東京モータショー 2011

DSC01412.jpg

東京モータショーに行ってまいりました。
一般公開は12月3日から。ハイ、本日プレスデーです。役得です。
前回は輸入車がほとんど撤退してしまい、この国の市場価値の低さを含め、景気後退という流れを否が応にも感じさせる東京モーターショーでしたが、今回欧州メーカーが戻ってきてくれたおかげで華やかさも戻ってきているように感じられ悦びもひとしお。
とはいえ会場は幕張メッセから小ぶりな東京ビッグサイトに移動し縮小傾向であることには変わりなく、アメリカ勢が揃って出展を見送ったのでハーレーはもちろんのこと、DUCATIも、そしてBMWも二輪車の展示を見送っていたりとまだまだ厳しい状況であることには変わりない。

そんなわけで、あくまでも個人的な視点でお送りする速報東京モーターショー2011。

DSC01416.jpg

DSC01417.jpg

ますは個人的な興味が一番高かったNew 911。それと親戚筋にあたるビートル。
正直水冷になってから大きくなった911のデザインが好きではなかったのだが、ついにというか、やっとというか、イコンとしての歴史的な意味をもつ911デザインの呪縛からやっと逃れ、新しい911像を見出せたように思う。素直にカッコイイ。あとショウの華、オネーサンもこちらのポルシェレディが個人的に一等賞。
ビートルも同じように過去の栄光からの脱却を、Newシーリズ2代目にして果たしたのではないだろうか。
庶民のアイドル。

DSC01422.jpg
ビートルのFenderバージョンの内装。これだけで欲しくなる。

DSC01423.jpg

DSC01428.jpg

プレスデーならコンセプトカーも触り放題!

DSC01481.jpg
近ごろ素直に欲しいのはこういったRV系。特にSkyActive の真打ちマツダ CX-5はかなり期待感が高かったがその見た目からはあまり惹かれるところはなかった。

DSC01514.jpg
DSC01510.jpg
こちらベイビー レンジのEvoque(エヴォーク)は文句なしにカッコイイ。特に絞り込まれたリアウィンドウに注目!これコンセプトじゃなくて市販車ですよ!コンセプトカーは格好良かったCX-5とは大違い。思い切ってます!ただ、そのお値段にはため息しか出ない。

DSC01505.jpg
早くどこか出してくれー!と思い続けたディーゼル・ハイブリッド。
意外や意外プジョーがいち早く市販化してきた。

DSC01434.jpg
評判がいいのか今回も出てきたホンダ「N」。ガソリンエンジンで出してくんないかなあ。
自分は買わないけど、こういったクルマが街を走ると世の若者の草食化も防げると本気で信じてる。

DSC01430.jpg
なかなか見れないKTM クロスボウのコクピット。KTMは125DUKEくらいで二輪はほとんど展示無し。残念だけど出展してくれただけでもうれしいゼ!

DSC01520.jpgDSC01468.jpg
巷ではかなり騒がれているが、
私はまったく興味がないので小さく載せておきます(画像拡大するので興味のある方はどうぞ)。
トヨタ「86」とそのスバル版の「BRZ」。正直に言わせていただきますが、これで若者は動かないと思う。

おっと、長くなったので二輪の話はまた明日。

DSC01489.jpg

マックイーンの実物大もあります!「カッチャウ!!」

スポンサーサイト

2011.11.30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 徒然

R1200GS Touratech ヘッドライトガード 補修部品

DSC01409.jpg

フロントカウル周辺からガタガタと低級な音が聞こえて来るようになり
以前にもあったフロントカウルのネジ類の緩みを真っ先に疑ったのですがそうでもなく
な、なんとTouratech製ヘッドライトガードのステーが折れていた。

DSC01405.jpg

DSC01411.jpg

改めて破損箇所を見てみると、さもありなん。折れるだろ。
一番振動の出やすい箇所でこんなに細くっちゃあよう。

DSC01406.jpg

そもそもこのヘッドライトガードはダート走行時に前走車の跳ね上げる石などから
ドエライ高価なR1200GSのヘッドライトを守るためのアイテム。
しかしてすでにダート方面はHP2に任せて退役し今は舗装路をテリトリーとしている
我がGSですので、このパーツも倉庫かゴミ箱行きで構わないのですが
ものは試しでTouratech Japanにパーツだけ取り寄せられないか問い合わせてみたところ
2,100円で左右ぶん取れるとのこと。
ときにこのヘッドライトガードは6,615円なので妥当か。

DSC01401.jpg

くどいようだが、なんでコッチが2,100円で、コレが4,515円もするーっ???
パテント料でも入ってる特許品か?

DSC01408.jpg

というようなセコイ考えを見透かすようなパッチリお目々にメガネをかけて修理は完了。
ときにフサフサのマスカラはメガネに反射する鋭い眼光(ヘッドライト光)を防眩するためのもの。
お化粧アイテムじゃあございません。

メガネとマスカラ、ご利用はセットでどうぞ。

2011.11.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

HP2 Enduro エアポンプをシート下に

DSC01401.jpg

前回、近ごろは電動の空気入れを使っている話を書きましたが、
結局その信頼性の低さからパンク修理などのもしもに備えて普通の手動ポンプも持って行っています。
で、電動も手動も同じバッグに納めて行くわけです。

ただ、自分でこういったアホなことをしておいてなんですが
同じバッグにふたつの空気入れを入れている自分に少々がっかりするわけです。

そんなわけでTouratechのエアポンプブラケットを買いました。

2750749054.jpg

これは本来左側のフレームに沿って装備される純正のエアポンプを
シート下のスペースに移設するためのブラケット。
「ちゃんと置き場所が確保されているのに、なんでわざわざ???」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
答え一発。ここだと飛んで行っちゃうんです。はい、明らかな設計ミスです。

「っていうか、空気入れ着いてるなんてさすがビーエム、ゴ~ジャス~」と思われるかもしれません。

R0011523.jpg

ときに
先日のDoor of AdventureでもHP2に装備されている水準器に関して何人かの方に質問を受けました。
確かに知らない方には不思議な存在で、何のために着いてるのかわからんですよね。
これは純正のエアサスのプリロード調整のためのもの。
スプリングサスならプリロードをどれだけ入れてるのか抜いてるのか一目で分かりますが
エアサスだとわからんわけです。要はサグを出すためのもの。

そうなんです。
エアサスの調整用に空気入れが装備されているわけです。
もちろんエアサスだけではなくタイヤ空気圧の管理にも使えるようにしてくれているので
リアサスをオーリンズに換えた私でも充分その利用価値はあるのですが
なにせ飛んで行ってしまうためリアサス交換後は別のエアポンプと交代していたわけです。

DSC01402.jpg

前段が長くなりましたが、そこでこの便利グッズの登場というわけです。
このとおり、シート下なら飛んでいかずしかもエマージェンシーな装備って感じが
アホを繰り返す私にとってはありがたい免罪符。

そんな縁の下の力持ち、ありそうでなかったアイデア満載のエアポンプブラケットが
今なら税込4,515円(送料別)・・・・

って、こんな鉄板の切り出しで、なめとんのかーっ!

じゃあ買うなよ・・・(ごもっとも)

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2011.11.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

牡蠣旨し

DSC01400.jpg

DSC01398.jpg

私は決して食い道楽ではないし、ましてやグルメでもない。
出先で出会い頭にふらりと入ったり
誰かに連れて行っていただいたりしない限り一見の暖簾をくぐったりもしない。

酒も付き合い程度にしかやらないし、なにしろジャンクフード・ジャンキーなので
とにかく食費にはほとんどお金をかけない。

ですが、
だからこそ、逆にいくつかのお店には定期的に通ってしまう。
赤阪のOstreaもそのひとつ。

冬の間はかなりのヘビーローテーションになってしまうが
この時期の牡蠣にはとんでもない魔力がある。

あ、それとここに来たらバーニャカウダも是非!

2011.11.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

大名栗林道 11/26

R0012417.jpg

ここのところ海にばかり行っていて、そろそろこのブログのタイトルも『波と雪と』になりそうだ。
というわけで、ってことでもありませんがこの土曜は『土』を求めて
大名栗林道に行ってまいりました。

秋晴れのこの日はとてももうすぐ12月とは思えないほど暖かく、まさにツーリング日和。
とはいえ山の上の日陰はそれなりに寒いけれど、走るにはちょうどいい。
ご存じない方も多いんですけど、ダートをオートバイで走るのは意外と体力が要るんです。
この気温でも汗をかくほど。

R0012408.jpg

R0012415.jpg

雲ひとつない秋晴れ。

R0012422.jpg

林道西名栗線はまたしてもあと数kmで法面工事により完貫ならず。
作業員の方に促されおずおずとUターン。

R0012427.jpg

R0012431.jpg

飯能市もきれいに見渡せる絶景は空気の澄んでいるこの時期ならでは。

R0012432.jpg

やっぱりHP2楽しいや。

R0012438.jpg

前に来たのは7月。
この日も何カ所かで工事車両が入っていたが、4ヶ月のあいだに確実に舗装部分は伸びていた。
登山道もあるので、登山道の入り口にある駐車場までは間違いなく舗装されるだろう。
いま舗装が完了している所から駐車場までまだダートが3kmはある。もったいないなあ。

R0012439.jpg

近頃はこの手抜きアイテムを愛用中。
オークションで3千円程度で買える携帯電動空気入れ。ときにWunderlichでもAIRMAN製の同様の製品ありますが、1万円超えなのでこちらのお得感高。エンジンを動かしたまま使うと1kgから2kg/cm2まで30秒程度で充填できて超ラク!!!!ができます。ときにエンジン止めてだとこいつのパワーも落ちるのでジェネを回してる方がお勧め。
ちなみに、HP2にも電源ソケットは装備されいるので最初はわざわざHELLAプラグに換えて電源をとろうと企てていたのですが、ソケットに接続する器具が5A(アンペア)だかを超えるとCAN-BASが供給をカットしてしまうためスマートなのですがソケットからの電源供給では使うことができませんでした。そんなわけで現在はクリップを使ってバッテリー直結で使用してます。
サイズも重量も一般的なフットポンプと変わらない程度なので林道ツーリングにもってこいなのですが、このデザインを見ても解るとおり信頼性なら低い。なにせ3千円なのでいつ壊れても文句は言えない。

ってわけで、結局普通の空気入れも持って行ってます・・・

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2011.11.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

結成40周年記念 クイーン展 Queen Forever

DSC01395.jpg

DSC01393.jpg

DSC01392.jpg

フレディ没後20周年でもあるそうです。
もうそんなに経つのか・・・

と、飯倉のあたりで一仕事終えた私は、フラリと東京タワーに寄ってみた。
思わず青春時代が蘇っちゃったり、懐かしい気持ちがこみ上げちゃったり・・・
なんてことは一切なくて、その音楽性には異論を挟む余地などないけれど
むしろリアルタイムには「気落ちの悪いオッサンだなあ」くらいにしか思っていなかった。
ただ、今改めて見てみるととにかく普通。ノーマル。

時代を切り拓いた先駆者だったのだなあ、と
純粋に「クイーンって、やっぱスゴくね?」と
今更ながらに尊敬の念を強くしてしまった。

東京タワー1F特設会場にて、12月11日(日)まで。

DSC01396.jpg

特別展望台は1,420円もするんで登らなかった。スカイツリーは3,000円らしい。
まさに人の足許見てやがる。

クイーン展に1,800円払った俺が言うのもなんだけど・・・・

2011.11.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

SHIMANO ACCUBLADE Light Rail

R0012329.jpg

お手製軽量化とかやっておいてなんですケド・・・と言うよりも自分でやってみたからこそ気づくプロの仕事の誘惑には勝てずサンライズヒルにLight Rail化の作業を発注してしまいました。正確には「していました」。で、注文から待つこと約1ヶ月。私の手許に届いてまいりました。
発注にはご覧のようにベース単体の状態にしてから穴開け作業などをやっていただくBanYa Craftさんへ送ります。ベースのゴムの取り外し作業も3,000円のオプションで依頼できますが、まあそんなに面倒な作業ではありませんし元に戻す気がなければ尚のことご自分で思い切ってやっちゃいましょう。

R0012331.jpg

低頭ネジと気持ち頭の高い通常ネジを使い分けてます。しかして個々の場所の使い分けの理由が分からない。
なぜそこに?

R0012343.jpg

Light Railの核心部。プロの繊細な作業が伺える。オプションのフラット出しという底面を平らにする作業も依頼した。こうすることで設計通りの確実な接合を得られるということだろう。精密さが求められる部分。
本当のプロの仕事はオーラを纏っている。満足感いと高し。

R0012332.jpg

まずはセッティングですが、かなりタイトに組み上げられていてもちろんシリコングリスを塗布しましたがユニバーサルディスクに通すのもかなりキツい。こんなことで山の上で慌てたくないなあ。使ううちに素材同士が慣らされるのか?

R0012346.jpg

ツーリング・ブラケットとともしっくり来ない。ブラケットの左右幅と微妙に合っていないためスライダーピンを通す位置にスッと来ない。これも何度か着け外しを繰り返すうちに慣れる箇所か?

私は山での作業に極力神経を遣いたくないのでむしろ気持ちクリアランスをとったセッティングの方が多少のガタは出ても作業がスムーズに運ぶので好み。ただしこれに関してはサンライズヒルも狙ってキツ目にしているので思想の違いだし、もしして使ううちにルーズ目になってしまうのを予め考慮してのことかもしれない。これに関してはシーズン終盤にでもまたご報告いたします。

時にスライダーピンが長いのはVOILEの純正クランポン用のスライダーピンだからです。って気がついた人がいたらよっぽどの変態ですけど。今まではこのグリーンのXTSとSHIMANOのグレーのXTR(自作軽量化した方)とでそれぞれ使い分けていたのでクランポンをどちらのビンディングでも使えるようにクランポンの方にこのピンを着けていましたが、これからはこのグリーンの方に一本化するため予めクランポン用のピンに替えておきます。
実はピンが長いぶん諸々問題が出ていなくもないのですが、そちらの対策に関してはまた今度。

R0012345.jpg

実はこのLight Rail、『A6063系アルミ』に加え、強度を高めた『A7075超々ジェラルミン』と素材の違いで2種類から選べる。この『7』の刻印はA7075の証。中国生産になって以降柔くなったとSHIMANOの後期型同様に悪い噂の絶えないYONEXモノですので、ベース剛性の補助にはならないかもだけど強度の高い方にしてみた。お値段もA7075の方が5,250円お高い(工賃等は同額)・・・
アルミに較べて腐食には弱くなるそうで、特に融雪剤や凝固剤などゲレンデに撒かれるケミカルなどが怖いか。使ったら真水で洗い流すくらいの注意が必要かもしれん。

R0012348.jpg

高さに関してはVOILEのインターフェースの板の厚みぶんだけ、ホント気持ち程度下がった。

R0012360.jpg
R0012360b.jpg

重さに関しては自作軽量化バージョンとあまり違いはなかった(厳密にはLight Railの方は長いスライダーピンを使っていますが自作の方は標準の短い方)。左右で測り分けてみたが、自作ぶんは当然としてもさすがに左右ともぴったり同数値とはいかない。

ひょっとするとA6063の方がA7075よりも軽いのかもしれない。

R0012351.jpg

そもそもMAGIC38 Splitのエメラルド・グリーンに合わせて買ったYONEXのXTS グリーンだったが、SOLUTIONにもよく似合う!SOLUTIONを青い今季モデルに買い換えたのは実はこれのためか?(自問自答)

ウム。我ながら良い仕事だ。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.11.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR