FC2ブログ

サラバ!

サラバ

西加奈子の『サラバ』を読んだ。
話題作だったこともあり、本屋で文庫本を見たときに迷わず買うことにした。
文庫本だと手が出しやすいのは、もちろんお値段の問題なのであるが、
『サラバ』は文庫本で上・中・下巻とつづく超大作。
3冊も買うとなるとお財布的にも大作だ。

そんなボリューム感とは裏腹に、中身は至ってフツーの生活が描かれていて、
こんなんで話が最後までもつんかい??と心配になるほどフツーの話が続く。

父親の赴任先であるイランで生まれた圷歩は、自由奔放に生きる母と、
それに対抗するように目立とうとする自意識過剰な三歳上の姉の貴子という
二人の女性に常に翻弄されて過ごしてきた。
できるだけ面倒を避けたい性格もあり、
自己防衛のために覚えた処世術と端正なルックスを駆使しながら
多感な幼少時代を乗り越えていったが、次の赴任先であるエジプトの地で、
ある日突然、親が離婚してしまう。
しかし、身につけてしまった処世術によって、
離婚の理由を誰にも訊けないまま大人になっていく歩。

そして、自己主張が強すぎるが故に、周りから疎まれ、
それによってさらにウザさを増していってしまう悪循環に陥った姉の貴子は、
最後は引き籠もりとなってしまう。

そんな姉や母から逃げるように、東京の大学に進学した歩は、
相変わらずの処世術で、当たり障りのない人生を送っていたが、
誰かに対する対処療法でしか行動の指針を立てられない自身を
どこか醒めた目で見つめながら、それ故に目標のない無軌道な人生に
迷い始める。

そんな主人公の独白で綴られるストーリーに加え、
地域のボス的存在だったおばあちゃんを教祖と慕う者たちが
勝手に作り上げた新興宗教「サトラコウコモンサマ」だったり、
巻き貝のオブジェに身を包んで都市部に出没しはじめた姉を、
前衛芸術家として世の中がもてはやしたり、
家族達の不吉な行動は、離れて暮らす歩にいつまでも降りかかってくる・・・


海外での生活であったり、新興宗教であったり、親の急な離婚だったり、
親が説明もなく出家しちゃったり、
決してフツーとは言えない状況もあるにはあるが、
作者が描きたいのは主人公の心模様の方なので、
物語の背景はあくまでも飾りでしかないと私は思う。

なので、主人公の歩の心模様がそういった特殊な背景に由来するように
描かれている部分がちょっと納得できない。というかスッと入ってこない。

特殊な出来事に翻弄されなくても、人生ってやつはややこしいものだと思うし、
どんな平坦な人生であっても、生まれいずる悩みってやつを
抱えて生きていくものだと私は思う。

とか思ってしまうほど、主人公に起こるフツーの出来事の描写が実に見事で、
まるで誰かの日記を読んでいるような、告白ともとれる文章には、
男女を問わず誰しもが引き込まれてしまうことと思う。

なので冒頭言ったように「これで最後までもつのか?」という心配は
下巻になって更に強まってきてしまうわけだが、
物語にカタルシスを与えようとちょっと無理して舵を切ったような
違和感を残したまま物語は幕を閉じてしまった。

主人公はあのまま何事もなくオッサンになっていった方が
良かったんじゃないのか?

異常だった姉が、あそこまで “まとも” になる必要はなかったのではないか?

不都合な状況を是正する力を加えずに、
そのまま放置して終わった方が「らしい」かったのではなかろうか?

フツーの描写が見事であるが故に
そのフツーという日常の異常性をニュートラルな状態に戻そうとした
今作のオチの部分は、逆に不自然な出来事であったように感じてしまった。

ただ、現実から逃れようとしたり、
臭いものに蓋をしようとすることは、誰だってしてしまうものだ。
そういった誰にでもある「後ろめたいこと」を真っ直ぐに捉えながら、
そして少し斜に構えた達観した文章で描いている部分は本当におもしろいし、
作者のもの凄い才能を感じさせる部分でもある。

言ったように、オチの付け方に関して私は腑に落ちていないのだが、
そこへと至る日常の切り取り方、伝え方を楽しむという意味において、
誠に小説らしい小説だと思いました。
  

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

2018.05.31 | コメント(0) | トラックバック(0) |

Kleen Canteen Café Cap 2.0

2017_1031-15.jpg

ウォーターボトルで人気のKleen Canteenですが、
私も2サイズ持っているほどお気に入りのブランドです。

オートバイでスターバックスに寄ってから出社する私の場合、
オートバイでの移動中にこぼれないためにも、
密閉性、保温性に優れたマイタンブラーとしてKleen Canteeは、
とても重宝している。

ただ、前にも書かせていただきましたが、
暖かいコーヒーをいただく際に便利な『Café Cap』には、密閉性がないので、
会社に着いてキャップをこちらに交換してからでないと飲み始められない。

2017_1031-16.jpg
※左が1.0、右が2.0
できればこのキャップのまま持ち運びもしたいと思われる方が、
極東の島国のオッサン以外にもいたようで、
密閉性を確保した『Café Cap 2.0』が、やっと発売された。
「やっと」とか言ってますが、
発売されたのはもうだいぶ前の話でありますので悪しからず。

2017_1031-17.jpg
※左が1.0、右が2.0
裏から見ると、だいぶ違うことが分かる。

2017_1031-19.jpg

分解すると、これだけのパーツで構成されていて、
その用途以上に構造は複雑。開発までの苦労が垣間見える。



なので、すぐにコイツの構造が分かる人は少ないと思う。
そういうことを思う人も、世界中には大勢いらっしゃるようで、
洗浄方法の動画もすでにアップされていた。

というわけで、飲み終わったあとの洗浄が超メンドクサイので、
キャップの付け替えくらいで済むのならば、『1.0』の方がラクかもしれん。

私のようにスタバとオフィスの移動の間だけにボトルを使うのではなく、
コーヒーを移動中も飲みたいという方に、
この『2.0』は向いているということだろう。

最後に、組み立てて最後に締めるナットを、
中途半端に締めた状態だとダラダラとこぼれてくるので注意が必要だ。
くれぐれも、これを買ったら最初に分解洗浄して、組み立て直したあとに、
中身がこぼれないかのテストをして、ナット締め具合を確認した方が良いです。
  

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

2018.05.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

PETZL アイスアックス用トリグレスト

2017_1120-29b.jpg
もうすっかり道具の片付けも済んだこのタイミングで、
しかも結局使うことのなかったモノの話でたいへん恐縮ですが、
ここを逃すともうお話しするタイミングがないのでしておきます・・・・

昨シーズン買ったPETZLの超軽量アイスアックス『RIDE』ですが、
今季早速新しいモデル『GULLY』が追加され(てしまっ)た・・・
(画像上がRIDE、下がGULLY)
黒くされただけでなく、いかにも食い込みの良さそうなピックが、
今回の目立つ変更点ではありますが、
グリップのすっぽ抜けを防ぐトリグレストが追加されていることが
旧オーナーとしては何より悔しい。

2017_1120-3.jpg

なので、せめてこのトリグレストだけでも買い足すことにした。
¥2,376(税込)。
高いと思うか安いと思うかは人ぞれぞれだろうが、
私は千円ほど高いと思う。百歩譲って¥1,300が妥当なイメージ。

手に入れたらサクッと装着して終わりかと思ったら、
バラバラの状態、しかも組み立て用の六角レンチまで同梱されて来た。

2017_1120-4.jpg

それはグリップの端に設けられた出っ張り
(トリグレストのストッパー)を避けて装着するために、
このように本体が広げられるようにしておくためであった。

2017_1120-6.jpg

ナットもバラバラの状態でくるのだが、
これをレバーに用意された溝に埋め込む必要がある。
はめ込む先の穴が結構タイトに作ってあって、
はめ込むのにまあまあ苦労する。
ナットもとても小さく紛失の可能性だって低くはない。
せめてここだけでも組んでから送ってくれれば良いのに・・・・

2017_1120-9.jpg
2017_1120-8.jpg

というわけで、若干の面倒を経て完成。
シャフトに設けられた滑り止め調の凹みにパチッとはまり込む設計で、
このように設定位置を変えられる。

でもやっぱり新しい黒いピックの方がカッコいいな・・・

ちなみに、
RIDE ¥11,880(税込)240g
GULLY ¥17,820(税込)290g
(トリグレストは15g)
トリグレストの値段を差し引いても¥3,564もGULLYの方が高いのだが、
画像からもそれだけの違いを感じてしまうな・・・
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

2017〜18 スノーシーズンをふり返って

2018_0507-101a.jpg
2018_0507-101b.jpg
2018_0507-101c.jpg

今年もスノーシーズンをふり返ってみたい。

滑走日数:39日

訪れたスキー場:28ヵ所

初もしくは久しぶりのスキー場:12ヵ所

バックカントリー:6日/5エリア

ご一緒した方々:のべ168人
(実人数約35人)

パウダースノー:10日新雪率39%

こうして並べてみて改めて思うのは、
あと一日で40日の大台に乗せられたのか!ということ。
まさしく後の祭りではありますが、
そのために無理して滑りに行くのもなんなので、
予め知らなくて良かった。とも思う。

今シーズンの特徴は、滑走日数39日で28ヵ所滑りに行けたこと。
ほとんど毎回違う場所を滑ることができたのはうれしいことだ。
そして、そのうちの12ヵ所が初めてもしくは
久しぶりに行く場所であったことも特徴だ。

そして、先シーズンの約半分の日数しか
バックカントリー行くことができなかった。
もしくは「行こうと思わなかった」ことも今季の特徴だ。

ここ10年ほどは、まずシーズン中のバックカントリーの予定を先に立てて、
その間をどう過ごすか、どう滑るかという考え方で予定を立てていたが、
今シーズンはとにかくゲレンデを滑ることを主軸に据えていくことに
(なんとなく)決めた。というより、バックカントリーを前提にした
予定を立てるのを止めたと言った方が適切かもしれない。

それはやはり、とにかく一本でも多く滑りたいという欲求に他ならない。
それを一言で言うならば「ダウンチル効果」とでも言えばいいのかもしれない。
近ごろ流行の(?)「ゲレンディング」や
「フリーラインディング」のようなものとも言えるが、
それがバックカントリーを否定することでも、
そこからの原点回帰とかいった大げさなことでもない。

パウダースノーに限らず、どこにでもある目の前の地形を見極めて滑る。
そしてそこを繰り返し滑る。
そんな昔からある新しい遊び方。
いまはとにかくそんな遊びが楽しくて仕方がない。

そんな今までとは違う気分で臨んだシーズンであるにも係わらず、
今シーズンもたくさんの方々と一緒に滑らせていただくことができた。
毎回複数の方々とセッションできていることが私の誇りだ。
今年もたくさんの刺激をいただきました。誠に感謝であります。

中でも、こちらに度々登場しているOYくんとは
39日のうち実に32日も一緒に滑っていた。
私が行ったことがなかったスキー場の多くは、
OYくんの豊富な手札の中から提案されたものがほとんどなので、
重ねて感謝であります。
そして、近所に引っ越してきたマッツン・ユカチン夫妻とも
今シーズンは20日ほどご一緒させていただいた。
いつも送り迎えありがとうございました!

パウダースノー遭遇率は昨シーズンと大差ないのですが、
内容的に今シーズンは豊作とは決して言えない。
ガチのドライパウダーを滑れたのは5日あるが、
本当の意味で当たったと言えるほどの深雪を滑れたのはそのうちの2日だけだ。

特に、今シーズンは札幌ののぶがインスタに上げる深雪話が
羨まし過ぎるが故に鬱陶しく感じられるほど
北の大地(特にキロロ方面)が大当たりしていたようなので、
尚のことパウダースノーに関しては今シーズンは当たらなかった感が高い。
やっぱりいいなあ〜北海道。


T.T 165 Softflex:17日

T.T ミズメヒノキ:6日

SLASHER Split:7日

Spoonfish Bamboo Topsheet:3日

MAGIC38 Split:2日

INDEPENDENTSTICK:1日

XY(テストボード):1日

スノースケート:19日


今シーズン使ったクイーバーの傾向は、昨シーズンに較べると
そもそも持ち出したボードの種類が例年の半分以下だということ。

中でもT.T 165 Softflexに集中して乗った。
これは意識的に自分にそれを課したこともあるが、
T.T 165はとても難しい反面、それが楽しくて仕方がなかったことが大きい。

いままではGentemstickという決められた範疇の中だけとはいえ、
その中で自分に合うボードとは?合う滑りとは?という模索を
繰り返して来たつもりなのだが、
いよいよそういった季節は終わろうとしている。

2018_0205-6b.jpg

再三こちらで「今は滑ることが楽しい」と言っているが、
その半分以上は「T.T 165で滑ることが楽しい」が占めていて、
そこが言ったような模索作業の一応の帰結点ではないか?と今は期待している。

シーズン終了間際に乗り始めたインディがここにどういった影響を及ぼすのか
という不安(?)もないではないが、
そこは逆に自分自身でも楽しみであったりもする。

2018_0205-14.jpg

そしてもちろん、今シーズンを語る上で
スノースケートというニューアイテムの話を避けて通ることはできない。
楽しい楽しいと再三申し上げてきたが、結果19日もスノースケートで滑っていた。

そんな、文字通りに彗星の如く私の前に現れたスノースケートだが、
その彗星を私一人で捉えることは絶対に無理だったろうと思う。
何より、みんなで滑ることでスノースケートの楽しさが倍増したと思うし、
だからこそ余計にスノースケートにハマったとも言える。

そもそも周りのみんなも私と同じように
スノースケートに興味を持っていてくれたわけなのだが、
それにしても「はいそうですか」と言って買えるお値段でもない。
それなのに、私の思いつきのようなノリに素早く反応してもらえたことには
本当に感謝しないとならない。

最後に。
今シーズンはいろいろな意味で例年以上に充実していたと心からそう思う。

何より、来シーズンが待ち遠しいと思うのは、
私にしてはかなり珍しいことだからだ。

というわけで、みなさん、
来シーズンもよろしくお願いいたします!

  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.28 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーボード

オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件



もちろん私は1974年に公開された方の映画も観ている
(ロードショウではなかったが)。
私が観ているかどうかは置いておいても、
アガサ・クリスティ原作の同名小説はそのあと類似品があとを絶たなかった
「〜〜殺人事件」のはしりと言っていいミステリーの傑作。
つまり、多くの方々がすでに結末を知る物語と言っていい。

結末のネタバレこそ致命傷となり得るミステリー作品、
その中でも最高に意外な結末が待っているからこそベストラーとなった作品を
リメイクするのは、かなりの挑戦だ。

なので、私が観たい、もしくは確認したいのは、
そういった意地悪な見方をする観客に対し、
どういった解答(挑戦)を魅せてくれるのか?という部分。

オリエント急行殺人事件3

そんな無謀とも言える挑戦にあえて挑んだのは、
主人公の天才的探偵アルキュール・ポアロ役も同時に演じた
ケネス・ブラナー監督。

寝台特急の客室で起こる密室殺人。
容疑者は乗客全員なので、登場人物一人ひとりの生み出すディテールが
この映画の世界観のすべてといっていい。
そんな世界観を実現するため集められた役者陣は、
一番上の画像にある通りまさに豪華な顔ぶれだ。

オリエント急行殺人事件2

もちろん、1974年版でもそれは同じことで、
イングリッド・バーグマン、
ジャクリーン・ビセット、
ローレン・バコール、
アンソニー・パーキンス、
ショーン・コネリーと、
そうそうたる顔ぶれが名を連ねる。

このようなほとんど伝説的な名作にどう立ち向かうのか?

オリエント急行殺人事件4

ケネス・ブラナーは、
『ダヴィンチコード』や『シャーロックホームズ』などに見慣れた観客に
真っ正面から立ち向かうように、この古典的傑作ミステリーを
CG技術も駆使しながらとても現代的な映像美と解釈で翻訳し直してきた。


しかして、その出来映えはというと・・・
う〜〜ん。
まったく結末を知らない方ならまだしも、と言ったところか。
でもだ、観客が結末を知っていることありきで
作られているようにも見受けられるので、
謎解きに必要な情報の提供が結構おざなりにも感じてしまい、
結構どっち付かず。

つまり、やろうとしていることは解るのだが、
結果的にミステリーなのか、アクションなのか、
まあまあ中途半端な結果となってしまっていた。
まったくもって大成功した作品のリメイクは難しい。

っていうか、一番楽しめるのは間違いなく小説ってことで・・・
(オススメ度:40)

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2018.05.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

さて、これはなんでしょう???

2018_0507-75.jpg

これなんだと思いますか?





2018_0507-74.jpg

答はハンガーラック。

サーフィンのあとホテルに泊まるとき、
ウェットスーツを干すのに困るときが多い。
基本的にバスルームに干すことになるのだが、
バスルームの湿気ってなかなかなくならないので意外に乾かない。

なので、部屋の方に干したいのだが、
濡れて重くなったウェットスーツをかけられる場所は意外とない。

2018_0507-73.jpg

そこでコイツの登場。
バスルームのドアでも、入り口のドアにも使える。
鉄製でがっしりしているので重いウェットスーツでも問題なし。
これで下にバケツを置いておけば水浸しになることもない。
空調の効きすぎた夏場のホテルなら、加湿にもなって一石二鳥だ。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.24 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーフィン

サーフィン@茨城 5/6

2018_0507-77.jpg

前夜は一人だったので、そんなに飲みすぎることもなかったのですが、
代わりにちょっと食べ過ぎてしまった・・・
こちらでは小料理屋(風)のお店でも一品の量が二人前程度あり、
それを知らずに入るなり複数皿頼んでしまった・・・
来週人間ドックなのにな〜〜〜と、慌てて太田胃散投入・・・

胃もたれしながらも大貫に8時入水。
実は前日、朝からロングジョンにタッパーで海に入っていた。
上下ともラバーも乗っているので、
そろそろイケるだろうと高をくくっていたのだが、
海から上がると足先がかなりシビれていた。
冷たいとは感じなかったが、身体も同様に硬直していたことが
この日セミドライを着てみてよくわかった。5mmの方が身体が軽く感じる。

当たり前だが、3mmの方が軽快に動けると思い込んで
無理してでも3mmで入ったのだが、
やはり、無理は禁物というか、ムダだと理解した。

2018_0507-76.jpg
2018_0507-78.jpg

さておき、この日の大貫はモモ程度で強めのオフショア、
たまのセットでハラを越す波が入るとても優しい波でしたが、
セットは依然として速くて繋がりがち。
ショルダーの見極めと、タイミングの見極めの難しい波でありました。

2018_0507-84.jpg
2018_0507-79.jpg

そして、まあまあ混んでいて、
上級者やロングボードさんたちとの位置取りにまだ慣れない私は、
それらの見極めと併せて精神的な窮屈さを感じていた。
なかなかノビノビとは波に乗せてはもらえない。

2018_0507-80.jpg

こちらの画像に写る三人のうち、
ショルダーに乗れているのは向かって左の一人だけ。
右側の二人のように、私はほとんどスープライドになってしまう。

2018_0507-81.jpg

たまにモモくらいの波をロングライドできてしまうので、
そちら狙いに切り換える。

でも、こんなことしてても上手くはならない。
上手くなるために面の皮を厚くするか、軋轢の少ない場所で楽しむか。
とても悩ましいところだ。

何にでも言えることだが、
自分のレベルが一段上がると、自分から見えていた山の頂がただの尾根先で
つまりニセピークだと気づかされることがある。
すると、築き上げてきた自信が一気に崩壊して疑心暗鬼になるあの嫌な感覚。
まさに今、そんな3合目あたりに私はいる。
たかが遊びで、ここでもう一踏ん張りできるか否か。精神的な分岐点だ。

2018_0507-83.jpg

そんな精神状態と4時間闘って正午に海から上がった。
あ〜〜〜上手くなりて〜〜なあ〜〜

2018_0507-85.jpg

高速には乗らずに気持ちの良い茨城の田舎道を走る。
景色はもうすっかり夏だ。ドライブ日和。

2018_0507-86.jpg

せっかくなので、近ごろ高速道路からちらっと見えて気になっていた
坂道に寄ってみたのだが、乗ってみると斜度が足らなかった。残念。
実は雪山に行くときに使う関越道からも、
通る度魅力的に映る素敵な坂があって、
今度そこにもスケート持って行ってみようかと思う。

2018_0507-87.jpg
2018_0507-88.jpg

連休最終日ということもあり、道はとても空いていたので
結局この日は大貫から自宅まで下道で帰った。
おかげで広くレンゲ草が咲く場所に出くわした。
まさにドライブ甲斐、インスタ映えのする場所であります。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR