FC2ブログ

Green Clothing Bib Pants サイズXL

2018_1023-5.jpg
私にはGreen Clothingの展開するサイズ感が微妙なのは
何度かこちらで申し上げてきたが、
昨シーズンFree JacketのXLサイズを試してみて、
それまでに感じていたルーズに過ぎる着心地感も薄れ、
ジャケットに関して今ではXLサイズで違和感なく着用できている。

おかげで一年毎にL〜XLサイズを行ったり来たりしていた
無駄な逡巡の時を終え、今シーズンはそのまま昨年買った
XLサイズのFree Jacetで、心安らかにシーズンを迎えることができそうだ。

パンツに関してはウェストも丈も問題なく履けているし、
私は見た目と言うよりも、着心地の観点からタイト目の方が好みなので
これまでLサイズを好んで着てきたのだが、ジャケットがXLで落ち着くと、
今度はパンツもXLを試してみたくなるのは人情というものであろう。
これまで試着も含めて一度もXLのパンツをはいたことがなかったので
例によってフツフツと試してみたい願望が湧いてきていた。

白馬で行われていた試着会も覗いてみたのですが、
なかなかの盛況ぶりで試着は断念。
一説にはXLのデモウェアはないらしいので、
試着会が空いていてもそれは叶わなかったかもしれない。
かといって新品を予約してまで試してみたいかというと、
そこまでリスクを背負うつもりもなく、やはりヤフオクで出物を待つことになる。

というわけで、できればジャケットと同じ2018年モデルで、
XLサイズのパンツを探し、来る日も来る日もヤフオクを徘徊していたのだが、
やはりXLの流通量はかなり少なくほとんど諦めかけていた頃に、
無事YellowのBib Pantsを落札することができた。

そうしてはじめて履くことができたXLサイズでしたが、上の画像にあるように、
身体の大きい私からすると、MサイズとLサイズの違いから想像されるほどではなく、
その差はかなり小さいものであった。

2018_1023-4.jpg

重ねて見ても幅、丈ともこの程度の違いでしかない。
ビブパンツなので、特にウェストあたりの余裕はかなりのものになり
丈に関しても、裾よりも腰上に向って前掛けの部分が長くなる印象なのですが、
充分調整の範囲内なのでほとんど気にならない。
パンツを腰で履くのが苦手なのでその点が心配だったのですが、
確かにルーズにはなるのだが、着心地はLサイズとほぼ同等でありました。

むしろ、私より身体の大きな人はどうしているのだろう?と
余計なお世話ながら心配になるほどだ。

2018_1023-6b.jpg

いよいよ全身に関してGreen Clothingのサイズ問題は解決した。
なんと晴れやかな気分でありましょうか.
それと、シブめの落ち着いた色味こそ、
Green Clothingの真骨頂だと私が勝手に思って来たので
今まではこのYellowのような派手な色味は避けてきたのですが、
ここのところ多くラインナップされる派手目のカラー展開を見せられて
気にはなっておりました。

2018_1023-7.jpg
もし、ヤフオクでもメルカリでも出会いがなく、
今季モデルを買うことになったとしても「Coral」を選んだと思う。
そんなわけで、はじめて着るGreen Clothingの派手色ですが、
これはこれで素敵であります。

というわけで、今年は心安らかにシーズンのスタートを迎えられそうなのですが、
Green Clothingのウェアは、毎年カタチ的に大きな変更がないのにも係わらず、
毎年欲しくなってしまう不思議な魅力に満ちている。
否、普遍的だからこそカラーを揃えて普段着のように
毎回着回したい欲望にかられてしまう。と言った方が正解か。

極端に物欲に弱い精神構造を持つ私としては、
サイズが確定したからと言って今後もお財布的な予断は許さない。
そういった心配事も依然として残るので、
心安らかな日など訪れるはずもないのでありますが、
そんな心配事をいくらかでも軽減するという意味でも、
実は同じ出品者の方からXLサイズのHEAVYジャケットも
同時に落札することができた。
次の機会にはそちらのコーディネートも紹介したいと思う。
  

スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.11.20 | コメント(3) | トラックバック(0) | スノーボード

FLUX DS 2018-19 BLACK

2018_0925-32.jpg
2018_0925-33.jpg

昨シーズンの終了間際に『INDEPENDENTSTICK』を買ってしまったことで
私のバインディング事情にも少なくない影響が出てしまった。
なんて言うと機能面の話のように聞こえてしまうがもちろん違う。
単にインディが黒いので黒いバインディングが欲しくなったというだけだ。

スプリット用のバインディングでも同じようなことを繰り返しているので
私はガチで学習能力が低い。否、学習能力がない。

と、過ぎたことは水に流すとして・・・

どうせ買い換えるのであれば、今シーズントゥストラップが改良された
新しい『BURTON GENESIS』にも惹かれてしまうが、
今だに『GENESIS TT』も手放せずに所有しているし、
何より、先シーズンはじめて使ってみて感触の良かった『FLUX DS』を
使い続けたいという思いの方が強かったので、
2018〜19モデルのDSのブラックを買うことにした。

2018_0918-37.jpg

もちろん今時期だと昨季モデルが格安で売られていたりするので
そちらの方がおトクなのは重々承知しております。
それを押してでも今季モデルにしたのは、
昨季モデルのブラックのハイバックにうっすらと模様が入れられているのが
あまり好みではなかったから。

2018_0918-28.jpg

そして、新しいDSはハイバックが変更されていて
よけいにマットブラック感が際立っており、
ロゴとかも要らないと思うほどにより黒々とさせたい私にとって
これはまさに渡りに船。

ちなみに、お店の方には今回の変更でハイバックが硬くなったと言われたが、
触ってみた感じではそれほど変わった印象はない。

2018_0925-30.jpg
2018_0925-35.jpg

もちろん、華奢で有名なGENTEMSTICKのデッキへの攻撃性の低い
丸みを帯びたベースプレートの踵部分の形状も健在だ。

2017_1023-2.jpg
2018_0918-29.jpg

デッキパッドはクッション性の高いスチロール系のものから
ソリッドなプラスチック系に変更されていた。
たぶん、より雪付きしずらい素材に変わったのだと思う。

2018_0925-36.jpg

DSよりも上級の機種ではトゥストラップも
素材の軟らかいよりグリップの良いものに変更になったらしいが
DSに関しては昨季モデルから変更はないのだそうだ。格差社会。

2018_0925-38.jpg

ただ、BURTONのトゥストラップのように使用中にズレたりすることもなく、
昨季モデルのトゥストラップでもK2 TT Snowsurferとの相性は
充分良かったので私は気にならない。

もちろんアンクルストラップの方は、
このあとBURTONのハンモック・ストラップに交換しますので、
純正の状態はこれで見納め。

2018_0925-31.jpg

かなり細かい話だが、スライダーの根元の部分が
外側に避けるように湾曲される変更が施されてていた。

2018_0925-39.jpg

そして、今季モデルよりFLUXの全製品のディスクが変更された。
BURTONのチャンネルなどに対応する穴が追加されたことが
一番の変更内容のようなので、4X4で使う身としては
オフセットも5mm、10mmと選べる移動量に変わりはなく、むしろ
かなり複雑な形状になったおかげで、すぐには使い方を理解できなくなった。

Mサイズのバインディングで27.5cmのブーツのセンターを出すためには、
後方へオフセットさせる必要があるのだが、
ボードセンター位置からバインディングを前後にオフセットさせるには
ディスクを180°反転させる必要があるようだ。
まあ一度決めちゃったら調整は不必要なので悩みも無用になるのだが
一番最初にセッティングするときは少々混乱するだろう。

ただ、こういった細かいアップデートを行うメーカーの姿勢には好感が持てる。

2018_0918-30b.jpg

さておき、今回はあくまでも色合わせ目的という
例によって不純な動機での買い換え需要ではありましたが、
結果的には買い換えた甲斐があった。とても幸せであります。
(今回の反省を活かして今後バインディングは黒しか買いませんけど・・・)
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.11.13 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

Burton × Carhartt WIP 2018

2018_1023-14.jpg
2018_1023-15.jpg
2018_1023-16.jpg

2008年、そして私も持っている2011年につづいて今季
BurtonとCarhartt WIPのコラボレーションアイテムが発表された。

今回もBURTONのショップだけでなく、
Carharttのアンテナショップでも販売されるとのことで、
Burtonのもつハイテクによって
Carharttのもつオーセンティックな魅力を
過酷な雪山でも心置きなく満喫できるようにするというコンセプトは
今回も受け継がれているようだ。

2018_1023-13.jpg

今回の目玉は言うまでもなく
DRYRIDE 2レイヤーCordura®を使用したカバーオールのモデル。
私にこれを着る勇気はすでにないが、
この両者のコラボレーションの意図をまっすぐに反映したモデルとなっており、
こいつは問答無用にカッコイイと思う。
誰かこれ着て見せて〜〜〜

2018_1023-17.jpg
2018_1023-18.jpg

シリーズにはザックやグローブも含まれており
全方位のコレクションとなっている。

burton_carhartt.jpg

2011年に発売された私のジャケットはゴアテックス・インサートが奢られており
やり過ぎ感もないではないが、それはそれでこのコンセプトが分かりやすくて
ちょっと自慢でもある。
おかげでほとんど着ていないのに手放せないままでいるのだが、
こういう生まれながらに愛着を抱けるアイテムって
それだけで存在価値が高いと思う。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.10.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

JONES Snowboards Mountain Surfer

2018_1010-5.jpg
2018_1010-2.jpg

雪板がちょっと気になっている
中でも深雪を滑ることのできる長めの雪板の方だ。

とはいえ、関東圏のホリデーボーダーにとって、
そのために新雪の降り積もった貴重な一日を使うのは少々気が引ける。
なので、山の麓に住む人の贅沢な遊び道具という印象が強く、
気にはなってもなかなか手が伸びないでいる。

しかして私の場合、そんな気持ちを打破するのはいつも「道具」だ。
すみません、言い間違えました。それは「物欲」だ。

2018_1010-4.jpg

そんな私の物欲を激しく刺激するバインディングレス・スノーボード
Mountain Surfer』がJONES Snowboardsから発売開始され(てしまっ)た。

2018_1010-6.jpg
2018_1010-3.jpg

『Mountain Surfer』はJONESのSURF SERIESというカテゴリーに
今季追加された新しいモデルで、
サーファーの皆さんにはすでに説明不要のシェイパー、
クリス・クリステンソンさん謹製。

Gentemstickが企画した『Gentem Surf Project』にも参加しており、
冬には度々ニセコを訪れるほどの熱心なスノーボーダーでもある。

『STORM CHASER』などJONES SURF SERIESの全モデルに
少なからず関与しているようですが、中でもこの『Mountain Surfer』は
クリステンソンの手によってシェイプされたものだ。

クリステンソン自身がサーフボードと同様にフォーム材をハンドシェイプし、
そこにグラスファイバーを巻き、それを更に磨き上げたものなのだそう。
そうして完成したモールドをCNCスキャンし、
3Dデジタルファイルを使って生産モデルの金型を制作したとされる。

2018_1010-8.jpg

そうして生まれた生産モデルはエッジこそないものの、
スノーボードと同様にウッドコアにシンタードベースを使ってプレスされるようだ。

2018_1010-9.jpg

ひな形となったハンドシェイプのプロトタイプは大きく作られていた様子。
生産モデルの全長は142cm。

Spoonfishにも発売当初はノーボードに対応するためのネジ穴も開けられていた。
長さも142cmと同じなので、なんとなくそのことを思い出すが、
Spoonfishはあくまでもノーボードもできるスノーボードという過渡期以前のもの。
それは単なる他人のそら似なのだが、
このあたりの長さに最適解があるということは感じさせる。

2018_1010-7.jpg

そして、ハルボトムに複雑なチャンネルの造作など、
クリステンソンがサーフボードで培ってきた流水力学が
大いに活かされたとされる3Dシェイプが施され、
文字通りの『マウンテンサーフ』モデルとなっているようだ。

水の上で培った知識が果たして雪上でも発揮されるものなのか。
純粋に疑問に思うところなのだが、そもそも雪上でサーフィンしようとか
考えている時点でそういうことは言いっこなしが大人の分別のつけ方だ。


さておき、構造的にも木材から削り出して作られる雪板と較べれば、
重量も増えているだろうし、かなり趣を異にするモノであることは確か。
そして雪板のもつ手作りだからこそ醸し出せる工芸品のような美しさは
たぶんここにはない。

でも、言ったように私を突き動かすのはあくまでも「物欲」だ。
なので、雪板を手に入れるにしても、それは自分で削ったものではなく、
例えば『芽育』の完成品の方であったりする。
もちろん愛でることのできる美しさにも惹かれるが、
物を大事に扱えない性分の私にとって、
工業製品だからこそ得られるメリットも見逃せない。

シロウトでも新雪で乗りやすそうな雰囲気に溢れ、
複雑なボトムデザインの描く乗り味にも興味をそそられる。
そして、マイナスイメージを感じさせやすい、大量生産向きの
マシンシェイプであることも、使い倒せる耐久性と考えれば合点がいく。

2018_1015-40.jpg
2018_1015-41.jpg

そんなわけで、こいつにはかなり心が揺さぶられている。

果たして、雪板を使うような新雪の斜面に私がわざわざ行くのか?
(というよりも、使える場所を見つけられるのか?)
わざわざ新雪の降り積もった日に行ったとして、
想像通りの悦びを享受できるのか?
雪板とノーボードに違いはあるのか?
だとしたらどちらが自分に向いているのか?

依然として越えるべきハードルは高く、悩みはさらに深いが、
こんな時間もまた買い物冥利に尽きる時間でありますので、
十二分に楽しませていただくことにする。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.10.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

Diggin' Magazine The Product Book

2018_0827-44.jpg

いよいよ10月。
スノーシーズンの開幕まであと2ヶ月を切りましたが、
この頃が冬モノへの興味が一気に膨張するタイミングでもあります。

しかして、現在の私は物欲から遠ざかりたいと願う
ある意味修行中の身でありますので、
こういった特集は目にも心にも毒だ。

中でも先月出版された『Diggin' Magazine』が編集したカタログ号は
変態専用であるからして尚のこと毒素が強くて困る。
いわゆるカタログ号と呼ばれる特集号はいくつか存在するが
それらは総花的で、大きな括りでのスノーボードギア特集号なので、
ありがたいことにそれらにはあまりそそられる記事がないのですが、
こちらの場合は違う。
しかもGEARではなく「TOY」とか、自分の心に潜む罪悪感を
絶妙に思い起こさせる単語選びもまた、修行中の身には重く響く。

さておき、こちらの冒頭のコラムにも書かれていたが、
私も自分がショップを出すとしたら・・・という
たわいもない想像の遊びをすることがある。

そうすると自分の好みを客に押しつけるべきか、
客の好みを引き出すべきか、と無駄と知りつつも悩む。
(人というのは「決めたい」と「決めて欲しい」の境界線が曖昧な生き物だ)

私の仕事では担当する企業の隠された哲学やアイデンティティを引き出して、
それを価値として分かりやすく人に伝えることを考えているわけだが、
たとえ想像世界であっても、自分の店のことを考えるということは
すなわち私の趣味世界に関してのアイデンティティを巡る旅となるわけで
自分の観察眼を趣味という剥き身の自分に向けると精神分裂の恐れもある
まあまあ危険な行為だ。

そこを深掘ると知りたくもない、というか、
目を逸らしてきた自分と向き合うことになるので、
その疑問にぶつかって私のバーチャルショップの夢想は
半ば強制的に終了を迎えるわけなのだが、
いずれにせよその店は儲かりそうにないので本当に無駄な想像ではある。

2018_0827-41.jpg

さておき、そんなことを考えながらペラペラと頁をめくっていると
やはりムクムクと“仕入れ”をしたくなってしまい困る。
特にこのOGASAKAのスプリットボード制作秘話というか、
職人気質の話にはそそられた。

時代は大量生産から多品種適量生産へ向かうと言われて久しいが、
家内製手工業のみで、一切大量生産には向かないサーフボード
なんてモノは、生来その宿命の元にあったりするので、ヨコノリ文化には
今となっては先端的となった価値基準がそもそも備わっていたりする。

スノーボードにはBURTONという
大量生産を画に描いたような存在がいる。
でも、だからといってBURTONが古い、もしくは悪だとは私は思わない。
そんなマスプロダクトの巨人がいてくれてありがいことの方が多いし、
だからこそ、多品種適量生産の価値もまた高まるように思う。

しかして、いかに他品種であっても、特殊性がなければそこに意味などない。
それであれば全てBURTONで何の問題もないことになる。

そんな現在のスノーボードの中でも、スプリットボードこそ
ニッチという意味でもその多品種適量生産の筆頭だろうと思う。

立山でご一緒したONさんにもかなり熱めにプレゼンテーションを受けたが、
OGASAKAのスプリットボードは、ハイク時に足を持ち上げると
どちらかに偏ることなくボードの前後がきれいにバランスするようにできている。
こうすることで足の持ち上げ動作による脚の疲労を極力抑えることにもなり、
つまり登山用具としての完成度がとても高い。

そしてここでも語られているような精密な仕上げなど、
言ってみればそんなあたりまえの「品質」を徹底的に磨き上げること。
ユーザーが “愛し続けられる品質” は最高の特殊性になると思う。
そういう意味においてもこいつの私への訴求力は強い。

2018_0827-43.jpg

DEELUXEのブーツの良さは『SPARK SUMMIT』で痛いほど知っているので
やはり毎シーズンDEELUXEは気になってしまう。
先シーズン、スノースケート用のブーツの候補として試着までした
FOOTLOOSE』に似た外観を持つ、この『ORIGINAL SE』も素敵そうだ。

オールドスクールな紐靴か、
Boaやスピードゾーンのようなハイテクレースか、隣の芝生は青い的に、
私の嗜好はいつもその二点を行ったり来たりしてしまう。
技術的な先進と、あえて文化的に停滞すること。
このふたつはどちらも大切なものだと私は思う。
時短や簡略化も必要だが、儀式のような時間を過ごすことにも憧れる。
結局、気分屋で短気な私は無駄を省く方に傾きがちになるわけだが、
このオーセンティックなデザインは、
私にそんな文化的な側面を思い起こさせてくれる。
不便もまた楽し。

2018_0827-45.jpg

しかして、今の私の心を一番に掴んでいるのはやはり、
この『Thirty two JONES MTB』だ。
前面のカバーは徒渉用かと思っていたら、
レースの凍結防止のためのものなのだそうだ。
なぜかこういった重要な情報はカタログには載っていなかったりする。
(載っているのかも知れないがThirty twoのカタログは見たことがない)

もちろん私には過剰装備なのだが、このカバーがこのブーツの
デザイン的な魅力に一役買っていることの方がむしろ重要。
その機能性以上にデザイン性の高さに一票。

さておき、
自分でも注目していたアイテムが、こうやって改めてメディアで紹介されると
「買ってもいいよ」と背中を押されたような感覚に陥ってしまうので怖い。

これら以外にも
SALOMONの『SHADOW FITヒールカップ』搭載のバインディングなど、
私の知らない新しいテクノロジーやアイテムの情報も満載でありました。
以前からあったのかも知れないが、こういうカタチで紹介していただかないと
ピンと来ないモノも多いのでこういった情報はありがたい・・・・
・・・否、やはりこの雑誌は目の毒だ・・・

といった具合に、何のかんのと言いながらも
やはり冬のゴングは物欲によって鳴らされることに変わりなし。
まったくもって修行が足らん。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.10.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

Groovy LION T

2018_0918-2.jpg
2018_0416-84.jpg

2016_0112-42.jpg

いつもお世話になっているダウンチルクルーの佐々木勝巳さん
ご自身のショップ ブランドである『Groovy』のTシャツを作った。

勝巳さんは、生業としては美容師さんなのでありますが、
ニセコスノーボーディングとスケートの伝道師でもあり、
四季を通じてニセコの遊びに精通したガイドでもあり、
頼れる兄貴でもあり、大切な友人でもある。

そんな勝巳さんのお店なので、
冬ともなればGroovyにはいつも誰かしら仲間が訪れて来ている、
さながら秘密基地のような場所だ。

なので、Groovyは美容院の屋号というだけでなく、
そんな勝巳さんと倶知安スノーボーディングを象徴する
ひとつのブランド名称でもあるわけだ。

2018_0918-1.jpg

早速OYくんとともに買わせていただいた。
先に注文していたOYくんの方は内地第一号なのだそう。

2018_0918-3.jpg

お店に飾られている勝巳画伯のライオン画がモチーフ。
左袖にGroovyのロゴ、
背中側の首の位置にはNISEKO DOWNCHILLのロゴが配置されていて
DOWNCHILL気分もアゲアゲだ。

こちらのTシャツは倶知安のGroovyで絶賛販売中であります!
これを着ればあなたも勝巳組だ〜〜〜っ!
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.09.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

芽育 Bakebon L

2017_0902-11.jpg
2017_0902-8.jpg

芽育のスケートボード・デッキ
『Bakebon “L"』(バケボンL)を買った。

二台の『Baked hill』につづき三台目の芽育スケートデッキではありますが
「買った」と言っても昨年の秋の話なので
私のフトコロ事情としてはすでに時効が成立しており、
これが明らかな無駄遣いであっても、
こちらで紹介することにまったくの気兼ねがない。
(つまり、つい最近まで気兼ねをしていた)

さておき、 
5plyで、長さ:30 inch、幅:6.75 inch。
7plyの『Baked hill』よりも2インチ短くて、2インチ幅が狭いが、
ホイールベースは逆に、トラックの取り付け穴間で1インチほど長い。
そういったあたりも含めBaked hillとどういった乗り味の違いがあるのか
興味津々であります。

2017_1010-7.jpg

今回はデッキだけ購入し、まずはダウンチルデッキに着いている
INDEPENDENTの129にダウンチルウィールのオレンジを移植して乗ってみた。

一番に感じるのはレスポンスの遅さ。
あくまでも2インチ広くてコンケーブされているBaked Hillとの
比較においての話だが、足の大きい私にとって、この幅の狭いデッキは、
デッキの柔らかさと相まって、操作にはそれなりの思い切りと
精細さが求められる。

しかして、そんなコムズカシイ思いとは裏腹に、
このフラットなデッキはスタンスを狭めて前後のトラックの内側に
足を載せて操作したときのデッキの撓り方がとても心地良い。
踏み込みを吸収していることがハッキリと感じられ、
それがトラックを曲げる操作に変換している様子がとても楽しい。

ただ、贅沢を言えば、72kgある私の体重だと、
撓った状態から戻るのに少しの「間」ができてしまうので、
あと10%ほど硬いといいのに。とは思う。
ミディアムの硬さのブッシュも試しましたが、
それだと更に「間」が大きくなるので小さく回せなくなってしまった。

その「間」とも無関係ではないように思うが、
ロングホイールベースは走りが速い。
すぐに加速してしまうので気が気でない。
ビビって小回りさせようとしてウィールが
デッキに当たるまで踏み込んでしまい転んだりもした。
もう少し斜度がの緩いか、もしくは幅の広い坂を
ゆったりクルージングするのに向いているように思う。

2018_0614-5.jpg

そんなこんなも気になっていると、もちろんあれこれと試したくなる。
雪山シーズンの終了した頃になってから
ACEの00と芽育 x SATORIウィールに替えてみた。
この組合せはは購入した『LADE』さんのコンプリートの請け売り。
そちらを見ていたので気になっていた組合わせだ。

2018_0614-1.jpg
2018_0614-4.jpg

INDEPENDENTの129よりもアクスル幅が14mmほど狭く
細い芽育ウィールとの組合わせでウィールはデッキの内側に
更に引っ込むカタチとなる。

乗ってみると、こちらの方が良く曲がる。
相変わらずBaked Hillよりは速いのですが
だいぶ操作しやすくなった。
さすがはショップ推奨セッティングであります。

ブッシュもミディアムを許容するようになり
もう少し粗く扱っても破綻しなくなった。

緩い坂でなくてもなんとか操作できるようになったが、
それでもあと1m道幅が余計に欲しいところ。
つまり私のホームコースとはあまり相性が良くない・・・

そうとは思っても、やっぱり芽育のデッキは味わい深くて手放せない。
手の温もりと自然の意図を汲んだような造作が
私のスケートに対する気分をビッタシと顕してくれている。

もうちょっと気楽に乗れるように精進いたします。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.27 | コメント(1) | トラックバック(0) | スノーボード

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR