Mac OS X Lion

osxlion2.jpg

Mobile Meのサービスが6月いっぱいで終了することに伴い
現在OS10.6 SnowLeopardで動かしている会社のMacProも
OS10.7 Lionにバージョンアップすることにした。

念のためMobile Meの説明をしておくと
メールアカウント、アドレスブック、iCal(スケジュール管理)、
ブックマークやWEBパスワードなどをiPhoneを含む複数台のデバイス間で同期させたり
写真共有アルバムや、ホームページサーバー、ストレージサービスを
ひとつにまとめたAppleが提供する有料サービスだ。

そのMobile Meのいくつかのサービスの提供は終了するが、
新たなサービスも付加されて無料のiCroudに移行することになり
特にスケジュール管理など、いまさら別のサービスに変更するなんてことは
考えられないほどの依存度になっている私としては、
嫌が応でもiCroudに付いて行かないとならないわけだ。

しかして、そのサービスを享受する条件として
Mac OS 10.7以上へのバージョンアップが義務づけれれており、
期限いっぱいの今、いいかげんに切り換えないと、サービスが無効化してしまうといわけだ。

ときに、次期OSである10.8 MountainLionの発売を目の前に控えた
今の今までバージョンアップを引っ張っていたのは、仕事上様々なアプリケーションが
Lionでも可動するのかの確証なしにはおいそれとOSを変えられないためだ。
しかし、そのあたりの確認作業も社内のシステム担当の確認作業が済んだため、
この度晴れてバージョンアップとなったわけだ。

osxlion.jpg

まあ自分用のMacBook AirですでにLionは使っていたので、
オペレーションに関してはとくだん新鮮なこともなし。
10.7からはRosettaも動かなくなるいうことで、
いよいよIntel以前のPowerMac時代との完全な決別となり
やれあのアプリが動かないと、巷では憤慨されている方もいらっしゃるようだが
おかげさまで私にはそのMobileMe問題以外の影響なし。

そんなわけで注目点はむしろiCroudの方だ。

TV-CMもiPhoneがらみの新しいサービスとして、それなりの量を投下されていたので
iCroudという名前くらいは聞いたことがある方もいらっしゃると思う。
そこで描かれているように楽曲や電子書籍、Photoアルバムなど
1台のデバイスに追加されたファイルを同アカウントを持つデバイスにプッシュする様は
すばらしい未来を感じさせるものだった。
特にiPhoneで撮った画像がMac側のiPhotoにプッシュされることにひどく感動してしまった。

で、実際に使ってみた感想は・・・・だからどうしたといった程度・・・

毎度のことながらAppleの宣伝の上手さにほだされて、
上手い具合にアップデートさせられたカッコウだ。

と、何度も気のあるセリフに舞い上がり、ついついお財布の紐を緩めたあげく
ばっさり切られるみたいな、昭和の昼ドラに出てくるような
それでも別れられない都合のいいオトコなのだ。
まったくスティーブは罪作りだぜ。

スポンサーサイト

2012.05.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

Mammut Ride Airbag RAS

mammutairbag2.jpg

平湯BCでご一緒したおのさんから
マムートのエアバッグの日本国内販売に関しての情報をいただいたので
少々調べてみた。

知らなかったのだが、こちらは本国でも2012/2013シーズン発売予定だそう。
もう発売されてるのかと思ってた。そんなわけで現地価格も未定だが
とあるスポーツ用品ガイドのサイトでは800ドルと記事(2011年2月)中では言っていたので
bcaよりも若干お高めの様子であるが、ほぼ同じくらい。
ときにベースとなっているバックパックのnirvana proが並行輸入で22,000円程度、
正規品が28,350円とそれくらいの差で売られているが
例のシリンダー(ボンベ)の国内での認可を得るためにそれなりにかかるようなので
上乗せ分は覚悟していた方がいいだろう。

でも、MAMMUTカッコいいからなあ・・・ムムム~ウワキゴコロ、ムクムク。

で、曲がりなりにもひとシーズン雪崩エアバッグを使った人間として気になるのは
くどいようだが、その重さである。
こちらのMAMMUTは発表の時点で22Lと30Lのサイズ展開ということだが、
その発表時のデータで22Lの方が2,900gだそう。
30Lの方の重量は不明だし、本仕様がこのデザインかどうかも不明ではあるが
昨季モデルのbca FLOAT18の3,100gから、来季発売予定のFLOAT20が2,495gと
拡張しながらも軽量化の進んだ来季モデルのbcaの方が今のところは軽いようだ。

mammutairbag3.jpg

このMAMMUTのシステムはご存じの通り
そもそもエアバッグシステム単体の専門メーカーだったSnowpulse社を買収して獲得したもので、
様々なバッグメーカーへの対応を考えた、RAS (Removable Airbag System)になっている。
そこで、俄然注目したいのは、バッグから外したときのそれ単体の重量だ。

その重量 1,500g。

で、軽くなってきたとはいえ何が一体そんなに重いのかというと、
確かにボンベも重いのだが、想像するにその主な部分はエアバッグ自身ではないかと思う。
だって子供なら2人くらい乗れる頑丈なゴムボートを背負ってるようなものですから。
つまり、エアバッグの素材を軽くできればもっともっと軽量化できるということだ。

こういうことこそ日本のお得意分野ではないかと思うのだが。
日本の大手繊維メーカーにお勤めの方、是非頼みます!

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.05.30 | コメント(3) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

人間ドック

dock_otani.jpg

今年も人間ドックの季節がやってきた。
うちの健康保険組合が提携している関係で
毎年ニューオータニのクリニックにお世話になっている。

弊社従業員が数日に別れて、個々の希望日に受診して来る仕組みになっているのだが
どの日に行った人間からも混んでいたと聞かされる。
特にこの時期だけ人間ドックの日帰りコースを受け付けているわけではないので
つまりは一年中混んでいるということだ。

儲かりそうだなあ・・・・と、ついつい羨ましさによだれが出そうだが
もう少し受け付け人数を制限するなり、オペレーションを最適化するなり
待ち時間を軽減して欲しいといつも思う。
とにかくおじさんは待たされるのが嫌いなのだ。

でも、バリウムは飲みやすくなったけどね。

2012.05.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

サーフィン@千葉 5/26~27

DSC02034.jpg
DSC02037.jpg

週末は一泊二日で波乗り。
土曜日の海はメンツルながらかな~~り穏やか。スネ~コシ。
こんな波でも楽しめるのがロングのイイトコだね。
おかげでポイントも空いていて、それはそれでいい一日。
一枚目の画像に写っているように、鰯?かなあ小魚の骸が大量に打ち寄せられていた。
潮?それとも・・・・

DSC02040.jpg
DSC02042.jpg

日曜日も引き続きスネ~コシ。
それにしても日差しはもう夏のそれだ。
波が少ないので時に10分以上、ただ海の上に浮いていると陽に焼けるじゃなくて焦げるようだ。

ちょっとパドルが速くなってきた。
波も穏やかなのでパドルアウトで体力を使わず、しかも波待ちで息を整える時間も充分と
いざって時に爆発的なパドルを展開できる。
でも、逆に速すぎて遅い波だと先行しすぎて間抜けなこともしばしば。
波のいい位置を見抜く目を養わなければ。今のところ馬鹿のひとつ覚え。

DSC02036.jpg

さて、こいつと海に来るのもこれが最後かなあ・・・

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2012.05.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

bca Float32 アバランチ エアバッグ

120525b.jpg


石井スポーツから、来季のスキー関係のカタログが送られてきた。
その最後のページにbcaのアバランチエアバッグの来季モデルも記載されていたのだが

なんとFLOAT32 !

以前こちらにも来季モデルの記事を書いたが、
サイズが拡張された「FLOAT40」と「FLOAT20」の画像しか見つからなかった。
やはりFLOAT30も32リッターモデルに拡張されていたようだ。

で、FLOAT40だが、代理店のキャラバンに問い合わせたところ
現在は扱う予定はないとのこと。
理由はFLOAT32の内容量がかなり広がったためと説明された。

で、FLOAT30ユーザーとして一番由々しき問題は

3万円も安くなってるじゃんかーっ!
昨年高すぎたんじゃあないのかっー!


と一旦は書いたのだが、よ~く読むと「シリンダー別」と書いてある。

今季からオプションで追加購入できるシリンダー(ボンベ)だが
予価3万円前後とのこと。1万円程度と聞いていたが、なんと高く設定してきた。

ちゅーことは併せて買うなら昨年とほぼ同額。
つまりボンベはそのままにしてバックパックだけ買い換えることも可能ということか。
しかしなあ、使わないバックパックが増えてもなあ・・・

それはそうと!

FLOAT32でなんと重量が2,903g!!!!!!!!!!!!!!!!

確かにまだ重いけれど、FLOAT30は3,650gだったのだから
一気に700g以上軽量化してきたことになる!!!
ああああああああ・・・・・・これは、やっぱり買うしかないなあ・・・・

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.05.25 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

雪崩エアバッグ テスト



映像はスロバキアのレスキューチームのギアテストだそうです。
3体のダミー人形はそれぞれbca Float30、ABS、SnowPulseを装着されています。
このテストではその3体のダミーは全て表面にいますが表層雪崩なので
映像を見る限りにおいては、この程度ならば・・・と感じてしまう。
できればエアバッグを装着していないダミーと比較して欲しかった。



こちらはbca Float30を装着したボーダーのリアルな事故映像。
1メートル近い積層が幅20メートル以上に渡り崩れているのが見て取れる。
まったくの無傷のようなので、観ていてもむしろ和むが
エアバッグを装着していれば必ずこうなるというわけではないだろうから、
やっぱりこの人はラッキーな人だ。

でも大切なのは、「エアバッグを装着していた」こそのラッキーという部分だ。

それと、どこの言葉か分からず内容不明なので、私の勝手な想像だが
バックパックの両サイドに展開するタイプのABSだと、
片側ひとつ分の空気容量が少ないためうつ伏せに50cm埋まってしまう・・・
なんて怖い動画投稿がこれ以外にもアリ。

お暇なときに探して観てみてください。

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.05.24 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

自分 分析

というわけで、車を買い換えようと思ったわけだ。
モチロン次に来るのは何を買うか。

リーマンショック以降の不況の影響は元より、
先の震災時に、ガソリンスタンドが軒並み休業になったあの時から、
すっかりクルマに対して草食になってしまった。

そんなわけで、本来楽しくて仕方のないはずのクルマ選びの時間が、むしろ鬱陶しい。
性格的に無くてはならない必要なシロモノを買うのは面倒でむちゃくちゃ悩むが、
不必要なモノを買うときは、そもそもそれが欲しくなってから需要が始まるので
一切悩む必要がないわけだ。
circle24.jpg

そこで、仕事柄ふだんは他人のフトコロ具合や、どうすればその人は財布を開けるのか
といったことばかりを考えている私だが、
せっかくなので自分の行動分析をしてみることにした。

上のグラフは震災前の私の頭の中だ。
そもそも中古車を前提にしているあたりが情けないが、
要はコストパフォーマンスよく、気に入ったモノを長く使いたいということだ。

ときにイケイケだった20~30代は、コダワリ 9:1 お値段。
一番無茶な買い物してました。オートバイに関しては今もそんな感じか。

circle23.jpg

それが震災後はこんな感じ
しかも、

circle21.jpg

その「コダワリ」部分の内容も、こうだったものが・・・

circle22.jpg

近ごろはこの有様。
ほとんどクルマに関心のない人の選択基準であるが、あえて良い方に採ると
クルマ探しのコンセプトはBack to Basic.

と、まあ誠に勝手な内容になったが、
以上の分析結果を踏まえクルマ探しを始めた。

当然ウインタースポーツ派としては、4WDというのも大切な選択基準と言えるが
圧雪路に限って言うならば、前後バランスの優れたクルマなら
後輪駆動でも行けない場所はなかったりする。もちろん前輪駆動なら尚のこと問題はない。
ときに前後バランスの良さとは車検証に書かれているスタティックな前後軸重だけではなく
アクセルを開けた状態で、駆動輪にかかるトラクションを含めた動体バランスのことだ。

話を戻すと、4WDを条件に入れると私の予算感では2005年型、走行5万kmあたりまで
捜索範囲を狭めないといけなくなるし、そもそも買い換えるキッカケとなったのは
まさにその4WDの故障が原因であるからして、
この際4WDは必須条件から外して、選択肢を拡げることにした。

もちろん下心を含めてもこんな普通のオトーサン的な頭の中味ではありますが、
そこはソレ腐っても輸入車かぶれの私ですんで、
やはりどう考えても今の国産車の中にはピンと来るヤツがいないのである。
その理由を語り出すと話が終わらないので止めておく。

で、「輸入車(しかもディーラー車)」「燃費」「居住性(主にカーゴスペース)」で
私の予算に合う高年式・低走行車となると
golfvariant.jpg
やはり最右翼はコチラだ。
ゴルフは輸入車なのか??というご意見もよーくワカル。
kangoo.jpg
で、対抗馬はコチラ。
確かに1.6リッターだけど、そもそも燃費のいいクルマだっけ??というご意見もよーくワカル。
しかも、その昔お付き合いしていた女性に「総会屋」と言わしめた
私の外見を知る人だったら、私がカングーを運転する姿を想像してきっと笑っているだろう。
flintmobile.jpg

笑いたくば笑うがいい。それくらい私にとってカングーはクルマ趣味の象徴みたいなクルマなのだ。

というように、ゴルフにしてもカングーにしても簡素なところが「今」の私にジャストミートな2台。
まさにBack to Basic.

とかいいながら、最後はそこまで手堅くも、かと言って冒険もできず
結局のところ落ち着くとこに落ち着いてしまうのだった・・・・
maycar2012b.jpg

そんな引っ張る内容でもありませんが、納車したら改めてご報告します・・・

2012.05.23 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR