FC2ブログ

JOKER

この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

Joker-poster.jpg



アベンジャーズ・エンドゲーム』が、
『アバター』を抜き歴代世界興行成績のトップとなったその裏側で、
二匹目のドジョウを狙い肝いりで企画がスタートした
DC版『エベンジャーズ』である『ジャスティスリーグ』が大失敗に終わり、
数々のヒーローたちを一つの画面の中で共闘させるというシンプルなアイデアが、
いかに難しいことであるのかを身をもって知ることとなったDC。

ただ、『バットマン』、『スーパーマン』をはじめ、
ワンダーウーマン』、『アクアマン』、『シャザム』など、
単独作品ではヒットを飛ばしており、コンテンツの強さでは
MARVELに一切引けを取らないことは、すでに証明されている。

そこでDCは、ユニバース化することで
個々のコンテンツの世界観を狭めてしまうのではなく、
それぞれの独立した世界観を貫くことで、
個々の強みを生かす方向に大きく舵を切り直した。

その新たなDCを方向付ける旗頭として、
『JOKER』は生み出されました。

『バットマン・ビギンズ』と同様に、
バットマン最高のヴィランであるジョーカーが如何にして生まれたのかを描く、
バットマンの前日譚となっているわけなのですが、
これをユニバースの中で片付けようとすると、
宇宙から飛来した超人も存在する世界との整合性を求められてしまうが、
この『JOKER』にはそういった縛りは一切存在していない。

何より、ゴッサムにバットマンが現れる以前の話でもあるし、
犯罪率の低下を促し、街を正そうとしているはずの大富豪のウェイン家も
ジョーカーの視点から描かれており、
善と悪の基準すらそれまでの展開から切り離されている。

そこに超常的な力が存在するような非日常性はまったく存在してはおらず、
もちろん派手なアクションシーンもCGもほとんどなく、
おおよそアメコミ作品らしくない、
ごくごく日常的な世界の中で物語は進行していくところもかなり異質だ。

格差社会が限界にまで達したディストピア、ゴッサムシティで、
貧困と精神的な難病を抱えながら生きていくアーサー・フレックが、
とある事件をキッカケに、多くの貧困層から注目される存在となり、
自身の居場所を見つけていくという、ある意味においては
「悪のサクセスストーリー」にもなっている。

joker2.jpg

生まれながらの悪人はいない。

という性善説に基づいているわけなのだが、
だからといって殺人が許されるはずもない。
ひどく歪んだ社会の様は、あくまでもアメコミの世界なのですが、
でも、アーサーがジョーカーになってしまうのも仕方がないことだ
と思わせるほどに、現実的で悲しみに満ちた世界が展開される。

今という時代は、個々人の見る角度によって、事の善悪が乖離してしまうことがある。
そういった世界において、とある個人が悪へ走ってしまう原因が、
他人の無関心にあるのかもしれない、という重い警鐘ともなっている。

ある程度、まとも(もしくは一般的で中庸)なものの考え方、
捉え方を維持できていないと、善悪が反転してしまう恐れがあります。
それほどに危険な映画になっています。

『冗談ではありません。
 『ジョーカー』がR指定になっているのは相応の理由があります。
 とんでもなく乱暴な言葉がどっさり出てきますし、暴力シーンもキワドイです。
 そして全体的に鬱です。ギラギラしてて、暗くて、それでいて現実的です。
 『タクシードライバー』みたいな、
 ひとりの男性が狂気に追い込まれていく過程を描いた作品です。
 子供向けではありません。というか、子供は好きじゃありません。
 (バットマンは出てきません。)』


という文章を、
アメリカの大手映画館チェーンがFacebookに投稿して話題になりましたが、
その投稿の意図も良く分かります。

joker3.jpg

「こんな境遇の人が悪に手を染めても仕方がない」と、
観る者に共感まで呼び起こさせてしまいそうな、
ホアキン・フェニックスの鬼気迫る怪演をはじめとして、
『JOKER』はアメコミ作品としてはじめて
アカデミー賞の主要部門に輝くとも評されています。

そして、ご覧になった方なら分かると思いますが、
物語の多くの場面で現実と虚構(アーサーの想像)が入り交じり、
それはまるで「喜劇とはそういうものだ」と言わんばかりの演出がなされている。
そのため、物語も観客が見たままではなく、すべてが想像の中の話である
との見方も出てきているほど。
つまり、アーサーがジョーカーかどうかは、さしたる問題ではなく、
前日譚とは言ったものの、この悲劇のような喜劇は、
今後公開が予定されている『新バットマン』にも
『スーサイド・スクワッド2』にも、
一切どこにも繋がっては行かない完全に独立した世界なのである。

確かに有名なヴィランの物語であることは確かだが、
言ったように内容的にはかなりのマイナー調で、
ほぼ単館上映作品の領域と言っていい『JOKER』ですが、
私が観た回もほぼ満席(しかもIMAX)の大盛況ぶりであった。
実際、10月13日時点での全世界累計興行収入は5億4,392万8,787ドルと
世界的に興行成績も好調のようで、これは意外を通り越して驚きの現象だ。

先日、マーティン・スコセッシ
マーベル作品について批判的なコメントをして映画界をザワつかせましたが、
スコセッシに限らない映画界のお歴々たちが、暗くて重厚な内容の作品を好み、
軽薄で子供じみた作品を嫌う傾向にあることは言わずもがなの事実。

そんな軽薄方向の王様であるマーベルの親会社であるディズニーは、
『エンドゲーム』を含めたマーベル作品での受賞を目指し、
大々的なロビー活動を展開していると言われています。
もしこのアメコミ作品にして重厚なテーマを描く『JOKER』が、
アカデミー賞を獲得することがあれば、それは“戦隊モノ”では大敗したDCが、
映画の中心で評価されることで、MARVELに一泡吹かせることにもなるでしょう。

分かりやすく派手なアクションやCGだけではない、
DCの、否、アメコミ作品の新たな活路となるのか?
私も注目していきたいと思います。
(オススメ度:70 但し、鑑賞にあたっては精神的な安定が不可欠)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて来週水曜の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
(来週火曜日の国民の祝日に挟まれた月曜日はお休みいたします)
またまた姪っ子が波乗りに付き合ってくれた。なんていい子なんでしょう〜〜
という、単にデレデレしていただけの週末のお話。
予告からすでにお粗末ですみません。
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.10.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

Insta360 ONE X Venture Case

この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2019_1001-32.jpg
2019_1001-33.jpg

Insta360 ONE Xは、
HERO4までのGoProのように、本体自体に防水性がない。
そのため防水ケースが同梱さていた当時のGoProのように
雪山での撮影には水分から守ってくれるケースが必要になる。

2019_0513-46.jpg
もちろんONE X用の防水ケースも発売開始と同時にラインナップされていたのだが、
防水性に不備があったとかで、アップデートされるという情報を残して
販売が中止されてしまった。

そんなわけで、昨冬中の雪山では晴天の日限定で、
丸裸のままで使っていたのですが、その後、春先になって
やっと登場してくれた『Venture Case』を手に入れることができた。

やはりアクションカメラとして、その防水機能もさることながら、
気兼ねなく撮影に臨むためにも、プロテクションケースは必須だと思う。
それがラインナップされないのは片手落ち感が高いし、
それによって生じる未完成感が、ことのほか高くて超気持ち悪かった。

ほんと、「やっと」といった気分で、
タイミングとしては完全に旬を逃しておりますが、
それでも欠けていたピースが埋まる充足感の方が高く、
たとえすぐに使う用事がなくても、
手に入れられたことで充分に満足できてしまう希有な買い物であります。

2019_1015-6.jpg

それでは『Venture Case』を見ていこう。
本体を入れるケースと、GoPro型のマウントを共用する
プロテクターの役割をする外枠とに別れているのは、
GoPro7とも共通する構造。純粋に真似したのだろう。

そもそも厳格にオリジナリティが求められる部分ではないし、
たとえ他社のアイデアであっても、
意固地にならずに良いものは積極的に導入する柔軟な姿勢は、
Insta360に限らないスタートアップ企業の良いところだと思う。
こういったシェア精神は嫌いではない。

360°カメラのコンセプトに関しても、
GoProもInsta360のいいところを模倣しているのでお互い様。
持ちつ持たれつ。

2019_1015-8.jpg
2019_1015-7.jpg

フタとケースを圧着させるロック部分もかなり頑丈に造られているのだが、
それでも使用可能水深が5m防水にとどまる。

2019_1001-35.jpg

この『Venture Case』以外に、30m防水の『Dive Case』もラインナップされる。
パッと見だとVenture Caseの方がアップデート版であるという先入観を含め、
よっぽど作りが良いように思えるのだが、見較べると、
こちらのスイッチ部の防水処理にそれなりの苦労の跡が伺える。
つまり、防水性能の差はスイッチ部のシールの強度の違いということなのだろう。

防水能力だけで比較すれば、ダイビングケースなら大は小を兼ねそうに思えるが、
プロテクション性能を含めて、アクションカメラのケースとして見れば
Venture Caseの方が優れているのは一目瞭然。

2019_1001-34.jpg

まずはサーフィンで使ってみたのですが、
縦長なので、ここで波を受けると簡単にカメラがお辞儀をしてしまう。
特にこれに関しては、GoProの絶妙なサイズ感が際立って感じられてしまう。

そして、晴天下の海辺ではケースが光ってしまい、
よけいに本体の液晶画面が見えづらい。
ほとんど動作確認ができず撮れていなかったり、
撮れていても動画ではなく写真だったりと、なかなか撮影が捗らない。
何か対策が必要だ。

2019_0917-10.jpg

というわけで、波乗り動画に関してはまた後日お見せするとして、
まずはオートバイで使ってみた動画を、来週お届けしたいと思います。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
超問題作にしてアメコミ作品史上最高傑作の呼び声高い
『JOKER』の感想です。やはり、「問題作」という称号は、
良い意味では使わない方がいいことが痛いほど分かりました。
かなりの問題です・・・
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

車中泊の寝床制作

この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2017_0605-15.jpg

ただでさえデカい図体をしているのに、
コンパクトカーで車中泊しようということが、そもそもの間違いなのではある。
とはいえ、そのためにワゴン車やワンボックスカーに
乗り換える甲斐性もなければ、そもそもその気もない。
多少の不便には目を瞑りながらも、
これまではなんとか愛車のA3で車中泊をしてきた。

2017_0522-43.jpg

今までは助手席を目一杯倒して、
背もたれと座面の間にできる凹みを埋めるパッドを利用し、
頭側に残る空間を埋めて、私が横になれる平面を作りだしていた。
グローブボックスから後部座席の背もたれの間で
私の身長で前後長がギリギリ、というかピッタリすぎて身動きできない。
これならば身長170cmが快適に眠る限度だろう。
つまり178cmの私には足りていない。

ワンボックス派のOYくんと話しているときに、
「やっぱ寝るには平らな場所が一番っすよ」
「自分は倒したシートの上に板敷いてます」と
言っていたことがずっと頭に残っていた。

最初は今の設定に床板を追加するか?とか考えていたのだが、
それでは前後長の問題は解決しない。
床の間の平坦度と前後長の二つの問題を解決しなければ
本当の安眠は叶わない。

とか、悶々と考えていたら、ある日突然閃いた。
トランクスルーにして、
前部座席の後端からトランクの端までの空間に
横になれないだろうか?


A3のトランクルームは容積を稼ぐために深くえぐられていて、
後部座席の背もたれを前に倒すトランクスルーにすると、
余計に高い段差が生まれてしまうフラットにはほど遠い空間であったため、
これまではそんなこと思いもよらなかった。

試しに、運転席を一番前まで動かして、
そこに横になってみると、あと10cm足らないといった状況。
これでは今の助手席のバージョンと大差ない。
斜めになれば足が伸ばせるが、それだと荷物が入らない。
「やっぱダメか」と諦めかけたその時、
「運転席の背もたれを前側に最大に倒してみては?」と思いついた。

2ドアの前席なら後部座席に乗り込みやすくするために、
前席が一杯まで前に畳まれるようにできているが、
私のA3は4ドアなので、前側へのリクライニングにも限界がある。
と言う先入観もあって、まったく試す気にもならなかったのだが、
念のためやってみると、なんと、その10cmをあっさりと稼ぎ出してしまった。
計測すると180cm以上あるじゃありませんか!

2019_0927-22.jpg

すぐさま近所のホームセンターに向かい、
180×40×1.5cmの集成材を手に入れた。¥2,500也。
倒した後部座席の背もたれの上端とトランクの底との高低差28cmを埋める
クリアボックス(¥1,200)も購入し、すぐさまホームセンターの駐車場で
クルマに入れて横になると、きちんと足を伸ばして寝られるじゃありませんか!!

この40cm幅の集成材はその日の特価品。
通常価格の45cm幅の集成材もあったが、そちらだと5割増しで高いので
40cm幅で我慢したのだが、もちろん幅もあるに越したことはない。
先日暇つぶしに寄ったひたちなかのジョイフルホンダに、
同じ厚さ1.5cmで10cm幅の集成材があった(¥800)ので、
それを追加して50cm幅にした。

2019_0927-38.jpg

言ったように運転席を前に倒さないと180cmの空間が得られないので、
定位置に置くと運転ができない。なので、最初は長さ180cmのまま、
サーフボードと一緒に助手席側に積み込んで持って行っていたのですが、
それだと寝床を作るのに時間がかかる。
これまでも、ボードを運転席側に待避させて、その他の荷物を
一旦外に出してから寝床を作っていたのでかなりの時間がかかっていた。
もちろん、雨の日に寝床を作るのは決死の作業だったので
これもなんとか解決したい問題のひとつ。

2019_0927-39.jpg

そこで、
40cm幅の板と、10cm幅の板をかすがいで接合して50cm幅にするついでに、
後端から35cmの位置でカットし、そこに蝶番を取り着けて折り畳めるようにした。
これで運転席を運転位置にセットしても寝床板を定位置に置いておくことができ、
雨が降ってきても、運転席を畳む作業と、折り畳んだ寝床を伸ばす作業さえ
手早くできれば、あまり濡れることもない。
逆に走行中も平らで積みやすい荷物置き場として活用できる。
我ながらグッドアイデアだ!

これでもまだ熟睡にはアルコールの力が必要であることは言うまでもないが、
今までよりずっと寝心地が良い。まだもう少し改善できる箇所もあるが、
今しばらくはこの状態で使ってみようと思う。
結果によっては冬の車中泊に挑戦する気も起きるかもしれん。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
永らく欠品が続いていたInsta360 ONE Xのプロテクトケースを
手に入れたお話です。お楽しみに。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

サーフィン@茨城 10/28

この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2019_1001-12.jpg
2019_1001-11.jpg

台風17号が過ぎてから、つまり、先週から波の方は低め安定。
この週末も、週の頭からあまり期待できない状況が続いていた。

OYくん、ユウタくん、コモさんの三人は、
そんなこちらの小波事情の届かない宮崎にサーフトリップに出かけており、
羨ましいやら、悔しいやら。
私も行きたかったのだが、仕事やら、お金やら、やる気やら、
諸々あって(※諸々なくて)断念した。
いつかは行ってみたいな〜とは思い続けているのだが、
なかなか冬に北海道に行くようにはいかない。

費用対効果とまでは言わないが、
まだまだ私のようなレベルの人間が行ってもモッタイナイとか思ってしまう。
茨城の海で得られるヨロコビ以上のものを、残念ながらまだ想像できていない。
もちろん、そういった喰わず嫌いな苦手意識は、
冬に北海道に行くようになったときと同様に、
行ったらコロッと覆ることもよく分かっているのだが、
なかなかそういう気持ちが整わないのは、単なる貧乏性のせいなのだろう。
そしてまたいつかコロッと諸々が整う日が来るだろうから、
その日を楽しみにして待ちたい。

2019_1001-1.jpg

さておき、この週末は家でゴロゴロしていてもいいかな?
くらいのサゲサゲな気分だったのですが、
良い塩梅と良いタイミングでKさんから海へのお誘いがあり、
マイナス気味だった気分を土俵際で盛り返すことができた。

波情報的には「朝のうちに反応の良いところで入っておきましょう」
という例のやつ。小波の日のあるある予報。
個人的な予測としては、大貫から鹿嶋まで、どこでもイケそうな気はしたのだが、
仕事で海に行けないのに波チェックだけは欠かせないatuの見立てに乗って
鉾田のポイントに向かうことにした。

2019_1001-3.jpg

朝焼けに染まる美しい茨城のカントリーロードを堪能しながら、
6時過ぎに鉾田のポイントでKさんと合流。
基本的にはコシ程度で、加えて波数もはさほども多くはないが、
繋がらずにピークの張ったハラくらいのセットが2箇所でキレイに割れていた。

2019_1001-4.jpg
2019_1001-5.jpg

しかも、週の初めから小波予報だったためか、
いつもは混み合うこのポイントも比較的空いていたのは意外。
とはいえ、口うるさいローカルさんの存在感とは、空いているときほど増すものだ。
気の小さい私はなかなかヘッドランドの方には近づきづらい。
Kさんはシレッとそんな輪の中に入っていくのだが、私にはムリ。

それでも、言ったように2箇所で割れていたので、
ヘッドランドから離れた方で充分回せたし、
むしろそちらの方がサイズもあったので文句なし。

ほとんどパドルをしなくても、走り出すような乗りやすい波だったこともあり、
ここのところのスランプも忘れて乗りまくった。
というか、スランプ前よりも対応力が上がっているなと、
自分でも感じられるほど数に乗れたのは嬉しい誤算。

相変わらずテイクオフ時にボードを水平に保つ課題を心がける。
後ろから迫る波の、一番パワーのある「面」(リップのあたり)を、
ちょうど胸の下あたりに来たタイミングで、
手で「押さえつける」というか「捕まえる」イメージを持つ。
というテーマでこの日は臨んだ。

「面」で捉えることも、「捕まえる」ことも、すべて抽象的イメージなので、
これが何かの拍子に少しでも違和感が生じると、ドミノ倒し的にすべてがズレる。
ひと度ズレると、横方向に滑れないだけでなく、自信も滑って行ってしまう。
という負のスパイラルに陥ってしまうのが落とし穴。

この日はロングのAquavillaに、6'8"のTWINZER
そして、先日意外に楽しめた6'3"のKLINKERと、
期せずしてPAVEL三兄弟を持って来ていた。
速い波ではなさそうだったので、まずはTWINZERで入ったのだが、
結果、TWINZER史上一番乗れてしまった。
らしいターンができたのはそのうちの4〜5回ではありましたが、
乗り高では過去最高テイクオフ。ちょっといい気になってきたゾ。

2019_1001-7.jpg
2019_1001-8.jpg

まずは9時過ぎまで3時間やっつけて一旦休憩。
30分ほど休憩して波数が戻りはじめた頃に第2ラウンドに突入。
ありがたいことに数もサイズも、そしてカタチも朝と変わらず。
引き続きの乗り高を維持することができてしまった。

2019_1001-9.jpg
2019_1001-10.jpg

トロ厚めながら割れづらく、割れるときは一気に来る波なので、
ロングだと追いかけきれない系。
この程度のサイズなら、ホレ気味でも厚めでも対応できる
まさにTWINZER冥利に尽きる波でありました。
いやはや、こんなこともあるんだね。
波質が変わったらまた手こずるんだろうけど、ありがたく戴いておく。
ごっちゃんです。

というわけで、2時間第2Rやっつけて午前中は終了。
そのあといつもの定食屋で「まぐろ刺し定食(¥1,400)」を食べて、
念のため、鹿島のポイントもチェックしたが、まったく割れていなかった。
鉾田で正解であった様子。

2019_1001-13.jpg

あわよくば、そのまま鹿嶋のポイントで入りたかったのだが、
ない袖は振れぬ、と鉾田のポイントに引き返した。
ただ、同じポイントではつまらないので、
ヘッドランドをもうひとつ北側に移動したポイントに向かってみた。

2019_1001-14b.jpg

すると、サイズはだいぶ落ちてしまっていたので、ここで30分ほど昼寝。
昼寝から起きてもサイズは戻らなかったのですが、
更に状況が悪化することも考えられるので、ここで入っておくことにした。
ここぞとばかりにロングボードを投入。
しかして、追いかけてもなかなか割れない焦れったい系。

これまたヘッドランド脇を諦め、北側に少し離れた場所の
しかもインサイドで割れている箇所でお茶を濁していたが、
だんだんと「これなら短いボードでもできるだろう」という気分になってきた。
「ボードを交換しにクルマに戻るか」と思い砂浜に上がったまさにそのとき、
ミドルでキレイに割れる三角波が目に飛び込んできた!

ロングのまま慌ててミドル位置まで漕ぎ出すと、
少々波間はあったが、ハラを越すようなサイズの波が続けて入りだした!
インサイドで重なってボヨつき、ビーチまで乗り継げるような
ロング向きの波では決してなかったのだが、
それでも充分ロングボードならではの
滑空時間の長いフェイスを滑ることができた。
待てば海路の日和あり。

2019_1001-15.jpg
2019_1001-17.jpg

そんなパーティータイムも永遠には続かず、
最後はなかなか割れなくなってしまったが、
それでも16時過ぎまで遊べてしまった!なんて日だ!

とにかく数は乗った。一日を通してこんなに乗れた日ってそうそうない。
ここのところのスランプ気分で逃した波数を取り戻した感さえある。
こういう日もあるんだよね。

お仲間と合流して日曜日も海に入っていくというKさんとはここで別れ、
ホクホク顔で帰路に就いた。だは〜〜幸せ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
クルマを大きくすれば車中泊の快適性が増すことは日を見るより明らか
ですが、だからといってクルマは大きくなってくれたりしない。
あれこれと案を講じて車中泊の快適性を上げてみたお話です。お楽しみに。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

ヘルボーイ

hellboy2019_1.jpg



シェイプ・オブ・ウォーター』で第90回アカデミー賞において、
4部門受賞した鬼才ギレルモ・デル・トロによって、
2004年に映像化された『ヘルボーイ』。
今作はその続編ではなく、完全なリブート作品。

前作が傑作の呼び声高い中、それをまた再構築するという作業が
いかに難しいことなのかは言うまでもないだろう。
何かにつけ前作と比較される運命を背負った製作陣の覚悟は大した物だと思う。

ただ、そういった険しい道であるにも係わらず、
敢えてそこに挑戦させるだけのコンテンツとしての強い魅力が、
この『ヘルボーイ』にはあるのだとも思う。

hellboy2019_2.jpg

もちろん、このへそがねじ曲がりまくった奇っ怪なコンテンツと
心中しようとか思うような輩たちなので、
ドのつく変態であることは、この際疑いようがない。

悪魔の子が人間社会で悪魔払いのエージェントをしていて、
払うべき悪魔は人間を殺すこと(及び食べること)に一切の躊躇もなく、
つまり、その行為は美しさの欠片もなく残忍でただただグロい。
このおどろおどろしい、ホラーとスプラッターギリギリ
(というかある意味超えてる)という舞台設定に、
自分勝手な皮肉屋で、人情味に溢れた超のつく寂しがり屋という
ねじ曲がった主人公が登場するのコンテンツを成立させるには、
そのほとんど出オチに近い世界観のコントラストを、強烈に上げる必要がある。
こういった挑戦は『デッド・プール』でも試されていて、
こちらも超のつく変態たちの高らかな賛歌となっているが、
『ヘルボーイ』はそこから趣味の悪い悪ふざけを取り除いた
真面目な変態映画となっている。

つまり、ジョークでグロさを中和していた『デッド・プール』に対し、
こちらはあくまでも寅さん的な「軽妙なノリ」だけでそれを中和しようとしており、
超グロい『メン・イン・ブラック』とも言えるかも知れない。

そう考えると、ギレルモ・デル・トロ版の『ヘルボーイ』が、
そういった変態濃度をいかに抑えて、一般ウケするギリギリの
安全深度まで持っていったのか?という逆の苦労が良く分かってしまい、
改めてギレルモ・デル・トロのスゴさを感じてしまう。

先週『アド・アストラ』の感想で、
宇宙服がどうのこうの、空想科学がどうのこうのと言っていたことと、
完全に二枚舌になっておりますが、
大括りに「SF」と言っても、リアリティを追求すべき作風もあれば、
あくまでも寓話、おとぎ話としてサイエンス・フィクションを活用する作風もある。
でも、その二つの境界線はかなり曖昧で、
だからこそ、その境界線の跨ぎ方に製作陣の高いセンスが求められる。

昨今、日本発信の「ヲタク」という概念が、
そこに新しいセンスや概念を持ち込んでいると言え、
自他共に認めるヲタク監督であるギレルモ・デル・トロが料理した
2004年の『ヘルボーイ』の絶妙さが染みるように分かる。

hellboy2019_3.jpg
hellboy2019_4.jpg

2019年の『ヘルボーイ』にも、そんな前作が築いた世界観が引き継がれ、
もちろんそこに新たな感性が加わり、変態濃度は更に高まっている。
そうしてデル・トロ版を超える強力な磁場が発生していることは確かだ。

こいった魔界から現れる悪魔たちに施されたデザインを見れば、
今回の『ヘルボーイ』がどれだけ変態方向へ舵を切ったのかが良く分かる。
とにかく、世界観の理不尽さ、残酷さ、そして圧倒的な滑稽さに関しては、
かなり振り切った描き方をしてきています。

つまり、変態濃度低めのごくごく真っ当な一般視聴者にとっては、
ただただ気色が悪いだけの映像が無駄に連なって見えるだけかもしれない。

そんな変態向け娯楽作品だから許されるというものでもありませんが、
ディテールの整合性に関してはかなりおざなりな印象。ほとんど説明不足。
ストーリーもそこそこ(いや、かなり)荒削りで、
カッコはいいけど中身の薄い出来の悪いミュージックビデオのよう。
残念ながらそういった部分はデル・トロ版を継承できていない。

できるならば、ほんの少しでいいので物語に機微を持たせて欲しかった。
とは思うが、そういった繊細な神経を持つ人間には
こういった振り切った映像は撮れないと思うので、
痛し痒しといったところか。

hellboy2019_6.jpg

ちなみに、私はド変態なので、かなり楽しく観させていただいた。
今作では魔界からの客人によってかなりの死傷者が出ますが、
『ベルセルク』的な濃厚でいてセンスの良い
グロい描写にはかなりハマりました。

『ソウ』+『エヴァンゲリオン』+『アイアンマン』がお好きな方なら
必見です!(一般の方へのオススメ度:50)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて来週火曜日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
近頃あまり調子よく波に乗れておらず、すっかり積極性に欠けている私ですが、
ワケも分からず絶好調に乗れてしまうこともあるから
サーフィンは止められません。そんな週末のお話です。
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.10.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

R1200GS - 7回目の車検

2019_0909-1.jpg

実に7回目の車検。
遠くドイツの地からはるばる海を渡り、
何の因果か私の元にやって来たコイツとの付き合いも、
これで15年目に突入する。

確かに地力は年々衰えて来てはいるものの、
機関共に好調で、ここまで特に目立った不具合箇所もなく来ている。
確かにBMWは高価な買い物だが、ここまで長く付き合えることを考えたら、
断然お得だと私は思う。
何より、一台のオートバイと長く付き合うことに憧れてBMWを選んだのだから、
まさに本懐を遂げていると言っていいだろう。

というBMWへの高い安心感もあり、今回も安易にユーザー車検であります。
安易だからこそ、毎回、合格までには様々なドラマが待ち受けてもいるのですが、
そもそも「個人」でするものなのだから、そんなこんなも楽しんでしまえる。

とか、失敗を前提にお気楽に臨むユーザー車検なのですが、
今回は、な・な・ナント!一発でクリアしてしまった!

2019_0909-2.jpg

長距離を一切のストレスなく、安全に走りきることを旨としたBMWですので、
そもそも安全設計に関しては一切の妥協はなく、
きちんとしたメンテナンスさえ怠らなければ、
ブレーキ、スピードメーターといった装置検査はもちろん、
排ガス検査に関しても触媒を装備しているのでなんの心配もない。

というわけで、不合格になるのはいつも光軸検査。
一度決めたらいじらなければ良いのですが、私は都内での走行を考慮して、
周りから目立つように光軸を上向きにして走らせているので
合格した設定位置から動かしている。そのため毎回調整を余儀なくされる。

一応夜に10m離れた壁に照射してライト高の90%位置に
調整しては行くのですが、なかなか合格しない。
車検は同じ日のうちであれば何度でも受けることができるので、
1回目に「上向きすぎ」と言った具合に指摘された部分を修正して
2回目に合格するのがいつものパターンなのですが、
今回はスンナリと一発で合格してしまった!
何という達成感(厳密にはラッキー感)。

これまでは午前の最初のラウンドの予約を取ってきたのですが、
今回は気まぐれに2ラウンド目にしてみた。
たまたまかもしれないが、とても空いていたので待ち時間もなく、
一回で合格してしまったので、書類の記入にかかる時間を含めても1時間弱。
近所の総合病院の方がよっぽど待たされる。
ちょっと拍子抜けしちゃったくらいアッサリと終わってしまった。

こういうこともあるんだな〜〜なんかとてもトクした気分だ。

といった具合に車検当日はすんなりと行ったのだが、
検査の前日に後輪にパンクが発覚するなど、
縁起の悪い展開もあって、それなりにドキドキハラハラさせられた。
まあパンクに気づかずに検査に臨んでいたらハネられたかもしれないので、
気がつけたのはラッキーだったのかも知れない。

2019_0909-4.gif

ヘッドライトをLEDにしたときに、
勢い余ってウィンカーもLEDに変えたのですが、
このポチポチっと2灯だけあるウィンカーが
果たして規定のウィンカー面積をクリアしているのか、
車検に通るのかどうか、とても怪しかった。

このウィンカーは純正でも使われているものなので、
問題はないはずだと思われるかもしれないが、
私のは安価なチャイナ製で、つまり模造品の方。

欧州の規格に通っている刻印がなく、ひょっとしたらダメかも・・・
とか思っていたので、もしものときは現場で交換できるように
ノーマルウィンカーもトップケースに忍ばせて行ったのだが、
何事もなく合格してしまった。
とはいえ、ここは検査官が目視でチェックする項目なので、
担当が変わるとインネンつけられるかもですが、
そのときは「前回は通ったぞ!」の一点張りで押し通すことにしよう。

2019_0909-3.jpg

というわけで、令和最初の車検でございました。
次回は令和3年!次もスンナリと済ませたいものだ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
2004年に制作され大ヒットを飛ばした『ヘルボーイ』のリブート版を
観てまいりました。デキのいい兄貴の弟は、何かにつけ比較されて
苦労するものですが、果たして弟のデキは!?お楽しみに。
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2019.10.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

RAEN / FLOWERS by Alex Knost

2019_0917-53.jpg
2019_0917-54.jpg

今年の夏は久しぶりにサングラスを作った。
「作った」と言うのは、私の場合度付きレンズじゃないとならないから。
ツルシのサングラスは買えないため、いつも自分用に作らないとならない。

RAENのアイウェアはこれで二個目。
実はこのRAENのフレームは、そのひとつ目があまりに調子が良かったため、
普段使いの眼鏡にしようと思い、続けて買っていたものなのだが、
眼鏡としては私にまったく似合わなかったので、そのまま放置されていたもの。
そろそろ眼鏡の度が合わなくなってきたので、
新たに眼鏡を作り替えるついでに、
このフレームを引っ張り出して、サングラスに作り変えようと思い、
7年ぶりに文字通りの“日の目を見た”というわけだ。

2019_0917-39.jpg
2019_0917-37.jpg

そもそもサーファーのシグネチャーモデルの多いRAENですが、
こちらはその中のAlex knostモデル。
マットブラックのセルフレームが超イカしてる。

2019_0917-52.jpg

モデル名の『Flowers』は当時ノストさんが
好んでアイコンにしていたモチーフらしい。
こんなフィンも同じ世界観で展開していた様子。

2019_0917-38.jpg

柄の内側には何やら詩が書かれているが例によって凡人にはイミフ。

“ジーンズの膝には穴が開いていて、靴にはガムが着いている、
 靴ひもの結び目でちょっとだけ君につまずいた”


って感じか??誰か詩の意味知ってたら教えて。

2019_0917-36.jpg

レンズは全面に色を付けるタイプではなく、
上半分にグラデーションで色が付くタイプにしてみた。
青っぽく見えるが、着色したのはグレースモーク。

私がいつも使っているメガネ屋さんでは、
防傷、防汚コートと、ブルーライトカットのコーティングがセットになっていて、
サングラスなのでPC画面は見ることはないし、
ブルーライトカットは要らないのだが、
これを外すと防傷のコートが選べない。
まあいいか、と3点セットでお願いしたら、
グレースモークよりもブルーカットの青いイリジウムの方が目立ってしまった。
ちょっと失敗。

2019_0917-51.jpg

このテのブランドだと造りが粗い印象があるかも知れないが、
そう思う人ほど実物を手にとって見て欲しい。
意外や意外、使い心地はかなり快適。
デザインだけでなく質感も高く、
アイウェアとしての機能性も充分以上に確保されている。
似合う似合わないは、この際どーでもいい感じだな。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
毎年の恒例行事となっておりますオートバイのユーザー車検のお話。
合格して当然の話をなぜに毎年繰り返しするのか?と言えば、
それは毎度毎度検査場でドラマが巻き起こるから・・・
果たして今回の車検はいかに???お楽しみに。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.10.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR