FC2ブログ

Filippe Starck Watch

fossil_starck.jpg

先日OAKLEY GMTを直したこと(電池を交換しただけだが)に味をシメ、
引き出しで眠っていたもう一本も電池交換して使えるようにしてみた。

まあただのデジタル時計だし、持った感じも薄っぺらい腕時計で
実質価値はお祭りのくじ引きでもらえるレベルなのだが、
さすがはフィリップ・スタルクさん、デザインがとても秀逸。

と、チープ・ウォッチ好きが再燃してきている今日この頃。

gmt_plish.jpg

ちなみにGMTの方は念入りに磨き上げられ、更に愛が深まっていたりもする。
近ごろ時間はケータイで確認するとのことで、
腕時計を愛用される諸兄も少なくなってきているが
万年筆同様に、だからこそ逆に腕時計を嗜むいい機会だと私なんぞは思っている。
私のは全部チープだけど・・・

2013.04.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

GARMIN BASECAMP for Mac

basecamp_icon.jpg

ガーミン社製GPS(正規代理店品)をお使いの方でMacユーザーの方、
いつもデータ管理はどうされていますか?

Macユーザーの私は今まで仕方なく、本当に仕方なく、
会社のPCでGPSデータの管理をしてきました。

思いつきのベンチャーにありがちな冗談みたいな社名の正規代理店のHPを見ても
相変わらずWindowsにしか対応していないとのアナウンスがされていて
Macユーザーにはまさにとりつく島もない状況。

MacもIntel化されてからはPCとの互換性もそれなりに確保されだしてきて
数年前に、そのガーミンの管理アプリケーションが製品添付ソフトの
「MapSouce」から無料配布ソフトの「BaseCamp」に代わったあたりから
怪しい怪しいとは思いつつも、仕方なくPCでの管理を余儀なくされてきた。

で、何の気なしにググッてみるとやはり同じ悩みを抱えたMacユーザーたちが
勇猛果敢に本国サイトのMac版「BaseCamp」の利用を開始されていた。

一も二もなく私も早速ダウンロード!すると・・・・

basecamp_window2.jpg

あっさりどころか、なんの支障もなくMac上で動くじゃあありませんか。
しかも地図はおろかインターフェースまで日本語で表示されている!
アンビリーバボー!

もちろんロックされたPC用の地図データをMacで使用できるように変換する
必要があるのですが、そのための変換ソフトも、その変換したデータを
Macにインストールするソフトも、海賊的ソフトなどでは決してなく
しっかりガーミンの本国サイトに用意されているではありませんか!
(使い方はサイトに表記されている通りではない部分もあります)

シンジラレナーイ!

これを日本のサイトで供給することに一体どんな問題があるというのか。
「クレーム対策まで考えたら対応しきれないから」とかいった
単なる怠慢レベルの話だとうがったとられ方をされても仕方があるまい。

実直に申し上げて、あの冗談みたいな社名の代理店
(実は私の家の近くにあるので、あまり言いたくはないのだが)は
日本での代理業務権をどこかもっとユーザー満足に関する意識が高く
ソフト開発能力の高い企業へ委譲するか
今まで以上に倍加して更なる企業努力を推し進めるかして欲しい。

とにかくガーミン本社の製品への情熱やユーザーへの取り組みやその姿勢と
まったく相反する印象をこの日本では持たざるを得ないことが、
いちガーミンファンとしては悔しくて仕方がない。

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2013.04.17 | コメント(11) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

鬼怒川紀行と東武ワールドスクエア

_DSC0391.jpg

わけあって鬼怒川に一泊でドライブに行くことになった。
私はまだ積極的に鬼怒川に行きたいと思うほど枯れてはいないので
なぜに鬼怒川なのかについては、どうかお察しいただきたい。

ただ、これも良い機会と前向きに考え直し、
ある種の社会見学だと思って楽しんで来ようと
心に誓い出発したのであった・・・・・・・・・・・

_DSC0337.jpg

_DSC0350.jpg

_DSC0344.jpg

_DSC0345.jpg

・・・のだが、なんのことはない
初っぱなに行ったイチゴ狩りからもう鬼怒川を堪能してしまった。
ただイチゴを食べるだけなら、値段に対して高すぎるので
何処に費用対効果の基準を置くかが大切かと思うが、
イチゴを自分の手で収穫するということだけでなく、もぎたての果物は海産物同様に
スーパーで売られているそれとはまったくみずみずしさや味が違うのである。
感動だ・・・

_DSC0447.jpg _DSC0463.jpg

で、今回の旅の目的地はここ「東武ワールドスクエア」。
少し前までCM曲が頭にこびりついて離れないほどのCM出稿量を誇っていたので
関東圏のみなさんならご存じかと思いますが、それ以外の方々には
このネーミングだけではまったく何の施設なのか分からないと思うので
念のため説明しておくと、精巧なミニチュア(ジオラマ)模型が
所狭しと並べられた疑似世界一周のできるテーマパーク。
と、説明されても尚なんのことか分からないと思うが、
老舗温泉街にある秘宝館のように、その存在は知っていても、
シラフでは一切行きたいと思うことのないような場所であった。

それがどうだ。おもしれーじゃねーか!

_DSC0475b.jpg

写真に撮るとかなりのリアル感。
実際に行ったふりもできるほどで、大人のアリバイ工作にも使えそうな精巧さだ。

_DSC0461.jpg _DSC0420.jpg

思わずミニチュアにミニチュア撮影してみたり・・・

      _DSC0426.jpg

中でもこの今はなきワールドトレードセンターの勇姿に、一番グッときてしまった。
もちろんこの先ここに来ることは、もう二度とないと思うが、
それでも来ておいてよかったと素直にそう思える、とてもミラクルな場所だ。
ザッツ・ジャパニーズ・観光スタイル!

この国のこういったアイデア勝負の観光資源も捨てたもんじゃないね。

2013.04.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

春だしタイヤ交換

officewindow.jpg

画像はオフィスの私のデスクからの眺め。
窓一杯に桜が見えるので、まるで額に入れられた写真のようです。
なかなかいいでしょ。
でも、その “見頃” も1週間程度。いまはすでに新緑の季節です。

_DSC0296.jpg

そんなわけで里はもうすっかり春。
今シーズンはスタートが早かったこともあって半年近く働いてくれた
スタッドレスタイヤを、夏タイヤに交換する時節です。

16インチのスタッドレスから17インチのDUNLOP VEUROに戻し、
最初の交差点ですぐに感じるのがステアリングの応答性の高さ。確かさ。
スタッドレスは接地感が希薄だってことを改めて思い知らされる。
A3は速度に応じてパワーステアリングの重さを可変するが
低速域からドッシリとして安心感が高いその手応えが気持ちいい。

と、こと運動性に関する項目はいいことばかりだが、
音と振動に関してはスタッドレスの方が格段に優れていた。

慣れの問題といえば慣れの問題なのだが、
最初はザーザーッと車内に入ってくるノイズに閉口ししたほどその差は激しい。
これはスタッドレスに交換する前には感じておらず
むしろその前に履いていたノーマルタイヤから静かになったように感じたほどだった。
そうなると先ほどの運動性に関しても、足許がバタついて感じ
オーバースペックで履きこなせていない印象に変わってしまうから困る。

双方とも帯に短し襷に長しなのだが、16インチのナローな低燃費タイヤなど
むしろローパフォーマンス・タイヤの方がA3には向いているのかもしれない。
否、首都高など、運動性を発揮できる場面では17インチも捨てがたいので
「今の私には16インチのローパフォーマンスタイヤの方が合っているのかも」だ。

まあ、お金もないこどだし、
もう少し今のタイヤと付き合ってみるしかないのだけれども。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

それにしても毎度のことながらスタッドレスを外すときシミジミしてしまう。
季節があることに感謝しながらも過ぎゆく冬を思うと淋しい。

本当に今シーズンはあっという間だった。
まだGWまでにもう一回くらいは雪山に行くかもしれないが
あまりに濃かった今シーズンについては
またあらためて振り返ってみようと思う。

2013.04.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

SKYFALL

skyfall.jpg

『SKYFALL』やっと観ました。
結論から先に言うとガッカリです。

何より007シリーズ50周年記念作品だし、
アデルの主題歌がアカデミー賞音楽賞を獲ったり、
全英で興行収入No.1になったとか、前評判がかなり高かったので
かなり期待していたのですが、都合が合わず劇場には観に行けませんでした。
なので、イイの悪いの言える立場ではないのですが、
今回ばかりは言わせてもらう。

なぜならBlu-Layを買ってしまったからだ!

というわけで以下ネダバレしますんでご注意ください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 〈キリトリ線〉 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まず1番目に言いたいのは、
Mの命令で仲間に撃たれて橋の上から転落してしまい、死んだと思われていたボンドが
ず〜っと身を隠していたが、隠れていた理由が結局撃たれたことにイジけていた
というのが実に情けない!

あの上海の高層ビルで、ボンドが追っている殺し屋が向いのビルにいる対象を
射殺するシーン、って言うかあの殺し自体意味がないと思う。
だって殺したあとにその対象者のすぐ脇にいた男二人が
片付けするみたいに黙々と死体を片付けたということはグルなんですよね?
じゃあ片付け係が殺せば向かいのビルからわざわざスナイパーに狙わせなくても済むのに・・・

仮にもボンドが「絶対に守る」と約束した女性が
そのボンドの目の前で殺されてしまうこと。
あれじゃあ女から情報を得るためにする気もない約束をしたように見えるじゃんか!
ボンドは超の付くナルちゃんだったはずだ!そりゃあねーぜ!

次は地下鉄を天井から落とすシーン。
ボンドを追い込んでそれで殺すつもり(そもそも殺す気があったかも
疑わしい)だったのだろうが、そこまでする意味ないだろー?

そして、シルヴァが地下鉄で向かう先がMが出廷している議会だと解った時点で
なぜMI-6は警察でも軍隊でも警備に向かわせなかったのか???
しかもシルヴァは堂々と議事堂に正面玄関から入っていった。
いくらなんでももうちっとましな警備体制を敷いてるだろ?普通?

最後はラストシーンについて。
シルヴァをおびき出して対決を有利に進めるため、とボンドは言うが
結局追い込まれてるし!何よりMを囮に使うまでするんだから
応援呼ぶとかもっと確実な方法あったでしょう?!時間も充分あったんだし。
何よりこれでボンドにとって大切な女性がもう一人死ぬことになるなんて!
明らかなボンドの判断ミス。なにやってんだっ!この腑抜けがっ!

skyfall_daniel_craig.jpg

何よりダニエル・クレイグがボンドに抜擢されてからの
007シリーズは、それまでの奇想天外で冒険活劇なマンガっぽいスパイ映画から
007の持つトラディショナルな風味を活かしつつ、
より現実味のある設定にすることが狙いだったはず。

高層ビルのシーンは『ミッション・インポッシブル』だし、
地下鉄を脱線させるのは『スピード』をはじめもう見飽きたシーン。しかも、
『ノーカントリー』での才気溢れる演技で一躍脚光浴びたハビエル・バルデム演じる
敵役のシルヴァは、まるで『ダークナイト』でヒース・レジャーが演じた
ジョーカーを思い起こさせるサイコぶりだったりとパクリ疑惑さえ浮上だ。
といった具合に、すっかりまた荒唐無稽な方に戻ってしまった。しかも中途半端に。
いっそ、ロジャー・ムーアの頃まで戻してくれれば良かったのに。

esplit_submarine.jpg
「私を愛したスパイ」の潜水もできるロータス・エスプリは
その荒唐無稽さにおいて最高だった。って、関係ないか。

さておき、
ショーン・コネリー以来、久しぶりに「007の誰々〜」ではなく、
「ダニエル・クレイグの 007」と言えるほど、
存在感のあるボンド役に当たっているのだから、本当に残念でならない。
このシリーズも回を追う毎につまらなくなってる。
結局『カジノロワイヤル』が私は一番好きだ。
いよいよをもってM役もジュディ・デンチからレイズ・ファインズに交代するのだから
次回作を待つしかないのか・・・

でも、まずは脚本家を総入れ替えだっ!反省せよっ!

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2013.04.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

今さらAfter Cover

_DSC0289.jpg

シーズン終了間際にアフターカバーを買った。
だってこの時期安いんだもの。

実は以前にも買ったことがあったのだが
そのときはビビッドな色づかいに加えてセーターみたいなニット製で
おっさんの私はそのかわいらしさに使用を躊躇してしまい
結局部下にあげてしまった甘酸っぱい記憶があったので
その見た目と違ってとても機能的な製品であることは知りながらも
それ以来買うことはなかった。

とはいえ、GENTEMSTICKの純正ソールカバーは、
まさにモデル専用に「しつらえ」られたそのピッタリ感が
「流石はゲンテン」と唸らせるほどに最高に高級なのだが、
使う段になると、そのピッタリ感が着け外しにいちいち面倒で
思わず5mmのウェットスーツを脱ぎ着するときの気分が蘇ってしまう。
もちろんウェットスーツ同様のネオプレン素材は肉厚で衝撃吸収力もあり
保管時にはもってこいなのだが、翻って保温性も高く通気性もほとんどないので
入れっぱなしにしておくとエッジが錆びてしまう、と痛し痒し。

_DSC0291.jpg

まあそんなわけであれやこれやと悩んでいるときに
この新しいミックスモールを使用したヘヴィデューティー仕様の登場を知り、
そのかわいらしさが抑えられた大人の風情に生まれ変わった様が
とても気になっていたのだが、値段がこなれるこの時期までおあずけとしていた。

以前使っていたニット風味丸出しのモノに較べて
ゴワゴワとしたシッカリ感が、なかなかに男心をくすぐり所有欲を満たしてくれる。
これからは行き帰りの移動時はアフターカバー。
保管時は純正ソールカバーってことでイキマス。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2013.04.11 | コメント(7) | トラックバック(0) | スノーボード

CLOUD ATLAS

cloudatlas.jpg



『クラウドアトラス』観てきました。

これだけ長い予告編を見せられれば大概の映画の場合、
内容が解ってしまいそうなものだが、上映時間172分の今作においては
その心配は一切無用。

というよりも、私レベルの知能指数では10回観ても理解できるか疑わしい大作です。
そんなわけで、誰にでも勧められる映画では決してないです。
実際私の行った映画館では1日2回のみの上映で、
それでいて劇場は日曜の午後だというのにガラガラだったことからも
お世辞にも興行的に成功している様子はうかがえなかった・・・

マトリックス三部作のウォシャウスキー姉弟
(お兄さんが性転換したので「兄弟」ではなくなった)と、
『ラン ローラ ラン』のトム・ティクバの共同監督と聞いて
素直に「?????」だった私だったが、
観終わってみれば「なるほどね」と思わされた。

それは1849年から、2144年の近未来を経て、そこからさらに遠い未来
「崩壊後」と呼ばれる文明が崩壊した未来社会に至る
6つの時代と場所と6つの人生を送る男(トム・ハンクス)の人生を軸に、
そこに一見無関係に見えながらも関係していく様々な人間たちの人生を
時系列無視でアトランダムに並べられ描かれる構成で
つまりは幾重にも複層的で複雑に入り組んだまったく違う数十話の物語を
描いているわけで、逆にもっと大人数で手がけても良かったんじゃないの?と
思えるほど、そのストーリー展開はもうオムニバスと言っていいものだ。

「そんな行為は大海に落ちる一滴のように単に飲み込まれるだけだぞ」
「でも、大海はその一滴からはじまっている」

という最後のセリフがやたらと私の胸に刺さってしまったのだが、
簡単に言えば、悪人として生を受けた数人の人生が
数度の輪廻を繰り返す中で、最後は地球を救うほどの徳を得ていくという
とても宗教的な話で、172分の最後まで作者のその意図は分からないし
観終わってもまだ続くであろう物語にぐったりとさせられる壮大なものだ。
(でも『TREE of LIFE』ほど、人を煙に巻くようなことはない)

(できることならば)ビデオでもいいから観て欲しいと願うが
家のテレビで飽きずに最後まで観切ることができるのか?と
心配もしてしまうちょっと重〜〜い一本です。

     - - - - - - - - - - - 〈おまけ〉 - - - - - - - - - -

IMG_0177.jpg

この日、映画館には思わず私の足を止める看板が・・・

IMG_0180.jpg

どんなもんかと待っていると、劇中のトニー・スターク同様に
なかなかサービス精神旺盛なアイアンマンが看板を突き破って登場!

IMG_0181.jpg

しかし、その明らかにプロモーション用に作られた “着ぐるみ” は
“アイアン” とはほど遠いプラスチッキーな素材感もさることながら
特に脇の下あたりから覗く洋服的な出で立ちが、なんとも子供だましなものであった。

IMG_0185.jpg

あーそーさ、そーだとも・・・
あんな薄っぺらいパワードスーツで、あんな超人的なことできるわけねーさ・・・
と、想像力をかき立てるコンピュターグラフィックスとは逆に、
大人の夢を奪う破壊力に満ちたプロモーションであった・・・・
さておき、『アイアンマン3』は4月26日(金) 2D/3D日本先行公開です。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2013.04.10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR