SHOEI HORNET ADV

2016_0707-5.jpg
2016_0707-7.jpg
2016_0707-14.jpg

『Arai Tourcross2』を使いはじめてから早5年。
真夏以外の時期の平日に、ほとんど毎日被り続けて来たので、
使用期限云々の以前に、かなり見た目にクタビレ感が高くなってきており、
そろそろ買い換えのタイミングだ。

永らくアライ・ヘルメットファンを自認してきた私だが、
いよいよをもってショウエイを使うことにした。
とはいえ、現在もゴーグル・ヘルメットでは『VFX-W』も使っているので、
「シールド付きオフロード用ヘルメットとしては」という但し書き付きではある。

春先から使っていたので、朝晩まだ冷え込む時期から、梅雨時の雨の中まで、
様々な状況で使ってみたので報告しておこうと思う。

んで、買っておいていきなり否定的な話から入って恐縮ですが、
正直にこの『HORNET ADV』はカッコイイとは思えない。
いや、思えなかった。か。

細かい話はさておき、何より私が一番気に入らないのは、
チン(顎)ガードが上下に薄いことだ。
やはりここは男らしさの象徴だと言っていい部分で、
SIMPSONのヘルメットのように、ここが無骨に太い方が男らしいと私は思う。

2016_0707-15.gif
せめてこれくらいにこの部分をガッチリと太くしてくれたらと思う。
ね?顎のフレームが太い方がカッコいいでしょ??

というように、デザイン的にはかなり気に入らないのに、
それでもなぜこれを購入したのかというと、
このヘルメットのことを知れば知るほど
機能性と使い易さを徹底して追求していることが解ったからだ。

それではそんなHORNET ADVのカッコ悪さに隠された
高い機能性の話をはじめよう。
何はなくともまずは被り心地から。

ヘルメットの被り心地とは、激しい動きにも追従するホールド感と、
それでいて締め付け感の少ないフィット感という
二律背反した要素のバランスを、百人100色の頭のカタチすべてに対応させる、
実は途方もない仕事だ。

この部分に関しては、特にアライ、ショウエイという、
この国を代表する2大ヘルメットメーカーに関しては、
まさに世界をリードしているといって過言ではないと思う。
それほどに被り心地は両社製品共にMADE IN JAPANを体現する出来映えだ。

昔は「アライは頭で合わせる」「ショウエイは頬で合わせる」(逆だっけ?)
と言われたものだが、今ではそんなことは一切ない。
敢えて個人的な印象を言えば、Tourcrossの方が若干タイトなスポーティな印象で、
HORNET ADVの方がコンフォート感の高いラクシュリーな印象に映る。

ただ、被ったときに感じる重さ(軽さ)に関しては、
HORNET ADVの方が明らかに頭の中心から遠い部分が軽く設定されているようで、
実際の重量以上に走行中に軽さと、それによるホールド感の高さを実感できた。

※ここで比較しているのは、この間まで私が使っていた『Tourcross 2』。
 現在の最新型となる『Tourcross 3』は、さほどの違いがあるようにも見えないが、
 私自身試していないので、この比較の限りでないことは申し上げておく。


2016_0707-10.jpg

内装はアライのインナーが採用するドライなタッチの生地よりも、
かなりシットリ感が高いものだが、比較して水分の吸収力が高く、速乾性にも優れ、
もちろんデオドラント加工にも手抜きのないものだ。
これに関しても機能、性能に大きな差はない。
あっても単なる好き嫌いの範疇と言っていいだろう。

2016_0707-16.jpg

私はインカムの類は使わないので関係はないが、
スピーカーを納めるための穴が、カバーを外すと現れてくる。
最初からこれが設けられていることからも、
ユーザーの視点で機能性が追求されていることが窺い知れる。

2016_0707-9.jpg

実はHORNET ADVの内装に関して一番評価できるのは、
頬パッドの上側にトンネルを設けて眼鏡の柄を入れやすくしてある部分だ。
アライの方は「コンタクトにすれば?」とでも言いたいのか?と思えるくらいに、
この部分への配慮は最低限で、はっきりと使える眼鏡を選ぶ。
柄の太い鼈甲のフレームを使う私には、もはや雲泥の差と言っていいだろう。

2016_0707-6.jpg

では問題の外装に話を移そう。
“悪い意味で“ 一番に興味をそそられたのはこの穴だらけのバイザー。

あまりにも醜いその姿に「何か訳があってのことなのか?」と、
逆に好奇心旺盛な私の関心を喚起することになった。

高速走行でこのバイザーが風に煽られると、首が後ろに折れるんじゃないか?
というくらいに頭を持って行かれてしまう。この穴だらけのデザインは、
言うまでもなくこの部分の空気抵抗を抑えるためのものだ。
「それにしてもやり過ぎだろう?」と、誰もが思うだろう。
でも、これを被って実際に高速走行させてみると、冗談抜きに
「バイザーが着いてないのか?」と、思えるほどに風の抵抗を感じる事がない。
それでいて、この部分が発する耳障りな風切り音も
まったくと言っていいほど聞こえてこない。

2016_0711-28.jpg

対してアライのTourcrossだが、HORNET ADVと較べると、
デザイン性を考慮してか、通気孔の開け方、数も、最低限で済ませていることが
一目でわかるし、実際こちらの方がだいぶ格好は良い。
代わりにそれなりに強い空気抵抗を生み、ある程度風向きに敏感になって
気をつけていないと、ふいに顎が上がってしまうことになる。

そして、Tourcrossのバイザーは、上下に調整できる可動式で、
HORNET ADVのバイザーは固定式。
好みの角度に調整できる方が良いように思われるかもしれないが、
それだけショウエイはバイザーの取り付け角度にも細心の注意を払っている顕れだ。
エアロダイナミクスの世界に、ユーザーの好みは不必要なのだ。

高速走行でも、このようにデザイン性をある意味捨ててまで追求した
フラッシュサーフェース化によって、風切り音のボリュームをかなり削減しながら、
「ボー」とか「ビュー」など、濁点の付くような耳障りな風切り音を、
「ホー」「ヒュー」といった具合に角の取れたまろやかな音質に
変えることに成功している。

2016_0707-8.jpg
2016_0711-30.jpg

これからの季節に重要になるベンチレーション機能だが、
大きなエアアウトレットを持つアライのものと較べると、
HORNET ADVの形状はかなり小型で何より奇抜。
アライの分かりやすい形状に較べると、
換気性能に「?」が付くだろうが、その換気効率に大きな差は感じられない。
これに関してはヘルメット内の風を一番感じられる
ボーズ頭の言うことを信じて欲しい。

2016_0711-29.jpg

それと、アライには耳の後ろにもエアアウトレットが設けられているが、
ショウエイにはそれが装備されない。
実際アライのように耳の後ろに籠もった熱が換気されないので、
首にかけてモヤモヤと暑い。これはアライの方が優れている点だ。

ただ、これは大型のウィンドシールドを備えるR1200GSでの印象。
風防装備のないHP2 Enduroで試すと、ヘルメットの下側、
首の辺りを流れる風によって、負圧が発生していることが感じられ、
内装から首回りの熱気を吸い出してくれていることが分かる。

でも、GSをはじめとした、ウィンドシールドを装備する
ビッグ・デュアルパーパス・ユーザーがターゲットだろうから、
これはちょっとあべこべな印象。

2016_0707-11.jpg
2016_0707-18.jpg

シールドはもちろん「PINLOCK®」製の二重シールドが採用されているが、
こちらは「PINLOCK EVO lens」と呼ばれる最新式。
防曇効果に関しては後述するが、その歪みのない視界にまずは驚かされる。
アライもPINLOCKを採用しているが、アライの二重シールド越しの景色は
それなりに滲んで見えてしまうので、両者の差はかなり大きい。

2016_0707-12.jpg
2016_0707-13.jpg

シールドとヘルメットが触れるモールドの造りも、
偏執的と言っていいほどに凝った形状をしていている。

そしてそして、
PINLOCK EVO lensにしても、この凝ったモールドにしても、
それらのポテンシャルを最大化しているのは、間違いなくシールドのヒンジ部だ。

2016_0617-5.gif

通常、ヒンジの回転軸を中心にして、同じ弧を描いて上下に開閉するわけだが、
HORNET ADVは、なんと回転軸を偏心させており、閉まる寸前に
シールドをモールドに押しつけるように、後退してから位置決めされる!
これによってシールドの密閉性を高め、防曇、防音効果を、
最大限に引き出しているわけだ。

もちろん全てが良い方に出ているわけではなく、
この凝ったシールドの開閉方式によって、
片手で気軽に開閉できるようなヒンジの硬さではなくなっており、
走行中の開け閉めには、それなりの慣れが必要となるのが少ない難点のひとつ。

2016_0707-19.jpg

ヒンジ以外にも、ノーズリフレクターに、
シールド越しに通気させるデフロスターなど、
シールドの曇りに対する処理に関して、これでもかと徹底している。
実際、鬱陶しい梅雨時の雨の中であっても、シールドが曇ることは一切なかった。

これには本当に驚かされた。
凄いじゃないか!昭栄さんっ!!!!

Tourcrossは、ノーズ部分が大きくそそり立った、オフロードヘルメット然とした
そのカタチ故か、吐いた呼気が下に出て行かずに、シールド越しに這い上がる印象で、
イヤって言うほどシールドが曇った。
アライのPINLOCKも何枚か試したが、すぐに傷だらけになって視界が悪くなるし、
肝心の防曇効果もかなり限定的で、雨の日はシールドを開けて走らないと、
前が見えないほどに曇りまくるので、この点に関しては、
TourcrossはすでにHORNET ADVの比較対象ですらない。


冒頭デザインの悪さの象徴として話したチンガードの狭さに関しても、
それはシールドの視界を上下に限界まで広げるための設計だ。
というように、デザインを優先していたら到底達成できない領域にまで、
このHORNET ADVというヘルメットは微に入り細に入り踏み込んでいて、
見てくれ以上に実際の路上での説得力を増した内容となっている。

同じ内容のモノ同士なら、デザイン性に富んだモノの方が良いに決まっている。
でも、残念ながらここまで高い機能性、快適性、安全性を兼ね備えた
オフロード用シールド付きヘルメットは、いかに世界広しと言えども、
今のところ他に存在しない。

多少の機能性を犠牲にしても、デザインの優れたヘルメットをやせ我慢して
使い続けることもいいのだけれど、今回は機能性を重視して、
オートバイを運転する長い時間を快適に過ごす道を選んでみたというわけだ。
  

スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2016.07.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヘルメット

アライ HYPER Tと、MADMIX バイカーズシェード

2015_0824-6.jpg

代車のグラストラッカーに乗るにあたり、
せっかくなのでヘルメットもいつものものから軽快なものに換えてみた。

それがこの『アライ HYPER T』。
たしかトライアル用のモデルにシェード付きのバイザーを装備して
街乗り用にしたモデルだったと記憶しているが、今となってはそれも定かではない。

2015_0824-9.jpg

ヤマハTWに代表されるスカチューン華やかしき時代のものなので
もうずいぶんと昔のモデルになるのだが、
あまり使っていないのでキレイなままだ。

なにせシールドのないヘルメットなので風の影響をモロに受ける。
速度域の高いビックバイクではなかなか使う機会がないのだが、
250ccのバイクに乗るときくらい使ってみることにした。単なる気分転換だ。

とはいえ、250ccでも風を受ければ目は痛いので
このヘルメットにはゴーグルを併せて使いたいところだが、
やはり軽快に街乗りするならここはバイカーズシェードだ!

2015_0824-1.jpg

これまたもう15年以上前に買った
『MADMIX』というサングラスを引っ張り出してみた。

2015_0824-2.jpg

一見何の変哲もないサングラスなのだが、眼鏡の縁に
顔に沿うような設けられた風よけがあるので、隙間風の侵入によって
涙目になったりドライアイになったりすることを抑えてくれるわけだ。
機能的でいてしかもとてもオサレだ。

ちなみに今は『TAGUER®』とブランド名を変えて売られているようだ。

免許証に「眼鏡使用等」と書かれている私の場合、
もちろん度付きレンズを入れているのだが、
こちらは偏光レンズの『TALEX』を入れた豪華バージョン!
こういう無駄なこだわりは昔から変わらない。

ところで、
私のラインナップする車種や、このブログからもそこはかとなく分かってしまう
私の好みから言っても、このHYPET Tとバイカーズシェードの組合せというのは
少々意外に思われるかもしれないので(考えすぎ?自意識過剰?)
敢えて説明しておくと(別に知りたくない?)、

2015_0824-12.jpg

その頃この『BMW R1200C Independent』に乗っていたから。
コイツが私のファーストBMW。普通ここからBMWには入らない。
はい、あからさまにへそ曲がってます。

でも、BMWとしては異質なクルーザーというこのモデルのおかげで、
それまで並列4気筒至上主義だった私の、その後のオートバイライフが
激変するほど、空冷水平対向ツインエンジンの持ち味が身に染みることとなった。

そんな流すような速度で感じる空気感と、
ジェットヘルメットにバイカーズシェードの組合わせが
とにかくガッツリとマッチしていたわけだ。

これも良いオートバイだったなあ〜
置いておける場所さえあれば、手放さずにおけたのに・・・

さておき、久しぶりに使うジェットヘルメットとバイカーズシェードの組合せは
そんな気分を思い起こさせてくれてなかなか気持ちが良い。
着る服や、装備を変えるだけで、日常や景色を変えることができるのは
オートバイの場合、尚更に効果が高い。
  

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

2015.08.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | ヘルメット

SZ-RAM4 手直しペイントとBMWマークへの誤解

2015_0530-1.jpg

夏も近づき、そろそろジェットタイプのヘルメットの出番となりました。
しかして、昨年夏休みの工作と題してお伝えしたヘルメットペイントですが、
どうにもこうにも気に入りませんで、ペイントの天敵、湿度が上がる前に
塗り直すことにいたしました。

2015_0605-1.jpg

どこが変わったんだ?と思われることでありましょう。
はい、重箱の隅レベル、その程度で変更でございます。


bmw_szram4-2.jpg


2015_0605-3.jpg

青の部分がグロス(艶あり)になった部分はお気づきかもしれませんが
本丸は「BMW」のタイポグラフィの位置の変更でした。

2015_0605-5.jpg

マークのセンターに「M」を合わせて、「B」と「W」は
それぞれ45°ずれた場所に来るのが正解なのですが、
私は進行方向に回転させすぎていたため、45°ずらすとタイポグラフィが
入りきらないため、本来の文字間よりも狭くして、
なんとか見える位置にロゴを納めていたという、
とても情けない状況に陥っておりました。

とはいえ、BMWのマークの真偽をひと目て判断できる人など
ほとんどいないので、いいっちゃあいいのですが、
私がその真偽を判断できる数少ない人間であったりするので困るわけだ。

最初は自分自身でも見て見ぬフリを決め込んでいたのだが、
だんだんと気持ちが悪くなって来てしまった。

計画性がないのに神経質。という
両極端が混在する、複雑な人間性に依る問題のひとつだ・・・
2015_0605-8.gif
というわけで、外側の黒い輪の部分はそのままに、中央の白と青の市松模様を
進行方向とは逆方向に回転させる修正を施したわけであります。
ちなみに「BMW」の文字はカッティングシートなので、簡単に剥がせます。

2015_0605-2.jpg

今回新たに頭頂部にもBMWマークを追加。
さらにそれっぽさが増したな。
「暇つぶし」&「怪我の功名」。




2015_0605-9.jpg

話変わって、
そのBMWのマークがプロペラと青空のオマージュだという話は
とても有名なんですが、実はこれ、間違いなんだそうです。
2015_0605-11.jpg
前身である『RAPP MOTOR』のマークと、

2015_0605-10.jpg

ババリアン州の州旗とを組合わせたというのが真相なんだそうです。
プロペラと青空のくだりは、広報誌の中での宣伝用に作られた
いわゆるプロモーション用のフレーズだったそうです。

出典:BMWエンブレムの由来 ─よくある間違った認識─
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2015.06.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヘルメット

夏休みの工作3:目玉おやじヘルメットその3【SZ-Ram4】

bmw_szram4-5.jpg
もう9月なので、記事的には少々タイミングを逃した感もなくはないが、
夏はやっぱりジェットヘルメットに限る。というわけで、
今日はジェットヘルメットの話をしようと思う。

とはいえ、近ごろのシールド付き、いわゆる“オープンフェイス"というモデルに
関しては、すでにフルフェイスとほとんど同様の安全性能を保持しているため
開放感は確かにあっても、涼しいかと問われればさほどでもなかったりはする。

それでも顎の辺りを流れる風は明らかに軽やかだし、
フルフェイスの息苦しい閉鎖感を考えたら
この開放感を一番に享受できるのはやはり夏の間だろうと思う。

そんな夏の日の相棒として、すでに6年近く付き合ってきた
アライの『SZ-Ram3』を使うのは、安全性の理由もあり、分別ある大人としては
そろそろ躊躇われるので、昨年の夏をもって退役とさせていただいた。

そんなわけで、一番上の画像にあるように、
デザインやら構想やらはもうずいぶんと前に完成していて
あとはヘルメットさえあればいつでもGO!といった状況のまま
後継機の導入が待たれていたわけだが、7月のある日
やっと私のお財布事情に適う中古物件がオークションに出品され
めでたく落札の運びと相成った。

bmw_szram4-1.jpg
bmw_szram4-2.jpg

で、8月に入る前にはリフォームを完了していて、
今年一番の暑い盛りの時期にはすでに大活躍してもらっていた。
もちろんデザインは目玉おやじ

今年の夏はバカみたいな猛暑と入れ替わりに湿度の低い過ごし易い日が巡ってくる。
湿度を嫌う塗装作業にはもってこい。おかげで作業もはかどった。

さすがにこのデザインはもう三度目になるので、
今回はちょっと気取ってシルバーのフチ取りを施してみたのだが、
近くで見るとラインがガタガタとしていて素人作業丸出しだ。
やはり、白と黒と青だけで構成された極力シンプルなデザインの方が
このデザインの場合は諸々粗も隠れるし映えるようだ。

それと、今までカッティングシートで表現していた青い部分を塗装してみたのだが、
これも色味的にちょっとばかしサエない感じだ・・・
というわけで、また時間ができたら塗り直してみるかもしれない。
あくまでも「かも」だが。

bmw_szram4-3.jpg

で、この新型の『SZ-Ram4』ですが、さすがに今まで使ってきた『3』と較べ
すでに一世代の進化を経ているわけで、その違いにはものすごい隔世の感がある。

ただそれはあからさまに未来的な『エアロスタビライザー』(上の画像)だったり、
すでに「タイプ10」まで進化した新しいディフューザーだったり、
ヒンヤリと肌触りの良い快適な内装だったりと、解りやすい部分だけではなく、

bmw_szram4-4.jpg

風切り音を発生し易いシールドベースの裏側に丁寧にリブを設けていたりと
とても細かい部分にまでその進化は行き届いている。
そしてもちろん、ヘルメット内の熱気を効率よく排気させる喚起性能は
もう比較にならないほどにまで向上している。
坊主頭の私の場合、誰よりもその性能差を享受しやすいので余計にその感動は深い。

こういう部分って、ショップで眺めていても気づかないんだよね。
こういった必然として進化を続ける製品だと尚のこと、
やはり買ってみないことには、その真価に気づくことはできないものだよね。
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2014.09.04 | コメント(2) | トラックバック(0) | ヘルメット

DAYTONA Helmet Deodorizer

plazmahelmet1.jpg
plazmahelmet2.jpg
plazmahelmet3.jpg

また散財の話で恐縮だが、
車載用プラズマクラスターイオン発生器にすっかりハマった私
ついにそのメルメット用消臭機であるこいつを買ってしまった。

で、やはりというか、当然の成り行きというか、その効果にまたも目からウロコが落ちまくっている。
いんやあ〜マジで臭いがとれる。もうファブリーズ出番なしだ。
しかも殺菌効果もあるので尚のこと頭が下がる。

家に置くかオフィスに置くかで悩んだけれど、オフィスに置くことにした。
汗かきライダーの鬼門。これからの暑〜い季節のバイク通勤に準備万端だ。

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

2012.07.12 | コメント(2) | トラックバック(0) | ヘルメット

BMW 目玉おやじヘルメットに義兄弟

shoei_bmw_1.jpg
shoei_bmw_2.jpg

こちらにコメントを寄せてくれたコーンスープさんが
ご自身にとってはじめてのBMWになるRRの納車を前に
BMW目玉おやじヘルメットに挑戦してくれた。

う~ん。オンロードのフルフェイスにも合いますねぇ。
しかもシルバーってあたりも新味出してます。新鮮です。

shoei_bmw_3.jpg

しかも登録商標まで入れてくれた。感謝です!

みなさんもドシドシBMW目玉おやじにしてください。

ただし!条件があります。

このデザインは誰でも簡単に、しかも時間をかけずに
ペイントできることを目的に創りました。
ですので、もし目玉おやじにされるのなら、是非ご自身の手で塗ってください!
愛着もひとしおですよ!

コーンスープさん
RRいかがでしたか!BMWは乗り潰してナンボのオートバイです。
お互い安全運転で永く乗り続けましょう!

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

2012.07.03 | コメント(4) | トラックバック(0) | ヘルメット

Tour Cross2 BMW目玉オヤジヘルメット

DSC01267.jpg

DSC01271.jpg

DSC01265.jpg

もちろん社交辞令も含めてではあろうが、
行く先々でこのデザインは褒めていただけるので、ここは素直に受け取って第二弾。
オークションで格安物件を見つけてしまえばあとは早い。

あっ!という間に完成しました。
これこそコンピニエント塗装の真骨頂。

VFX-Wは一目見て「ご自分でやられたんですか?」って聞かれる。
決して「どちらで塗装されたんですか?」とは聞かれない。そういうレベル感。
同じデザイン二個目なのに、前回の反省点を改善したつもりが
更なる反省点とともに結果この程度に納まるあたりが私らしい。
「こいつどんだけビーエム好きなんだよ・・・」という偏執的な個性を発散するデザインに加え
そんなレベル感もハンド・クラフトのオリジナリティとなって
私らしさが表れている。と思う。

DSC01270b.jpg

この「TXシールドホルダー クリアワッシャ」を発見したことが
一気にこのヘルメットの制作を私に踏み切らせたと言って過言でなし。
こういったものをシレッと使うとなぜかそれなりに見えるから不思議だ。

DSC01273.jpg

シールドがあるぶんVFX-Wに較べてこのような留め具などパーツは増えるものの
TourCrossの方が基本フォルムがシンプルで複雑な凹凸が少ないぶん
諸々やり易いので最終的な完成度は上がった。自己採点は90点。

さーて、こいつと明日からのDoor of Adventureに向かいます。
寒いときのツーリングは眼鏡ライダーにとってシールド付きの方がなにかと便利ですよね。
特に延々と高速走るときは。
あ、そうそう
寒いときにオンロード用のフルフェイスよりも確実にシールドが曇りやすいから
ピン・ロックシールドも忘れずに。
(でも眼鏡は曇る)

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

2011.10.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ヘルメット

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR