ON THE ROAD

ontheroad_1.jpg

久しぶりに映画でシビれたな〜と、思った『ON THE ROAD』です。

いまではすっかりフォーマット化されつつある
このロードムービーというジャンルではありますが、
そんな価値観のど真ん中を突っ走っている映画です。

ともあれ、いまやそのロードムービーと一括りにされてしまいますが、
本作の原作はジャック・ケルアックの小説で、その名もズバリ『路上』。
1957年の出版というから、これがその元祖といっていいだろう。

「道中記」というベーシックな見解から、「セックス」「ドラッグ」に
象徴されるような、好奇心の強さ故に挑戦的で軽率な若者の放蕩と暴走を描くときに
「旅」ほどハマるフォーマットもないだろうというほど、
ロードムービーという手法によって描かれた青春映画は少なくない。

この作品、カンヌでは原作の意図を汲んでいないという理由で
かなり叩かれたらしいので、あくまでも私の好みの問題でしかありませんが、
これほどスタイリッシュに洗練されていながらも、
フランス映画のような終始重苦しい憂いを纏い
ただダラダラと群像劇を綴るようなこともなく、
ドラマとしてしっかり起承転結が完成されているロードムービーだと思いました。
私は好きです。

ontheroad_4.jpg

若者達は得てして無知をいいことに、「無謀に」「安易に」
危険で甘美な世界に飛び込んで行ってしまうものだが、
世の中の「しがらみ」から完全に自由なカリスマの出現によって、
更にそれらが加速されるということは現実社会においても良くある話だ。
そんな、周りを飲み込むように様々な世の中のルールから解放していく
完全な自由人がギャレット・ヘドランド演じるディーン・モリアーティ。

ontheroad_5.jpg

破天荒な強いカリズマを持ちながら、反面ナイーブで甘えん坊という、
複雑で、とても常人には理解しがたいディーンという人間の半生を、
サム・ライリー演じる主人公サル・パラダイスの視点で追っていく。

面白いのは主人公サルの成長を描きながらも、
見所はあくまでも、悪魔のようでありながらも子供のように無邪気な
ディーンというその存在自体にある。

「もちろんこんなハチャメチャな生き方が通るはずはない」
「バチが当たれば良い」と思いながらも、そういった枠にはまらない、
何にも囚われないディーンの生き方は観ていてとても痛快だ。

ontheroad_2.jpg

     ontheroad_6.jpg

そして、『トワイライトサーガ』で一躍トップ女優の仲間入りを果たした
クリステン・スチュワートをはじめ、脇を固める俳優陣がスゴい。

ontheroad_3.jpg

『マン・オブ・スティール』のエミィ・アダムス
『エリジウム』のアリス・ブラガ
『ロード・オブ・ザ・リング』のヴィゴ・モーテンセン
『スパイダーマン』のキルステン・ダンスト
ちょい役で『レザボアドッグス』のスティーブ・ブシェミと
そうそうたる面々が顔を揃える。

それもそのはずで、制作総指揮はあのフランシス・F・コッポラ。
実はこの原作の映画化権をコッポラは1979年には手にしていたらしく、
イーサン・ホークにブラッド・ピットの組合せや、
ディーン役にコリン・ファレルを起用する企画もあったらしいが実現はせず、
要はお蔵入り寸前だったようだ。
しかして、それほどにコッポラはこの原作に惚れ込んでいたようで、
『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督を迎え、
やっと実現にこぎ着けた思い入れ深い作品のようだ。

で、これだけの俳優陣なのだから、物語の展開もさぞ濃厚なのだろうと思いきや、
そこはロードムービーですから、あっさり塩味。
旅の先々で出会う人たちも、もうほとんど景色みたいなものです。
そんな豪華な無駄遣い感が素晴らしい隠し味となってます。

さておき、若いからといって、ここまで脱線するか?という青春活劇を
ホラー映画として観るもヨシ。
誰しもが青春時代に通過した「希望」や「挫折」、
そのあとに訪れる「後悔」や「追憶」といった感情を呼び起こすもヨシと、
どんな観かたで観てもハズレのない映画かも知れません。
 

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2014.05.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

アイルトン・セナ 没後20年

number_senna.jpg

あの日からもう20年なんだね。

スポーツだけをとっても、この20年で、世界で活躍する日本人は増えた。
その一人ひとりの活躍に、その時々の自分自身の思い出が紐づいて思い出される。

経済でもそうだ。
セナがホンダと組んでチャンピオンになったとき、
まさにこの国はバブルの絶頂を迎えていた。

今ではお隣の国にさえも見下されるようになってしまったこの国だが、
当時は世界から「ジャパンバッシング」なんていう、
今にしてみれば褒め言葉まで戴いていた。

当のF1でも「ホンダつぶし」ともとれるレギュレーションの変更まで行われたが
それでもセナとホンダは勝ち続けた。

少なくとも私は、たとえそれが
ノーラン・ライアンでも、
ニキ・ラウダでも、
フレディ・スペンサーでも、
マイケル・ジョーダンでも、
ディエゴ・マラドーナでも、
ミハイル・ゴルバチョフでも、
マザー・テレサであっても、

松井秀喜や、
中田英寿や、
中村修二や、
山中伸弥や、
原田哲也や、
浅田真央や、
中嶋悟など、
日本人の活躍ほどには思い入れることなどできない。

もちろん、セナは日本人ではない。
それでもこれだけ思い入れが深いのはやはり、
彼自身もヨーロッパという権威主義と戦っていたからに他ならない。
まさにセナは盟友、つまりは我々にとって大切な友人なのだ。

senna_number-3.jpg

それと、彼がいつも浮かべている、その物憂げな表情も、
常に自己に打ち克つことを旨とする、
私たち日本人の古くからのメンタリティを刺激したように思う。

senna_number-2.jpg

そして、『ナンバー852』の27ページ。

にじみ出るような孤独を湛えたその瞳から、
ついに視線を逸らすことができなくなってしまった。
(是非クリックして拡大画像でその目と合わせてもらいたい)

セナは今も私の大事な何かを代表している存在だと悟らされた。
だから私にとって、セナは思い出では決してない。

senna_honda.jpg

きっと今頃は本田宗一郎さんと一緒にいるんだろう。
いや、いて欲しいな。と、そんなふうに思える唯一の外国人かもしれない。

テーマ:F1全般 - ジャンル:車・バイク

2014.05.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

HP2 Enduro メンテナンス

IMG_0640.jpg

先週末はSLASHERのトップシートリペアに加え、日曜日には
先週のGSに続き、HP2 Enduroのメンテナンスをして過ごしました。

くどいようだが、梅雨入りまでの涼しいうちにやっておかないと、
暑さに負けて、億劫になり「秋になったらでいいか・・・」と、
結局やらなくなってしまうという自堕落な自分との戦いもあって、
少々慌て気味に一念発起。

それというのも私のHP2 Enduro、実はすでに車検が切れてしまっているからだ。

さし当たって乗る予定がないことと、来月に迫ったクルマの車検が優先されるため、
金銭的理由で後回しになっているので尚のこと、このまま作業もしたくないような
猛暑に襲われたら、それこそそのまま乗らなくなってしまいそうだからだ。

IMG_0632.jpg

そんなわけで、車検整備も兼ね、細々と各部を確認しながらメンテを進める。
メンテの内容はGSのときに準じます・・・まずはオイル交換に、

IMG_0636.jpg

プラグ交換。ただし、今回HP2には高価なイリジウムプラグを奢ってみた。
火花が強くなり、火炎の伝搬性能が上がることで燃焼効率が上がるとの触れ込みだが、
燃費の向上や、寿命が長いというような主婦感覚の話の方がウレシイ。
要は気持ちの問題。

IMG_0642.jpg
IMG_0644.jpg

で、今回交換作業をしていて一番驚いたのがこのエアフィルター。
積層した砂埃の中は、様々な生き物たちの墓場と化していた。
一番大きいのでトンボさんがお亡くなりになられていた・・・

これでは吸入効率云々の以前の問題だ。
オフロード走行が多い場合には、もっと頻繁に手入れをしないとマズイなこりゃあ。

と、手に入れて既に4年が経過したはずのHP2に、
何を今さらそんなことに気づいているのか?と、
疑問に思われるかもしれないので、ちょっと言い訳をすると。

前回の交換時よりも汚れがひどいのは、ビッグタンク化したことで
そのタンクのすぐ下に位置する吸入口に、フロントタイヤの巻き上げた土埃が、
逃げ場なくまっすぐ入って行ってしまうようになったせいではないかと推察している。

そんなわけで、ホース類を使って、
吸入口の向きを変えてみようかと密かに思っている。
それをするのは、いったいいつになるのかは分からないけれども・・・

IMG_0650.jpg

「そういえば!」と思い出して、もうずいぶんと前にヤフオクで落札していた
プラグキャップカバーを交換した。
万事こんな感じで、「いつか使うだろう」と、落札したはいいけれど、
そのまま埋もれたままになっているパーツが、部屋中にゴロゴロしている・・・
これで1個減った。ちなみにこちらは2年前の地層から発掘された遺跡だ。
やっぱり日々のメンテナンスは大切なんだねえ〜

テーマ:オフロード - ジャンル:車・バイク

2014.05.28 | コメント(4) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

Gentemstick SLASHER Splitトップシート補修

0520_2014-21.jpg

美しさと軽さの代償として、Gentemstickのトップシートはちょっとした衝撃でも
潔いほどあっさりとカケてくれますが、
スプリットボードならば、滑走時のみならずハイク時もその危険に晒される。
足許のおぼつかないオッサンが使うとなれば、その可能性は更に倍だ。

たまに、傷つけるのが怖くて使えないと仰るGentemstickユーザーの方や、
Gentemstickの脆い部分が許せない(から買わない)と仰る方までいる。
もちろんその仕上げの美しさから生まれる所有欲が大きく存在する
Gentemstickなので、その気持ちも痛いほど分かる。

分かるけれど、
道具は結局のところ使ってナンボなので、私は使い倒すことにしている。

0729-20.jpg

若干話は逸れるけれども、
Gentemstick同様、BMWのオートバイもとても高価だが、
それもこれも単に高く売るための設えによって高価になっているわけではない。
多少手荒に扱っても簡単には動かなくなったりしない頑丈な造りや、
ボディよりも過酷な状況に置かれるむき出しのエンジン周りには、
永い愛着に応える艶の衰えない塗装が施されていたりと、
“永く使い倒されること" を前提にした作り込みが成されている。
国産のオートバイでも易々と壊れたりしないし、もちろん性能は世界一だ。でも、
“愛される部分" に設定される “寿命" を較べてみれば、明らかに消費材のそれだ。
国産オートバイを長く所有した経験のある者ならば、
その思想の違いに驚かされることばかりだろう。

そういった観点で言うと、Gentemstickは工業製品でありながら、
万人に受け入れられるための耐久性や操作性を持っているわけではなく、
むしろ工芸品にカテゴライズされてもいいほどの特殊性や商品価値を持っている。
そういった意味では、BMWというよりもイタリアのスポーツカーメーカーか、
イギリスのバックヤードビルダーというべき存在なのであるが、
そんな “床の間に飾る級" のモノを、使い倒す快楽という嗜みもまた
抗いがたい中毒性の高い行為なのであります。ミッレミリア。

といったわけで、Gentemstickとは「つき合い方」がある。と思う。
スキー場ではなく、人里離れた山の中なら尚のこと、
たとえGentemstickであっても、
現場でそれを大切にするが故に気を揉まされるなどもっての外。
一切の容赦もなく使い倒したい私なので、その反面、現場を離れてから
道具に対して尊敬の念をもって愛情を注いであげないとならない。
(Gentemstickでなければリペアしようとも思わないのも確かなのだが)


前置きが長くなりましたが、
今回は今季1シーズン私を様々な場所へ連れて行ってくれた
SLASHERのトップシートを補修します。
歩き方が悪いのでしょうが、特にトラバース時に左足で右足に装着したボードを
踏んでしまうため(滑走時の)左側がカケを通り越して傷だらけになってしまいます。
しかも、クランポンを装着している時でもやってしまうので、
クランポンの鋭い歯でエグるような傷が深々とついてしまいます。

方法は毎度のことで、樹脂でふたをする方法。
樹脂というのはとても繊細な素材で、気温や湿度などにもかなり影響されるため、
寒い冬の間はやりたくてもできない。やるなら晩春の今時期がもってこいだ。

それと、硬化剤との混合比がとても微妙。
硬化剤が多すぎても少なすぎてもうまく固まらない。
私の場合はきれいに直したいわけではなく、
心材への水の浸入をふせぎたいだけなので、
カチカチよりもちょっと粘度が残るくらいが好ましく、
尚のこと混合比の管理が必要になってくる。

0520_2014-3.jpg

今回は0.01gから測れるデジタルスケール(秤)を買ってみた。
1g単位の秤だと、どうしても極少量の混合ができないからだ。
この秤は100gまでしか測れないが、
大量の樹脂が必要になるわけではないのでこれで充分。
手のひらに乗るほど小さいポケットサイズ。
¥1,126 (Amazon)というお手頃価格でありながら
風袋引き(空の容器を乗せた状態で0に設定できる)機能まで装備している。
更に主剤を測った状態で0にして、混入しながら硬化剤だけの正確な分量も測れる。

0520_2014-4.jpg

SLASHERに合わせて透明グリーンの着色剤を購入。1%混入。

0520_2014-1.jpg

指定の混合比10:4を正確に測り準備完了。
混合後は30分以内に作業を完了することとあるが、とろ味が出てからの方が
垂れないのでサイド部分など切り立った箇所の作業がし易い。

0520_2014-2.jpg
0520_2014-22.jpg

問題がなければ24時間程度で硬化完了します。
今回の傷は心材まで入っていたので、樹脂が木材に染み込んで
色が濃くなり、より目立つようになってしまった。
樹脂を入れる前に白色などの下地を入れてからにすれば良かった。
時すでに遅し・・・

slasher_repair_2.jpg

と、済んだことで肩を落とすような感傷的なハートは残念ながら私にはないので、
さっさと表面を平滑にして磨きます。
塗ったまま硬化すると、水滴のように出っ張ったまま固まりますので、
800番のサンドペーパーでその出っ張りがなくなるまで削り、
1,000番で水研ぎしたあと、荒目〜極細〜超極細の順でコンパウンドをかけ
サンドパーパーキズが消えるように磨けばOK。
(コンパウンドのサンドペーパー対応の番手はメーカー毎に違うので
2,000番くらいまで水研ぎが必要になる場合もあります。)

slasher_repair.jpg

この画像をご覧いただけば、透明な樹脂で傷が埋まっていることが分かると思います。
(樹脂内に気泡も埋まってしまっておりますが・・・)
二つ上の画像で、一番カケ易いトップシートの際の部分のカケにも、
樹脂が盛られていることもご覧いただけます。

SLASHERは今回初めて補修したのですが、モデルの差か、個体差か、
表面の樹脂層が、たとえばMAGIC38に較べて薄いようで、
磨きすぎで下地が見えてしまった・・・次はもう磨かないか
いっそ再塗装しちまうかしないといけないな、こりゃ。

さておき、平滑になっても傷が消えないこともお分かりかと思います。
でもまあ、この方が苦楽を共にした相棒のようで愛着も湧くし、私は好きです。
 

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2014.05.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

UTme! - スマホでデザイン、君だけのUT

utme.jpg

いくつかのフォーマットを使いながら、自分だけのオリジナルデザインTシャツを
1枚からオーダーできるというアイデアが話題の UTme!

オリジナルデザインには誰もが憧れるところだろうが、
デザインアプリケーションが百花繚乱し、一億総デザイナー時代にあっても、
年賀状ならまだしも、身につけて街を歩くTシャツとなると
冗談半分でウケ狙いを除けば、デザインのハードルはかなり高い。

そこを「フィルター効果」で「それなりに」魅せるという
これまたアプリケーションによるアイデアで一点突破している。

もちろんそういったアプリケーションアイデアの開発もさることながら、
それをリアルな流通ルートに乗せるという作業は
これまた口で言うほど簡単に構築できる販売システムではないと思う。

学生時代は仲間とオリジナルのTシャツとか作ったよな〜とか、つい昔の記憶が蘇る。
きっと今でもそういった需要はあるのだろうが、そういったショップや看板を
近ごろ街で見かけた記憶がないので、名刺印刷と同様に
そのほとんどがネット上で営業展開されているのだろう。
たぶんそういったネット印刷業者と同様に、インクジェット系のプリンターを使って
Tシャツにプリントを施すものと思われるが、実際はどうなのだろう?

いずれにせよそういったショップでもある程度の最低ロットは設定しているはずだが
このUTme!はなんと1枚からオーダーを受け付けてくれる!
しかもそれが5〜10日で届き、なんと税抜き1,900円!(送料別)なのだから
もはやグゥの音も出ない。
ネットでデザインを受け付けて、プリントし、納品、と
アイデア自体はシンプルだけど、とても画期的でしかも斬新だ。
ニッチな話ではあるが産業革命級。スゴイとしか言いようがない。

で、実際予想以上の反響があるようで、
サイズによっては白Tシャツの在庫が追いつかないほどらしい。

utme_ty.jpg

もちろん、いかにカッコ満点でも、プリントの仕上がりがガッカリだったら
「中身0点」なので、モノは試しでやってみることにした。

到着したらまた報告するので、お楽しみに!

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2014.05.26 | コメント(8) | トラックバック(0) | 徒然

黄金を抱いて翔べ

ogonnwodaitetobe.jpg

観るでもなく点けていたテレビから、
期せずして放送が始まり、結局最後まで観きってしまったパターン。

つまり、映画館に観に行くなんてもっての外。
ビデオレンタルも優先順位はかなり最後の方で、
ほとんど期待もしていなかったけど、観てみたらなかなか面白い
つまりは暇つぶしにはもってこいの、
これぞWOWOWで観るべき出会い系の作品です。

まあそもそも洋物かぶれの私の場合、テレビですら、アニメ以外の
邦画作品を観ることじたいかなり珍しいことなのではありますが、
そんな私を釘付けにするとは、なかなかと言ってよいのではないかと
おこがましくも思ったりしています。

内容を簡単に申し上げますと、スネに傷持つワケあり男達が、
そんなそれぞれの過去を振り払うように一発逆転の銀行強盗を企てます。
で、そんな決して振り払えない過去からの追跡や、
内部からの裏切りなどに翻弄されながらも、黙々と計画は実行され
さて、結果や如何に??というサスペンスに加えて、
井筒和幸監督の得意とする、すぐ目の前に存在する社会の闇の切り取り方がまた
そんな荒唐無稽なサスペンスに、無理なく現実味を与えています。

それと、キャストはご覧のような「イケメン」のオンパレード。
特に溝端淳平と、東方神起のチャンミンの共演というのは、
なかなかのキャスティングだと思うのだが、
おおよそ井筒監督の趣味とは思えない。

中でも妻夫木聡の存在感の高さには舌を巻いた。
『悪人』や、『スマグラー おまえの未来を運べ』でもすでに
かなり難しい役をこなしていたのだが、
裏社会で様々な物資の調達を生業とする、今回の幸田弘之の役づくりには
かなり感心させられた。とにかく男が惚れるような男像であった。
ある意味、現代の任侠劇。

と、見た目だけではなく、中身もイケている男達の物語になっているところも
この映画の見所と言っていいと思うノダガ・・・
・・・それだけ頭も切れて、しかも冷静でニヒルな男達が、
このあまりに軽率な計画に、最初こそ慎重で決して乗り気ではなかったものが
いつの間にやらやる気満々っていうあたりに、説明不足を感じてしまった。

といったわけで、もしテレビで観る機会があれば是非!と
お勧めできる作品です。

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2014.05.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

マイタンブラーで、スターバックス

2014_0205-1.jpg

最近スターバックスにマイタンブラーを持ち込むのにはまっている。
もちろん会社にもドリップコーヒーはあるし、最近導入されたベンダーのコーヒーは
一杯20円ながら、かなり美味いと社内でも評判なのであるが
それを差し置いてもスタバのエスプレッソ達は中毒性が高く、
結果ほぼ一年中スターバックスラテの禁断症状が続いている。

starbucksgs.jpg

ちょっとエコな気がするとか、20円引きだとかっていうことよりも、
いつもオートバイで移動している私の場合、
紙コップだと運転中にこぼしてしまうので、
会社に持って帰れないということが、
そもそもこのマイタンブラーにすることにしたきっかけ。

店でゆっくり飲んでから出社すればいいことも分かっているが
会社が一番落ち着く根っからの会社人間なので仕方がない。

starbukskleankanteen-1.jpg

そしてついにVenti®サイズが入るボトルを買ってしまった。

    starbucks.jpg

starbukskleankanteen-2.jpg

ちなみに16oz / 473mlのボトルでGrandeサイズ
20oz / 592mlのボトルでVentiサイズが図ったようにジャストの容量。

でも、このKlean Kanteenのボトルに限らず、
保温の効くものだとしばらく冷めないままでおけるというのは
これほどありがたいこともないっていうくらいにありがたい。

kleancanteen-2.jpg

このKlean Kanteenの『カフェキャップ』(右) は
マイタンブラーでもスタバ気分に浸れる逸品だが、
保温性はあっても密閉性は紙コップと同程度なので、
持ち運ぶ時は通常のキャップを使うことをお勧めする。

そんなわけで、したくない電話やメールを書かなきゃならない日など
会社にひどく億劫なことが待っている日とかに
スタバに寄ってから会社に行くことが多くなった。

これまたふだんの生活にある小さな幸せだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.05.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR