1月22日の大雪の話

2018_0126-19.jpg

今月22日(月)は、天気予報通りに都心部も朝から雪が降り出した。
数日前からかなりの降雪量になることは予測されていたので、
この日の首都高はスイスイに空いていたわけだが、
朝の時点ですでに、おおよそ東京らしくない、
見るからに積もりそうな軽くて大粒の雪が舞っていた。

2018_0126-20.jpg

もちろん定時でさっさと会社をあとにした
(ほんとはもっと早く帰りたかった)のだが、18時の時点で
都心部でも10cm以上の積雪があり、公共交通機関を含め、
すでに街は大混乱に陥っていた。

あちこちで立ち往生した車が渋滞を引き起こしており、
幹線道路はなかなかのカオス状態。
私は、逆に積雪でほとんど通行止め状態になっている裏道を繋げながら
そんな渋滞に足止めを喰らわずに帰宅することができたが、
それにしても、車の数がこれほどあるとは思いもよらず、
もっとスムースに帰れると思っていたので、この事態はかなり予想外であった。

スタッドレスなど、冬用タイヤでないことは百歩譲るとして、
こういう警戒レベルの予報が出ている日に
なぜチェーンも持たずに車で出かけるのか甚だ疑問であります。
学習能力、もしくはリスクに対する創造力が、あまりになさすぎると思う。

都心部でも20cmと発表された積雪量は、
埼玉ではさらに上積みされ、私の住む南部地域でも30cm超となった。
ここまで雪が積もったのは、小学校時代にまで遡らないと思い出せない。
というわけで、雪による影響は、都心部よりも、
やはり私の家の近くの方が甚大であった。

2018_0126-21.jpg

言ったように、駐車場まではスムースに帰って来られたのだが、
私の使う駐車場には、この時点でクルマの床下をしっかりと擦るだけの
20cmを超える積雪があり、奥に位置する私の駐車スペースに向け、
腹打ちしながら雪中を突き進んだ。
このまま前向きに入れられる場所なら良かったのだが、
私の駐車スペースは入場コースに対し90度の位置にあるので、
雪の上で勢いをつけたまま隣の車を避けながらそこに放り込むのは
ミハイル・シューマッハーでもきっと無理だ。
駐車スペースにバックで入れようと一旦前を横切り、
バックギアに入れてアクセルを踏んだところで見事にスタックした・・・

そうして、ほんの車一台分動かすためにチェーンを巻くハメに陥った。
誠に情けない。
こんなこともあろうかと、今季買っておいた『テムレス』の使い易さと、
暖かさがホント身に滲みた。

チェーン巻いたのいつぶりだろう・・・と、このブログを遡れば・・・
すでに5年ぶりのことでありました。
前輪駆動とはいえ、チェーンを装着するのは
かなり限定的な場面になるのではありますが、
まさか自分の駐車場で装着することになるとは思いもよらなかった。

2018_0126-23.jpg

もちろん、問題になるのは降雪時よりも、雪が積もった翌日以降だ。
首都高5号線は翌日からほぼ3日間通行止めとなり、
都心へ向かう幹線道路は、首都高から溢れたクルマでほとんど麻痺状態となった。

降雪の翌日から二日間はオートバイ通勤も諦め、
バス・電車で出社したが、主だった箇所はもうほとんど融雪した都心部とは違い、
私の住む埼玉県南部の街は、ほとんどそれから一週間のあいだ日陰を中心に、
いわゆるブラックバーンと呼ばれる厳しい路面凍結箇所を残していた。

2018_0126-25.jpg

さすがに辛抱たまらず、木曜日からオートバイ通勤を再開したが、
幹線道路から外れた裏路地のエクストリーム感は極上の部類となった。

幹線道路も路肩にはまだまだ残雪も多くあるため、
そこをすり抜けて渋滞を避けることもできず、
もちろんブラックバーンの待つ裏道に逃げ込むこともできず、
しかも、比較的空いている道路にはノロノロ運転を強いられた
チェーン着装車がいて、要らぬ渋滞を招いているという
まさに八方塞がりの状況が二日間も続いた。

ほんと首都圏は雪に弱い。弱すぎる。
たかだか年に数回の降雪に備えて、
除雪車を配備することができないことも良く解るが、
だからこそ余計に、冬の札幌市の素晴らしさが身に滲みる。

2018_0126-22.jpg

さておき。大雪のさなか、まさに家まであと数kmに迫った頃、
コンソールにはこのような警告が表示され、
またもやブレーキが床まで踏み抜ける症状が出てしまった・・・
それでも止まらないわけではないので、なんとか帰宅することはできたが、
またもやブレーキの故障だ。
前回はこういった警告も表示されない単なるブレーキの効きとタッチの問題で、
エア抜き作業だけで事なきを得たが、さすがにもう逃げられないだろう。
とにかく修理見積もりが怖い・・・

南岸低気圧によって大雪となった都心部だけでなく、
この週末は山の方もかなりの降雪量となったのだが、
修理のため入庫していったクルマとともに、
私は土・日とも休養を余儀なくされてしまった。

そんなわけで、今週は雪山を訪れたお話はお休みでございます。
まさかシーズンど真ん中に、怪我でもないのに休養になるとは
思ってもなかった。誠に無念でアリマス。
  

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2018.02.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

あけましておめでとうございます

2018newyeargreeting2.jpg


      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                   2018 元日

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2018.01.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

博多って良い街だね

2017_1128-13.jpg

久しぶりに福岡に出張になった。

高校からの友人が博多に赴任しているのだが、
「いつか出張があるだろうからそのついでに」とか思っていたら
もう5年も経ってしまっていた。不義理なことでございます。

というわけで、本来は月曜日の日帰り出張でありましたが、
日曜日から博多に入って旧交を温める
(博多の旨いもんを満喫する)ことにした。

2017_1128-23.jpg
2017_1128-24.jpg

昼前に博多に到着し、まず友人から勧められたのは、
志賀島にある『中西食堂』のサザエ丼と
太宰府天満宮にある『水月庵』の山家鍋。
サザエなら茨城でも食べられるし、と0.1秒で私の脳は反応し、
太宰府天満宮に連れて行ってもらった。

2017_1128-25.jpg
太宰府天満宮の大楠


2017_1128-26.jpg
新国立競技場を設計した隈研吾氏デザインの
スターバックス太宰府天満宮店


2017_1128-8.jpg
2017_1128-7.jpg

予約の時間まで太宰府天満宮の参道をブラつき、
『かさの家』さんで、太宰府名物の『梅ヶ枝餅』を抹茶でいただく。

2017_1128-6.jpg
2017_1128-22.jpg
水月庵

肝心の山家鍋の写真撮るの忘れた。
こちらは湯豆腐も有名で、友人夫婦と私で山家鍋二つに湯豆腐一つを
お願いして、三人でシェアするとちょうど良い塩梅になった。

太宰府のあとは博多に戻り、夕刻前から立ち飲み屋をハシゴ。
博多の街は、コンパクトなエリアに星の数ほどの飲食店が軒を連ね、
まさに選び放題。飲んべえ天国。
コンパクトとは言え、中州だけで、すすきのをカバーし、
そこから更に広大なアリアに飲食店が集中して存在している。
渋谷〜原宿くらいのイメージだ。

聞けば、こちらではハシゴ酒が基本で、一日に4〜5軒は巡るのだそう。
そして、友人の場合は営業職であることもあり、
お付き合いも含めて余暇の過ごし方の大半を飲食が占めるという。
何より、東京から博多に行った友人にすると、
店の住人の気さくなところが気楽に過ごせて良いのだという。
たまに東京に帰って飲食店に入ると、そのあまりにクールな対応に
居心地が悪いと感じるまでになったそうだ。
それくらいでなければ、これほどの数の飲食店を支えられるほどの
需要が生まれないよな。

2017_1128-10.jpg

そうしてハシゴしながら薬院にある
鶏皮の店『粋恭』に連れて行ってもらった。
初めて食べたがこりゃウンマイ!
鶏皮と言いながら、コッチで食べるカリカリの歯ごたえ系ではなく
ジューシーでいてボリューミー。
かなりの人気店で、繁盛時は追加注文ができないため、
好きな人は入るなり「100本」とか注文するらしい。

2017_1128-11.jpg

たらふく喰って飲んだあとは、
これまた友人の行きつけのイタリアンレストラン『なかがわ』さんで
美味しいワインとドルチェ・・・・

友人は博多に来て5kg太ったと笑っていたが、
むしろ5kgで済んでいるのが奇跡的だと思った。
私なら1年と待たずに10kgくらいは太ってしまうだろう。
それほどに博多の食の誘惑は強力だ。

夜半頃にお開き。友人とは再会を誓ってここで別れた。

翌日。
早起きしてフェリーで志賀島のサザエ丼を食べに行こうと思っていたが、
案の定ホテルのベッドから出られなかった。
友人は「博多には観光地がないんだよ」と言っていたが、
天気も良いし、ミーティングまでの時間、せっかくなので天神に向かって
博多の街をブラついてみることにした。

2017_1128-14.jpg
2017_1128-12.jpg
承天寺にはSuzann Victorによるオブジェが展示されていた

2017_1128-15.jpg
櫛田神社

2017_1128-16.jpg
博多祇園山笠 飾り山笠

2017_1128-17.jpg
歌舞伎町も同じだけれど、昼間の中州もかなり切ない

友人はそろそろ東京に帰りたいと言うが、
奥さまの方はもう帰りたくないと言う。

「赴任するなら博多か札幌」はアソビーマンの合い言葉だが、
そんな友人の奥さまの気持ちも良く解る。

やっぱり博多は、観光で訪れる街ではなく、住む街なのだと思う。

   2017_1128-18.jpg

若い頃を知る友人は掛け替えのない宝物だ。
お互いの近況報告が済んだら、昔話の合間に政治や経済、
くだらないゴシップの話が気軽にできる。

友人夫婦が東京に戻ってくる前にまた博多に来ないとな。
  

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

2017.12.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

占いは信じる方です

2017_1010-18.jpg

これを言うと驚かれることが多いのだが、
こう見えて私は占いを信じる方だ。

どうやら、傍から見ると私は自信満々に見えるようで、
何があっても動じないタイプの人間だと思われがちだが、
実はまったく違う。

中身はA型らしく、計画はある程度入念に立てていないと落ち着かない。
もちろん、計画通りに物事が進行するはずもなく、
毎日毎日、降りかかってくる出来事に計画変更を余儀なくされ、
余計に右往左往することになるわけだ。
なのに、ジタバタしているところを見られるのはイヤなので、
動じていないフリだけは上達した。
結果、そういった見え方をするようになったのかもしれない。

そんな想定外の計画変更にも、行き当たりばったりでも何でも、
ここまでなんとかしのいでくることが出来たのだが、
50歳を境にして、これでもか!と、
今までにはなかったような出来事が
立て続けに起こるようになった。

まずは、付き合っていたカノジョにフラれたことを皮切りに、
会社の業績は急激に落ち込み、おまけに仕事も失敗続き。
期待していた部下には辞められ、周りのモノが壊れまくり、
細かい交通違反で警察に捕まり、面倒な事故に遭い、
虫歯は再発し、いよいよ首までおかしくなった。
大きな事故に見舞われたり、大病しないだけ良かったとは思うが、
この4年ほどは下り坂まっしぐらでありました。

どうやら私は、12年周期の最悪の時期にいるらしい。

そんな、かなりのマイナス局面に身を置く私なのですが、
大殺界とか、何をしても無駄とか言われる方が、
右往左往しなくなるので、むしろ助かったりする。

つまり、どんな不幸に見舞われても、
「だって大殺界なんだもん」と思えれば、
仕方のないことのように思えてくるし、
悪いことを良くしようとか、
できもしないことを考えて余計に凹むことになったりせず、
「これ以上悪くしないように気を付けよう」とか、
「今のうちに良くなる時期のための準備をしておこう」と、
むしろ目の前の不幸や面倒を、前向きに捉えられるようになる。

悪い運気のうちに身体の不具合や、お金の問題、人間関係などを整理して、
起こり得るリスクに細心の注意を払いながら、
諦めるべきことには早々に線引きをして、
去る者追わずでサッサと忘れることができる。

たとえ、そのあとに良い運気の流れに乗れなくても、
「そのための準備が足らなかった」のだと、
ポジティブに考えることができる。

まあ、実際に占いの言うことが正しいのかどうかはわからない
(でも、私に限っては、結果的に当たっていることが多い)が、
過度な期待を裏切られて落ち込んだり、
どうしてこうなるんだと腹を立てたり、
束の間の幸運に浮かれたり、
小さな一喜一憂を繰り返すこともなくなったので、
おかげでとてもフラットな精神状態を維持できている。

占いって、信じる信じないで二分されてしまうけれど、
考え方次第では、人生にかなり役に立つ情報源だとも言える。

というお話でした。
  

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

2017.12.06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 徒然

Blu-rayレコーダー HDD交換

2017_1012-6.jpg

私の愛用している東芝製のBlu-rayレコーダー『REGZA』が壊れた。
(ちなみに、画像下の古いVHSとHi8の目立つグレーの方ではなく、
 その上の黒いレコーダーの方)
録画した番組が途中でコマ飛びのように途切れていたり、
再生中にフリーズしてしまったりしていたが、
それでも、早送りしたり、スキップしたりを繰り返しているうちに
フリーズから立ち直って再生しはじめてくれていたのですが、
いよいよ「ディスクの読み込みに失敗しました」とか、
取り付く島のないようなことを言い出すようになってしまった。

私の『D-BZ510』は2011年製で、使いはじめてから
かれこれ6年にもなるので、これは完全な寿命だ。そしてもちろん、
故障箇所はハードディスクレコーダーのアキレス腱であるHDDだ。
まあ6年もってくれれば御の字であろう。

しかしだ!スノーシーズンを目前に控えた今の私に、
場合によっては6万円以上もするBlu-rayレコーダーを買う金ならない!
それでもテレビっ子の私には録りたい番組は山積みで、
しかもコイツが壊れたのはF1日本グランプリの直前と来たからさーたいへん!
録画が出来ないと、安心して海にも行けないのでマジに焦る。

もちろん、まずはヤフオクで中古品を探すわけだが、
ヒットした製品の製造年月日や、機能などの特徴を探るために
製品番号をググると、検索窓に「HDD交換」とか、
「HDD換装」とかいう予測変換が並ぶ。

「これはなんだ?」と深追いすると、まあ出て来る出て来る。
どうやら、PCのHDDを交換/増設するように、
ハードディスク・レコーダーのHDDを交換することは、
すでに一般的な行為であるようだ。

PCと同様に、載せ替えたHDDのフォーマットと、
シリアルの書き換えが必要になるので、
そのための裏コマンドが要るわけなのだが、
各社から星の数ほども販売されてきているBlu-rayレコーダーの
機種毎の交換手順が、とても詳細に記されていた。
とはいえ、複雑化したOSに、換装したHDDを認識させるのは、
それなりに骨の折れることのようで、一般的とは言ったものの、
それはやはり、まだまだマニアの深〜〜い世界の中での話のようだ。

しかして、私の『D-BZ510』は、性能的にはあからさまな廉価版のため、
そんなマニア達にはほとんど見向きもされないような格下モデルなのだが、
そのかわりにシステムがかなりシンプルであるため、
比較的容易に交換後のHDDを認識してくれるのだそうで、
逆にマニアの方々から見直されているとのこと。

となれば、電動歯ブラシの電池を交換したときと同様、
是非トライしてみたいと、ケチな私が思うのはトーゼンの流れだ。

2017_1012-3.jpg

というわけで、換装に失敗したときのリスクを軽減させる意味でも、
お財布にやさしいという意味でも、ヤフオクで中古のHDDを購入する。
せっかくなので1TBにした。今まで320GBだったので大増量だ。
お値段なんと¥3,500!!!!

外見からは窺い知れないHDDの状態をチェックして、
その診断結果をきちんと明記してくれている出費者さんもいるので、
中古品を買う場合はそういう方から買うようにしよう。

2017_1012-11.jpg
2017_1012-4.jpg

外すネジは全部でたったの16個。

ハンダで結線されているのではなく、コネクターで結線されているので、
HDDはマウントごとあっさりと外れてくれる。ここまで約3分。
HDDが外れたら裏側に装着されたマウントを新しい方に着け換えて、
あとは逆順に組み立て直すだけ。
テレビやアンテナの配線のし直しを入れても合計で10分もかからない。

2017_1012-12.jpg

本体の電源スイッチと、停止スイッチを同時に10秒間押すと、
サービスモード画面が表示される。
このサービスモードで「HDDフォーマット」と「シリアルNo.更新」を
実行すればいいということだったのだが、そもそもこの
サービスモード画面を表示させるのに1分近く押し続ける必要があったり、
それでもまだ「ディスクの読み込みに失敗ました」とか言ってきたり、
お助けサイトに書いてあるように、すんなりとはいかなかった。

2017_1012-1.jpg
2017_1012-5B.jpg

しかして、フォーマット操作を何度か繰り返すうちに、
無事に新しいHDDを認識してくれるようになった。
ご覧のようにHDD容量も3倍になりました!

予約録画テストも無事にパスし、晴れて通常運転に復帰してくれた。
あ〜〜助かった。

とはいえ、今回換装したHDDもすでに1万時間以上動作した中古品なので、
この平和がいつまで続くのかは、まさに神のみぞ知る、でありますが・・・・・
  

テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ

2017.11.09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然

Apple Watch Series 3 は買いか?

2017_1017-20b.jpg
2017_1017-19b.jpg

『iPhone 8』とともに『Apple Watch Series 3』の
販売が開始されて早1ヵ月。
ぼちぼちレビューも見かけるようになってきました。

ついこのあいだ初お目見えしたばかりだと思っていたアップルウォッチも、
あっという間にシリーズ3。
今回の目玉である「GPS+Cellularモデル」の登場により、いよいよ、
携帯電話の通信網に腕時計単体で接続できるようになったことは、
老眼のため小さな文字盤が読みづらい私でも、もう見過ごせないニュースだ。

これにより、iPhoneなしでも、電話、音楽、メール、SNS、道案内、
そして、QUICPayやSUICAなどの電子マネーと、
ほとんどアプリを使わない私でも、これだけ用途が広がった。

私はApple Musicをはじめとした
ストリーミング・サービスは使わないのですが、
ひとつのプレイリストとしてなら2GB、250曲まで、
アップルウォッチに転送できるのだそうで、
簡単に言って、こいつはiPod nanoの腕時計版と考えてもいいわけだ。



そして、防水なので、この動画のように海でも使えてしまうし、
iPhoneより通信圏が狭い可能性は残るが、
GPSはもちろん気圧計センサーも搭載するので、
アプリ次第では案外、冬山でも重宝するかもしれない。

2016_1003-30.jpg
平日の私にほとんど財布を開くことすらさせなくなったApple Payを、
更にiPhoneレスの身軽さでできることを想像すると、これはかなり魅力的に映る。
つまり、(iPhoneも持たず)手ぶらで、(Bluetoothヘッドフォンは要るが)
音楽を聴きながら、散歩ついでに近所のコンビニで
フラッと買い物〜なんてことができるわけだ。

しかも、ひとつの電話番号でスマホとアクセサリが使える
「ワンナンバーサービス」の開始により、
iPhoneの通信費に追加される月額オプションで、
ドコモでは500円と、なかなか魅力的な価格設定が用意された。

通話時のバッテリーのもちは「1時間」とかなりシブい。
ちなみに、iPhoneから接続する通話でも3時間ほど。
もちろん一日に1時間も腕時計で長電話することなんてまずないが、
アップルウォッチのバッテリー容量は、
実質的には18時間が活動限界といったところだろう。
2017_1017-21.jpg
私は、できれば腕時計は一生モノとして付き合いたいと思うし、
実際、エルメス・バージョンは10万円以上もするので、
トーゼンと言えばトーゼンなのだが、バッテリー自体は2年半はもつようで、
iPhoneとは違って、バッテリー交換も8,000円で対応してもらえるらしい。
故障の修理は補償対象外で一律25,400円。
つまり、壊れたらケース本体をまるごと交換ってことだね、きっと。

さておき、AIにせよ、自動運転にせよ、ソフトウェアの進化は著しいが、
バッテリー容量の問題は、10年前と変わらずに
技術革新のボトルネックになっているようだが、
なんとか “高級腕時計” の面目を保つくらいまでにはなっているようだ。

というわけで、今までは完全に圏外だったアップルウォッチも、
いよいよ私の食指を動かすまでになってきた。
はてさて、それはそれで困ったものだ・・・
  

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

2017.10.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

Mets The BITTER

2017_0902-3.jpg

私はコカ・コーラが好きだ。
誤解を恐れずに申し上げれば、ビールより好きかもしれん。

マナー的にもルール的にも、そこそこ制約が生じるからこそ、
ここだ!ってときの一杯のビールは超絶に美味いとも言えるが、
いつでも気軽に渇きを癒やせて、しかも喉ごしも味わえちゃう
という意味では、すでにコカ・コーラの右に出るものはない。

ちなみに、もしものときはペプシも飲むが、
たとえコカ・コーラであっても、カロリーオフなダイエット系は一切飲まない。

贅沢を言えばドクター・ペッパーが一番好きなのだが、
どこでもいつでも手に入る銘柄ではないので、
普及率によってコカ・コーラを手に取ることになるわけだ。

そんなコーラ好きの私が今、ドハマリしているのが、
『キリン メッツ ザ・ビター』だ。

これも、ドクター・ペッパー以上にどこでも買える代物ではなく、
私はamazonで箱買いして飲んでいる。

柑橘系の甘すぎない辛めの味わいに、
刺激強めの喉ごしのキレが加わって、コレがまた美味い。
要は缶チューハイ的な味だ・・・とか思っていたら、
すでにこんなのが発売されていた。

2017_0902-13.jpg

私はチューハイよりハイボール党なので、
メッツでOKでありますが、石田ゆり子に勧められると気持ちが揺らぐ。

さておき、
「炭酸強めの刺激は好きでもコーラは甘くて・・・」とお嘆きの貴兄に、
是非この『キリン メッツ ザ・ビター』をオススメしたい。
もし見かけたら、是非ともご賞味いただきたい。
  

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

2017.10.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR