THE TOWN

thetown.jpg

いやいや、なかなかどうして、ベン・アフレック監督やるじゃないですか!
結論から言って「タイヘンオモシロイ!!」

荒唐無稽なエンターテインメントとしての部分
つまりこの映画の骨格と言える「犯罪者」視点を際立たせるために
逆にリアリティの必要な社会問題の扱い方など骨太な部分の見せ方に力が入っていて
観ている側にものすごい真実味と説得力を与えています。

特に強盗のシーンは実際にあった銀行、現金輸送車強盗を徹底的に再現しているそうで
とにかく圧巻!の一言
逃走シーンに関しても、ベンの盟友マット・デイモンだから較べるわけじゃないけど
ボーン・アイデンティティー シリーズのウリのひとつ、例の迫力のカーチェイス・シーンとは
また違った「渋い」というか、特殊能力者ではない一般人が本気で逃げるということ
捕まったら何年も監獄に入れられるという切迫感がリアルに伝わってきた。

それにしても
どうして描き方ひとつでこうも犯罪者に肩入れしてしまうのでしょうか???
だってただの銀行強盗ですよ。FBIの方が悪役に見える。
というように、ここまでリアルさにこだわったのだから
惜しむらくは悪人を英雄視するような文脈ではなく、もっと断罪してほしかった。

と、好き勝手言ってますが、これほど複雑な相関関係をもつ物語の
登場人物の背景などモノゴトの説明に要する時間割が実に秀逸。
こういうと語弊があるかもしれないが俳優上がりの監督さんとは思えないデキ映え。

そういった意味でも、ここに入れた画像も含め
広宣に使われているビジュアルなどV.Iに関わる部分が正しく内容を伝えていないことがモッタイナイ。
これだけ見るとベン・アフレック主演の娯楽アクション大作!みたいに見えません??
ミッション・インポッシブルみたいな。
もっと「タクシー・ドライバー」的なコミュニケーションの方が合ってる気がする。
でも、近ごろはそういうの流行んないのかもなあ。
だとするとベン・アフレック主演ってだけじゃあ集客力ないでしょ?
いずれにせよ残念。
こういういい映画にこそ成功してもらいたい。

スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2011.08.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

iPhone 4 故障~交換

iphone_c2.jpg

突然壊れた私のiPhone 4・・・
ホームボタンの反応が悪いなあとは感じていたのだが、
それと関係あるかないかわからないが、突然まったく反応しなくなった。

Macと繋いでも反応なしで復元もできない状況。

仕方ないので近くのSoftBankショップに持っていくと
「iPhoneの修理に関しましてはAppleの方とやりとりしてください」と
とてもやさしいお言葉をいただいた。
iPhone 3Gのときにも交換したことがあったのだが、
そのときはSIMカードの不良であっても本体の交換をSoftBankショップで
対応してくれたのに、これまたズイブンとサービスの質が低下したものだ。

で、またもって仕方がないのでAppleサポートに電話して
わかっていたことだが交換しかないらしい事が判明。
しかも郵送対応とのことで、電話がないのも困りものなので慌ててApple Store銀座の
ジーニアスの予約を入れて銀座に向かった。

まあiPhone 3Gのときもロクに調べもせんと交換されたのでこのiPhoneというヤツは、
基本修理はできずに交換になってしまうことはウスウスは感じていたが、
前回と違うのはiPhone 4はApple Careに入れていないということだ。

つまり保障期限切れ。

で、コレだ・・・

applestore3.jpg

無残に木っ端みじんってことならコレは安いけれど
まったく言われのない故障でこれってどうよ?
修理ができないというのはメーカーにとってとても便利なハナシで、
つまり故障箇所の特定、いわんや理由・原因も特定できないというわけだ。
せめて検証にかかる時間を待てるかどうか説明したうえで
故意の故障か不可抗力な故障なのかを究明するかどうかの選択肢くらい提示して
不可抗力だった場合はもっと安く修理なり交換なりをして欲しいと思う。
もちろん検証中は代替機を出すのが前提だ。

何より、即交換にするにしてもこれくらいのことSoftBankショップでも対応して欲しい。
東京近郊に暮らす私はまだいいが、Apple Storeが近くにない人たちは
郵送で何日もケータイのない時間を過ごさねばならないのだから。
それって、緊急時、被災時のケータイのつながり具合や伝言対応の整備より
ライフラインを預かる通信会社として大切な問題ではないのか。

10月と目されるiPhone5 (?)への買い換えを狙っていたが、これで暗礁に乗り上げた。
せめてバンパーだけでも替えて気持ちを落ち着かせようと私のラッキーカラーのオレンジにして
併せてホーム画面の壁紙にも自作のオレンジを敷いて一体感を出してみたのだが
「これって本体ホワイトの方が合うんじゃね??」と
むしろ余計な無駄遣いが更に気持ちを鬱にさせただけだった。

と、言いがかりも含めまだまだ言いたいことは山ほどあるが
辞任したスティーブに免じてこのへんで止めておく。
せめてこれを読んだiPhoneユーザーの方々にはApple Careへの加入か
もしくは他キャリアへの変更、もしくはもう一台Docomoのケータイを持つことを
強くお勧めしておきたい。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

2011.08.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

T-MAX ユーザー車検

R0012184.jpg

最近すっかり記憶力が弱ってきており、前回車検通してからまだ1年だとばかり思っていた
T-MAXの車検が実は残りあと2週間だと気づいたのはつい先日・・・
なにせ忘れていたので納税証明書もすでになく、市役所に証明書を発行してもらうところから。

ユーザー車検を利用するのはもちろんコストの問題もあるが
せっかちな私としては時間がかからないことにある。
ショップに出せば最低でも3日はかかってしまうところが、空いていれば1時間。
ユーザー車検は実にコンビニエントなのだ。

R0012033.jpg
R0012034.jpg

壊れていたスピードメーターもこの機に修理。
T-MAXのメーターセンサーが壊れるのはこれで3回目。だいたい1万キロで壊れてきた計算。
2回目に壊れたときに取り寄せたパーツは仕様変更されていて対策されたのかと思ったら
やっぱりまた壊れた。

R0012032.jpg

センサーを交換すること自体もメンドーだが、接続カプラーがこういうややこしい場所にあって
カウル内をブレーキホースを伝ってここまで上がってくるのですが、
それらを車体に固定するためのホルダが手探りで作業しなければならない場所にあって本当に面倒だ。
(手を抜いてフロントカウルを外さずに作業をすると。ですケド)
しかも部品代が7,000円以上もするしで、もういいかげんにして欲しい。

R0012170.jpgR0012171.jpg

せっかくなのでエアクリーナーも洗浄と注油。K&Nはエコだ。

R0012173.jpgR0012174.jpg

ネジの多いスクーターの分解にはホント電動ドライバーが便利!
右の画像のようにボルト・ナットだって回せます。締める方向ならそこそこのトルクが出ます。

R0012175.jpg

最近、近接音量規制がキビシくなったので車検時マフラーは純正に戻してます。
いつも装着されているのはヨシムラのサイクロンで、もちろんJMCA認定品なんですけど
なぜかT-MAX用はウルサイ。絶対90db以上ある大音量でレーシー通り越して少々下品。
ちなみにこのタイプのT-MAX用のヨシムラはキャブレター仕様の初期型のみラインナップされてます。
ノーマルはジェントルでスムーズな乗り味。これはこれでアリですがヨシムラのトルク感も捨てがたい。
ノーマルだと3,500rpm辺りの谷が気になるなー。でもしばらくノーマルのままでいこっと。

R0012182.jpg

ここまでは週末に済ませて、話は一気に飛んで平日の車検ライン。
私は所沢ナンバーですが通勤経路上にあって便利な練馬検査場で毎回検査受けてます。
はい、お察しの通り午前半休で来ております。
しかし何度来ても緊張する。
でも回を重ねるごとに検査官のみなさんの対応がやさしくなっていくのは気のせいではない。
以前はあからさまに「素人がうちの敷居を跨ぐんじゃねー」的な威圧感ビシビシだった。

R0012178.jpg

と、何事もなく済むかと思いきや。なんと「ナンバー灯が点いてないですね(検査官談)」・・・
灯台もと暗し的な意外な盲点を突かれた。
ウインカー、クラクション、前後ブレーキ灯、光軸を含めたヘッドライトなど、
それ以外のチェックはしていたのに完全に忘れてた。っていうか
LEDバルブも切れるんだなあ、やっぱ。
この時点で午前中の検査終了15分前。これを過ぎると午後に再び来なければならないので焦る・・・

R0012179.jpg

検査場の斜向かいにあるホンダに駆け込むヤマハオーナー「5Wのシングルバルブを分けてくれー!!」

R0012181.jpg

メーカーの垣根を越えた温かい心のリレーで、無事ナンバー灯が点灯し

R0012183.jpg

残り5分で合格のハンコをいただいた。

ご覧のようにユーザー車検だし、たいして車検整備もしていないと思われるかも知れませんが
タイヤやオイル類の交換はもちろんフルードも含めたブレーキ周りにバッテリーなどの電装系など
日頃から見るべき所は見ております。ワタクシ。
ですんで、安く済むという理由だけでユーザー車検を受けるのは止めましょう。
それと、一度ユーザー車検受けてみるとわかりますが、たいして検査なんてしてくれません。
実際今回はあんなに苦労して交換したスピードメーターも検査してくれませんでした。
つまり2年間の車検に合格しても2年間の保障を受けられるわけではないんです。
実際まったく整備しないでも見えるところだけ整っていれば受かります。ほんとに。
ですので、ユーザー車検でなくても定期点検整備をお願いするショップやディーラーも
ちゃんと選んだ方がいいですよ。

R0012185.jpg

また2年後だ!と思ったのも束の間。
実はGSはすでに車検が切れているのであった・・・近日中にまた来ねば・・・

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

2011.08.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

海上保安資料館 工作船展示館



飛鳥のついでに、いつか行こう行こうと思ってなかなか行けなかった
工作船展示館に行ってきた。

これは、2001(平成13)年12月22日に発生した『九州南西海域工作船事件』で逃走し、
海上保安庁の巡視船に追尾されて自爆した船が展示されている横浜の資料館。



この資料館でもはっきりと「北朝鮮のもの」と結輪づけているので、
自爆後引き揚げられた『北朝鮮の工作船を見ることができる』のである。

R0012162.jpg
R0012163.jpg
R0012164.jpg
R0012165.jpg
R0012166.jpg

これ以外にも船尾から工作に使用される小型船(ボート)や
甲板に装備される重火器類など、同時に引き揚げられた物も多数展示されている。

最近では拉致問題も影を潜めてきてしまっているが、たとえ平和ボケした私であっても
これを見ると、なぜ北朝鮮は国としてこんな事までしないといけないのかと考えずにはいられない。

朝鮮半島は、否、日本を含めて
未だに戦争状態であると思い知らせれる場所である。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

2011.08.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

Zero Halliburton ZR21T-CE

R0012051.jpg

飛鳥のついでに愛用のスーツケースを自慢しまーす。
Zero Halliburton のZR21T-CEというモデル。

近ごろはゼロでもRimowaみたいなポリカーボネート製の軽いヤツも出してきましたが
やっぱアルミでしょう!!ゼロならば尚のこと!!

ZR21Tと内容的には同様でありながら
クラシックなモチーフでデザインし直された70周年記念モデル。
この懐かしいデザインでありながら中身は最新みたいなとこに一目惚れ。
(でも、MINIやFIAT500には触手は伸びません)

機内持ち込みサイズですがケース内も使いやすくなかなかの収納ぶり。
2輪の大型ローラーは小型の4輪でよくある段差で裏返し、みたいなこともなく
しかもスムーーーーーーーーースな転がり感が気持ちいいです。

TSAキーも装備しているので
セキュリティのうるさい米国旅行にもいいっすね。
でも機内持ち込みサイズでアメリカ行かないから意味ないけど・・・

テーマ:バッグ - ジャンル:ファッション・ブランド

2011.08.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

飛鳥II 詳報

R0012134.jpg

飛鳥IIの撮影から戻ってまいりました。
今回撮影のために用意していただいたのは「夏の尾張 名古屋クルーズ」というツアー。
8月22日に横浜を出港し翌23日の朝に名古屋港着、
豊富なオプショナルツアーで名古屋を散策するもよし船に残ってくつろぐもよしで
夕方まで過ごしたあと再び横浜を目指して名古屋を出港、
翌日は丸一日相模灘の中を遊覧して25日の朝横浜に戻る3泊4日の行程。

で、上の画像のような美しい写真を撮ってまいりました。
ちなみに今回のモデルはロビンさんと麻奈美さん。
自分でオーディションしておいてなんですが、
嫌みなくらい素敵なご夫婦役を演じていただきました。

せっかくですので私が撮った飛鳥IIの写真をご覧いただきましょう。

R0012036.jpg
最初に乗船したとき、とにかく感動したのがこの出港のとき。
テレビなどで観たことある方もいらっしゃるかと思いますが、ホントにやるんです。テープ投げ。
フェアウェルといってテープ以外にもシャンパンが振る舞われたりして、
否応なしに船旅気分が盛り上がります。
特に地方の港を出港するときに見られる地元の方々が趣向を凝らした歓送セレモニーを
船上から眺めるとマジに泣けます・・・

R0012042.jpg
こちらは横浜ベイブリッジをくぐる飛鳥II。結構ギリに見えるんですけど・・・

R0012080.jpg
変わったところではこの避難訓練。
先日の事故も記憶に新しい天竜川の川下りと50,142トンの豪華客船を並べるのもなんですが
飛鳥IIではこのように避難訓練も行われます。
頭上の救命艇には150名が3日過ごせるの水や食料が装備されています。
もちろん救命艇は全員が余裕で乗り込める数が用意されていますのでご安心を。

R0012090.jpg
奥に見えるのは三宅島。

R0012069.jpg
R0012124.jpg
私の一番好きな船尾デッキ。昼と夜とで異なる表情を見せてくれます。

R0012070.jpg
こちらは御蔵島。海から見るとその断崖絶壁ぶりが際立って見えます。

R0012089.jpg
紺碧の海を見ていると、本当にそう思う。

R0012097.jpg
白いビーチが美しい新島。

R0012100.jpg
進行方向左舷に積乱雲発生。あからさまに雨が降ってます。

R0012109.jpg
後方からも迫り来る雨雲。ですが、できる限り雨や波を避けて進路をとってくれます。
皆既日食を観に行くクルーズでは、レーダーで雲間を探しながら進み
見事飛鳥IIの船上から、素晴らしい大自然のショウを満喫したそうです。羨ましい・・・
※必ず雲間を見つけられるわけではありませんので悪しからず

R0012144.jpg
最後の朝に館山の辺りから昇るとてもきれいなご来光が。これ客室からの眺め。
もちろん全室オーシャンビュー!

R0012160.jpg
こうして横浜港に戻ってまいりました。

豪華客船はフローティング・ホテルとも呼ばれるように
宿泊先ごと目的地に向かうとても贅沢な旅。
とにかく時間を無駄にしないジェットセッターたちとは対局にある旅です。
だからこそ逆に時間の流れを感じることができる旅とも言えると思います。

もちろん食事もとても美味しいですし(飛鳥の就航20周年を記念したオリジナルワインが美味!今だけ!)
船内には様々なアクティビティが用意されていますが
私は海を眺めているのが好きなので、空き時間はとにかくデッキに出てぼーっと過ごすのがお気に入り。

R0012111.jpg
特に今回はバルコニー付きの部屋をご用意いただいてしまったので部屋から出ず。

そんなわけで、乗る人それぞれの楽しみ方ができるのも飛鳥IIの魅力かも知れません。

意外と近くにこんな優雅な旅の選択肢があることを覚えておいていただければと思います。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

2011.08.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

飛鳥II




今日から25日まで4日間、
横浜~名古屋~横浜を豪華客船「飛鳥II」で優雅な船旅・・・
ではなくて、飛鳥IIの販促用素材の乗船撮影です。
ロケっちゅーやつですが、今日は朝から生憎の雨。
西に向かって快方の予報なのでそちらに期待です。

今回で4回目ですが、飛鳥は何度乗ってもドキドキします。
日本籍船最高の客船での船旅、あなたもゼヒ!
(ご両親にプレゼントってのも素敵ですよ)

2011.08.22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 徒然

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR