立山 2018春 Day2【別山:後編】

2018_0423-86.jpg

真砂側か、室堂側か・・・・
かなり悩ましい選択のはずが、結論は意外なほどあっさりと出た。

記憶に残る(かもしれない)
センターラインを征こう!

2018_0423-87.jpg

しかして、
「いいんですか?ほんとに」と、
多数決を採っておいて疑心暗鬼の旭ガイド。
どうやらゲスト達がそこを滑って面白いと感じるかどうかは、
ガイドとしてはかなりの賭けだったようだ。
何より、滑り手としての自分は狭いシュートの方を滑りたかったらしく、
それもあってゲストにごり押しはしたくなかったようだ。

しかして、
「ガイドツアーでここを落とそうとはなかなか思わない」
という一言に、ハイリスク、ハイリターンを好む今回参加の変態達は
強く反応してしまったわけだ。

2018_0423-88.jpg
2018_0423-89.jpg

11:20
というわけで、別山山頂直下のセンターラインへドロップ開始。

出足の斜度はなかなかのもので、足元のノールの先は一切見えない。
もちろん雪の状態も分からないので「転んだらそこそこ滑落するかもしれない」
とか思うと滑り出しにはかなりビビる。

2018_0423-90.jpg
2018_0423-102.jpg

しかして、滑ってみますれば。

思わず クゥ〜〜〜〜〜!

2018_0423-92.jpg

めくるめくスリルとサスペンス!!!

雪は少々グズついていたが、だからこそ狭くて斜度のある斜面は
攻略性が高くてかなりシビれた!

2018_0423-93.jpg

2ラン目は少しだけ広くなったが、
そのぶん石が顔を出している箇所も増えるので気が抜けないまま。
それでも誰一人として転倒や、軽率なミスを犯すゲストはおらず、
尚更にパーティーは盛り上がった。

2018_0423-94.jpg

なんともハートにジンジンくるタイプの斜面!
すんごい滑り甲斐!こっちにして大正解でありました!

2018_0423-95.jpg

3ラン目は大走りに途中から合流するロングライド。

2018_0423-118.jpg
2018_0423-100.jpg

今回は黒部ダムに滑り込むルートではなく、
扇沢まではまたバス〜ロープウェイ〜ケーブルカー〜バスで帰るので、
余分な荷物はすべて雷鳥荘に置いて来た。
それもあって日帰りと同様の軽めの装備で来られたのも
この成功の大きな要因だ。

まだどこも手つかずの面ツル斜面ばかりならある意味ガイディングも簡単だ。
でも、オープンからすでに数日が過ぎ、
目立ったラインにはすでにスキー場のように多くのトラックが刻まれていて、
真夏の太陽が刻一刻と雪質を変化させている選択肢の少ないタイミングで
登りも滑りもビンビンに刺激してくるツアーってなかなかできないと思う。

中身濃すぎで中毒性高し!とにかくスゴかった!
立山の別の一面を垣間見た気がした。まさに記憶に残る一本だ。

2018_0423-103.jpg

まさに立山のセンターライン。

2018_0423-101.jpg

ゲスト全員、大大大大満足であります!
実験的とはいえ、「ここに案内してみよう」と思った旭さんも流石だが、
こういったライン取りに反応できる乗り手ばかりでホントよかった。
様々な運が味方して結実したツアーとなりました。

2018_0423-105.jpg
2018_0423-106.jpg

13:20
一旦雷鳥荘に荷物を引き揚げに戻って、
みくりヶ池温泉のデッキで思わず祝杯!
まさに祝いたくなるような一本でありました。
(OYくん、運転よろしく!)

あえて登り返す案や、ここから一ノ越し〜東一ノ越しに上がって、
タンボ平〜黒部ダムへ滑り込むという案もあるにはあったのですが、
大人は欲張って美しい思い出にケチをつけたりはしない。
完全な一本勝負に勝ったのだから、これで潔くお開きにしよう。

っていうか、
単にクソ暑くてビールが飲みたかっただけとも言うけどね・・・

2018_0423-107.jpg

そんなわけで、14時過ぎには室堂駅で解散となった。
いやはや、両日ともにメリハリの利いた素晴らしいツアーとなりました。

2018_0423-11.jpg

旭さん、ご一緒させていただいたみなさん。
今回こそこのメンツでなければ味わえなかった旅となりました。
本当に皆さんに会えて良かった!
心の底から楽しかった〜〜〜〜!
また是非ご一緒させてください!


こんな思いをしたあとに他の山を登ろうなんて思いもよらない。
というわけで、(ゲレンデはまだもう少しだけ滑るけど)
これにて今シーズンのバックカントリーは完結です。
今季はこれを含めて6日しかバックカントリーに出なかったけれど、
どれもそれぞれに思い出深い山行となったことに何より感謝だ。

運もよかったのだろうが、数が少ないぶん濃密になったのだとも思う。
いい思い出だけを持って、来シーズンに臨みたいと思う。
  

スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

立山 2018春 Day2【別山:前編】

2018_0423-70.jpg
2018_0423-71.jpg

前夜は夕飯のあと、今回のゲストの皆さんと部屋呑みに興じた。
滑り終えた斜面を肴に飲む酒は格別だ。
その時間を、同じ穴の狢たちと共有するのだから尚のこと酒はすすむ。
そんなわけで、22時にはばったりと落ちるように寝てしまった。

それもそのはず、私でさえ前夜は午前3時に家を出たわけで、
遠く大阪や滋賀、名古屋からお越しの皆さんは更に早かったことだろう。
加えて、前日は登り5時間を含む9時間行動だったので余計だ。
かなり深く眠れた気がするが、5時にはぱっちりと目が醒めた。
超健康的山小屋生活。

8:00
雷鳥沢に向け雷鳥荘の目の前の斜面をテント場に向け滑走する。
というわけで、この日向かうのは雷鳥沢を詰めてから
稜線沿いを渡って行く、はじめての別山。

2018_0423-72.jpg
2018_0423-73.jpg

雷鳥沢を登るのは久しぶりだ。
とにかく景色に変化がない「同じ味攻撃」が辛かった記憶が蘇る。
景色に変わり映えのない東北道を走るのに似たあの感覚。
食べ放題に嫌気がさすあの感覚。

飽きるほど変化の乏しい登り斜面が続く。
とにかく「いつか着く」と無心になって足を前に運ぶことに集中する。
ちなみに、私は一ノ越しに向かうときも、すぐに歩くことに飽きてしまう。

2018_0423-74.jpg
2018_0423-75.jpg

どういったわけか私はこれまで雷鳥を見ることが叶わず、
このときはじめて雷鳥を見ることができた。
雷鳥沢ではじめて雷鳥に出くわすなんて、これ以上の雷鳥体験もない。
祝・初雷鳥。

さすがの雷鳥もこの暑さで表に出てきてくれたのかもしれない。
暑さは肌が灼ける匂いがしたように感じたほど、
二日目のこの日の方が前日よりも陽差しが強かった。

この日は壊れたハイドレーションの代わりに、
500mLのペットボトルを3本積載。それでも足りるのか不安になるほどの暑さ。
ここまで暑いともう冬山なんて風情では決してない。

2018_0423-76.jpg

剱御前小舎まであと少しの所にある狭いリッジから
雷鳥沢とは逆側の絶壁を見下ろす。ちょっと足が震える。

2018_0423-77.jpg

9:50
剱御前小舎に到着。
ここまで2時間切ってる。意外と速かったな。
稜線に出ると風が強まって気温がグッと下がるが、
それでちょうどいいくらい。

画像の野鳥ははあとで調べたら『イワヒバリ』と判明。
やたらと人なつっこくて、かなりそばまで近寄って来てくれた。
癒やし系のかわいいやつだ。これも山の恵み。

2018_0423-78.jpg

剱御前小舎から別山まではアイゼンに履き替えて
岩場と氷がミックスされた稜線を往く。

風がやや強く吹いていたいこともあり、
背中にボードを背負うのに気を遣わされたが、意外と私の足取りは軽やかだった。
ここまでで結構ヘバっていたので、これには自分でも驚いた。
案外オレはアイゼンの方が向いてるのか???
そういえば以前にもそういうことがあったことを思い出す。
本当はスプリット向いてないのかな?

いずれにせよ足元がガッチリと確保されるアイゼンの方が安心感が高く、
しかも足取りも軽くなり疲れにくいようにも感じた。
思い込みや勘違いもまた、山での武器になるのでこんなことも見逃せない。
これも明日に繋がる良い経験だ。

2018_0423-80.jpg
2018_0423-79.jpg

登山道らしい登山道を往く。
なんかちょっとカッコいい感じ。
自分に酔える景観だ。

2018_0423-82.jpg

ここの道中、左手にはずっと剱岳が鎮座している。
剱岳も滑れるそうだが、私は遠慮しておきます。

2018_0423-91.jpg

10:45
別山(2,880m)登頂。
言ったように、ウンザリするほど長〜〜い斜面と、
稜線づたいのオトコマエな登山道を来たこともあり、達成感は異様に高い。
そしてここからは、遠く白馬の山々まで裏側から覗くことができる。
スゴイ景色のオンパレード。大満足の山行だ。

2018_0423-85c.jpg

浄土、立山、別山という立山三山は、立山信仰により
浄土山は過去の山
雄山、大汝山、富士ノ折立を含む立山三峰は現在の山
そして、ここ別山は未来の山を顕しているのだという。

浄土山には何度か行っているのですが、
雄山にも、大汝山にも、富士ノ折立にも登ったことがないので、
現在をとばして未来に来てしまったことになるがまあいいだろう。
正直もう現在のことはあまり考えたくないし・・・

と、ここで旭さんから緊急会議が招集された。

当初は日陰になる裏側の真砂沢の方に落として登り返すつもりだったようだが、
ここまで来て実際に雪の状態を見るに、別山から室堂側に落とす
狭いシュート状のセンターラインも行けそうだと踏んだらしい。

立山らしいオープンパーンを文句なしに味わえる真砂沢側を落とすか、

雪質は出たとこ勝負、しかも岩場に挟まれた急峻な斜面で
少々心臓が縮むような思いをしてでも記憶に残る(かもしれない)
室堂側の狭いシュートを落とすのか??

加えて、室堂側に落とすと言うことは、
そのまま真っ直ぐテント場の方に出てしまうため、
時間的にも、この日の日射による雪質の変化具合を考えても、
下から登り返してもう一本滑っても、これ以上楽しめる可能性はかなり低く、
真砂沢側に落とせば、もちろん稜線までまた登り返す必要があるので、
雪質はさておき、自動的に大走りあたりをもう一本滑ることができる。

といった旭さんからの2方向のプレゼンテーション後に
ゲストの多数決が採られた・・・

・・・果たして・・・(後編につづく)
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.09 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

立山 2018春 Day1【雄山編】

2018_0423-43.jpg

14:00
午前中、室堂〜国見岳〜天狗平をメイクしてバスで室堂駅に戻り、
一旦この日の宿である雷鳥荘に余分な荷物をデポするために立ち寄った。
プライベートだったらこのまま打ち上げにしてもいい時間なのだが
ここから更にもう1本行こうとか思えるほど、
目の前に並ぶ無数のラインに囲まれているのが立山という場所で、
それらを前にして指をくわえて見ているわけにはいかないわけだ。

「とりあえず」雄山の方を目指すことだけ決めて、
どこまで行くか(行けるか)は、時間と体力と雪の状況変化次第。
でも「アイゼンは置いていきましょう」と、
今回ガイドをお願いしたリズムワークスの旭さん言ったのは、
アイゼンを持ってると無理して詰めてしまうからで、
つまり、そういう場所までは行かないという意志表明でもあり
それを聞くと文字通りに少し肩の荷が下りて助かる。

2018_0423-44.jpg
2018_0423-45.jpg

どうやら旭さんはサンセット・ライドを狙っているようだ。

「ようだ」というのもおかしく聞こえるかもしれないが、
昨年の蓮華温泉のツアーの時にも書いたように、
旭さんはガイドである前にライダーだ。
特にエキスパートツアーの場合、
行き先の選択においては観光視点よりもライダー目線が優先され
それ故にその場その場での現場判断を重視する傾向がある。

2018_0423-51.jpg

サンセットのタイミングにどこにいられるのか、
そしてそこの雪の状態はどうなのか?
もちろんある程度の予測をして向かうわけだが、
なにぶん自然相手の遊びだ、ゲストの体調を含め
想定外なんて日常茶飯事なわけで、
夕陽はきれいでもそこまで辿り着けなかったり、
雪がストップスノーだったり、クラストしていたりしたら台無しだ。

そういったガイドの仕方を優柔不断に思う人もいるかもしれない。
山行において、ましてや立山というアルパインエリアにおいては、
心を先回りさせる気持ちの準備が大切なのは言うまでもない。
ガイドはそういった状況変化を予め見越した上で、
確実に施行される行程を前もってゲストに伝えた方が良いとも確かに思う。

でも、ピークハントや有名無名峰とかにあまり興味のない私の場合、
設定された目的地まで行けば、半分の契約は完了といったツアーより、
多少ハズレくじの確率が高まっても
ライダー視点でもって「サンセットライド狙い」と言われる方が好みだ。

もちろんこれだけ天気も視界も良くて、風もない日だからこそ
遊び心のあるガイディングができているとも言えるし、
そういった滑り手として選べるチャンスを最大限に活かそうと
試みる姿勢は、私は嫌いではない。

そして、この旭さんの方法論が、この翌日の山行で
更に花開くことになるとはこの時の私には知る由もない・・・

2018_0423-46.jpg
2018_0423-48.jpg

16:30
ロウソク岩の直下に到着。
ゴールデンタイムまではまだ少し時間が余ったが、
これ以上標高上げても良いことなさそうなので登りはここまで。

2018_0423-47.jpg
2018_0423-55.jpg

とはいえ、ここでジッとしていても仕方がないので、
クラストし始めないうちに一段だけ落とす。
画像は壁に当て込むライダーズレフトのラインを選択したOYくん、

2018_0423-113.jpg
2018_0423-60.jpg
2018_0423-61.jpg
2018_0423-63.jpg
2018_0423-53b.jpg

私はライダーズライトを狙ったのだが、日射が強かったせいか、
ちょっと止まり気味な箇所が混ざっていた。
左目に行けば良かったかな。目論見が外れた。

2018_0423-116.jpg
2018_0423-49.jpg

中腹で舞台装置(サンセットと雪が締まる)が揃うのを
バンクに当て込みながら待つ。
私は疲れるので見てるだけ。
OYくんはさておき、ONさんも元気だ。

2018_0423-52.jpg

遠く夕陽に照らされる富山湾を臨む。
立山に来る度に絶景という言葉の意味と、
この惑星の尊大さを再確認させられる。

これを見ても尚、これがすべて我々のものだなんて
思い上がったことを言える人間などいないと思う。
我々はここに間借りしているだけの、
ただ生かされているだけの存在だということを痛感する。

海にいると人間の小ささを痛感し、
山に来ると地球の大きさを痛感する。

2018_0423-117.jpg
2018_0423-69.jpg

17:30
そうしていよいよ夕陽に赤く染まる斜面を駆け下りる時間がやって来た。

旭さんは場合によっては滑走中であっても、
ボトムから無線で滑走面を指示してくれるので、
上から覗いては窺い知ることのできないきれいな面へ躊躇なく向かえる。
これはスラッシャー向きの地形だ。ありがたい!

2018_0423-54.jpg

待った甲斐があった。
気温の低下に伴って雪は締まり始めていた。やたらとよく走る雪。
そして、オープンから6日が経ったあとでも残る面ツル斜面。
ガイドツアー冥利に尽きる1本でありました。
立山万歳!!リズムワークス万歳!

2018_0423-57.jpg
2018_0423-58.jpg
2018_0423-62.jpg

夕飯の時間は18時30分から。
さあ急いで雷鳥荘に戻らねば。

2018_0423-64.jpg
2018_0423-67.jpg

そうして夕飯の時間ギリギリに無事雷鳥荘に帰着。
それでも食事の前に『君の名は。』で言うところの・・・

昼でも夜でもない時間。
人の輪郭がぼやけて、彼が誰だか分からなくなる時間。
人ならざるものに出あうかもしれない時間。


黄昏時の語源でもある「誰そ彼」の時間を
展望浴室の湯船から眺めたことは言うまでもない。
もちろん、風呂上がりの生ビールが
これ以上ない美味さであったこともまた言うまでもない。
(Day2につづく)

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

立山 2018春 Day1【天狗平編】

2018_0423-1.jpg

ありがたいことに今年も立山に来ることができた。

今シーズンのバックカントリーはこれまでたったの4日と、
ほとんど登り筋ができていないことと、
この一週間前に北海道トリップを入れていたので、
ただでさえ体力も気力も整えなければ挑めない立山という場所に向かうには
あまりにも準備不足で、正直かなり腰が引けていた。

もちろん、一週間空けて行けば半分は心配が減るわけだが、
そうすると混雑が予想される黄金週間に入ってしまう。それと、
私には立山はオープン2週目が当たるという勝手なジンクスがあるので、
行くならここしかない。

そんなわけで、最終的に行くこと(覚悟)を決めたのは
一週間前の札幌国際でOYくんと二人、リフトに揺られているとき。
プライベートで行くとグダグダになりそうだったので、
ここは景気づけにガイドツアーに参加することにした。
その覚悟をON塾長に知らせると、
なんとONさんも来てくれるということになった。
今シーズンもONさんと山に登り滑ることができる。
とても有り難いことだ。

2018_0423-2.jpg

7時半の始発に間に合うように6時半に扇沢駅に着くと、
下の市営駐車場はすでに満杯であった。
これから標高3千メートルのアルパインエリアに出ようとしている人間が
こんなことを言うのはおかしいかもしれないが、
私はできるだけ駐車場から歩きたくない。
なので、毎年駅に近い方の有料駐車場を使っている。

今年の立山は一週間前の日曜日からオープンしたので、
週末しか泊まりで参加できない方々にとっては
事実上この週がオープン日となる。
なので、オープン日と連休に挟まれる2週目は比較的空いているのですが、
市営駐車場の混雑ぶりを見るに、今年は例年以上に混んでいるのかもしれない。

2018_0423-4.jpg

とか思いながら駅に向かうと、この長蛇の列が目に飛び込んで来た・・・
おおお〜〜〜まじか!こんなの見たことないぞ!
しかも、心なしか観光客も多いように見える。
(もちろん観光ツアーの客はこの列には並ばないので、
 この倍以上の乗車客が駅舎周辺にいる)
今回のガイドツアーの室堂駅の集合時間は10時なのだが、
まともにこれに並んでたら何時になるのか見当も付かないし、
それだけで体力を奪われそうだ。

2018_0423-3.jpg

とか、余裕ぶっこいていられるのも、
7時半の便のWEB切符を持っていたから。
WEB切符の窓口は当日券の窓口と違ってガラガラに空いている。

一週間前に行くことを決めたのに、
なぜとうの昔に売り切れたはずのWEB切符を持っていたのかというと、
「どうせへそ曲がりはこの週に行くだろう」と踏んでいた
OYくんの超ファインプレーだ。

2018_0423-5.jpg

始発便はほとんどが予め予約していた観光ツアーに参加された方々ばかりで、
いつもはスキーやボードを担いだ面々が大挙して
走るように通過する黒部ダムの上もこのようにまだガラガラだった。

2018_0423-6.jpg
2018_0423-7.jpg

そんなわけで、ロープウェイは憧れの1番整理券!
これだけ混雑している日なら尚のこと、
この整理券のプラチナ感は高い。

2018_0423-8.jpg

というわけで、スイスイスイ〜〜っと9時前に室堂駅に到着した。

集合時間までまだ1時間あるので、ゆっくり高度順応でも・・・・
とか思っていたら、富山側からだと7時半には室堂まで来られるそうで、
ONさんを含めた他の3名の参加者の方々はすでに到着されていた。

2018_0423-10.jpg

今回ガイドをお願いしたのはリズムワークスの旭さん。
例に漏れず、リズムワークスもリピーターの方々の参加が多く、
立山ともなれば尚のこと、
その中でも勝手知ったる経験者の方々の参加が多いため、
登山届けに記入したら、説明もそこそこにすぐ出発となってしまった。
旭さん、まだ心の準備が整ってません・・・・

2018_0423-13.jpg

この週末、日本はすっぽりと大型の高気圧に覆われ、
全国的に夏日を通り越して“真夏日"が予想された。
というわけで、今年も2日間とも晴天が決定。
4年連続、合計8日連続で快晴の立山を味わえることとなったわけだが、
必ずしも山行に晴天がいいとは限らない。なにせ真夏日だ。
特に照り返しの強い雪山では日射病に要注意だ。

「念のため」が重なってザックはどんどん重くなってしまうものだが、
それはレイヤリングも同じこと。
「念のため」に7分丈のインナーパンツを履いて行ったのだが、
旭さんに「悪いことは言わないから」と速攻で脱がされた。

2018_0423-140.jpg

オープンからすでに一週間が過ぎ、主だった斜面はすでにどこもトラックだらけ。
そこに来ての真夏日だったので、まずは軽く足慣らしと腹ごなしに、
天狗平山荘に「生姜焼き」を食べに行くこととなった。
というわけで、室堂駅の正面にあたる室堂平を登り、
国見岳から “雪の大谷” を見下ろして天狗平のバス停のある天狗平山荘へ滑り込む。
こちら側に滑るのはおろか、来たことすらなかったのでこれは望むところだ。

2018_0423-29.jpg

10:30
酸素が足らない息苦しい感じはあったが、
心配をよそにスイスイっと室堂山に到着してしまった。
一週間前のシャクナゲ岳が効いているのか。

2018_0423-19.jpg

室堂山から国見岳を詰める前に、まずは目の前の美味しそうな斜面へ
足慣らしと挨拶代わりの1本。

2018_0423-20.jpg
OYくん

2018_0423-21.jpg
ONさん

2018_0423-22.jpg
スキーヤーのYさん

2018_0423-25.jpg
紅一点Mさん

2018_0423-16.jpg

日陰だったこともあって滑り出しは硬くとても走る雪!
真夏日に貴重なナイス斜面!
すぐに登り返すので、登りのレイヤリングのまま滑ってしまいましたが、
一本目からかなり気持ちの良いヤツでした。最初からコリャタマラン。

2018_0423-18.jpg

すぐに登り返し。
国見岳の山頂への稜線はプチ・ナイフリッジ。

2018_0423-27.jpg
2018_0423-23.jpg

国見岳山頂から見た天狗平山荘(画像中央)。
と、ここで問題発生。ずっと腰の辺りが冷たいなあと思い、
ハイドレーションのパックを取り出して見ると
パックの繋ぎ目が剥がれて中身が漏れ出していた。
先週のシャクナゲ岳では問題なかったのに。
真夏日を見越してキャパシティいっぱいの2L近く入れてきたのだが、
それもあってパンクしてしまったのかもしれない。

この先水分なしでは乗り切れないので困っていると、
たまたま旭さんが空のボトルを持っていて、
飲み物をそちらに移して今回は事なきを得たが、
図らずもハイドレーションの寿命が思ったより短いことが分かった・・・

2018_0423-34.jpg
2018_0423-35.jpg
2018_0423-36.jpg

気を取り直して、がっつり滑走装備を整えた本気の2本目!
ほど良い緩み具合。しかもいわゆるノートラック面。
毎度言うがシャバ雪でも何でも面ツルは面ツル。
最初にトラックを刻んだ者の達成感に代わりはないのだ。

2018_0423-26.jpg

もちろん今回の立山の相棒もSLASHERだ。
現在私の所有するスプリットボードはSLASHERとMAGIC38の2本。
特に大斜面でテールから糸を引くようなラインを引っ張れる
MAGIC38ももちろん捨てがたいが、今はとにかく
フラットキャンバーの立体地形での機動性と、
バックカントリーでこそ活きる
ラウンドテールの操作性にシビれっぱなしだ。

ちなみに、
隣の『GENTEMCHOPSTICK GIANT MANTARAY』は
旭さんのスプリットボード。
ジャイマン以外にもFlyfiskもお持ちのようで、
いよいよ旭さんもGENTEMに乗るようになった。

2018_0423-119.jpg

話は逸れるが、
ONさんの『OGASAKA FT SPLIT』で少しだけ歩かせてもらった。
FT SPLITのツーリングブラケットは、足を上げたときに
ボードのトップとテールがきちんと両方同時に持ち上がるように
かなり厳密に配置がされている。

私のSLASHERやGIANT MANTARAYは、
ツーリングブラケットが前寄りのため
足を上げたときにどうしてもテール側が下がってしまう。
バランス良く足の引き上げができると、片足で立ったときの
身体のバランスどりにも少なくない影響があるように感じた。
わずか抵抗ながらテールを引きずっていることも感じる。

これによって足の運びが良くなったり、
キックターンがし易くなったりすることは間違いない。
とても小さな違いなのだが、長距離になればなるほど
この小さな違いの積み重ねが大きな違いを生み出すのかもしれない。

というわけで、この国のスプリットボードの草創期から
ずっと使い続けている旭さんのフィードバックが
メーカーに届くことを願いたい。

2018_0423-37.jpg
2018_0423-28.jpg

計ったように12時ちょうどに天狗平山荘に到着。
おひつに入っている生姜焼きを初めて見たが、
海苔敷きに山椒もかけられている鰻重風。
疲れた身体にピリッと塩分強めでいかにも山小屋の料理。
これまた旨しっ!
しかしてまだ昼飯だ。自粛してここはノンアルコールビール。

2018_0423-40.jpg

天狗平から室堂まではバスに乗って戻るので、
テレビでよく見る観光名所『雪の大谷』を
バスの窓越しながら初めて見ることができた。

2018_0423-120b.jpg

雪の大谷の壁はビル7階ぶんとかでもっと高い。
視界不良でこんなとこに落ちたくない。

2018_0423-42.jpg

14:00
昼飯のあとは一旦雷鳥荘に寄って、荷物をデポして一息ついたら、
返す刀ですぐさま午後の第2ラウンドへと向かう。

旭 立太は相変わらずのセッカチくんなのだが、
12時ピッタリに天狗平山荘に滑り込んだことでもわかるように
セッカチにもトーゼンワケがある。
参加者の様子を見て「行ける」と踏んだのだろう。
まだいくつかのバリエーションに迷っているようなので、
この時点で最終的な行き先は告げられないが、
こうなるともう腹をくくるしかなくなる・・・

というところで、紙幅も尽きたのでこの続きはまた明日!!!
(雄山編につづく)  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.05.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

北海道 3Days 2018 ver.3【4/15:キロロ】

2018_0416-54.jpg

前日に見たニセコの予報は雨。
しかして、場所によっては吹雪くところもあるかもしれないとか
ちょっと期待させるようなことも言ってくる、
果たしてどっちに転ぶのか、少々ややこしい状況だ。

最終日のこの日は、ノブ、ショウちゃんに加え、
キロロローカルのみなさんと、キロロから余市岳へツアーに出て、
余市岳の頂上でジンギスカンをするという、とても豪華な予定であったので、
寝る前は、雨はさておき吹雪はいかがなもんでしょう?とか、
酔った頭で思っていたのですが、
朝、倶知安のホテルで目を醒ますとニセコは予報通りの雨。
しかもかなりガッツリと降っている・・・

しかして、キロロへ向かう赤井川国道の道中は途中から雨も止み、
途中トンネルを抜けると路面にはシャーベットながら降雪の跡が!
これはもしや!

と、期待を胸にキロロに着くと、空には低い雲が立ちこめていて、
それはつまり山はガスガスの視界不良だということ。
これまた例によって、私の甘い考えは脆くも崩れ去り、
あえなくこの日のBCは(頂上ジンギスカンも)中止となってしまった。

2018_0416-53.jpg
2018_0416-56.jpg

なのですが、言ったように心配だった雨は止んでいて、
しかも、リフト1本上がっただけで雲を突き抜けてしまい、
眼前にはビューチフルな雲海が広がった!!!!
どういったわけか今シーズンは雲海遭遇率が高く、これで3回目だ。

峠越えで路面に積雪があったほどなので、
キロロでも朝方から軽く降雪があったらしく、
この日もゲレンデ状況は想像以上でありました。

2018_0416-55.jpg
2018_0416-57.jpg

そんなわけで、潔くBCは諦め、
キロロローカルのみんな(総勢15名ちかく!)と
キロロリゾートを満喫することにした。

2018_0416-68.jpg

キロロでは登山計画書を提出するとこのようなパスを渡され、
ビーコン着用のうえで設置された各ゲートから
サイドカントリーへも出られるようになる。
ちなみに、リフト券を購入していないとパスをもらえないトコロが商売上手。

2018_0416-59.jpg

そんなわけで、堂々とゲートをくぐらせていただくと、
そこにはこれまた想定外のパラダイスが待っていた!
10cm程度で、重めの湿雪ではあるものの、新雪は新雪。
面ツルは面ツルだ。

しかも適度な木と木の間隔はツリーランがしやすく、
反応のよい雪と併せて超絶に楽しい!
これまた2割増しで上手くなったように錯覚させてくれる雪だ。

ところどころ木の根元に松ヤニのような汚れが見え、
そこに乗ると前転するほどボードが掴まれてしまうが、
そこ以外の雪面はそこそこ走る雪でありました。
ライン取りが重要。

2018_0416-60.jpg

スキー場上部では小雪も舞い始め、気温は低め。

2018_0416-92.jpg

それ故、昼メシのあとでもこんな面ツルちゃんが待っていてくれた!
この画像だと分かりずらいですが、
ノールの先には深くて大きいパイプ上の沢が待っている。
久しぶりに味わうこの無重力感。誠にタマランであります。

2018_0416-62.jpg

これもよく分からないと思いますが、画面中央で、ゴーグルが不調のため、
リップがよく見えずにパイプから勢いよく吹っ飛んでるのはノブ。

2018_0416-63.jpg

面ツルは続くよどこまでも。

2018_0416-65.jpg
2018_0416-64.jpg

そんなわけで、森の中を探せば面ツルの斜面が次から次へと現れてくるのだが、
飛行機の時間を考えるとそろそろキロロを出ないとならない。
そうして、これが最後と向かった森の中は、見事なまでのストップスノー。
そこそこの距離があったのだが、一切ターンできず・・・
森の中をゆっくりと、そしてまっすぐに降りていく・・・
これはこれでなかなかできない体験でありました。

2018_0416-67.jpg

出発まではどうなることかと思った今回の北海道トリップであったが、
終わってみれば今回も最後の最後まで、端から端まで楽しめてしまった。

今年は雪がとても多い年であったのだが、
関東近郊のスキー場の雪解けのスピードが尋常でないくらい速く、
それもあって余計に、今回のトリップでの雪質には
ほとんど期待していなかったのですが、
まるで1ヵ月前にタイムスリップしたかのような北海道の雪質には
ほんとに驚かされた。

そして今回、
ノブとショウちゃんが妙にキロロにはまっている理由も分かってきた。
ニセコエリア、旭川エリア、そしてキロロを含む札幌エリアと、
北海道を楽しむバリエーションがどんどん増えてくる。
その楽しみ方のすべてが、ガイドブックなんかには載っていない、
ローカル達のガイドのおかげだ。
改めてこの出会いに感謝したい。

いやはや北海道恐るべし!これだからやめられましぇん!!!!
そんじゃあノブにショウちゃん、また来るよ〜〜〜待っててね〜〜〜〜!

【おまけ】

2018_0416-74.jpg

長いこと勝巳さんに預けっぱなしだった『BMW StreetCarver』を引き揚げてきた。
めんどくさかったので袋詰めにもせず、そのまま預け入れ荷物として渡したら、
何事もなく引き受けてくれて、
何事もなく羽田空港のベルトコンベアに乗って出てきた。
その様がちょっとウケた。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.04.26 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

北海道 3Days 2018 ver.3【4/14:Groovy Session】後編

2018_0416-76.jpg

2018_0416-38.jpg
2018_0416-39.jpg

11:30。
いよいよヴィーナスの丘から滑走開始だ。

雪はほどよく緩んだナイス・シャウダー。
速すぎず、かといって緩くもない、
適度な足応えがこの広大な景観とバッチリマッチ。
目くじら立てて滑る必要のない春という季節と、
ニセコの雄大な景観のマッチングは最高ランク。
ノンビリと旅するように山と向き合う時間がとても心地いい。
これも北海道ならではの時間だ。

そんな場所だからこそ、これがうららかな陽差しの下であったら、
と思わずにいられないが、この日射具合だからこそ、
雪が緩みすぎずに維持されているとも言えるので
これはむしろツイてるのかもしれん。

2018_0416-40.jpg
2018_0416-41.jpg

思いの外成長していた雪庇を迂回してドロップポイントへ移動。
つまり登ってきた方向からは窺い知れない反対側へと落とすわけだ。

2018_0416-42.jpg

画像の奥にそびえるのはチセヌプリなので、登ってきた方向だ。
というわけで、一旦チセの方向に出てから左に大きく巻いていくライン。
簡単に「大きく巻いて」とか書いたが、
斜面は小型のスキー場がすっぽり収まるサイズ感。

そんなわけで、スタート前のイメージと、
滑り始めてからの実際のサイズ感の調整にちょっと時間がかかるヤツ。

2018_0416_shota-1.jpg

勝巳さんに続いてOYくんからドロップ!
場所によってはご覧の通りのフィルムクラスト!

2018_0416_shota-3.jpg

2018_0416_shota-2.jpg

2018_0416-83.jpg

いや〜〜長い!一本が長い!
貧乏性の私は、それでももったいなくてあまり飛ばせない。
だって一回でも多くターンしたいんですもの。

2018_0416-43.jpg

は〜〜気持ちエガッた〜〜〜〜
この画像に入りきらない、はるか右上からドロップしたわけだ。
見上げたときの距離感も、上から覗き込んだときとだいぶ違う。

ちなみに、画像を横切る人工的な笹の葉のラインは
どうやら登山道を示したもののようだ。
滑らなくても、残雪の春のハイキングにも最適なロケーション。

2018_0416-45.jpg

裏側に落としたので上の高原まで登り返し、
もう一度シャクナゲ岳の方にトラバース。
勝巳さんはボード片手にツボ足でケロッと登り返す。
同い年です・・・・

2018_0416-46.jpg

デカイオープンバーンのあとは当て込み系沢地形を攻略する。

2018_0416-47.jpg
2018_0416-84.jpg

勝巳さんのレイバックはいつ見てもカッコイイ。
しかも今回のは超ロングバーション。10m近く引っ張ってた。
やっぱスンゲイ。

2018_0416_shota-5.jpg
2018_0416_shota-6.jpg
2018_0416_shota-7.jpg

2018_0416-49.jpg

望遠のない私のカメラでは近くまで来ないと大きく撮れない・・・
ショウちゃんいつもありがとう。

2018_0416-50.jpg

沢に当て込んだらあとはお帰りルート。
美しい森の中のメロ〜〜〜〜〜な斜面をゆったりと帰る・・・ノダガ、
だめだ、ねっぱる(北海道弁:ストップスノーの意)。
所々ワンフットだったり歩いたりで、そこそこヘバった。
ここも良い雪の時に滑ってみたいと思えるような美しい場所でありました。
ニセコのあたりもまだまだ奥が深い。
こういう場所を知るにつけ、知った気になるのはまだ早いと痛感させられる。

2018_0416-51.jpg
2018_0416-52.jpg

駐車場に戻ると、勝巳さんがクルマから2本のスノートイを出して見せてくれた。
上は勝巳さんがシェイプしたもので、下は芽育の“ビッグフット”。
それぞれアプローチがまったく違うところが興味深い。
やはり自分の理想を手軽にカタチにできるところが
雪板の楽しいところなのだと思う。

というわけで、イワオまで移動して雪板遊びに興ずることになった。

2018_0416-89.jpg

転ばずに滑りきっても「ヒュー!」だし、
転んだらもっと「ヒュー!」だ。
バカやってる感じが最高に「ヒュー!」。
腹が捻れるほど笑えるこの謎の盛り上がり方が雪板の真骨頂だと思う。

2018_0416_shota-10.jpg
2018_0416-91.jpg

夜は久しぶりの『よし鳥』!

2018_0416-90.jpg

宮内皆人くんも駆けつけてきてくれて超盛り上がった。
昼も夜も町も山も、倶知安はほんと素敵な場所だ。
(Last Dayにつづく)  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.04.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

北海道 3Days 2018 ver.3【4/14:Groovy Session】前編

2018_0416-35c.jpg

そもそも佐々木勝巳さんに遊んでもらおうと思い企画した
今回のトリップではあったのだが、
残念ながらこの日は勝巳さんに先約があったため、
一旦はGroovy Sessionを諦め、
札幌のノブとショウちゃんと遊ぶ予定に変更していた。
しかして後日、勝巳さんの先約がキャンセルになったということで、
改めて勝巳さんにお願いできることになり、
今年もGroovy Sessionの開催が叶ったというわけだ。

2018_0416-71.jpg

朝、札幌のホテルで目を醒ましカーテンを開けると、
外は嘘みたいに晴れ渡っていた。
あまりに想像とは違う窓外の景色に、
雨だったらダラダラと過ごそう・・・とか、
緩みまくった気持ちを引き締め直すのに時間がかかってしまったほど。

そんなわけで、道中に見える朝の羊蹄山もスッキリクッキリ。
(しかして、翌日の雨を伝えるレンズ雲もクッキリ・・・)

この日はゆったり9時に倶知安のGroovyに集合ということで、
7時過ぎに札幌を出発したのだが、
さすがに路面の乾いた峠道は雪道とは違ってスイスイ。
この日はノブとショウちゃんもニセコまで来てくれて、
これでいつものメンツが揃うこととなったのだが、
8時頃にGroovyに到着するとすでに全員集合。揃ってセッカチだ。

2018_0416-25.jpg

前日までの心配をよそに、ツアー中に雨は降らなさそうだ。
今回の予定について勝巳さんとやり取りしているときに、
雨が心配だと告げると間髪入れずに「晴れるしっ!」と
答えが返ってきたことを思い出す。
師匠の神通力は大したものであります。

さて、その日一番ゴキゲンな場所に連れて行ってもらうので、
行き先は勝巳さんに全部おまかせなのですが、
「今回はスプリットで行きます」とだけ伝えておいた。
そうして到着したのはチセヌプリの駐車場。
ここからシャクナゲ岳の手前に位置する
『ヴィーナスの丘』と呼ばれるポイントを目指すという。

なだらかな登行が続くスプリット向きのハイキングコースだという。
ノブもショウちゃんも何度か訪れているようだったが、
私とOYくんはヴィーナスの丘へ行くのはこれが初めて。楽しみだ。

2018_0416-26.jpg
2018_0416-27.jpg

9時15分ハイク開始。
まずはチセのスキー場跡地を少し登り、途中から左に森を抜ける。

2018_0416-28.jpg

正面にそびえるのはチセヌプリ。
1時間ほどで森を抜けると平坦な場所に出るわけだが
これは確かに春のスプリット・ハイキング向きのコースだ。

2018_0416-29.jpg

左を向くとシャクナゲ岳(1,074m)が見えてくる。
手前の双山がヴィーナスの丘と呼ばれる無名峰。
この名前の由来はご覧の通り。

2018_0416-31.jpg

ヴィーナスの手前はこれ以上ないほどスプリット向きの雪原が広がる。
まさにハイキング。
ちなみにスプリットは私とノブの二人。
OYくんとショウちゃん、そしてもちろん勝巳さんはスノーシュー。

2018_0416-32.jpg

向かって左の丘に上がって休憩したら、
ここで滑走準備をして隣の丘の麓まで滑り降りるので、
向かって右側の丘の頂上まではボードを背負ってのツボ足。
ほんの少しの距離なのだが、やはりツボ足はヘバる。

お気づきかもしれないが、
ノブの背中にいるMAXFORCE Splitは私が譲ったものだ。
ノブはここのところの山行で、
山の取り付きまで平坦な長い距離を歩くことが多く、
しかも同じパーティーにスプリットを使う方がいるそうで、
俄然スプリット・ボードに興味が沸いたのだそうだ。

ノブにとって2日目のスプリットボード行となるこの日、
ノブの口を突いて出てきた言葉は、スプリットの歩きやすさや、
ましてや可愛いMAXFORCEを手放した
友人思いの私への感謝の言葉などではなく、
「やっぱスプリットめんどくせぇな」であった。

ノブの性格を考えれば、これはなんとなく想像ができたので、
最初は「貸すから試しに乗ってみ」と言っていたのだが、
どうも他人のものだと身が入らないらしい。
こういう部分は妙に律儀な男で、それで譲ることにしたのが、
そのぶん自分のものにしたら、言いたいことは遠慮なく言うよ。と、
そういうわけだ。まあこの男らしいと言えばらしいエピソードだ。

2018_0416-16.jpg

そんなわけで、今回のトリップの相棒は前武尊につづきSLASHER Split
そもそもスノースケートを持ち込むつもりだったこともあり、
今回持ってきたスノーボードはこれ一本のみ。
前日の札幌国際もSLASHER Splitでゲレンデを回した。
何だかんだ言ってもスプリットは重いので、
ゲレンデはソリッド・ボードで滑りたいのが本音だが、
かといってあからさまな不具合があるわけでもない。
あくまでも私見だが、重い雪だと重量のあるボードの方が安定すると思う。

北海道まで来るとなれば様々な状況に対応できるように
せめて2本はボードを持ち込みたいところではあるが、
肩ひじ張らずに楽しみたい春のトリップに、
スプリット1本というのもこれはこれでアリな選択だ。

2018_0416-33.jpg
2018_0416-34.jpg

11時30分。2時間でヴィーナスの頂上に到着。
岩内町越しに夏にツーリングで走った積丹半島、そして泊原発が見渡せる。

ルスツからは洞爺湖を挟んで太平洋を臨み、ここからは日本海が見渡せる。
羊蹄山を中心にここ一帯が海からの影響を受けやすいと言うことが良く解る。

さておき、本当に良い景色だ。
見晴らしのいい日で本当に良かった。
(後編につづく)

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.04.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR