BIG FISH OC と ROCKET FISH HP

R0013912.jpg
R0013909.jpg

先週末の丸沼高原は、ありがたいことについ我を忘れてしまうような深雪ではなかったため、いたって冷静にきれいに整備された圧雪コースで改めてこの2本を乗り較べることができた。

先入観からBIG FISHはROCKET FISHの大型版であるようについつい思ってしまう(もしくはそう思いたい)が、それはつまり、ROCKET FISHに対して、より高速で深雪に向けられたものがBIG FISH、もしくはBIG FISHに対して、より機動性を持たせられたものがROCKET FISHであるという認識のことだ。
その認識はたぶん間違っていない。と、あくまでも中級者の私は思う。
なのだが、こと圧雪されたコースで味わってみるとこれがまたまったく正反対と言っていいほど違うのでおもしろい。

身体のすぐ脇辺りから踏み込んでターンを開始するBIG FISHはある程度のスピードを伴いながらもまるでそのままUターンしてしまうような深〜〜〜〜〜いターン弧で曲がらせることができる。しかもそのときの雪面への貼り付き方が絶妙で、その動きはまさにBILSTEINbilstein.jpg(自動車の高性能サスペンションメーカーね。ちなみに高性能とはいえエアサスではない、バネでしか出せないあの独特な足応えの方だ)。ボードに反力を与えるのではなく、減衰させて細かいアンジュレーションを「いなす」ように走るその感覚はこのボード(TTSS群)以外にはできないのではなかろうか?とすら思うとても高級な感触だ。

対してROCKET FISHは、フォールラインにボードを投げ込むように身体の斜め前辺りでターンさせると、あの短いボードで文字通り「飛び魚」のようにエッジング以外の時間は雪面を離れ飛ぶようにリズミカルで躍動感のあるカーヴィングが楽しめる。しかもこちらも同様に板の反力を使って躍動感を生むのではなく、その独自の撓り感がボードをきれいに回り込ませるため、その先で自然に膝が入ることで得られる操舵感だ。そしてもちろんこちらの方が混んできたゲレンデでは安全に楽しめるし、さらにその狭い空間で何かをしようという気にさせてくれる。

というように、こと圧雪されたゲレンデでこの2本を使い分けるとしたら、比較的開けた広いバーンではBIG FISH、混んできた、もしくは狭いコースではROCKET FISHとということか。
もちろん雪が降り積もった斜面なら迷わずBIG FISH、ゲレンデを流しながらたまにコースサイドへ出ていくのならROCKET FISHということになると思う。
今はまだROCKET FISHに深雪で乗ることができていないが「深雪はとにかくBIG FISH」というこの焦る気持ちがもう少し治まったらあえて深雪にROCKETを連れ出してみたい。そうすればまた新しい発見があるかもしれない。

いずれにせよ、この2本のボードをパウダー専用だと思っている方は、そのことは早く忘れるべきだ。あえて申し上げれば、『高級ボード』だ。値段のことではない、その乗り味の高級感のことだ。ボードの乗り味に高級感はいらないと思う方は無視していただいて構わないし、もちろんこんな事言ってるのは私だけかもしれないので信じなくてもいい。

この2本を両方所有する物好きもそうはいないだろうし、そもそも同時に買う馬鹿も私以外にはそうそう居はしないだろう。もちろん誰にであっても2本とも買うべきだとはお勧めはしない。通常どちらか一方で十二分に満足を得られるはずだし、何年か経って買い足すのもいいだろう。
でも、もし2本ともすぐに欲しいと言い出すそんな酔狂な方がいても私は止めはしない。
MAGIC38などのBig Moutain系と、TTなどのFlat Camber系との組合せ、またはそのいずれかとBIG FISH、またはROCKET FISHとの2本持ちよりも、TTSSの2本持ちの方が中級程度の週末主体のレクリエーション・ボーダーだったら、案外奥の深い滑り較べができるのかもしれないし、何よりそんな訳知りな感じがず〜〜っとカッコイイと思えるからだ。

遠くまで旅費をかけて滑りに行くのももちろんいいし、よく「ここで新しいボード買ったらニセコに行けない」なんて言う人もいるけれど、新しいボードを買ったために、いつものかぐらばかりになったからって、ニセコに2回行くのと新しいボードに夢中になることを較べてどっちがどうかなんて断言できる人はいないはずだ。
むしろ雪が降り積もればアラスカだろうがかぐらだろうが同じだろうとすら思える私は、きっとこれからも胸を張って無駄遣いに励むことだろう。
(もちろんこの新しいボード持っていつもと違う斜面を滑ることができれば尚いいのは言わずもがなだけどね・・・)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

さて、この記事をもちまして
2012年最後のアップデートとさせていただきます。
今年も一年に渡り、当ブログをご購読いただきまして
誠にありがとうございました。

そもそもは仕事の延長線上で
「いかに検索エンジンから人を惹きつけられるか」を
試すために始めた試験的なブログだったので
しばらくの間は一期一会の訪問者の方が多かったのですが、
年を追うごとに再来訪していただける方々が増え
今では来訪者の6割以上の方々にリピータとして
このブログを続けてご購読いただけるようになりました。
誠に感謝、感激でございます。

だからと言って、誰にでも耳触りのいいもの書きをすることなく
これからも誤解も間違いも(極力)考えたり恐れたりせずに
あくまでも私の個人的で狭義な考えを無責任に綴って行こうと
そう思っております。

それでは皆さま、くれぐれもセーフティライドで、
1秒でも永く楽しい時間を過ごせるようご自愛ください。

良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2012.12.28 | コメント(9) | トラックバック(0) | スノーボード

TTSS BIG FISH OC 【2nd. impression:Powder Snow Ride】

DSC02240.jpg

クリスマスの丸沼でのBIG FISHとROCKET FISHの乗り較べの前に、かぐらの深雪でBIG FISHに乗れたときの話から先にしたいと思う。

なんだかんだ言っても、やはりこいつの本籍は深雪だ。
ポインティノーズで新雪をかき分け、切り裂くように推進するボード達とは違い、こいつは足許の雪をぐんぐんボードの下に吸い込んで行く感じで、雪を「切る」のではなく雪に「乗り上がっていく」感じだ。
それも辺りの雪を残さずかき集めてその上にずんずん乗り上げていくようなイメージ。まるでダイソン・ルートサイクロン・テクノロジー。ふかふかの粉雪だってあれだけ集められれば足応えが充分に生まれる。よって左足(前足)にもガンガン乗っていける。というよりも前後荷重を意識する必要は一切ないほど。

今にして思えば「ただの棒か?」と思えるほど細い板に乗っていたオールドスクールのスキーヤーにはわかると思うが、深雪では埋まることがそのまま命取りになると教えられ、とにかくトップを雪面から出していなければと必死になった、あのトラウマは今でも脳裏に焼き付いて離れない。当時の私にとって、パウダースノーは越えるべき障害物以外の何者でもなかった。
その後、乗り物が横乗りに変わってもそのトラウマはやはり残っていて、いかに幅の広いロッカーの効いたボードに乗ろうとも後足を踏みつけ続けなければいけないというその強迫観念に近い呪縛から逃れることはできなかった。

それがどうだ。気がつくとそんなことがあったことすら忘れるほどのショック療法ですぐに無我夢中になれた。

とはいえ、こいつはそんな曲がった恐怖心を修復するための治療器具ではない。こいつが目的とするのは「後ろ足荷重から解放されたその先」にある。

またも誤解を恐れずに断言しよう。
それはパウダー カーヴィングだ。

目を閉じて思い出してみて欲しい。はじめて新雪の上を滑ったあのふわふわとした浮遊感と、それまでいかに自分が雪面に食い付くエッジだけを頼りにボードの向きを替えていたのかを思い知らされたあの不自由感を。
そして、それが逆にとんでもない自由の入口だと気づくのに時間はかからなかったはずだ。ただ、その自由と引き替えにできなくなったことがあったはずだ。

私にとって言わせてもらえば、それはカーヴィングだ。

深雪の中でキレのあるカーヴィングができたなら・・・
後ろ足を起点にしたピボットなターンではなくて、前足から乗り込んで深く回すイメージのカーヴィングだ。

私のつたない技術と経験ではあるが、あえて言わせていただくと、もちろんMAGIC38でも深雪の中でキレのあるカーヴィングはできる。でも底突きしない乾雪の上の場合、最低でもその名前の由来でもある斜度38度を超すようなスティープな斜面が必要だ。それくらいボードに推進力を与えてやらないとグッと踏み込んだカーヴィングはできない。少なくとも私には。
加えて言わせていただくと、最低でも500メートルは滑走距離が欲しい。場合によってはそれでやっと5ターンくらいか?

昨今、いかに非圧雪コースが増えたとはいえ、関東圏から気楽に行けるスキー場でそんな新雪の乗ったスティ−プな斜面にはなかなかお目にかかれない。

今一度目を閉じて想像してみて欲しい、どこにでもあるような中・上級者用コース程度の斜度の深雪で、自由落下的な放物線を描くような、止まってしまわずに推進することを前提にしたときにそこで曲げる以外に選択肢のないようなカーヴィングではなく、自在のカーヴィングをする姿を。

もちろんそれは加速したMAGIC38と同じようなカーヴィングではない。もっとメロゥで、自らの意志によって描く慈しむようなターンだ。

hovercraft.jpg

で、その乗り味を解りやすくひと言で言うと、さしずめHovercraftといったところだが、それだと他社製品になってしまうので・・・

flyingarpet.jpg

Flying Carpetということか。
とにかくその「滑っている」と「飛んでいる」の中間にある、まさに滑走感がものすごい。まさに官能発生機だ。
次は是非上から下まで膝まで埋まるような深雪のノートラック斜面で乗ってみたい。できればパウパウっに乾いた新雪だ。そのときにやっとSnowsurfの本質に触れることができるのではないか?と、今はそんな予感に包まれている。

DSC02233.jpg
jyosetusya.jpg

それと、食べ散らかされトラックで荒らされたパウダー斜面では、今度は豪腕なブルドーザーのようになる。
縦横無尽に深くクロス状にトラックが入ったパウダー斜面は我々中級者にとって実に厄介だ。でも、BIG FISH OCならそんな斜面でもいつも通りのターン弧でまったく問題ない。決してトラックには填らずに、表面に数センチの幅で残った新雪の上を渡るように突き進んで行ってしまう。これもまたBIG FISH OCのすごいところだ。

まとめると、思いっきり嗜好性に振られたボードなのだが、実は中級者クラスの人間にはその安定感の高さ故に、様々な乗りやすさという特典が付いてくるマジックボード。
私にとってすべてが規格外の存在でいい意味で目が醒めた。この感覚を残してBIG FISHに較べればはるかに細くありながら、Snowsurfという同じ目線で創られているフラットキャンバーのTT168といつもの斜面で乗り較べてみたい。きっと何か発見があるはずだ。

それと、先述の膝丈ノートラック斜面を味わうためには、こいつと北海道に行くか、もしくはバックカントリーに出なくてはならないだろう。いつものかぐらも、ウッズセクションはまだ細かい藪が埋まってはいない状況(12/20時点)なので、もう少し積もるであろう年を越した頃にぜひ裏山に連れ出したいと思っている。

と、今シーズンはスプリットよりもスノーシューでハイクする機会の方が多くなってしまいそうだ。そんなわけで、Slasher Splitの出番は一体いつ来るのだろうか・・・・
我ながら心配になってきた年の瀬である。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2012.12.27 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーボード

Les Misérables

Les_Miserables.jpg

私は演劇の類にはまったく興味がないため
レミゼラブルを含め、劇団四季のような大箱ミュージカルものから
下北でやっているような小さな劇場のアングラなものまで一切観ない。

なので、ミュージカル映画も「シカゴ」や「NINE」、
「マンマミーア」など今まで数えるほどしか観たことがない。
よってこの作品がアフレコではなく、同録で撮られていることとか
正直言ってあまり興味がなかった。

そもそもこれを観る気になったのも前評判の良い大作だからという
「押さえとかないと・・・」程度の理由で
さほど期待もしていなかった・・・・のだが、

歳とともに涙腺はかなりゆるくなってきていることもあり
お恥ずかしながら泣かせていただきました。感動です。
かなりずるい映画です。

何がずるいって、
人間の基本的な感情である喜怒哀楽の、特に「哀」の部分を
それこそこれでもかと突いてくる、
そして、その刺さるような感情表現を音楽に乗せて伝えるということが
これほどまでに人間の心に刺さるものなのか。
しかも、
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイと
これ以上ないキャストで描かれるわけですから
その感極まり方たるや、まさに“万感押し寄せる”と呼べるものでした。
ものすごいです。そこがずるいです。

善と悪、愛と憎、貧と富の境界線はいつも曖昧で
だからこそその境界線のこっちと向こうの差に失望しながらも、
お金や育ちなど関係なしに、愛はいつでも無償であることにまた希望を抱く。
人間のもつ良い部分と悪い部分を、これほどまでにストレートに描けるのは
まさに長いあいだ愛されてきた古典ならでは。
そんなキリスト教の典礼を核としたヨーロッパ文化がそのまま、
まさにそのまんま盛り込まれています。

その昔『北の国から』を観たことがない私を
「非国民」だと罵った友人がおりましたが、
このヒネリなんて1mmもなく、どこまでも歪みなく真っ直ぐな
この映画を観たあとの言動にその人の本性が見てとれるであろう
人間リトマス試験紙のような映画です。

彼氏の本性を暴きたいとお思いの女性は
是非連れて行って観てください。
とはいえ、逆に暴かれるリスクもあるのでご注意のほどを・・・

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

2012.12.26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画

丸沼高原【1223〜1224】

R0013888.jpg

R0013894.jpg

R0013897.jpg

R0013908.jpg

R0013911.jpg

今年もクリスマスは丸沼高原にやって来た。
昨年も書いたが、とても美味しいクリスマスディナーを供してくれる
ペンションがここ丸沼高原にあるからだが
そのペンションの名前はやはり教えない。
ときに一泊9千円でお釣りが来る1泊2食付きの宿泊代だが
同じくらいの味で1万円以上で食べさせるレストランだってあるだろう。
ってくらいにここの食事は美味しい!

北日本は噂通りのクリスマス寒波とのことで、
いつものかぐらも23日の晩から50cmの積雪だとか
野沢温泉も頂上エリアが2メートルを超えまだ降り続いているだとか
景気のいい話が届いているが、ここ丸沼には関係がないようだ。晴天。

まだ12月でこんなことを言うのも尚早だがこの2日間とも晴天で、
幸か不幸か今季の5日間の滑走日数のすべてで晴天に恵まれている。
別にぼこぼこに降ってくれてもいいんだけどね・・・

それより何よりここに来た目的のまさにメインディッシュである
ローストチキンはまじに美味かった。
あとサーモンのパイ包み焼き 青海苔のソ−ス添えも・・・涎・・・

さておき2日に渡り
丸沼のよく整備されたゲレンデを滑りまくれたおかげで
ROCKET FISH HP と BIG FISH OC をじっくり乗り較べることができた。
意外でもあり、また当たり前でもあることだがやはりこの2本はまったく違う。
その模様はまた後日。期待せずに待て。
(なぜならその違いをきちんと伝える自信がまったくないからだ)

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2012.12.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

AUDI A3 Sportback 1.4TFSI 【その8】雪道走行

DSC02221.jpg

先日のかぐら行ですが、関越トンネルから先は今季初の雪道走行。
というよりも、A3 Sportback での初雪道走行。
毎度の事ながらシーズン最初に凍結路を見るとやはり緊張が走る・・・

それまで乗っていたVW BORA V6 4Motionは四駆であったが、
オンデマンド4WDだったので有事以外は基本前輪駆動。ですので
久しぶりのFF車ではありますがさほど心配はないと言えばないのですが
4Motionは駆動輪の1°以内の微細なスリップを感知して後輪への駆動を
介入させるので、オンデマンドとはいえ有事の際はほぼフルタイム。

その有事がいつ襲ってくるのか見当がつかないのでやはり怖い・・・
と、突入前はかなり心細かったのではあるが
実際に四つのタイヤからお尻に伝わる感触で雪面を感じてみると
予想以上に鮮明な尻応えで、ステアリングを通しての手応えも充分。
そんなわけで私の心配をよそにA3はこともなげに雪道を走り抜けてしまった。

旋回中も前輪より後輪が先に顎を出すような不甲斐ない挙動はなく
それほどの横Gがかかった状況でも簡単にはESPも介入してこないほどの安定感。
そのESPの介入の仕方もごく自然でメーターのインジケーターを
見ていなければ気づかないほど。
オーバートルクに対しては前輪が先に外に膨らみ出すよう躾けられ
安心してアクセルを踏み込めた(って「急」の付く操作はもちろん厳禁)。

2.8L V6から、1.4L 直4にエンジンが変わったので
確実に減ってしまう駆動輪である前輪への荷重減少が一番心配だったが、
予想以上に難なく走るので改めて車検証を見てみると前前軸荷重840kg、
後後軸荷重540kgと、4人乗車に4人分の荷物の積載を想定してのことか
300kgも前輪にしっかりと車重を乗せる前後配分になっていた。なーんだ。

ただ、ツインクラッチ式とはいえオートマで
しかもいわゆる「スノーモード」の設定がない。やはり下り坂は
積極的にシフトダウンさせてエンジンブレーキを活用しないと危ない。
さんざマニュアルシフトで雪道を走ってきたのでうっかりすると
ブレーキのみで下りのコーナーに差し掛かってしまいかなり焦る。
機会があったら下り坂の開けた場所のアイスバーンでブレーキと
40km/hくらいまでのハンドルの追従性をテストしてみたい。

車高も比較的高い部類だと思うので、積雪路もさほど心配なさそう。
もちろん最大にトラクションが欲しい急勾配の登り下りで
その大切な荷重が横Gに喰われてしまう急カーブのアイスバーンが
最難関であろうが、そうなったら四駆もFFもないのでチェーン着装だ。

とはいえ、やはり除雪が間に合わないような急激な降雪のときや
夜明け前の除雪作業前に峠を越えるような場面では
出発前日の降雪量に気を配るなど注意が必要だ。
1%台とはいえ、そういった危機的な場面ではやはり4WDには敵わない。

明らかに冬のアクティブな行動にはあまりそぐわないと思われる
輸入車をやせ我慢の見栄っ張りで買ってしまったので
納車後も「やっぱり国産でも四駆にしておくべきだったかなあ・・・」と
正直弱音が頭をもたげたりもしましたが、
そこはそれ、たとえFFであっても雪国と多く隣接するドイツ品質。
さし当たって除雪された道なら問題なく行けそうな手応えに
ホッと胸をなで下ろした。

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

2012.12.22 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ

かぐら【1220】出勤前にひと滑り

DSC02211.jpg

19日から降り続いた雪の報せにもう居ても立ってもいられず、
ついに「出社前滑走」という禁断の果実に手を出してしまった。
といっても、オフィスは都内、かぐらスキー場は新潟県なので
たとえば札幌在勤の方の言う「出社前滑走」とは意味合いが大きく異なる。

DSC02219.jpg

さておき、5時半に家を出ていつもの関越自動車道を北上、一路かぐらへ。
平日は高速も空いてるぜ〜〜〜。クルコンを110km/hにセットしたら
あとはハンドル操作だけに集中してそのまま湯沢I.Cまでスイスイ〜〜

DSC02222.jpg

〜〜っと7時過ぎに駐車場に到着。やっぱり平日は空いている。しかも無料だ。

DSC02223.jpg

そんなわけで特別殺気立つこともなく悠々と始発に乗り込んだ。
とはいえ始発はかな〜り濃い目の好き者たちで溢れすでに満員。
触発されて嫌が応にもぐぐぐ〜んと気分が盛り上がってくる。シャチョサンモスキネ〜

DSC02227.jpg
DSC02228.jpg

・・・・と揚々とメインゲレンデまで上がってきたが、あれれ晴れてきた。
一日中雪かと勝手に思い込んでいた。しかも、上の画像にあるように
前日のトラックがまあまあ隠れる程度。思ったほど積もってない?・・・・

DSC02230.jpg

「せっかく来たのに・・・」と消沈しそうになったが、入ってみるとなかなかの積雪。
上から下まで通してってわけにはいかないが、
場所によってはブーツが埋まる程度に積もってるじゃん。
そこからは猛ダッシュっ!で滑りまくる・・・

DSC02233.jpg

・・・と第一高速を3本も滑るともう食い散らかされ
食べかすしか残っていない状況に。おまえら(私も含む)はピラニアの群れか・・・

DSC02236.jpg

その後、田代への連絡コースが開くのを待って
チャレンジコースの残飯を漁りに田代エリアへ。
大人げなくコース外にも潜入し刹那ではあるが膝まで埋まるような
深雪もさらわせてもらってごっつあんです!
それにしても天気がいいっ!田代ロープウェイまで見渡せるほどだ。
田代湖も美しいぜ!MAXに気分良し!

DSC02244.jpg

で、早速実戦投入されたPOC Iris 3Pですが、やっぱりいいわ偏光レンズ!
POC独自の偏光レンズに関するパテントを取得したらしいのですが、
OAKLEYの偏光レンズとの違いは、OAKLEYだと見る角度によって
まるで魚の鱗を見るような、滲みが視野に現れるのですがそれがまったくありません。
iPhoneを含め液晶モニターは偏光レンズの天敵で(って普通は見る必要ないけどね)
相変わらずレンズ越しには滲んで見えませんでしたので、偏光のさせ方じたいは
今までの偏光レンズと近しいもののはずなのですが件の滲みは出ませんでした。ナゼ?
しかもコントラストをつけながらも見え方がとても自然になっていて驚いた。
そして今回は幸いにも朝のうちは下に位置するみつまたは雪で
上になるかぐらは晴天だったので、曇天と晴天の両方を試せましたが
双方ともに雪面の見え方と視野の明るさに差が出ませんでした。いつもクッキリ。
調子いいぞこれ!

ときに、カタログには「Brown/Silver mirror」とレンズ色の表記があるのですが、
見るからにこれは「Brown/Red mirror」に見えるんだけどなあ?
在庫がない品物なので比較しての確認のしようがないのだが
キレイなので不問に付す!予は満足じゃ!

DSC02245.jpg

ついでにプチネタですが、Spark R&Dの携帯用ドライバーもはじめて使ってみた。
のだが、使いづらいっすコレ。携帯性は抜群なのになあ。天の邪鬼はいかんか。

DSC02246.jpg

そんなこんなでまたもノンストップの休憩なしで滑り倒して12時にアップ。
画像の新座料金所を14時に通過して、無事(?)15時に出社いたしました・・・・
でもやっぱり疲れるわ。仕事にならん。っていうか15時出社って・・・
フレックスを通り越して不夜城のような仕事場でなければあり得ない話だな。

DSC02240.jpg

こんな暴挙に打って出てまで深雪で乗りたかった
BIG FISH OutlineCoreの話もしたいのですが、そちらはまた次の機会にゆっくりと。

さて、次は予想される寒波の中、クリスマス連休後半の日曜・月曜に出撃です。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2012.12.21 | コメント(18) | トラックバック(0) | スノーボード

Arc'teryx Stryka Hoody & Teton Bros. Hoback Prima Knee Pnat

R0013870.jpg
ベースレイヤーをアップデートしました。

Arc'teryx の『Stryka Hoody』と
Teton Bros.の『Hoback Prima Knee Pnat』です。

バラクラバにもなるフードは使わないときに
首回りでかさばるので正直いらんかな〜〜?とも思ったが
シルエットがキレイだったので買ってしまった。
私は身長178cm、体重72kgの中肉中背のオッサン体型だが
Mサイズでご覧のフィット感。
袖丈も余っているのでSサイズでもギリ良かったかもしれない。
ちなみに私の場合はこの下にSKINSのロングスリーブ、
ミッドレイヤーには寒い順にロフトインサレーション→フリース→
マイクロフリースのいずれかを着てます。
R0013875.jpg
パンツは今回Teton Bros.のものにしてみた。
HAGLOFSからも同じ膝丈のプリマロフト・インサレーションが発売されていて、
そちらは「社会の窓」も装備されており、どちらにするかはとても悩ましいところ。
ただ履いてみるとTeton Bros.がバックカントリーに特化している
アウトドアブランドであることもあってか膝周りのゆとりの持たせ方が
膝を大きく動かす事を前提にされているようで◎。
それでいて太もも周りのサイズが私に合っているのは日本のメーカーゆえか。
対して腰回りには余裕が残されていてこの下にヒップパッドも履ける。
そんなわけでこちらに決めた。
ときにHAGLOFSは全体的にゆとりを持たせたフィッティング。
R0013876d.jpg
気になるブーツとの干渉具合はこんな感じ。
もうちっと間を詰めたい気もするが、スキーブーツだとちょうどいいくらい。

ときに下半身もいつもSKINSのロングタイツを履いていて
その上にアウターを履いてめったに寒いと感じる事はないので
ロフト ニー パンツはそれ相応の極寒でなければ出番はないとは思う。
2月の八甲田用かしらん。

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.12.20 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR