FC2ブログ

BMW Concept R18

2019_0528-29.jpg



まずはこれを見てどう思いましたか?
ヴィンテージをリストア、もしくはリビルドしたモーターサイクルだと
思われた方も多いのではないでしょうか?

これは『BMW Concept R18』と呼ばれる
スタディモデルながらも、れっきとした新型車なのであります。

2019_0528-28b.jpg
2019_0528-30b.jpg

R Ninety Concept』や、『R5 Hommage』など
毎年5月にイタリア北部のコモ湖の湖畔で開催される
Concorso d'Eleganza Villa d’Esteに於いて
BMWが美しいコンセプトモデルを発表するのはすでに恒例となっているが、
今回BMWが公開したのはR50を起源にもつ
クルーザーのデザインコンセプトでした。

2019_0528-35.jpg

フラットツイン史上最大排気量となる新設計の1,800ccエンジンを搭載しながら、
その見た目は完璧なクラシックテイスト。
それでいて懐古主義一点張りではなく、あくまでもクラシックを再解釈、
再定義した“新しさ”をも見る者に感じさせるデザイン哲学と、
それによる処理はもう見事と言うほかない。

2019_0528-32.jpg

もしもこれが情報の通りに既存モデルのカスタマイズではなく、
わざわざ新規にエンジンを起こしているのならば
(ほんとうにブランニューの1,800ccならば)、市販化の可能性は高いとは思う。
だとしても、ハンドルバーの根元から生えるリバースタイプのレバーだったり、
エアクリーナーやミラーはおろか、ウィンカー、テールランプさえ
装備されていないあからさまなショウモデルなので、
市販するにしても100%このままってことはまずないとは思うが、
R Ninety同様に、これもまたBMW経営陣の市販化への英断が望まれる。

これをしてスズキの新型カタナや、カワサキのZ900RSと同様の
「ネオクラシック」と定義するネットニュースも見かけるが、
それまったくの誤解というか、
あまりに思慮に欠けた浅はかな報道であると言わざるを得ない。
この際ハッキリと言わせてもらうが「一緒にして欲しくない」。

2019_0528-33b.jpg
2019_0528-34.jpg

ビッグボアのフラットツインの鼓動に身を委ねて、
流すようなスピードで日本全国を旅して回りたい。
そんな隠居生活を夢想してしまうのは、
やはり私が独り者だからかもしれない。

やりたいことを叶えてくれる道具も大切だが、
やりたいことを与えてくれる、見つけてくれる道具はもっとステキだ。

ダイバーシティな時代は独り者の老後にも夢がある。
(買える買えないは別にして)

私は豆から選んで嗜むようなコーヒー好きではないが、
アウトドア用のコーヒーミルは見かける度に欲しくなってしまう。
それはアウトドアでコーヒーを飲みたいからではなく、
それがあることによって生まれる時間に惹かれてしまうからだ。
 
本来、オートバイも「目的」ではなく
時間という空間を生み出す「手段」であるはずだ。
相変わらず日本のメーカーは
目的を生み出そうとしているように思えて仕方がない。
それは恋に恋しているようなもので本質的ではないと私は思う。

価値感が多様化する時代には特に、
乗り手の想像力を刺激するモーターサイクルこそが求められているということを、
海外のメーカーは細胞レベルで理解しているのだなあと、
このコンセプトモデルは私に教えてくれている。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
それをやっちゃあお終ぇだよ〜〜と、つい言いたくなる
ほとんど禁じ手と言ってもいい『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のお話です。
お楽しみに。
  

スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2019.06.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

R1200GS :ブレーキフルード交換

2018_1015-1.jpg

HP2 Enduroのブレーキフルードを交換してから、
そのブレーキタッチの良さにすっかり気をよくして、
あれだけ面倒くさがっていたR1200GSのブレーキフルードも
この際交換してしまおうと思いたった。

というわけで、いつもはディーラーさんに何かのついでにお願いしていた
R1200GSのフルード交換をはじめて自分でやってみることにした。

私の2005年式は不評だったサーボアシスト付の
『I-ABS』と呼ばれた(だったと思う)インテグラルブレーキが装備されている。
一言で「インテグラルブレーキ」と言っても様々あるようで、
個々の違いや詳細はよく知らないが、
このモデルを最後にサーボアシストは廃止されたので、
この作業は限定的なモデルのみのかなり個別性の高い内容になる。
そして、例によって私のいい加減な解釈も多く含まれるので、
参照される場合にはくれぐれもそういった点をご了承いただきたい。
何より、よい子は決して真似をしないように。

2018_1015-2.jpg

この作業の面倒くささの筆頭と言っていいのが、燃料タンクを外すことだ。
今回は一念発起したので、用意周到に
作業タイミングで燃料が空になるように給油量を調整してから作業をはじめた。
20Lタンクが空かどうかで作業効率は倍近く変わる。
そして、これだけ巨大な物体であっても、空にするとかなり軽くなるので、
このように植え込みの上に置けたりもする。

2018_1015-37.jpg

タンクの裏側にABSユニットとサーボ・モジュールがある。
進行方向前半部がフロントブレーキ用、
後ろ半分がリアブレーキ用。
左側のユニット・リザーバータンクがキャリパーへの入口で、
右側のドレンプラグがマスターシリンダーからユニットまでの通路。

つまりユニットの前後半の経路ごとにフルードの交換作業が必要となる。
誠にややこしい。

2018_1015-4.jpg

まずはユニットからキャリパーまでの経路のフルード交換からはじめる。
この経路はサーボでフルードが圧送されるので、
いわゆるポンピング作業が不要。
電動ポンプでフルードがキャリパーのドレンプラグから排出されるので、
例のレバーを握って離してのポンピングが要らず、とても作業が楽なのですが、
おかげであっという間にリザーバータンクが空になってしまう。

経路内に空気が入らないようにユニットのリザーバータンクのフルードを
絶やさずにキャリパーからフルードを抜き出すわけだが、
メーカーはそのための特殊工具を用意している。
もちろんそんなもの買ってる場合ではないので自作するわけだが、
そのためにもまずはフタの内径を調べてから
適合しそうな道具を漁りにドイトへ向かう。

2018_1015-5.jpg

そうして完成した特殊工具がこちら。¥850也。
漏斗にフルードを継ぎ足しながら、キャリパーのドレンプラグから
フルードを抜き取り、新しいフルードに入れ替える。

サーボを動かすのでメインスイッチはONのままで作業。
レバーを握る(踏む)とサーボが「ぶ〜〜ん」と唸って排出してくれるので、
ドレンプラグを解放している間レバーを握っていれば自動で交換できてしまう。

しかして、この漏斗のいっぱいまで注いでも、
ものの5秒でなくなってしまう圧送力!一瞬も目が離せない。

2018_1015-7.jpg
2018_1015-6.jpg

やはり前後ともそこそこ汚れておりました。

2018_1015-8.jpg

続いてはマスターシリンダーからABSユニットまでの経路のフルードを交換する。
フロントもリアも、ユニットにあるブリーダープラグにホースを接続して、
そこからフルードを抜き取るのだが、
サーボで交換する作業があまりにも楽し過ぎて、
ここの画像を撮り忘れていた。お詫び申し上げます。

困ったのはユニットのブリーダープラグのボルト対辺寸法が7mmだったこと。
キャリパーのプラグの方は8mm。
こういうパーツの規格は揃えようよ〜〜〜ああ〜めんどくさい。

この経路はレバーを握って離しての一般的なポンピング作業で
フルードを押し出すのでメインスイッチはOFFで作業します。

この経路のフロントブレーキ側はフルードの劣化も少なく、
比較的きれいだったのですが、リア側のリザーバータンク内のフルードは
まあまあの琥珀色になっていて細かい気泡も混ざっていた。
リアの方が使用環境が過酷なのか?

さておき、途中ドイトまで買い物に行った時間を除けば
1時間程度で作業は終了。

やはり作業後は操作に対するカチッカチッとしたブレーキタッチが小気味良い。
言ってもレバーを握りきる最後の1mm以内の変化なのだが、
その微細なストロークの中に芳醇なゆとりが生まれる感じ。
かなり気持ちいい。
作業は面倒だったけど、かなりやり甲斐のあるメンテナンスであります。

2017_1108-28.jpg

さておき、私のGSはすでに通勤快速となっていて、
本来のロングツアラーとしての本領はすっかり眠ったままだ。

その代わりと言っては何だが、毎日乗ることで季節の変わり目ごとに
エンジンの調子に変化があることを感じる事ができている。
特に残暑を過ぎ、朝晩に冷え込みはじめた今の時期が
一年を通じて一番エンジンが気持ち良く回ってくれる最高の季節だ。
空燃比がバッチリ合っている印象で、粒の揃った
とても手触りの良いエンジンフィーリングがなんとも心地良い。
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2018.11.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

すり減ったグリップヒーター付グリップの修繕

2018_0925-1.jpg

10万キロを超えた私のR1200GSですので
ハンドルグリップもかなりすり減ってしまっている。

こちらには冬にとても重宝するグリップヒーターが内蔵されているのだが、
表のゴムが減りすぎて熱線が見えてきてしまいそうなほどだ。
熱線が断線すると使えなくなってしまうので
いい加減なんとかしないとならない。

とはいえ、純正のグリップヒーター内蔵グリップを交換すると
一体幾らになるのかは正直考えたくもない。

そんなセコイ私の悪知恵は
すり減ったグリップの上から市販のグリップを被せてしまうこと。

ハンドルグリップはスロットルホルダーの上から被せるアクセル側と
ハンドルバーに直接被せるクラッチ側では
グリップ径をそろえるためラバーの厚みが変えられているのだが、
もちろん薄手のアクセル側を使う。

近ごろは振動を吸収してくれる肉厚のグリップが多いのだが、
上から被せるので肉厚は余計だ。
あえてプレーンなタイプを探して使う。

2018_0925-29.jpg

こちらは通称『TZタイプ』と呼ばれる昔懐かしいグリップ。
『TZ』が何を意味する記号なのかはオジサンなら知っているハズ。

2018_0925-2.jpg

完全な筒状になるように前後をカットして被せていくのだが、
全部一気に被せるのは抵抗が高すぎて無理だったので
半分にカットして二分割して被せる作戦に変更。

2018_0925-3.jpg

完成です。

2018_0925-4.jpg

ちなみに、アクセル側を補修したのはすでに7年前。
それでもまだツブツブは残っている。案外頑丈だ。
アクセル側は部分的に被せているのはアクセル操作時に供回りを防ぐため。

もちろん握った印象がちょっと太くなるけれど
特に操作に不具合はない。これも賢い暮らしのアイデア。
ということにしておこう。
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2018.10.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

オートバイ自動運転化技術 BMW R1200GS ConnectedRide



BMW Motorradは100周年を記念して創られたコンセプトモデル
VISION NEXT 100』で、二輪車の最大の弱点である「不安定さ」を克服する
自動自律機能の可能性を示唆しました。
その頃ホンダは二足歩行ロボットASIMOの技術を転用した
転ばないオートバイを実際に発表し、
BMWの画に描いた餅とは違うことを示しましたが、
その舞台裏でBMWは自動運転するモーターサイクルの
実用実験を続けていたようです。

BMW Motorradは現在開発中の自動運転バイク "ConnectedRide" が
実際に走る模様を動画で公開しました。

これは4輪車の自動運転化技術とは違って
2輪車を同じように自動で運転するための技術開発ではない。

ヤマハも2015年の東京モーターショー
YZR-R1Mを運転するロボット『MOTOBOT』を発表したが
それとも通じる技術開発の一環であろう。

将来的に自動運転の分野へこの技術が転用される可能性は否めないが、
あくまでも運転者がいる場合においての安全なビークルダイナミクスを
生み出すことが目的なのだそうだ。

転倒もしくはコースアウトしてしまうような場面を事前に察知して
適切な操作を補助して安定状態に戻す、もしくは維持してくれる
4輪車の自動ブレーキやレーンアシストのような
プリクラッシュセーフティのための技術研鑽だと思われる。

最初は何かの冗談かCG合成かと思ったほど、
コンセプトモデルでも何でもなく、
既存モデルのR1200GSが無人で走る姿にあっけにとられてしまった。

どのようにして車体を安定させているのか、この動画からは窺い知れないが
これはもの凄いことだと直感ベースで理解できる技術だ。
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2018.10.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

NEW BMW R1250 GS

2018_0918-40.jpg


2019年モデルとして『R1250GS』が発表された。
いきなりRallyeモデルもお披露目されている・・・
ホイールリムがゴールドだったり、
カラーリングをアフリカツインに寄せてきた感が高いのが気になるが、
カウルに『HP』とかバッジ付いてるし、
もしかするとこいつは1200の『スタイルラリー』とは違う
『ガチラリー』かもしれん。

ちなみに、1200スタイルラリーからずでに
『シフトアシストPro』と呼ばれるオートシフター(クイックシフター:
BMWはダウンシフトもクラッチ操作レス)に、
20mm延長された専用のスポーツサスペンションを装備しておりました。

2018_0918-42b.jpg
黒リムのスポークホイールとか1200の時の方がカッコ良かったけど、
今回は足回りも更に玄人好みに変えてあるんだろうなあ。
ひょっとして軽量バージョン???
ヤベェ、これちょっとカッケーぞ・・・



なんでもエンジンには可変バルブリフト機構が採用されているとかですが、
V-TECH世代の私には「何を今さら」感が高いのであまり興味なし。
っていうか、あればあったでありがたいとは思うが、
この歳になるともうエンジンに高性能は必要ない。
足るを知る。

2018_0918-38.jpg

現行の1200と較べても実は変更点は多くはない。
エンジン以外はコスメティックをいじったマイナーチェンジ・レベルで、
すでに1200のスタイルラリーで採用されたデザインと同じようだが、
それなのにえらく1250がカッコ良く見えるのは
私がすでに現行の1200GSのデザインが好きだから。

いよいよ真打ちの登場っぽいなあ〜〜
これは確かに欲しいけど、これ買うならHP2 Enduroは必要なくなる。
HP2 Enduroは手放したくないしな〜〜
困ったな〜〜〜
2018_0918-39.jpg
2018_0918-39d.jpg

もう積載量とか無視してこんな感じのショートテールバージョンとか
出してはいただけないでしょうかね?
とか夢想していると「それってつまりHP2じゃん」と、
結局願望が一周してしまうのである意味助かるっちゃあ助かるのですが。
あまりに欲望が満たされている状態って言うのも
男としてどうなんでしょうかね?
  

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2018.09.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

ハーレーの電動バイク Harley-Davidson LiveWire™ 来年発売

2018_0730-14.jpg
2018_0730-13.jpg



ハーレーの電動バイク『LiveWire』が来年発売開始されることが発表された。
まだ詳細は明らかになってはいないので、どのようなモデルになるのか不明だが
ハーレーから、しかも来年リリースされるとは、正直驚かされた。



ホンダは2030年までに全世界で販売するクルマの
2/3を電動化すると発表した。
この流れはホンダに限らず、多くのメーカーがこれに似た発表を行っている。

ハーレーのお膝元アメリカでは、こういった世界的な方向性に逆らうように
トランプ政権が燃費規制の緩和を発表した。
これにより、カリフォルニア州などが実施する
「ゼロエミッション車規制」なども撤廃する動きが進んでおり
これがEV化の技術革新を遅らせることも危惧されている。
とはいえ、アメリカ国内だけ規制を緩和しても
グローバルに展開するメーカーとしては、それにほとんど意味などないので
これは石油メジャーへのポーズと言ったところか。

というように、電気自動車は石油に依存しきった生活から
我々を解き放つものと思われたが、その一方では
電池の製造に不可欠なコバルトなど希少金属の不足も深刻化している。

もちろん、電気がなければ走らないわけで、
今後は電気の確保も今以上に行われなければならない。

東日本大震災でも、つい先日の北海道胆振東部地震でも、
「電気」というものがどれだけ今の社会にとって重要なものなのか、
災害に遭う度にそのことを痛いほど分からされる。
原発依存の強いこの国の行き先もまた不安だ。
果たして電気自動車が今の社会をよりよい方向に向かわせるのかどうかは
まだまだ議論が必要だと感じるが、
とくだん議論されることもなく世の中は電化へまっしぐらの状態だ。

そんな社会的な背景はさておいても、ごく個人的な問題として、
次のクルマ選びにも少なくない影響があったりもする。
電気自動車が普及するのは「まだ先のことだろう」とか言っていると
ガソリン1L/300円なんて時代が
あっという間に目の前にやって来てしまう。かもしれない。

今後、EVの波は更に大きく我々を飲み込んでいくものと思われ、
ハーレーからこのようなニュースが出てきても
少しもおかしくはないのではあるが、ハーレーはこういったコトから
一番縁遠いと思われていたオートバイメーカーなので、
そのインパクトは大きい。

本当はこういったニュースに胸躍らせないといけないはずなのだが、
どうにもワクワクできない。
未来は想像以上に視界不良だ・・・
  

テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク

2018.09.13 | コメント(2) | トラックバック(0) | R1200GS

鈴鹿8耐 Yamaha R1 GMT94 ヘッドカム映像



いや〜〜これは萌える映像だわ〜〜
コーナーアプローチでカウルから顔を出したときの
猛烈な風圧を感じる風音が一番萌える〜〜

MotoGPをはじめとしてオンボードカメラ(車体固定カメラ)の
映像にはもう慣れっこだと思っていたが、
ヘッドカム(ヘルメット固定カメラ)だとこんなに臨場感が出るのか!と
まさに目から鱗だ。

それと、Fomula EWCクラスのマシンと
スーパーストック・クラスのマシンとの速度差がこれほどあるとは驚きだ。
良く言うセリフで恐縮だが、まるで動くシケインだね。
一瞬で追いついてしまうので、どちらからかわすか
考えてる時間もないくらい速度差がありすぎて怖いのなんの。

屈指の高速コーナーである130Rの飛び込みもバンジージャンプ超えてるわ。
まさに飛び込んでる感じに超震える。

こんなに速く走れたらさぞ気分いいんだろうなあ。

問答無用で涼しめるからまずは観てみて〜〜
(できれば大画面で!)

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

2018.09.06 | コメント(2) | トラックバック(0) | R1200GS

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR