初!ROCKSTAR

R0012739.jpg

昨日たまたま寄った得意先の近くのコンビニにROCKSTAR Energy Drinkが置いてあって
特に疲れてもいないのに思わず買ってしまった。250ml/200円。
味はREDBULLとオロナミンCの真ん中みたいな味で、要は大差なし。
MonsterEnergyは飲んだことがないが、
個人的にはREDBULLを初めて飲んだときに感じた「効いてる感」にヤラレているので
乗り換える予定はない。

時にその「効いてる感」だが、まむしドリンクよりも強かったので、
すっかりREDBULL信者だ。信じるものは救われる。

energydrink_helmets.jpg

REDBULLを筆頭に、エナジードリンク群のモータスポーツをはじめとした
スポーツ界へのスポンサードは、いよいよタバコ業界に取って代わった感のある昨今だが、
以上のように単細胞な私は用もないのについつい飲んでしまう。

その根源的な広告効果に、オールドスクールな業界人はついホッとしてしまうわけだ。

スポンサーサイト

2012.04.26 | コメント(8) | トラックバック(0) | 徒然

HP2 Enduro で春のトレッキング



日曜日は久しぶりにHP2を駆って近所の河原をトレッキング。
真冬でも雪の日以外は、たとえ雨でもほぼ毎日オートバイには乗っているが
同じオートバイ遊びでもこれにはまた別格の楽しみがある。

いつもの都心のアスファルトの上を走るのもそれはそれでいいけれど、
春なら尚のこと、散歩のようにトコトコと行く当てもなく走るのもまた楽しい時間だ。

ロングツーリングにはなかなか出かけなくなったけれど
こんなちょっとしたトレッキングや
毎日朝晩片道35km、1時間弱をオートバイで走るのが楽しみだ。
boxer.jpg

このHP2も、ふだん乗りのGSも、T-MAXもたまたま2気筒だけど
特に空冷の水平対向2気筒は
単気筒のようにがさつじゃなくて、4気筒のようにスムーズ過ぎない
2気筒独特のバイブレーションは、どこか生物的で、細胞レベルと同調する感覚がある。

クルマで何時間もかけて山や海まで行って、
スノーボードやサーフィンをするのももちろん楽しいけれど
家を出てほんの数分で感じられるこの“滑走感”がオートバイの醍醐味でもあるわけだ。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

2012.04.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

DOMINATOR BUTTER

R0012729.jpg

この週末の湿雪に新しいワックスを使ってみた。
今シーズンから本格的に使い始めたDOMINATORの0℃以上用のワックス、その名も「バター」。
なんだか効きそうな名前だが、

そのお値段なんと8,190円 (税込)!!!

しかも容量たったの40g!!!


もちろん定価で買うような真似はしませんが、それにしてもワックスとしてはちょっと高額。
せめて誰かのインプレコメント読んでからと思うが宣伝目的以外にコメントなし・・・・
仕方ない。

使い方は、生塗りして、ドミテックスと呼ばれる
キッチン用スポンジの目の粗い方のようなシートで薄く伸ばし、
ブラス&ホースヘアコンビブラシでブラッシングして完了。と、こう書くとお手軽だが、
ベースはもとより、滑走ワックスが入った板の仕上げ処理なので注意してください。
厳密にはDOMINATOR同士の相性がいいに決まっているが、
もちろんどのメーカーの高温用の滑走ワックスに上塗りしてもおおよその性能に違いはないだろう。

処理した印象は普通の滑走ワックス処理した滑走面よりもしっとりとしていて
手に平に抵抗感を感じるくらいなので大丈夫なのかと若干心配になる。
DSC00912.jpg
そんなわけで、昨季から使っているZARDOZをザックに忍ばせたのは言うもでもない。

そんな不安をよそに、実際に滑った印象は良好。ブレーキングスノー対策としてはとてもいいと思う。
昨日のレポートの動画を見てもらうのが一番だと思うが、気温10℃近くであれだけの日射を浴びて
しかも降り積もった土埃もほぼ撹拌されずにそのままになっているバックカントリーエリアの雪の上でも
気持ち引っかかる程度で、むしろ板が走る印象の方が強い。
滑走面を一時的にとはいえ強力にフッ素加工して、水ハジキを高めるZARDOZに対しても
「止まらない」というパッシブな印象よりも、「滑る」「走る」というポジティブな印象の方が強い。

たぶんこれ一つで30回以上は使える感じですんで、定価で買っても1回約273円!
これを高いと感じるか、安いと感じるかは、こういった商品にどれほど期待するかによってきますが、
この時期のブレーキングスノーで一日を台無しにすることを考えれば私は適価だと思いました。
DOMINATORをお使いの方には特にオススメできると思います。

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.04.24 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

かぐらBC【0421】

DSC01989.jpg

この週末のかぐらの予報は間違いなく土曜(結果日曜日は強風で全面運休)。
さすがに春スキーと言えば「ぴーかん」ですよねえ。
正直、この時期に晴れ以外で滑りに行きたいとは思わないので、大切な週末2日の中で選べるなら
ギリギリまで悩むのだが、今週は割と早い段階で土曜日に照準を合わせられた。
しかもフタを開ければ「曇りのち晴れ」みたいな中途半端な天気ではなく朝から全開の晴天で
脳内を様々な神経伝達物質が駆け巡る。つまりアガリまくりだ。

DSC01991.jpg

この日は修理したVoile Light Railと、久々のSOLUTIONとの組み合わせ。
久々だけど初組み合わせ。つまりSOLUTIONをフリーソールで滑らせるのは初めてだ。
シーズ大詰めに来て初めての道具ってのもいかがなものかと思うが
これも来季への大切な準備なのだ。
ところで、久しぶりに引っ張り出したSOLUTIONだが、出発前に確認していたら
諸々ネジが緩んでいて驚いた。時にMAGIC38 Splitの方は緩んでこないのだが。
特に片側のツアーブラケットががくがくに緩んでいて焦った・・・
それと、バインディングを留めるユニバーサルパーツも緩んでいて位置がずれていた。
ここが緩むと滑走時に足許が前後に動いてしまう。確認しておいて良かったあ・・・・

DSC01997.jpg

一週間前に後ろ髪惹かれまくった三角が今日の目的地。いわゆるリベンジ。
今日も頂上まで見晴らし申し分なし。険しい三角までの道のりもお天気ピクニック気分・・・

DSC01999.jpg

・・・のはずが、この日は陽差しが強すぎるせいかクラクラする。体調悪し。
三角頂上まででハイドレーションの水分1リットルを飲み干してしまった。
先週も晴天だったが、こんなことはなかったので単なる不摂生が祟ったようだ。
厳冬期よりも体調管理は大切になるのだと(若干)反省。

DSC02002.jpg

最後の険しい部分をハイク中、いつもはゲレンデの喧噪とも縁のないBCエリアだが、
なぜか聞き慣れないエンジン音。追っかけ2ストローク特有の排気ガスのにおいが届き
スノーモービルだと分かるが最初はその姿が見えずレスキューかと思い緊張が走った。
下の動画でももっと接近するので分かると思うが、ただのレクリエーションモービルだったのだ。
BCエリアに現れるとなんだかシラケるし、何よりキャタピラで雪面を掻き回されるのは困る。
できれば別の場所でやって欲しい。っていうかどこから来たのだろう???

DSC02007.jpg

三角の下側に巨大なクラック。これを見るとこの部分の積雪が2メートルほどだと分かる。
オープンバーンのど真ん中を滑り降りるとちょうど差し掛かる部分で
左はさらに斜度があり、そちらは斜面にもっと細かくクラックが走っていて実際雪崩れている部分もあるので
残念だが右に巻くフォールラインを選ぶしかない。
でも、厳冬期以外の季節を滑ると、その地形の特徴が分かってくるので勉強になる。



グサ雪のためテールがいつもより流れがちで思ったところでターンが止まってくれない。
まだまだこの雪だったらダブルピンテールのMAGIC38の方が止まったかもなあ・・・
と思いつつも、そんな状況でもやっぱりSOLUTIONは安心感が高い。
フリーソールはレスポンスが速く、さらにコントロールを容易にしてくれていると感じるので尚更だ。

DSC02009.jpg

こんなこと考える人もいないだろうけど、よくよく考えてみると、
自宅からかぐらの駐車場まで約2時間。駐車場から5ロマ降り場まで約1時間。
三角の頂上までハイクが約2時間と、合計5時間かけてやって来て、動画にあるようにその時間はほぼ5分。

でも、すごい充実感だ。

山の神様ありがとう。


DSC02011.jpg

先週「走る雪はこれがもう最後だろう」と書きましたが、なかなかどうしてまだなんとか。
とはいえゲレンデはもうグザグザで、ザラメはいいけれど、その下に隠された変な凸凹が楽しくない。
う~~~~ん。最後かなあ?それとももう一回????

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.04.23 | コメント(8) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

Voile Light Rail 修理

R0012710.jpg

ラチェットハンドルの折れたVoile Light Rail を修理することにした。
基本的にはラチェットを予備のBurtonのものに交換するだけなのだが
それはそれでツマラナイので、もう少しカスタマイズしてみることにする。

R0012719.jpg

ところで、折れてしまったラチェットハンドルの破断面はご覧の通り。
折れてしまったんだから余計に感じてしまうが、見るからに素材の目の粗い粗悪な感じ。
折れたのは右足のアンクルストラップ側ラチェットだが、
左足のアンクルはもちろんトゥ側のラチェットも同じ部品が使われており
遅かれ早かれ同じ末路を辿るだろうからいっそのこと全部交換する。
で、トゥストラップのラチェットもBurton製に交換するとなると
Voile純正はアンクル側と同幅の太いベルトが使われているのでベルトもBurton製に交換する。
そのついでにトゥストラップをノーマルのオーバーラップタイプから
以前、Burtonを使っていたときの予備だったC60のトゥキャップストラップに交換してしまうという算段。

R0012711.jpg

Burtonのトゥストラップベルトは、ネジ留めではないので、
まずはベルトのヒンジ部分を削って穴を7mm∅程度に拡げてからフレームに装着する。

R0012715.jpg

キャップストラップは一昔前のタイプだが、Tripperとの相性はむしろ最新のCartelに装備されている
ゲットグリップキャップストラップよりもこちらの方がいい感じだ。

R0012716.jpg

私にとってこのVoile Light Rail の核心部と言っていいビンディング・リリースベルトを
もちろんこのBurtonのラチェットに移植する。
といってもラチェットに穴を開けたりするのも気が引けるので、安易にタイラップ留め。
冷間時の耐久性に一抹の不安が残るが、1年ごとに交換する前提ならなんとかなるだろう。
オートバイ乗りはタイラップとの付き合いが長いため、何かというとタイラップを重宝するのだ。

R0012725.jpg

R0012723.jpg

といった具合に、あっさり完了。
話が前後しますがアンクルストラップはベルト類も含めVoile純正をそのまま使用。
実は一番心配なのは普通ラチェットよりもベルトの方。
むしろベルトを信頼のBurton製にするべきなのだろうが、踏んづけて切断しやすいのは爪先側なので
とりあえずアンクル側のベルトはそのままVoile製で行くことにした。
でも、そのうちアンクル側のベルトもストラップごとBurton製に交換すると思うケド。
BurtonのラチェットとVoileのギザギザベルトの噛み合わせは気持ちクリアランス緩めだがそのまま使えたし
Burtonのラチェットもストラップ側の少しの加工でVoileのラチェットとトレードインで交換できた。
大嫌いなメッキ部品ではなくなり、ブラックなパーツで精悍なイメージになったのは
不幸中の幸いというやつか。

とりあえずこれで行ってみるべ。

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.04.20 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

2013 スキー ツアービンディング事情

DSC01712.jpg

スキーに関しては今使っているVectorglide バターナイフは
見てヨシ、触ってヨシ、滑ってヨシとまったくもって不満もなく
むしろ大好きすぎて困るほど。

よって、あれやこれやと物欲の治まらないスノーボードと違い
スキーに関しては平和な日々が続いているのだが、
やはり新しい製品やトレンドの動向は気になるところ。

特にツアービンディングに関しては「やっと」と言っていいほど
新しいメーカーが参入して盛り上がり始めているようだ。

MARKER DUKE EPF
duke_epf.jpg

まずは、私も使っているMARKERからですが、それまで旧態然としていたこの分野に
一気に新しいジェネレーションを持ち込んだと言っても過言でないDUKEがフルモデルチェンジ。
といってもモデル名に追加された「EPF(EXTENDED POWER FRAME)」が指すように
フレームがファットスキーに対応してワイドになったということで、
「フルモデルチェンジ」は言い過ぎだろとツッコミたくなる内容。

duke_epf_wide2.jpg

取り付けネジの設置幅も拡げられたようで、そう言われれば確かに安定しそうな気はするけど
それでも追加モデル的な位置づけか。

SALOMON GUARDIAN 16
gardian.jpg

いよいよスキー界の巨人サロモンもツアースキーの世界に本格参入。
ハイクモードと滑走モードの切り替えは、テール側のグレーのボタンを
ストックで押し下げれば解放されるワンタッチ構造で、踏み込めば再びロックされるようだが
gardian2.jpg
気になるのは、それだけ簡単にロックされてしまうので、再びロックされないようにするためには
ヒールアシストをそのロック部を覆うように入れてやらないといけない部分。
これに関しては見る機会があったら確かめたいが、もしそのように
「ロック解除」~「ヒールアシスト移動」の2アクション必要であるなら
あまり便利になったとは思えないし、これをワンタッチと言ってはいかんだろう。
つまりヒールアシストは「高・低」の2ポジションしかなく、しかも低い方は少し前傾になってしまう。
DUKEと違い、フレームにアルミと思われる金属パーツが使われていることと
かなり全高を下げ低く作られているところが新味か。
ATOMICあたりからもOEM製品が色違いで出る様子。

TYROLIA ADRENALIN 16
adrenalin.jpg

最後はチロリア。こちらはDUKE同様フレームは強化プラスチックで、
GUARDIAN同様にテール側にリリースハンドルを持ち、ブーツを外さずにモードを切り換えられるが
こちらはそのハンドルがハンドル然とした分かりやすい形をしていて
倒せばフリー、起こせばロックと、古くからの慣習も大切にしているところが好感を持てる。
ヒールアシストも3ポジション選べるようで、そういった部分も抜かりない。
そんなわけで、狙ったわけではないのだろうが、DUKEとGUARDIANの中間的な印象。
こちらも4FRONTから同名で同色のOEMが出る模様。
dynafittlt.jpg
もちろんこれに加えて昨今注目されているDYNAFIT の TLTという軽量級の王様がいらっしゃるのだが
そちらはブーツも専用品が必要になりおいそれと手は出せない。と、
悩みは尽きないが、それでも選択肢が増えることは市場にとってはウエルカムだろう。

しかして、ワンタッチのモード切替って、どれほど必要なのだろうか????
ハイクモードで少し滑り降りるときなどに便利だって以外は
板をブーツから外さずにシールの貼り剥がしができないとMARKERとの比較においては
あまり意味がないようにも思うのだが・・・私にはそこまで慌てる必要は今のところない。
というか身体の硬い私にそんなアクロバティックなことできそうにもないので
まだしばらくは今のTOUR F10で問題なしか。
それと、
ワンタッチはいいけれど、チロリアにしてもサロモンにしても、モード切り換え部分の金属パーツが
凍ったりしないのか少々心配になる。
MARKERのシステムもその心配があるのだが、こちらの二つはそれよりも構造が複雑なので尚心配。



おまけ
tourf10option.jpg
そのMARKER TOUR F10だが、128mmワイドのクランポンがやっと追加されるようだ。
それでも私のバターナイフのウエストは公称値130mmなので使えそうにないけど・・・
それと、TOURに関してはワイドブレーキの設定がなくなったようです!
DUKEを含む「ロイヤルファミリー」のブレーキと互換性がなくなったのだとしたら
ファットで使う場合は市販のセイフティストラップを使えってことなので、これは由々しき事態だ!
それともファットスキーは黙ってDUKE買えってことなの?
いずれにせよツアービンディングでゲレンデも滑るって人にとって、
スキー場でセイフティストラップってのも、なんだかねえ?

テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2012.04.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | スキー

Surf @ Chiba 【太東0416】

DSC01982.jpg

DSC01983.jpg

日曜日は我慢ならずに波乗りへ。
金曜からたっぷり降った雨ですが、ご存じの通り日曜は全国的にピーカン予報。
居ても立ってもいられずに千葉に向け出発。ついに波乗りシーズンの開幕であります。

で、低気圧の通り過ぎた九十九里はご覧の大時化・・・
いきなりこれかい・・・

それでも家を出たのは11時で、太東に着いたのは13時。
朝から来てたらそのままイチゴ狩りに行くとこだった。
1時間ほど海を眺めて少しは波が落ち着いて来た14時半頃に今季初入水。
セミドライにブーツ、グローブまではめてビビリながら飛び込むと
想像よりも海水は冷たくはなかった。意外にイケるね。

しかして大荒れであることには変わりなく、
私の腕と体力ではとてもアウトに出て行けない。

でも、ここ太東には防波堤という初心者にとってとても強い味方がいるのだ。
防波堤の内側でもそこそこのサイズの波が入ってくるので充分楽しい!

その後17時まで我を忘れて波にもまれまくった。はああああ楽し。

しかして、春とはいえまだ4月。
着替えのために浜で素っ裸になればそりゃあ寒い・・・・・
死ぬかと思った。

ところで、冬の間にボードを買った。

DSC01985.jpg

DSC01984.jpg

Dewey Weber “PERFORMER”
ほんとはCREMEの「BeachBall」か、同じWeberの「Stylist」を買おうと思って
豊洲のシーコングに行ったのだが、店員さんにパフォーマーを薦められこちらを購入。
なんせこの海での進水式でしたんで、乗った印象はまた今度。
それでもHARBOUR H3よりも乗れる率が3倍増し!!!!(3割増しじゃないよ!)
こりゃタマラン!

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2012.04.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR