FC2ブログ

ハーレーの電動バイク Harley-Davidson LiveWire™ 来年発売

2018_0730-14.jpg
2018_0730-13.jpg



ハーレーの電動バイク『LiveWire』が来年発売開始されることが発表された。
まだ詳細は明らかになってはいないので、どのようなモデルになるのか不明だが
ハーレーから、しかも来年リリースされるとは、正直驚かされた。



ホンダは2030年までに全世界で販売するクルマの
2/3を電動化すると発表した。
この流れはホンダに限らず、多くのメーカーがこれに似た発表を行っている。

ハーレーのお膝元アメリカでは、こういった世界的な方向性に逆らうように
トランプ政権が燃費規制の緩和を発表した。
これにより、カリフォルニア州などが実施する
「ゼロエミッション車規制」なども撤廃する動きが進んでおり
これがEV化の技術革新を遅らせることも危惧されている。
とはいえ、アメリカ国内だけ規制を緩和しても
グローバルに展開するメーカーとしては、それにほとんど意味などないので
これは石油メジャーへのポーズと言ったところか。

というように、電気自動車は石油に依存しきった生活から
我々を解き放つものと思われたが、その一方では
電池の製造に不可欠なコバルトなど希少金属の不足も深刻化している。

もちろん、電気がなければ走らないわけで、
今後は電気の確保も今以上に行われなければならない。

東日本大震災でも、つい先日の北海道胆振東部地震でも、
「電気」というものがどれだけ今の社会にとって重要なものなのか、
災害に遭う度にそのことを痛いほど分からされる。
原発依存の強いこの国の行き先もまた不安だ。
果たして電気自動車が今の社会をよりよい方向に向かわせるのかどうかは
まだまだ議論が必要だと感じるが、
とくだん議論されることもなく世の中は電化へまっしぐらの状態だ。

そんな社会的な背景はさておいても、ごく個人的な問題として、
次のクルマ選びにも少なくない影響があったりもする。
電気自動車が普及するのは「まだ先のことだろう」とか言っていると
ガソリン1L/300円なんて時代が
あっという間に目の前にやって来てしまう。かもしれない。

今後、EVの波は更に大きく我々を飲み込んでいくものと思われ、
ハーレーからこのようなニュースが出てきても
少しもおかしくはないのではあるが、ハーレーはこういったコトから
一番縁遠いと思われていたオートバイメーカーなので、
そのインパクトは大きい。

本当はこういったニュースに胸躍らせないといけないはずなのだが、
どうにもワクワクできない。
未来は想像以上に視界不良だ・・・
  

スポンサーサイト

テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク

2018.09.13 | コメント(2) | トラックバック(0) | R1200GS

鈴鹿8耐 Yamaha R1 GMT94 ヘッドカム映像



いや〜〜これは萌える映像だわ〜〜
コーナーアプローチでカウルから顔を出したときの
猛烈な風圧を感じる風音が一番萌える〜〜

MotoGPをはじめとしてオンボードカメラ(車体固定カメラ)の
映像にはもう慣れっこだと思っていたが、
ヘッドカム(ヘルメット固定カメラ)だとこんなに臨場感が出るのか!と
まさに目から鱗だ。

それと、Fomula EWCクラスのマシンと
スーパーストック・クラスのマシンとの速度差がこれほどあるとは驚きだ。
良く言うセリフで恐縮だが、まるで動くシケインだね。
一瞬で追いついてしまうので、どちらからかわすか
考えてる時間もないくらい速度差がありすぎて怖いのなんの。

屈指の高速コーナーである130Rの飛び込みもバンジージャンプ超えてるわ。
まさに飛び込んでる感じに超震える。

こんなに速く走れたらさぞ気分いいんだろうなあ。

問答無用で涼しめるからまずは観てみて〜〜
(できれば大画面で!)

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

2018.09.06 | コメント(2) | トラックバック(0) | R1200GS

この国でオートバイ乗りを取り巻く環境について

2018_0730-2.jpg

今年の鈴鹿8時間耐久レースの前夜祭では、
世界GPのレジェンド、“キング・ケニー"ことケニー・ロバーツが、
1985年に当時の日本のトップライダーである
平忠彦と組んで参戦した時に駆った『TECH21』カラーのFZR750が、
まさにケニー・ロバーツ本人によってデモランされたらしい。

私はこの年の8耐は鈴鹿まで観に行っていたので
このニュースはとても感慨深い。

ちなみに『TECH21』とは、資生堂の男性用整髪量のブランドで
平忠彦をイメージキャラクターに使用したことで、
ヤマハの8耐チームのスポンサードが決まった。

日本人レーシングライダーがテレビCMに出て成功した事例は
後にも先にもこれっきり。
閉鎖的だったオートバイ業界にとって、
そのときのインパクトがいかに強かったかは、
いまだにヤマハファクトリーがゼッケン21をエースナンバーとして
使い続けていることからも分かるだろう。

2018_0730-10.jpg

1993年の世界GP250ccクラス チャンピオンの原田哲也は、
イタリアのアプリリアに所属していた当時、
その時計のように正確で、冷徹なミスのない戦いぶりから
ヨーロッパの人々から『クールデビル』と畏れられていた。

原田哲也は当時セリアAで活躍していた中田英寿よりも
ヨーロッパでの認知度が高かったという逸話があるほどのスターだった。

引退してからすでに8年になる中田英寿の人気ぶりはご存じの通り。
対して原田哲也の日本国内での知名度は笑えるくらいに低い。

世界に誇るオートバイメーカーを4つも抱える国なのに、
なんとかならんものかといつも思う。


2018_0723-5.jpg

そんなことを考えているといつも思い出すのがこれだ。

誇大表現とまでは言わないにしても、違和感を覚えるのは言葉の選び方だ。
私が調べられる範疇では決して二輪車事故は「急増」はしていないと思う。
「悪意」が言い過ぎならかなり意地の悪い言い方だと思う。

あくまでも私見だが、1970年代後半からはじまった
「免許を取らせない、買わせない、運転させない」という
高校生にオートバイを乗らせない、いわゆる3ナイ運動の時代から
今も受け継がれる(悪しき)伝統の名残だと思う。

「オートバイ=危険」
この国はオートバイという乗り物に乗ることをよしとしない風潮が
今も尚残っているようだ。

これはこの国の登山者の山での死亡事故への風当たりにも
似ているように思う。

そんな風潮がこの国のオートバイ文化の促進を阻害していると思う。
ほとんど風評被害だ。

8耐人気のピーク、1990年の鈴鹿8耐の決勝には17万人、
開催期間中の延べ来場者数では36万人という人々が訪れた。
今年の決勝日の入場者数は6.5万人。
延べ人数でも11万人とピークからは半分以下になってしまった。
それでも台風の迫る中、一日で7万人近くの人々が足を運ぶ
イベントというのもなかなかない。
(今年のFUJI ROCKは4日間で延べ12.5万人)

これだけのポテンシャルのある市場なのだから
もっと活性化するべきだとオートバイ乗りである以前に
一人の日本人として思う。

個人的にもMotoGPでトップライダーとして活躍する日本人をもっと見たい。
もっと多くの日本の子どもたちが憧れるような世界になってくれればと
影ながら思うのだが。
  

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

2018.08.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

【オートバイ小ネタ】シフトレバーのシューズガード

2018_0717-3.jpg

左足の親指の付け根あたりが汚れている靴を履いている人を見かけたら
その人は間違いなくオートバイ乗りだ。
スクーターのような自動変速ではなく、いわゆるオートバイ乗りだ。

それはギアを自分でエンゲージさせなければならないからで、
そのためのシフトペダルは左足の位置にある。

逆シフトなんてのもあるが、教習所で習うベーシックな操作は
ペダルを踏み下げるとシフトダウン、
つま先で掻き上げるとシフトアップされる。

シフトアップの際に靴の親指の付け根のあたりで
掻き上げるように操作するのでそこが汚れてしまうわけだ。
頑丈な革製のブーツとかなら気にしないのだが、
お気に入りのスニーカーなど、普段履く靴でもオートバイに乗りたい
というムキには、ヘルメットで髪型が崩れるということと同レベルで、
オートバイ乗りにとってはすでに永遠テーマと言ってもいい課題だ。
おれに髪型は関係ないけど。

2018_0717-32.jpg

量販店でも靴に被せるタイプやペダルに被せるタイプなど、
様々な素材で作られたシューズガードが売られているのですが、
靴に着けるタイプはいちいち装着が面倒だったり、カッコ悪かったり、
シフトペダルに着けるタイプは靴を攻撃しない軟らかい素材の方が
いいのですが、それだと耐久性に難があったりと
どれも帯に短し襷に長しでうまい具合のモノがないのが実状だ。

とかいうことを飽きもせずに毎日毎日考えていたりするのですが、
この度やっと最適解と言える答を見つけた!

2018_0717-4.jpg

それはハンドルグリップ!!
これまじでファイナルアンサー!!

アクセル側とクラッチ側でグリップラバーの厚みが違うのですが、
クラッチ側の肉厚な方が尚良しですが、
もちろんアクセル側もモッタイナイので使う。
片側だけでも3回ぶんは切り出せるので6回は使えてかなりおトクだ。
私の場合はもう随分前に買って使わずにとっておいたものなので
実質0円。

2018_0717-5.jpg

グリップラバーなのでもちろんワイヤリングとの相性も抜群だ!
もし、様々な場所で使えるステンレスワイヤーと
ワイヤーツイスターを持っていないのであれば、
いっそこれを機にそちらも買ってしまうのもアリだ。
ってくらいオススメ。

2018_0723-22.jpg

シフトフィールが悪くなるのは否めませんが
コンマ何秒を争う乗り方をしているわけではないのでこの際無問題。
何よりプロテクション力と耐久性のバランスが最高です。
これ絶対に良いと思います!!!!
マジにファイナルアンサー!!
  

テーマ:バイクのある生活 - ジャンル:車・バイク

2018.08.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

ハイブリッドエンジン搭載スクーター ホンダ PCX HYBRID

2018_0709-33.jpg
2018_0709-32.jpg

いよいよオートバイにもハイブリッドの時代がやってきた。
『ホンダ PCX HYBRID』が9月14日から発売開始される。

アシストモーターは新たに追加するのではなく、
エンジンの始動や発電も担うスターターを使い
124cc水冷エンジンのアシストも回生も行うというもの。
この手法は最近メルセデスが採用した『EQブースト』と同様の考え方で
補機類を極力減らしたいオートバイ向きの発想でもある。

スロットル操作に伴ってアシスト開始から約4秒間作動される
いわゆるマイルドハイブリッド形式。
そのアシストはスロットル開度に合せられ、
一般的なエンジン操作と同様の扱いやすさを維持しながら
走行状況に応じた俊敏な加速を可能としているとされる。

低燃費に寄与する「Dモード」
出力を上げてスポーツ性を高めた「Sモード」と
モーターアシスト特性の切り替えが可能なのだそう。

注目の燃費性能だが、ノーマルモデルの54.6km/Lに対して
55km/L(国土交通省届出値 定地燃費値)と
残念ながらわずかの差でしかない。

2018_0709-34.jpg

といった情報をナナメヨミすれば
この「4秒間のアシスト」という部分がキモだと思う。
これはモーターを駆動できる電圧が4秒間しか保たないことを意味している。
F1でいうところの「ディプロイメントが切れる」ってやつだ。

2018_0709-38.jpg

リチウムイオンバッテリーを収めても
メットインスペースは確保されているあたりはさすがですが
ただでさえスペースに限りがあり、
積載物の重量に運動性を左右されるオートバイに載せられる
リチウムイオンバッテリーの大きさと性能の兼ね合いが
このあたりにあるということなのだろう。

なぜ小型クラスから登場させたのか?と最初は疑問に思ったが、
モーターでパワーを上乗せしても
車体重量がそのぶんを相殺しては元も子もない。
それに高速道路などはハイブリッドの効果が薄いので
市街地が主戦場であるこのクラスが適任なのだろう。

お値段は432,000円とノーマルよりも9万円ほど高いのだが、
この値段を納得させるだけのスタートダッシュが確保されていると思われる。
リッタークラスにとって、都市部で一番手強い相手は小型スクーターだ。
シグナルダッシュだけなら1,200ccであっても
本気を出さないと前に出られないほどの性能を誇っている。
その125ccに4秒間のモーターブーストが加わるのだから
信号から約50mの区間ではまさに鬼に金棒だろう。
ぜひ併走スタートしてその性能を垣間見てみたい。

2018_0709-36.jpg
2018_0709-37.jpg

実はもう一台『PCX ELECTRIC』というEVスクーターの
開発も進められている。
さすがにこちらにメットインのスペースは残されてはいないが
その部分に取り外し可能なバッテリーが収められている。
しかも2個に別けられているところがミソで、
これは「可搬式バッテリー」と言われるのだそうだ。

2018_0709-35.jpg

つまり、電動自転車のように
バッテリーだけ外して家の中でも充電できてしまう。
200V電源を用意するしない以前の問題として、
家庭用コンセントが届く位置に駐車スペースのない我が家の場合、
EV自動車は夢のまた夢なのでありますがこれならイケる。
エレクトリック・モビリティ・ライフの第一歩として
こいつはいいかもしれん。


さておき、見た目は普通のスクーターで実はハイブリッドという
これ見よがしでない所が謙虚で良いのかも知れないが
せっかくの二輪車ハイブリッド初量産モデルなのだから
見た目にもうちょっと特別感を演出して欲しかったと思うのは
私だけではあるまい。

あまり魅力的に見えないところがヒジョーに残念。
買う買わない以前の問題として、そもそも欲しいと思えない。
どうしてこうなった???とか思ってしまうけれど、
昨日ポストした記事にもあるように
昭和思考のオッサンのデザインセンスに説得力はあまりないので
あくまでも個人的な嗜好の問題でしかありませんが・・・
  

テーマ:バイクのある生活 - ジャンル:車・バイク

2018.07.26 | コメント(3) | トラックバック(0) | R1200GS

鈴鹿8耐 HONDA CBR1000RRW

2018_0709-21.jpg
2018_0709-20.jpg

こちらがが今週末(7月29日決勝)に迫った
今年の鈴鹿8時間耐久レースを戦う
『Red Bull Honda with 日本郵便』のCBR1000RRW。

このカラーリングちょっとカッコよくないスか???

本質的なことではなく、極めて表層的なことで恐縮なのですが、
ここのところスーパーバイク仕様のオートバイのカラーリングが
すこぶるカッコ悪く見えいて、スーパーバイクへの興味が
沸いてこなかったのでこれはちょっとウレシイ出来事だ。

特にホンダは昨年まで全日本JSB1000でのワークス活動を休止しており
プライベートチームへのパーツ供給に活動をとどめていたたことも
かっこ悪さと無関係ではあるまい。

そんなわけで「CRR1000RRW」のWはワークスのW。

2018_0709-22.jpg

こちらが全日本JSB1000を闘う「CRR1000RR-SP2」。
やはり赤い雄牛の放つ威厳はすさまじいわけですが、
ベースとなったHRC謹製のトリコロールカラーも素敵じゃないですか。

2018_0709-19.jpg

こちらは市販車の『CBR1000RR』ですが
これまたカッコ悪い。

とか思っていたら、今回のワークスカラーは若い方からは
「昭和っぽい」と言われているらしい・・・・
それで私の琴線に触れたのか・・・・

2018_0709-28.jpg

あ、ほんとだ。
でもやっぱり昭和でも何でもNSR500(1984)はかっこいいけどナ。
  

テーマ:MotoGP - ジャンル:車・バイク

2018.07.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

DAYTONA ブラックカバー for ADVENTURE

2018_0524-3.jpg
2018_0524-1.jpg

もうかれこれ3年は使っていてるボディカバーは、
1年くらい前からすでにボロボロであった。

ボディカバーの役目は大きく言って3つ。
(1)雨・風をしのぐ
(2)紫外線を避ける
(3)盗難予防

ということになろうかと思われるが、
すでに水は弾かず、埃、黄砂はオートバイに付着し放題、
直射よりはマシかもしれないが、ペラペラに痩せてしまった生地が、
ボディを痛める光線を跳ね返しているようにはまったく見えない。
ただ、盗難予防に関しては、ボロいことが悪いこととも言えず
盗むほどのものでもないことを見る者に暗に知らせており、
逆に良い効果が出ているとは言えるかもしれない。

さておき、ギリで盗難予防を果たしていたこと以外
ボディカバーが果たすべき機能のほとんどを失われていたわけだ。
そのことを1年も前から認識しておきながら
文字通りここまで放置してきたのは、単にお金がないから。
もう少し正確に言うとセコいから。
とにかくこういったモノにかける予算は後回しにしがちだ。

それはつまり、無駄に多い私の趣味の中で、ほとんど
通勤快速としての役割に甘んじているR1200GSの私の中での位置づけは、
今は低い位置にあると言わざるを得ない・・・
GSよすまぬ・・・

そうしてこの度やっと交換のための予算が計上されたというわけだ。

2018_0524-6.jpg

ご存じの通り(ご存じないかもしれませんが)
R1200GSに端を発する、走破性に優れたオフロード車の性能を
オンロードでも活かすことで、地球上のどこにでも走って行ける
大型デュアル・パーパス・モデル、
いわゆる『アドベンチャー・モデル』は、基本どれもデカい。

そもそも排気量が1,000ccを超えることにはじまり、
そのパワーをダート路でも扱えるように脚が長くされたりと、
とにかくデカくなってしまうのである。

おまけに世のモーターサイクル事情は小型軽量化の潮流にあり
リッターバイクが一昔前の400ccクラスのサイズだったりするので
話はより複雑だ。

よって、汎用性を持たされたS、M、L、XLサイズと言った
ボディカバーではほとんどの場合収まりきらない。
それでも2L〜4L、オフロード用なんてのも用品店で見かけるようになったが、
それでもまるで7分丈のパンツのように、
足元がスカスカに見えたままになってしまう。
チラ見えが一番ソソられてしまうのは世の男子だけでなく、
窃盗団も同じだろうから、それだとどんなに隠蔽効果のあるカバーでも
むしろ逆効果ではないかとすら思う。

そんな大型デュアル・パーパスモデルにいよいよ現れ始めたのが、
この「アドベンチャー用」と銘打ったボディ・カバーであります。

昨今どれだけこのカテゴリーのオートバイが幅を利かせているのかを
実感させられる出来事でありますが、それはさておきこれは素直にウレシイ。
やっと時代がオイラに追いついてきたってとこか。

加えて「トップケースあり」「トップ・サイドケースあり」とか、
アドベンチャーモデルを買うなら間違いなくオプション購入するであろう
パニアケース類までをも(装着したままで)カバーできてしまうものまで
ラインナップされ、なかなか痒いところに手の届いた展開であります。

というわけで、痒いところに手が届きすぎるほど届いている
デイトナ製の『ブラックカバー/アドベンチャー/トップケースつき』
を買ってみた。定価¥17,000(購入価格は約半額)と
このテの製品としては安い方。
これが安いとか言うと驚かれるかもしれないが、
オーナーの愛車への愛情表現、愛の発露としての覚悟を試される用品なので、
良いモノは3万円くらいフツーにします・・・
ほんと胸が痛い・・・返す返すもGSよすまん・・・

2018_0524-2.jpg

上の画像の古いシルバーのもので前輪が出てしまっているが
このようにスッポリと覆い隠されてしまう。
それと、これだけ巨大なモノが全面黒というのは慣れないと威圧感がスゴい。

2018_0524-5.jpg

表はビニールっぽい素材感がちょっと頼りない。
耐久性は低そうに見える。
内側はボディに優しそうなスムースな手触りのもの。

盗難は夜間が多いことを考えれば隠蔽効果が高いであろうことは認めるが
太陽光を吸い込みやすく、それ故に劣化が早そうなイメージを含め、
それ以外にいいことはないようにも思う。
でも、前日の黄砂の降り注ぎ具合が分かるのは、
使ってみて分かった興味深い部分だ。

2018_0524-4.jpg

テール側には収納ポケット(バッグ)が着けられているが、
かなり几帳面に折りたたまなければここには収まらない。
1分でも貴重な朝の時間にそんなことをしている余裕はないので、
これが重宝するのはこれを捨てるとき以外になさそうだ。

というわけで、
私の無精が災いして、無駄に長持ちさせてしまった前任者に対して、
コイツがどれほど長くもってくれるのかが最大の関心事ではあるが、
ほんの少しでもGSくんの労をねぎらうことができたならば、と
そちらにばかり気がいってしまう・・・ほんとGSよすまん・・・
  

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

2018.06.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR