるイメージは
決して良いものではなかったのですが、
どうやらそういう単純なものでもないらしい。
頭でっかち素人の先入観を軽く吹き飛ばすほど、
ポジションとスタンスって大切なんであります。

そうしてターン中の安定感が得られるようになると、
Bakebonのもつボードのターンが伸びるような反発力を、
効率的に活かしながらの切り返しがリズミカルにできるようになってくる。

そうなると、言ったようにデッキがたおやかに上下に撓む感覚が
とてもキモチイイ。
できることならば、同じ斜度でもう少し道幅が広いと、
尚この撓み感を増幅できて更に気持ちよく滑れそうだ。

2020_0515-18.jpg

そんなわけで、これまたしばらく乗っていなかった
『ダウンチルデッキ&ウィール』にも久しぶりに乗るようになり、
同じ坂で三者三様の違いを楽しんだりしている。

というように、趣味を長続きさせるためには、
こうして道具によって味変させながらマンネリを避けることも、
とても大切なことなのであります。
(トーゼン一番効果的で効率が良いのは、新しいテクニックを
 反復練習することなのですが、おじさんはどうしても上手くできないことを
 道具のせいにする習性があるわけで)

もちろん坂を変えるのが一番の味変になるので、
最近は散歩と称して近所の坂の発掘作業も平行して行っている。
河川敷にある大型公園の駐車場が新型コロナの影響で駐車場が閉鎖されており、
解除されるまでの期間限定ではありますが、今はそのエントリー路で
心置きなくスケートができたり、新たなスケートポイントの開拓も進んでいる。

落ち着きがない多趣味の私は、
なかなかひとつの遊びを集中してやることがないのですが、
おかげで今は集中してスケートに取り組めている。
この間に少しは上手くなれると良いのだが、もちろん現実はそう甘くはない。
これからも身の程をわきまえながら安全第一で楽しんでいきたいと思う。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2020.06.01 | コメント(2) | トラックバック(0) | スケートボード

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR