FC2ブログ

ワンダー 君は太陽

wonder_movie1.jpg



遺伝子疾患により顔に重度の障害を持つオーガスト“オギー"。
オギーの母親イザベル(ジュリア・ロバーツ)の家庭学習を続けて来たが、
イザベルと父親のネート(オーウェン・ウィルソン)は
みんなのクラス替えのある第5学年(10歳)を機に
オギーを一般の小学校に通わせることに決める。

wonder_movie3.jpg

そこで体験する差別や、心ないいじめに遭いながら
本当の友情を見つけ、社会に自身の居場所を見つけ関係を育んでいく。
という、言ってみれば、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫的な物語。

であることは予告編を観れば分かるし、
私もそのつもりで観に行ったのだが、実はさに非ず。

副題の「君は太陽」は、実は弟にばかり気を取られ
両親が「まるでSUN(SON)の周りばかりを周回する衛星のようだ」
という、オギーの姉ヴィアの嫌みでもあって、
観終わるとこの副題っていかがなものなのだろう?とか
へそ曲がりな私は思ったりもした。

弟にかかり切りになる母親に迷惑をかけられず
自身の悩みは心にしまって「手のかからない子」と言われてしまう
ヴィアもまたオギーと同じように助けを求めている一人。

というように、重度の障害を抱えたオギーだけでなく、
登場する子どもたちの目に見えない悩みや葛藤も同時に描かれ、
オギーの葛藤は、実は外から分かりやすいことを示唆する。
そうして、子どもたちの外からは窺い知ることのできない
声にならない心の叫びを紡いでいく作品になっています。

wonder_movie2.jpg

オギーを演じるのは『ルーム』で、
誘拐・監禁された母親から監禁中に生まれた外の世界をまったく知らない
5歳の男の子を熱演したジェイコブ・トレンブレイ。
今作もまたこの子あっての企画であることは間違いない。

原作は2016年の「読書感想文全国コンクール」で
小学校高学年用の課題図書にもなったR・J・パラシオさんの
『Wonder(ワンダー)』。
課題図書に選ばれるほどなので是非お子様連れで観ていただきたい。

『ハン・ソロ』を皮切りに『ジュラシック・ワールド』
『ミッション・インポッシブル』と大作が目白押しなので
そことの勝負を避けたこの時期での公開だったのだろうが
そんなわけで夏休みに公開してくれたら良いのに。と思う。

さておき、
コレ観て泣かない人がいたら私はその人の神経疑っちゃいます。とか、
自分の涙腺の緩み具合を棚に上げて思います。
(最近泣いてないな〜〜という方にオススメ度:90)

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.06.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

トヨタ GRスーパースポーツ・コンセプト

2018_0619-35.jpg
2018_0619-40.jpg
2018_0619-38.jpg

要はメルセデス・ベンツ『Project One』のトヨタ版だ。

もちろんトヨタは現在F1に参戦していないので
こちらはWEC(世界耐久選手権)カーの市販バージョン。

2018_0619-33.jpg
2018_0619-34.jpg

先日行われたルマン24時間耐久レースにおいて
悲願の初優勝を成し遂げた「TS050 HYBRID」と
ほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセプトカーだ。

現役F1ドライバーのフェルナンド・アロンソが
インディ500に続いてF1と併行して参戦し、
初挑戦で初優勝を成し遂げたことも話題になった今年のルマン。
王者ポルシェもアウディも撤退し、トヨタの一人横綱相撲で勝つことに
何の意味があるのか?と思われた方も多いだろうが
私は素直にトヨタの執念を認めたい。

2.4L、V型6気筒直噴ツインターボチャージャー+ハイブリッドモーターの
パワーユニット最高出力は735kW/1000ps。
メルセデスのF1カーと同様に熱変換効率50%を豪語する
ハイパー・エコカーでもある。

さておき、本気で市販するつもりのようで
トヨタの気合いの入りようが伺えるが、
それは何よりクルマのコモディティ化を打破する狙いが強いものと思われる。

コモディティ化(コモディティか、[en:commoditization]. *経済価値化[en:commodification]とは意味が異なる)とは、マルクス経済学の用語。 所定のカテゴリ中の商品において、製造会社や販売会社ごとの機能・品質などの属性と無関係に経済価値を同質化することを指す。

トヨタ車が世界で一番同質化してしまいそうなイメージありますもんね。
それにしても、その流れを阻止するのがレーシングカーというあたりに
良い意味でも悪い意味でも日本らしさを感じずにはいられない。

こういうときに、デザインを含めたソフトで闘ってもらいたいと思うのは
私だけだろうか??

そんなことを考える私でも、
このGRスーパースポーツ・コンセプトは
Project Oneよりずっとカッコいいと思う。

そういう意味では良くやった!と私的に最大限の賛辞を送りたい。
こんなのが街中を走るところを早く見てみたいものですな。
  

テーマ:F1GP 2018 - ジャンル:車・バイク

2018.06.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

芽育 Bakebon L

2017_0902-11.jpg
2017_0902-8.jpg

芽育のスケートボード・デッキ
『Bakebon “L"』(バケボンL)を買った。

二台の『Baked hill』につづき三台目の芽育スケートデッキではありますが
「買った」と言っても昨年の秋の話なので
私のフトコロ事情としてはすでに時効が成立しており、
これが明らかな無駄遣いであっても、
こちらで紹介することにまったくの気兼ねがない。
(つまり、つい最近まで気兼ねをしていた)

さておき、 
5plyで、長さ:30 inch、幅:6.75 inch。
7plyの『Baked hill』よりも2インチ短くて、2インチ幅が狭いが、
ホイールベースは逆に、トラックの取り付け穴間で1インチほど長い。
そういったあたりも含めBaked hillとどういった乗り味の違いがあるのか
興味津々であります。

2017_1010-7.jpg

今回はデッキだけ購入し、まずはダウンチルデッキに着いている
INDEPENDENTの129にダウンチルウィールのオレンジを移植して乗ってみた。

一番に感じるのはレスポンスの遅さ。
あくまでも2インチ広くてコンケーブされているBaked Hillとの
比較においての話だが、足の大きい私にとって、この幅の狭いデッキは、
デッキの柔らかさと相まって、操作にはそれなりの思い切りと
精細さが求められる。

しかして、そんなコムズカシイ思いとは裏腹に、
このフラットなデッキはスタンスを狭めて前後のトラックの内側に
足を載せて操作したときのデッキの撓り方がとても心地良い。
踏み込みを吸収していることがハッキリと感じられ、
それがトラックを曲げる操作に変換している様子がとても楽しい。

ただ、贅沢を言えば、72kgある私の体重だと、
撓った状態から戻るのに少しの「間」ができてしまうので、
あと10%ほど硬いといいのに。とは思う。
ミディアムの硬さのブッシュも試しましたが、
それだと更に「間」が大きくなるので小さく回せなくなってしまった。

その「間」とも無関係ではないように思うが、
ロングホイールベースは走りが速い。
すぐに加速してしまうので気が気でない。
ビビって小回りさせようとしてウィールが
デッキに当たるまで踏み込んでしまい転んだりもした。
もう少し斜度がの緩いか、もしくは幅の広い坂を
ゆったりクルージングするのに向いているように思う。

2018_0614-5.jpg

そんなこんなも気になっていると、もちろんあれこれと試したくなる。
雪山シーズンの終了した頃になってから
ACEの00と芽育 x SATORIウィールに替えてみた。
この組合せはは購入した『LADE』さんのコンプリートの請け売り。
そちらを見ていたので気になっていた組合わせだ。

2018_0614-1.jpg
2018_0614-4.jpg

INDEPENDENTの129よりもアクスル幅が14mmほど狭く
細い芽育ウィールとの組合わせでウィールはデッキの内側に
更に引っ込むカタチとなる。

乗ってみると、こちらの方が良く曲がる。
相変わらずBaked Hillよりは速いのですが
だいぶ操作しやすくなった。
さすがはショップ推奨セッティングであります。

ブッシュもミディアムを許容するようになり
もう少し粗く扱っても破綻しなくなった。

緩い坂でなくてもなんとか操作できるようになったが、
それでもあと1m道幅が余計に欲しいところ。
つまり私のホームコースとはあまり相性が良くない・・・

そうとは思っても、やっぱり芽育のデッキは味わい深くて手放せない。
手の温もりと自然の意図を汲んだような造作が
私のスケートに対する気分をビッタシと顕してくれている。

もうちょっと気楽に乗れるように精進いたします。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.27 | コメント(1) | トラックバック(0) | スノーボード

サーフィン@伊豆6/17

2018_0619-12.jpg

OYくんとも繰り返し「飲み過ぎ注意」を合い言葉にして
22時には切り上げることに成功した。
私たちはやれば出来る子なのだ。

前夜は車泊。まだ涼しいのでその点は助かるのだが、
家ではかなりグッスリと眠ることができるのに
耳栓にアイマスクを装備しても夜中に目を醒ましてしまう。
こう見えて意外に繊細なのであります。

そんなわけで、若干の酔い足らずと寝付きの悪さが相まって
5時には多々戸浜に到着していた。

2018_0619-14.jpg
2018_0619-32.jpg

前日の天気図と実際の状況の関係を鑑みれば、
この日は前日以上に多々戸浜一択。一切の迷いなし。

ところで、多々戸浜に来るのはホント久しぶりであります。
個人的には白浜の方が好きですが、南伊豆でNo.1と言っても
過言ではない人気のポイントあります。

まあそれほど当たるポイントとも言えるわけですが、
駐車スペースも限られるし、何より海の上はそこそこのカオス状態。
私は波質よりも海の上が空いていることを重視する質なので
なかなか多々戸浜には足が向かないわけなのだが、
この日ばかりは致し方なし。

実際、朝5時前には駐車スペースはほぼ満車。

2018_0619-15.jpg

そして、さすがにアタマを越すようなサイズは減っていたが、
昨日の波はまだ残っていてくれて、
昨晩さんざん愚痴った自身の反省点をリベンジするチャンス到来だ。
思い切って行かせていただく。

デカいセットはスルーして、ワンサイズ落ちるが
それでもムネを越すくらいの波に狙いを定め
そそり立つ壁を背にして飛び込んでみると数本だが乗ることができた。

しかもここは良い意味でも悪い意味でもつながりがちの波なので、
広い範囲でブレイクしてくれるためピークの争奪戦にならないのもとても助かる。

2017_0825b-29.jpg

この日の得物は6’3”のシングルフィンのチャンネルボード『KLINKER』。
今シーズンはじめて乗ることができた。
波の形の良さ以外にも、やはりこいつを走らせるには
それなりのスピードが要ることが改めて分かった。
ゆったりした波では走り出さない。っていうか私には安定させられない。

そんなKLINKERに乗れる貴重な日となったわけで、
言ったように波質重視ではない私にとって
そのことが素直にウレシイ。

2018_0619-16.jpg

3時間やっつけて少し波数が減りサイズも下がって来た8時頃に
『Clandestino』に乗り換え、そこからは鼻血が出るくらいの本数に乗った。
KLINKERからの乗り換えだと尚のこと、ミッドレングスはラクに感じてしまう。
はじめはこれさえも乗るのに苦労させられていたのだから
自分でも呆れてしまうが、まあ楽しいんだからヨシとしよう。

2018_0619-18.jpg

9時過ぎにはクタクタになって海から上がり
伊豆らしい快晴の夏空の下、海を眺めてゆったり過ごした。
あー楽しい。

2018_0619-20.jpg

こちらはその後も乗りまくるOYくん。絶好調の様子。
私も昨日、今日と二日続けてかなりの本数を乗れたので、
この際ノージェラス。余裕であります。

2018_0619-19.jpg

話は逸れますが、ここ多々戸浜ではウミガメの産卵があったようだ。
子ガメたちが海に還っていく様子を見てみたいなあ。

といったわけで、
東名の渋滞を避けるべく、11時には伊豆をあとにして14時半には帰宅した。
乗りきったあとは後ろ髪を引かれることもなし。これまたノージェラス。
梅雨の合間に大満足の休日となりました。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

サーフィン@伊豆6/16

2018_0619-4.jpg

正直に言って伊豆で波を当てるのは難しい。

それは、湘南や千葉など都心から2時間以内で行けるサーフスポットがあるのに、
わざわざ4時間近くかけて行かなければならない距離的なことが第一に挙げられる。
茨城エリアまで含めれば、2時間以内の場所のどこかには波があるので
ある意味ハズレがないのだが、それと比べてしまうと
圧倒的にバリエーションに欠ける伊豆の場合、
もしものときのバックアッププランはほぼないと思ってよい。

しかも、4時間かけて行った挙げ句にハズレたりすると
片道2時間で引くハズレよりも精神的に堪えてしまう。
つまり、伊豆を目指すならば、ある程度の思い切りが必要なワケだ。

それでも伊豆という場所に惹かれるのは
海水の透明度を含めた風光明媚さと
だからこそ距離を超えようと思える“旅感”にある。
近くちゃあ旅っぽくないでしょ?

ちなみに、2018年4月17日に伊豆半島がユネスコ世界ジオパークに認定された。
詳しくはリンク先を参照いただきたいが、
地質学的に価値のある場所が「保護」され、
それが「教育」され、永続的な「開発」につながっている場所が認定される
というそこそこ地味なものなのであるが、よく足を運んでいる者としては
その言わんとしていることは良く分かる。
ほどよい自然味とリゾート感が魅力のエリアだ。

とか言う話から入っておいて何だが、
いよいよワールドカップも開幕したこの日は、
梅雨入りと同時に日本列島をかすめて行った台風5号のオマケと
梅雨前線との絶妙な掛け合わせで、どこも雨でしかも風が強い予報。
西側の方がまだ影響が少なそうだったので伊豆方面しか選択肢がなかった。
つまりは、まあまあ仕方なく伊豆に向かうことに決めたというわけだ。

それというのもこの一週前は完全に仕事に忙殺されてしまい、
この週末は是が非でも海に行きたかったので、
この際近いだの遠いだのと言っている場合ではなかった。
さておき、この歳でテッペン越すような仕事とかかなりキツい。
土・日ともに完全なKO状態。寄る年波には敵いませんな。

2018_0619-1.jpg
2018_0619-2.jpg

そんな天候が微妙なこの日、伊豆方面を推奨してきたのはatuだ。
最近この男の波情報はよく当たる。
そして、「ワールドカップは観る」と鼻息の荒いサッカー好き(?)のOYくんは
「スペイン×ポルトガル戦」が深夜にあるので「行けたら行きます」
とか言いながら、クルマで観戦しながらやっぱり現れた。
結局サーフィンの方が好きなようだ。

私こそサッカーは日本代表戦か
ワールドカップでも決勝トーナメントからしか観ないので、
まだこの時期は行動に影響を受けないのだが、
運転しながらテレビで “聴いていた"「スペイン×ポルトガル戦」は面白かった。
終了間際のクリスティアーノ・ロナウドのPKは、
まさに「さあ蹴りますよ」という瞬間に山手トンネルに入ってしまい
肝心のゴールシーンは観られず、トンネルから出たら試合は終わっていた。

2018_0619-5.jpg

そんなわけで、6時半に宇佐美ポイントに到着。
神奈川に入る頃にはシトシトと降っていた雨も止み、
晴れ間こそなかったが雨に降られず着替えもラクラク。
しかもだ、波もこれまた存外に良かった。

サイズはコシ〜ハラ。
たまに奥の方で割れるセットでムネ〜カタなんてのもあったりしたが
そんな所から乗れるのはロングくらいなので待つだけ無駄ってもの。

2018_0619-6.jpg

でも、そのコシ〜ハラの波に力があり、7’4”のミッドレングスなら
インサイドまでかなりの距離を繋ぐことができた。
しかも、そんなロングライドを繰り返し乗れてしまったのだから
この日ここに来たのは大正解だったと言わざるを得ない。
atuさんあざす。

途中休憩を挟み、結局昼前まで遊んでしまった。

2018_0619-27.jpg

昼メシにポイントの近くのラーメン屋に行くと
そのすぐ隣にはテレビカメラなど数人の報道陣が陣取っていて、
最初は何の騒ぎだかわからなかったのですが、
あとから調べたら、先日収賄容疑で逮捕された
前伊東市市長の自宅前だったようだ。お仕事お疲れさんです。

さておき、atuは昼食後に仕事のため帰って行った。
atuさんもお仕事お疲れ様っす。

そして午後からはOYくんと二人、伊豆半島を2時間近く南下して
下田のポイントへ移動することにした。

2018_0619-8.jpg

すると、多々戸浜ではアタマを越すようなオバケセットが炸裂していた。
この多々戸浜に関しても「今日は多々戸一択だから」と
遺言のように一言残して去って行ったatuの予告通り。

2018_0619-10.jpg
2018_0619-28.jpg

とはいえ、「できるならば多々戸一択」と言っただけで、
波質が良いか悪いかは時の運。
そして、このサイズがそれの良い方かどうかは人による・・・

2018_0619-29.jpg
2018_0619-9.jpg

結果的にはほとんど乗れなかった。
かと言って投げ飛ばされるようなこともなく、
もう少しメンタル強めにしてホレ上がる波に挑むべきだったと反省しきりだ。
つまりかなりビビってしまった。

2018_0619-30.jpg
2018_0619-31.jpg

というわけで、その晩の『たまきや』で口を突いて出てくるのは
反省という名の愚痴ばかりであった・・・
果たして、この日の「後悔」は明日につながるのか否か?

明日はどっちだ!
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

フリー・ファイヤー

freefire.jpg



至近距離からの銃撃戦って言っても、
あんがい弾って当たらないし、
人って簡単には死んだりしないものなのね。

と、改めて人間の愚かさと強さを実感させてくれる
かなりのシュール・ムービー。

物語も内容も、なぜこんな狭い場所で銃撃戦になったのか?
といった部分に謎も伏線も何もなく、
閉鎖された場所で敵同士がただただ向かい合って撃ち合うだけ。
子供がやる陣地遊びの要領だ。

なのに、というか、こんな単純な設定だからこそ浮かび上がる
キャラクターそれぞれの持ち味があって、
かなり軽〜〜〜〜い役どころを演技派の俳優さんたちが
きちんと演じきるという、単純な演出プランだけで一点突破する
バカバカしくも儚い人間味溢れるハイセンスな映画です。

これを観てたらタランティーノを観たくなって
久しぶりに『レザボア・ドッグス』も観てしまった。
当時は「かなりシュールな映画だなあ」と思った
レザボア・ドッグスでしたが、この『フリー・ファイヤー』と比べたら
かなり大人っぽい映画だと改めて感銘を受けた。

そんなわけで、かなり軽いけれど逆にその無責任さがツボにはまるとヤバい。
脱力系・ソリッド・シチュエーション銃撃アクション映画です。
(なんだそれ?)
とりあえずオススメはしません・・・
freefire2.jpg
(『レザボア・ドッグス』の方をご覧ください)
  

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2018.06.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

SPARK R&D 2019 カタログ ナナメ読み

2018_0606-1.jpg

ISPOで発表されたSPARK R&Dの2019年モデルの話は以前にもしたが、
いよいよ日本語版のカタログが公開されたのでシェアしたい。

2018_0606-2.jpg

まず2019モデルの目玉は『PRO』と名付けられた軽量バーション。
アルミボルトの使用とカーボン強化ナイロンハイバックを採用し
軽量化されていることはお知らせしたが、
アンクルストラップ類もFull Pebax®プラスチックとかいう素材を使用して
強度を増しながらも20%程度の軽量化を果たされているのだそうだ。

2018_0606-5.jpg

それと、ツーリング・ブラケットも
アルミ製からプラスチックのモールド成形に変更され
今まで真鍮製のピボットホールが圧入されていたが
それも排除され40%!の軽量化が果たされているのだそう。
こちらは5,000円(税別)でパーツ購入可。
既存モデルで使えるようだ。

ただ、
カスタム時代を生きたオールドスクールなオートバイ乗りなら
誰でも同じ気持ちだと思うが、
私はアルミ削り出しパーツへの憧れが強いので
軽量化が果たされているとは言えプラパーツはちょっと抵抗がある。

2018_0606-8.jpg
これに関連してちょっと気になるのは
『PRO』のピボットがアルミ製に変更されたこと。
こちらは摩耗性を考慮して、上の新しいプラスチック製ブラケットの使用が
必須のようなのだが、何よりここは要の部分なので
こういう場所のアップデートは正直怖い。
Teslaシステムが登場した年にもここに不具合があったと記憶しているので
一年は様子を見たいところだ。って、
私に買い換える予定は一切ないので余計なお世話だけど・・・

2018_0606-4.jpg

クランポンも軽量化バージョンが追加されたが、そのお値段19,500円(税別)。
ノーマルモデルより4,500円も高く設定されるかなりの贅沢品だ。
もちろんこちらも買い換える気はないのでこれまた余計なお世話だ・・・

2018_0606-7.jpg

ソリッドボードに転用できるアダプターも
『SOLID BOARD PUCKS』に名前を変えモデルチェンジ。9,000円(税別)。

2018_0606-9.jpg
2017_1017-17.jpg

私が去年買った旧型より見た目が良くなっているだけでなく、
100g以上軽量化されているようだ。
これでBURTON GENESISと重量的にほとんど変わらなくなったことになる。
結局先シーズンは使わなかったのでこいつを待てば良かった。

2018_0606-3.jpg

さておき、私的に一番の注目物件はやはりこの『TIP & TAIL CLIPS』
2,750円(税別)。お値段もお手頃じゃないですか!
Karakoramみたいに5,000円とかブッコんで来るじゃないかと
ヒヤヒヤしてましたが納得の値段設定に一安心だ。
取り付けもカシメるタイプではないようなので取り付けの手間もなさそう。
そのぶん外れてしまう危険性も高まるので、
緩み止め剤を塗布するなど気を付けたいところではある。

よし。これはMAGIC用とSLASHER用に2セット買っちゃおう。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR