FC2ブログ

15時17分、パリ行き

1517toparis1.jpg



クリント・イーストウッド監督作品『15時17分、パリ行き』。

2015年8月21日。
アムステルダムからパリに向かう高速列車タリスの車内で
乗客に紛れ込んでいたイスラム過激派の男が、
自動小銃での無差別テロを実行する。

その時、犯人に立ち向かったのは、
ヨーロッパ旅行中のアメリカ人の若者3人組だった。

と、あらすじ的にはこれだけだ。

列車のトイレ内で準備をしてテロを実行に移したその矢先に
主人公たちに取り押さえられたので、
事件じたいは発生からほんの数分の出来事でしかない。

事件までの前後を加えても、とても1時間36分の作品にはならない。

つまり、イーストウッドが描こうとしたのは
事件のことではない。

三人の若者たちが出会った子供時代から丁寧に描いていき、
うち二人がアメリカ軍に入隊するのですが、
彼らがなぜその道を選んだのか、彼らの正義感を含めて
彼らがどこにでもいる普通の人間であることが示されていきます。

事件発生までの幼なじみ三人のヨーロッパ旅行の様子まで
事細かに紹介していくのですが、それがまるで
ただの旅番組のような風情でちょっとつまらなく感じるのですが、
もちろんラストが分かっているので、イーストウッドがこれを
どう結論に結びつける気なのか探りながら見つめました。

そしてそれらのなんてことのない日常が、
すべて運命のように散りばめられた伏線であったことが分かります。

彼らが銃器に精通していたこと。
一人が軍で柔術を体得していたこと。
銃創への対処法を心得ていたこと。
パリに行くかどうか決めかねていたこと。
たまたま寄ったバーで隣り合わせた男性に
アムステルダムに行くべきだと薦められたこと。
そうしてその日、15時17分アムステルダム発の列車に乗り込んだこと。
一旦は中頃の列車の席に着いたのだが、Wi-Fiが入る1号車に移動したことなど、
すべてが必然のようにその瞬間に繋がっていく様子が
文字通りに淡々と描かれていきます。

1517toparis2.jpg

そして、一番に驚かされるのが、
出演している主役の三人と、
最初に犯人に抵抗して後ろから首元を銃で撃たれた男性夫婦は
実際に事件に遭遇した本人たちが演じていたということ。

オーディションも済んで、すでに出演者も決定していたらしいのですが、
イーストウッドの思いつきのようなアイデアで
急遽本人に出演をオファーしたのだそうだ。

私はそうとは知らずに観ていたので、あえて素人っぽい俳優を使って
近頃多く目にするドキュメンタリータッチのリアリティを演出しているのかと
ばかり思って観ていたのですが、
途中感じた異様に淡々としていた違和感のようなものは
これが原因だったのだと後で気づいて驚かされました。

実際この賭けのような演出方法が成功したのかどうかは
英語と外国人の演技の是非の分からない私には判断できないが、
私の感じたドキュメンタリー映像のような
「エンターテインメントとしては、
 どこか物足りなさを感じる程度のリアリティ」
という点では成功していたように思う。

巨匠だからこそ成し得た、なかなか風変わりな実験のように撮られた
かなり珍しい作品でありますが、
そういった奇抜な手法も、すべては彼らの勇気と正義感を
演出感なしにまっすぐに見る者に伝えるための手段。
ぜひ彼らの純粋な気持ちをまっすぐに感じ取っていただければと思います。
(オススメ度:60)

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2018.10.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

クワイエット・プレイス

quietplace1.jpg



音をたてると“何か"に襲われて即死する世界で暮らす5人家族の物語。

物語は“何か"が襲来してから89日目、
人類の(大きな音をたてる生物も)ほとんどが
“何か"によって死滅してしまった世界が舞台。

その“何か"が盲目で、その代わりに聴覚が異常に発達しており、
鎧のような外皮に包まれた攻撃性の強い生物で、
どうやら飛来した隕石と関係があること以外、
「いったいなぜ?」、「どこからやって来たのか?」、
そして「何者なのか?」についてはほとんど明かされないまま、
過酷な世界で音をたてずに生き続けるひとつの家族の姿を追っていきます。

と、ネタバレせずに言うと数行で説明が終わってしまうほどの
最近流行のソリッドシチュエーション・ホラー。
登場人物も(ほぼ)この家族のみで、舞台も(ほぼ)この家族の住む農園のみ。

もちろん、説明が簡潔で済めば済むほど“ソリッド"であるわけで
それだけで今作が優良作品であることを示しているとも言える。
そんなソリッドでありながらも複雑で怪奇な究極のサバイバルな世界を、
冒頭のほんの数分だけで、否応なしに観客に納得させてしまう無音の説明が
今作の魅力を端的に顕していると思う。

これほどに複雑な世界観を簡潔に、しかも高い説得力で伝える技術力と、
この理不尽な世界にグングン観客を惹き込み、
“何か"の正体をどうしても知りたくさせてしまう、
結末を知りたくさせてしまう練りに練られた脚本と
それを破綻なく映像化した演出技術はかなりのものだ。

quietplace3.jpg

そして、今作をただのアクション・ホラーに留めていないのは、
これが家族愛を描いている点にある。
つまり、音を出すと即死する世界で行われる究極の「子育て映画」。
予告編にもチラッと映ってしまっているのでもう少しだけ言うと
究極の「子作り映画」。

子供という存在が、いかにノイジーで言うことを聞かない生き物であるかは
ここで説明するまでもないだろう。
子育てに一番向かない世界で、文字通りに必死で子どもを育てていくこの夫婦、
本当は究極の馬鹿なんじゃないのか?と、思えてしまうほど
貫かれる家族愛の姿は一途で、どこまでもまっすぐだ。

quietplace2.jpg

主演は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『ボーダーライン』の
エミリー・ブラント。
エミリー・ブラント演じるエブリンの夫リー役を演じ、
同時に今作の監督も務めるジョン・クラシンスキーは
エミリー・ブラントの実の夫でもある。

quietplace4.jpg

エミリー、ジョン夫妻も実際に二児を持つ夫婦で、
物音が赤ちゃんの天敵であるという
彼らの子育ての経験もこの役にかなり反映されているらしい。

ソリッドシチュエーション・ホラーは、
放っておくとB級に終わってしまう低予算作品を打開する有用なアイデアのひとつ。
だからこそ、そこには最高のアイデアが求められるし、
そのアイデアを確実にものにする演出の高い技術が求められる。
今作はそんな2つの重要な因子が掛け合わされた希有なケースと言えると思う。

上に貼った予告編でも「IT “それ"が見えたら終わり を超えて、大絶賛!!」と
ありますが、巨匠スティーブン・キング原作の『IT イット』は
予算も規模も今作とは比べ物にならない大作だ。
何より私には『IT イット』がそれほど面白い映画だとは感じなかったので、
なんであんなにヒットしたのか理解ができていないのだが、
興行的にも内容的にもこちらの方が優れていたと証明されたのは喜ばしいことだ。

というわけで、私的には『エクス・マキナ』以来に味わう優良な衝撃作でありました。
クワイエット・プレイス』現在絶賛公開中です!
(オススメ度:90)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.10.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

新 感染 ファイナルエクスプレス

traintobusan1.jpg



『シュリ』『JSA』『グエムル 漢江の怪物』『友へ チング』など、
2000年あたりの韓国映画はよく観たが、それ以降はハリウッドリメイク版を
先に観てオリジナルが観たくなった『OLD BOY』くらいしか観ていない。

それくらい、近ごろピンと来る韓国産の作品ってない。
この『新 感染』に関しても、題名からしてただの冗談かと思い、
それだけでB級作品に感じられてしまった。

ただ、そのダジャレのインパクトは強く記憶に残っていて、
先日WOWOWで放送していたので観てみたら・・・・

なんだよこれ!スンゲー面白ぇじゃん!

簡単に説明すると高速列車内でのゾンビモノ、
密室パニックホラーなんですけど、それは単なる舞台装置でしかない。

traintobusan2.jpg
traintobusan4.jpg

コン・ユ演じる酷く薄情なイケ好かないファンド・マネジャーが
一人娘を別れた妻に送り届けるため釜山行の高速列車に乗り込むわけだが、
その車内でも感染は一気に広まってしまう。
最初は他人をまったく信用しなかった男であったが、
そこで出会う人々との助け合いや共闘を通して
人間として一番大切なものに目ざめていく過程が描かれてく。

traintobusan3.jpg

そして、今までは仕事にかまけてほとんど口を利くこともなかった娘が
実は自分を求めていたこと、自分も娘の存在を大切に思っていたことを
ゾンビが大挙して襲いかかってくる中で気づいていく。
究極の家族愛の物語。

そして、ラストシーンではついホロリとさせられてしまうほどに
全編に渡って配置されたさまざまな伏線がきれいに辻褄を合わせます。
いやはや、ほんとによく出来た脚本だと思いました。
なんなら『ワールド・ウォーZ』よりも良く書けています。

私のように題名だけ見てパスした人多かったんじゃないですかね?
ひょっとすると私にとって今年最大の発掘良品になるかもしれない。
ゾンビものが苦手な方でも是非観て欲しいと思う感動の物語でありました。
(オススメ度:80)

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2018.09.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

タリーと私の秘密の時間

tally1.jpg



『JUNO ジュノ』『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督、
アトミック・ブロンド』『マッドマックス 怒りのデスロード』の
シャーリーズ・セロン主演作『タリーと私の秘密の時間』。

3人目の子供を妊娠しているマーロ(シャーリーズ・セロン)。
長女は手のかからない子なのだが、
二人目の男の子のジョナは情緒が不安定で、時に発作のように暴れてしまい、
学校でも度々問題を起こしてしまう。
いよいよ学校からは施設への転校を薦められてしまうなどの悩みの種だ。
夫のドリューはとても優しい人柄なのだが、
育児も家事もマーロに任せっきりの典型的な旦那様。

そんな、これまではなんとか自分の中に抱えて来られたことが
三人目の出産を機に一気に決壊してしまう。

そうしてマーロは自分の兄の薦めで夜の間だけ赤ん坊の世話をしてくれる
ナイトシッターを雇うことにする。

tally2.jpg

そうして現れたナイトシッターの
タリー(マッケンジー・デイヴィス『ブレードランナー2049』)は、
飄々としてつかみ所のないイマドキ女子。
最初は恐る恐る子供の世話を頼むのだが、
一晩ぐっすりと眠っただけで、翌朝から台風一過の天気のように
晴れ晴れとした時間を過ごせるようになるマーロ。

果たして、
マーロの人生全てをケアしたいと言うタリーとは何者なのか?
実は二人の間に隠されていた秘密とは???

物語の核心はそんなサスペンス風味の部分にあるので、
答を知れば確かに途中感じた違和感なども伏線になっていることが解り
「なるほど、そういうことですか」ときちんと腑に落ちるのですが、
子育ての壮絶さの方のインパクトがことさらに強すぎて、
最後に明かされるまさかの秘密も「なんだそうだったのか」ってくらいで
正直大きな驚きもなかった。

それほどに、観終わったあとに胃に来るように印象に残ってしまうのは、
家事に育児に仕事にと、いかに世の奥様方がたいへんなのか。ということ。
奥様方の苦労や心痛を「これでもか!」と言わんばかりに
次々と見せつけてくるので、残念ながらサスペンスな部分の印象はかなり薄い。

マーロの抱えたストレスに家族も気づいていくという意味では
確かにハートウォーミングな物語なのだが、
子育てや家事がいかに過酷なのかという観点ではまあまあのオカルトだ。

tally3.jpg

このマーロという役をなぜシャーリーズ・セロンが演じているのか?
という作者側の意図は、ある意味そのサスペンスな部分に集約されているので、
私はこの配役は少々ミスマッチだったかな??と感じてしまう。

同監督作品『ヤング≒アダルト』では、
仕事も恋愛も都会に疲れ切った女性が、地元で幸せに暮らす元彼が
まだ自分のことを愛していると思い込むクレイジーな “勘違いオンナ”
を演じてドハマリしておりましたが、今作では今一つの印象・・・

tally4.jpg

でも、そういった感想を棚に上げるまでもなく
この人の役者魂には感服せざるを得ない。
体調崩すくらいの体重の増減(18kg!!!)だと思うので
他人事ながら心配になってしまう。

その鬼気迫る演技への執念を見るに
名優メリル・ストリープの後を継ぐのはこの人なのかもしれない。とか
本気で思ってしまうほどの怪演でありました。

もし、奥さまにこれを一緒に観に行こうと誘われたら
そこそこの覚悟がないと旦那さんの方が精神的に参ってしまうと思いますので
くれぐれもご注意いただきたい。
逆に奥様方の日頃のご苦労を心に刻みつけたいという殊勝なお考えがあれば
まさにうってつけの作品であります!
(オススメ度:50)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.09.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

500ページの夢の束

please_standby5.jpg



主人公のウェンディは、人と触れあうことなどもってのほか、
人の目を3秒以上見ることができないほどの自閉症を患っていた。
そして、ウェンディの唯一の肉親である姉夫婦に子供ができたことを期に
姉とは離れて自立支援をしてくれる施設で生活をしていた。

ソーシャルワーカーの助けを得ながら、一人で社会で暮らしていくための
さまざまな日課やトレーニングに取り組んでいたウェンディにとって、
『スター・トレック』は心の拠り所と言っていい存在。
それはスター・トレックに登場する地球人とバルカン星人のハーフで、
自己表現の苦手なコミュニケーションに問題を抱えるMr.スポックに
自身の境遇を重ね合わせていたから。
そんなスタートレック・フリークの彼女が、
一念発起してスター・トレックの誕生50周年を記念して行われる
脚本コンテストに応募することを決意する。

締切ギリギリまで原稿を書き込んだウェンディであったが、
訳あって郵送期限までに原稿を発送することができなくなってしまう。

please_standby2.jpg

今まではアルバイト先のシナボンまでしか出かけたことがなく、
しかも、決められた交差点を境にして、
そこから先には一歩も出たことがなく、
長距離バスなど乗り方すら知らないウェンディが、
500ページに及ぶ自身で書き上げた脚本を届けるために
ロサンゼルスにあるパラマウント・ピクチャーズまで、
愛犬と共に数百マイルの旅に出かけることになる。

果たしてウェンディは無事に脚本を届けることができるのか、
そして、なぜウェンディはそうまでして
このコンテストに参加しなければならなかったのか。

自閉症という他人との距離の取り方に苦しむ病と闘いながら、
それでも叶えたい自身の夢にまっすぐに突き進もうとするウェンディに
きっと勇気をもらえます。
そして、障害を持つ一人の女性の姿を通して描かれる、社会の冷酷さと、
それ以上に暖かくも愛おしい人間のもつ愛情に触れられる
何気ないやさしさが際立つ人間ドラマが繰り広げられます。

please_standby3.jpg
please_standby6.jpg

ウェンディ役は『アイ・アム・サム』(2001)で
天才子役の名をほしいままにしたダコタ・ファニング。
彼女ももう24歳ですよ・・・
これ観たあと久しぶりにトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演の
『マイ・ボディ・ガード(2004 原題:Man of Fire)』を
Prime Videoで観てしまった。やっぱカワイイ。

please_standby4.jpg

そして、ウェンディの愛犬ピート(オス)の演技がまたスゴい。
ひょってしてCGだったのか?ってくらいの
助演男優賞レベルの名演でありました。

マーク・ウェブ監督の『ギフテッド』、
ワンダー 君は太陽』や、大ヒット仏映画『アメリ』の
ジャン=ピエール・ジュネ監督の『天才スピヴェット』など
障害を持った(もしくは天才の)子どもをモチーフにした作品は多いが、
そこで描き出される人間のもつ勇気の有り様はそれぞれだ。
近ごろ人間のもつ強くて純粋な勇気に飢えている私にとって
こういった熱い人間ドラマは何よりの特効薬だ。

というわけでお次は『JUNO ジュノ』『マイレージ、マイライフ』の
ジェイソン・ライトマン監督が『ヤング≒アダルト』でもタッグを組んだ
シャーリーズ・セロン主演で描く
『タリーと私の秘密の時間』(現在公開中)が観たいと思っている。

さておき、『500ページの夢の束』を知ったのはもう1年も前のこと。
このテの作品はなかなか日本に来てくれないのが玉にきず。
諦めかけておりましたが、念願叶って観ることができたので
よけいにその感激もひとしおの鑑賞でありました。
(オススメ度:80)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.09.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

アントマン&ワスプ




北海道胆振東部地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に
心よりお見舞いを申し上げます
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます





antomanandwasp.jpg



MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)好きの私でも、
身長1.5cmの「アリ男」の映画を観たいとは思えなかった。
シビルウォー:キャプテン☆アメリカ』にアリ男が出るというので
予習のつもりでビデオレンタルで観たのだが、
先入観だけで判断してしまった自分を恥じるほどに
『アントマン』は面白かった。

再三申し上げているが、コミックの世界にどれほどの現実味を
持ち込むのかがこのテの作品の重要なキモになる。
それは社会現象にもなったティム・バートンの
『バットマン』(1989)からはじまったわけだが
そのあとクリストファー・ノーランの『ダークナイト』(2005)で
一気にリアリティ方向に流れが変わり、そこからは、
いかに現実社会から離れないか、
いかに空想科学のレベルを保つのかに腐心してきたわけなのだが、
『アイアンマン』(2008)によって、コミックと現実社会の配合量に
いよいよ最適解が示されたと私は感じている。

とはいえ、毎回難敵と闘わされる『ワンピース』のルフィも然りで、
回を増すごとに敵がバージョンアップし、
クリアの難易度を上げなければならない宿命からは、
映画であっても逃れることはできない。

多くのヒーローたちの物語がひとつの世界(ユニバース)として
同時多発的に進行するMCUの場合、
そのバージョンアップの度合いはすでに青天井を超え、
アベンジャーズ/インフィニティウォー』では、
「最強・最悪の敵」を標榜するサノスを登場させ
いよいよこれ以上はないところまで到達してしまっている。

antomanandwasp2.jpg

『アントマン&ワスプ』は、
そうした限界点に達してしまった世界観の中にありながら、
人類の存亡にまで拡大された危機から地球を救うことだけが
コミックヒーローの努めではないという、ある意味コミック映画化作品の本懐、
もしくは原点を描いているところが秀逸だ。

多少の社会への影響は否めないが、あくまでも私的な問題を
まあまあ無責任な態度と身勝手な価値感で乗り切ってしまう軽いノリこそ
これぞまさにコミック!と言えるのではなかろうか。

もちろん、アントマンだけでは絶対に興行が成立したりしないことも確かだ。
もっと言えばこれ単独で作品化にGOサインは絶対に出たりはしないので、
こういった世界観をもヒット作にできるMCUのビジネスモデルこそ、
本当はすごいことなのだと言わざるを得ないだろう。

そして脇役にマイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファー、
ローレンス・フィッシュバーンという大御所を配置しながら、
ご近所ヒーローというかなりどうでもいいことを豪華に、
そしてスリリングに描く異常なほどの贅沢さを持つ娯楽大作は、
それはそれで貴重な存在だし「映画って実はこういうもんだよな」と
ポップコーン片手に気軽に観られるエンタメの保守本流を行く作品だと
改めて思いました。
(MCU好きなら必見のオススメ度:90 そうでない人にはオススメ度:60)

アイアンマンから連なる第一期アベンジャーズの10年に及ぶ物語に
一区切り入れられると言われている
『アベンジャーズ4(題名未定:2019年5月公開予定)』
への伏線もしっかりとエンドロールのあとに入れられており、
その先、つまり次世代のMCUを背負って立つと言われている
『キャプテン・マーベル』(2019 3月)の公開が
俄然楽しみになってまいりました。
それにしてもよく出来たビジネスモデルだと繰り返し思う。
  

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.09.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

オースシャンズ8

oceans8_1.jpg



とんでもないことをサラッと、いとも簡単にやってのける。
だけどどこか子供のような遊び心を持っていて、
完璧からすこしだけ引き算したような魅力的な登場人物。
我々日本人にとって『オーシャンズ11』は実写版のルパン三世のようなものだ。
(小栗旬主演の実写版ルパン三世のことはもう忘れたい)

頭脳明晰でファッショナブル。
大胆な作戦と実行力、そしてどんなギリギリの場面でもミスを犯さない強心臓。
そして何より仲間を大切にする心意気と、
ちょっとカンに障るくらいにカッコイイのが
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)と、
彼の片腕のラスティ(ブラッド・ピット)だ。

そのダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャンが今作の主役。

oceans8_5.jpg

簡単に言うと、そんなアイコニックなカッコ良さを持った
オーシャンズの世界観を、そのまま女性に置き換えたのが
この『オーシャンズ8』なわけで、
デビー(サンドラ・ブロック)と、ルー(ケイト・ブランシェット)の二人が
オーシャンとラスティの代わりを背負って立つというわけだ。

オーシャンが刑務所から仮出所してくるところから始まることや
計画が恋愛(結婚)がらみであるあたりも
『オーシャンズ11』をトレースしていて、
それをリスペクトととるか単なる模倣ととるかは観る人次第。

つまりは2001年公開の『オーシャンズ11』を
観ていない人がターゲットだと思いあたり、
今作の真の意味に気づいたのは上映会開始から30分ほどが
経ったあたりであった・・・

あのオーシャンズの世界観を女性に置き換えるということは、
それはすなわち女性用に作り替えるということでありました。

oceans8_2.jpg
oceans8_3.jpg
oceans8_4.jpg

正直、宝石強盗計画じたいはかなり雑で、完全犯行計画にはほど遠く
「それじゃあすぐにアンタが犯人に疑われるだろ?」と思うところ多数。
オリジナルに較べれば尚のこと、仕掛けはかなり漫画ちっく。
私は「なんで?」「どうして?」と引っかかってしまい
どうにもダメでしたが、それもこれも“地図の読める男”だからこそ
感じてしまう粗であって、もっと直感的に物事を眺められる女性には
そんな細かいことどうでもいいと感じるのではなかろうか。

とまあ、クールな犯罪計画よりも、ファッション・アイコンとしての
キャストたちの出で立ちの魅せ方に重点が置かれていて、
それがいちいちカッコイイ。さながら劇場版のファッションショウだ。

『ワンダーウーマン』『ブラックパンサー』など、
女性や黒人といったマイノリティを超大作の主役に据えることで、
アメリカに長い間巣くってきたさまざまな特権意識やハラスメントに
一石を投じる作品が注目を浴びているが、
こちらもその時流を汲むものと思われる。

今回ソダーバーグはプロデュースに回り、
監督は『シー・ビスケット』の、というより『ハンガー・ゲーム』の
と言った方が近ごろは適切だろうゲイリー・ロスが担当。
私が観た限りでゲイリー・ロスの作品は他に
南北戦争時代にミシシッピ州ジョーンズ郡に白人と黒人が平等に生きる
「ジョーンズ自由州」を設立した実在の白人男性ニュートン・ナイトの
半生を描いた『ニュートン・ナイト』が印象深く、
割と重めの作品を撮る監督さんのイメージだったので、
今作への起用は少々意外でありました。

観終われば余計に、重めの社会派監督よりも
ワンダーウーマン』のように、いっそ女性監督に任せた方が
何倍も良かったのではないかと思ってしまう。

なんならソダーバーグが撮ったら良かったのに。
との思いがいつまでもなくならないのが残念と言えば残念。
あくまでも男性目線としては、ですが。

今回ナンバー「8」を選んだのは、「オーシャンズ11」まで
あいだに「9、10」があり、
あと2匹ぶんのドジョウが残されるからだと思われるが、
果たして続編は作られるのでしょうか・・・・

というわけで、物語よりも彼女たちのファッションに注目して観て欲しい。
どちらかと言えば女性に観ていただきたい作品であります。
(オススメ度:60)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.08.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR