FC2ブログ

Insta360 ONE X

2019_0507-2.jpg

GoPro HERO7』に『DJI OSMO POCKET』など、こちらで再三に渡り、
買いそうで買わない煮え切らない話を繰り返してまいりましたが、
『insta360 ONE X』に関しては一気に煮え切ってしまった。
まさに、私にとって真打ちと言っていい製品の分かり易さで、
資金繰り以外はほとんど悩み無用でありました。

まあ、得てしてそういうモノだが、
どうせ買うのならば、せめて北海道に行く前に買ってしまえば良かった・・・

「どうせ買うなら一日でも早い方が一日多く楽しめる」は、
札幌のノブの金言だが、まさにその通りだ。
また今度お話しするが、
このタイミングで物欲に駆られて他にもアレコレと手を出しており、
これでも清水の舞台レベルで購入に至ったので、
そのあたりをご理解いただければ幸いだ。

それではまず、『insta360 ONE X』について
軽くアウトラインを説明しておこう。

これはいわゆる『360度カメラ』で、『全天球カメラ』などとも呼ばれる。
その名の通り、一度に360度の全景を撮影してくれるカメラ。
その全景時で5.7Kの解像度があり、そこから一般的な画角に絞って切り出せば、
簡単な話、前後左右、上下にマルチカメラを構えているのと同じことになる。

360度すべての景色がデータとして保存されていて
再生時に画角を設定できるので、
背後の景色も現場で見たとおりに観返すことができる『VRカメラ』でもある。

360度の画角から必要な部分だけを抜き取るので
被写体を中心にして画角をロックしてしまえば理論上手ブレもなくなってしまう。
完全な手ブレ補正カメラとも言える。

確かにHERO7やOSMO POCKETも良い製品でありますが、
結局ここまで手を出せずにいたのは、
すでに2年前に登場していた360度カメラの『GoPro FUSION』に
何だかんだ言って一番惹かれていたからだ。

これは単に新しモノ好きの性格が出ただけの傾向なのではあるが、
なのになぜ、FUSIONにはなびかずに
『insta360 ONE X』になびいたのかと言えば、
VRというややこしい規格だからこそ、撮影後の編集や
操作までをも含めた扱いやすさを確認できたからに他ならない。

そして、一番の決め手はなんと言っても

自撮り棒を消してくれるという機能だ

私は、できれば他人に私のことを撮ってもらいたいといつも思っている人間だ。
でも、できるだけそういうナルシズムは外に見せたくないので、
他人にお願いしてまで自分の動画が欲しいとは思わないややこしい性格だ。

なので、自動追尾機能のあるドローンが最右翼でありましたが、
アクションカメラとして考えると、操作性や機動性、故障や墜落のリスクなど、
やはりドローンは諸々にハードルが高く、考えれば考えるほど選択肢として薄い。

そんな私に、この自撮り棒を消してくれるというとても分かりやすい機能は
この上ない機能であると言えよう。
しかも、360度カメラなので異様に画角が広く、
被写体だけでなく、背景も同時に映り込ませることができる
ドローン的な一人称視点での画が簡単に撮れてしまう。

もちろん画角が異様に広く、先述したデジタルな手ブレ補正によって
映像に違和感を感じることもなくもないが、
被写体の正体を(見た目に)歪みなく維持しながら、
画面の外側を歪ませて広い画角を確保する巧妙なデジタル処理を施し、
「行動」と「場所」を同時に記録することができる。

360度カメラというのはあくまでも大義名分であって
その実このカメラが目指すところは“更にイージーでライトなGoPro”だ。
「結局キミが残したいのはこういう分かりやすい画だろ?」という
ユーザー心理を見事に見抜いた『insta360 ONE X』の一番の特徴だと思う。

それはつまり、敢えて名前に『insta』と謳っているとおり、
SNSでの“映え方”、充実したリアルの見栄の張れ方に他ならない。
GoProがテレビ放映まで視野に入れた“機材”を目指したことと正反対の割り切り方で、
「実際の光景をありのままの映像として残す(伝える)」という
プロスペックに惹かれる気持ちと裏腹に存在する手軽さにフォーカスされており、
そういったユーザー心理の見切り方の潔さに激しく共感してしまった。

2019_0507-3.jpg
2019_0507-4.jpg

それは編集のし易さにも顕れている。
同梱されるケーブル類にはiPhoneに直付けできるライトニングケーブルも含まれ、
撮影後すぐに動画をiPhoneにダウンロードすることができる。
もちろんWi-Fiでも送信できるのだが、有線接続の方が倍以上転送速度が速いし
無駄な電力も浪費しないので言うことなしだ。

何より、言ったように一回の撮影でマルチアングルの複数のカメラで撮ったような
画角のバリエーションを生み出せるので、
編集時に簡単に画変わりをさせられ、観ていて飽きの来ない動画ができる。
そして、動画編集のためのアプリケーションもできることの割り切りが良く、
理屈は複雑に感じられてしまうが、編集操作自体はとても直感的で使いやすい。
コツを掴めば編集にかかる時間はSNSへのアップロードも含め
ものの10分もかからない。しかも音楽付きでだ。

2019_0507-95.jpg

本体からぎょろ目のレンズが両方向に出っ張っているため、
レンズにキズがつきそうで超心配になる。

2019_0507-6.jpg
2019_0507-5.jpg

本体にはソフトケースが付属するのだが、
ぎょろ目がきちんと収まるような凹みが付けられている
サードパーティー製のハードケースも併せて買うことにした。

2019_0507-8.jpg

それと、念のため予備バッテリーを寒冷地用にしておいた。

日曜日に予定していた立山の前日に実機が届くというタイトなスケジュールで、
悩み無用とか言っている割には容易くポチッとはできなかった
私の(サイフの)苦悩を感じとって欲しい。
もちろんInsta360純正の自撮り棒も欲しかったのだが、
なかなかの品薄商品のようで、そちらは間に合わなかったので
以前から持っていたモノで代用した。
そのためグリップのあたりが微妙に消えていないのはご愛敬だ。

というわけで、前日にスケートでテスト撮影した動画をご覧いただきたい。



結局、私がアクションカメラでやりたいこととはこの程度のことなのだ。
でも、この程度のことを撮影ミスなく実現するためには、
自撮り棒を構えたときのカメラアングルなど、
実際の現場での動作以外にも周到な準備や用意など
それなりの面倒が必要な割には必ずしも上手く撮れているとは限らず、
取り返しの効かない奇跡の一本のあとで、
何も撮れていなかったことに気づいて凹んだことなど数知れない。

それを思うとすっかり動画撮影が億劫になってしまっていたのだが、
この360度カメラという方式は、細々したことは基本すべて編集時にすればよく、
撮影時は電源や撮影が開始されているのかといったことにだけ集中すれば良い。
ローアングル、レベルアングル、ハイアングルかはあるにしても、
画角やカメラの向きや位置に関しては、現場で一切の気兼ねが要らない。

滑りに集中できることも
『insta360 ONE X』のアクションカメラとしての秀逸な才能だ。

というわけで、立山で撮った動画はまた来週にでも披露したいと思う。
  

スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.05.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

OAKLEY LINE MINER Factory Pilot Blackout

2019_0325-7.jpg

またも今季駆け込み需要のご報告です。

ここ数年の主流だった視野の広い大型の球面レンズ搭載モデルと
平行するカタチで近頃人気を博している、
というか人気が戻って来ている平面レンズ搭載モデル。

球面レンズはデザイン性と言うよりも、
視野を極限まで広くするために採用された
機能性から導き出されたモノで、製造にも高い技術が求められる逸品だ。

そのため比較的ガチめ、というか意識高めの製品であるのに対し、
オーセンティックな平面レンズは、
もっとカジュアルで横乗りちっくな装いに合うと思う。
そんなファッション性の高さが最近見直されている大きな理由だろう。
つまり、Green Clothing方面のウェアによく似合う。と思っている。

実は、最近良い評判を聞くことの多い
SMITHの『CHROMA POPレンズ』を試してみたくなり
『Squad XL』を探していたのですが、
それにもかかわらず『OAKLEY LINEMINER』の方をポチってしまった・・・

2019_0318-7.jpg

だって、Factory Pilotなんだもの・・・

2019_0318-6.jpg

だって、Blackoutなんだもの・・・

2019_0404-16.jpg

手許に届いてからずっと気になっていたのが
ストラップの裏側に隠されるように存在する
明らかにUSB miniあたりのコネクタがピッタリきそうな謎のスロット。

2019_0326-30.jpg
2019_0326-32.jpg

調べると、このLINE MINERには『Inferno』と呼ばれる
電気的に曇りを取り除くレンズを搭載するモデルが存在するらしい。

しかもInfernoモデルのインナーレンズには
『Plutonite®』と呼ばれる機能が追加されているらしく、
フィルム加工ではなく、製造工程中に組み込まれる
半永久的なUVカット機能を備えるという。
OAKLEYのレンズの曇りを拭き上げようとして、
誤って内側に施された曇り止め加工をガビガビにしてしまったことのある方
多いと思いますが、このPlutonite搭載レンズは、
それを気にせずレンズ内側を拭き上げても良いようにできているらしい。

すでに正規品は売り切れてしまっているようだが、
聞くところによると販売は今季限りで来季以降の販売予定はないとの噂もある。
あれば便利なシロモノなのだが、
本当に必要になる場面ってシーズン中に2〜3回のことだ。
でもその2〜3回が重要な場面に当たると・・・
とか、考え出すとキリがない類の製品。

余分な付属物も増えて見た目がスマートじゃないし、
充電とかも面倒だし、しかも準備万端に充電してもほとんど使わない。
でも「あ〜〜今それがあったらな〜〜〜〜〜」と思うことって
あとあとまで記憶に残ってしまうから、電熱線式でも、電動ファン式でも、
見かけると欲しくなってしまう厄介なシロモノだ・・・
こういうエアバッグのようなに、保険的で高価なモノを買うって
難しい判断を求められるよな〜
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.04.04 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

The North Face CHUGACH 45

2019_0325-3.jpg
やはり、というか、案の定というか、
BC系のウェアを換えるとザックも併せて替えたくなってしまう。

とはいえ、これまで使ってきた『GREGORY TARGHEE 45』も
すでに5シーズンが経過しているので、買い換え時でもある。

2019_0325-13.jpg

という大義名分の元、ザックもノースフェイスで統一するべく、
『CHUGACH 45』に買い換えることにした。

2019_0325-10.jpg

サイズ感はおなじ45L表記でもTARGHEEとはだいぶ違う。
メーカーごとに計測の基準が違うためだと思われるが、
TARGHEEを「45」とすれば、このCHUGACHは「55」くらいに感じるほど
荷室が広々としている。

2019_0325-63.jpg

しかも、荷室の上部は高さ20cm程度で仕切られているにも係わらずだ。

実際に入る荷物の量に大きな差はないのだが、
荷物の入れやすさというのは、
こうも容量に対する感覚を良くするのかと感心させられる。
メインの荷室だけでなく、アバランチギアポケットも同様に広々としており、
ここにクライミングスキンをしまっておく私としてはとてもありがたい。

2019_0325-64.jpg

TARGHEEが身体から遠い箇所が軽くなるように
裾と正面パネルに向かって台形に絞るように細くなっていくフォルムが
採用されているということも関係があるのだろう。
それと較べるとCHUGACHはスクエアなフォルムを守っており、
特に横方向の空間取りに分がある。

2019_0325-11.jpg

私的にとてもうれしかったのが、このポール用のループ。
ただ縛っているだけではポールがベルトの隙間から
抜け落ちそうに思えてしまう私に、これはグッドアイデア。
細かい話なのだが、これでこそBC用と言える装備だと思う。

2019_0325-14.jpg

近頃使っていないが、畳むと短くなる三つ折りのポールを
収められるポケットもサイドに用意されている。
三つ折りのポールは荷室にしまうには大き過ぎるが
かといってザックのサイドに着けるには短か過ぎるので
これもまたナイスアイデア。

これら以外にも、ヘルメットホルダーなどが
私の使うTARGHEEからアップデートされた部分
(TARGHEEの最新モデルにもヘルメットホルダーはあるようです)。

2019_0325-9.jpg

何より一番に違いを感じるのが背面長で、
どちらも正規店でスタッフの方にサイズ合わせをしてもらって決めたのに
私に合うのは、グレゴリーはMサイズで、ノースフェイスはLサイズであったこと。
確かにLサイズのCHUGACHの方が背中の当たりが大きく感じるのですが、
TARGHEEのLサイズはまったく圏外だったことを考えると
メーカーごとにこれだけサイズ感が違うということが分かる。

もちろん、TARGHEEの使い心地に不満があったわけではないが、
詳細に比較すればCHUGACHの方が背中への当たり方と、
ウエストハーネスの腰の位置のキマリ方の相関関係がよく、
荷物が軽く感じるのでこちらの方が好みだ。

やはりザックは通販では買えないギアの筆頭でありますな。
とても勉強になる興味深い買い物ができました。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.03.28 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

The North Face Gore-Tex Closefit Soft Shell Glove

2019_0226-1.jpg

バックカントリーのハイク時に使うグローブは、
寒さをしのぐというグローブ本来の用途に加え、
特にスプリットボードの場合はモードチェンジの手作業のしやすさも求められる。

指先の使い易さを優先すれば濡れて滲みやすいし、
暖かさを優先すれば指先の扱いにくいものになってしまう。
まさに痛し痒し。

と、いつもいつも考えを巡らせていた私の前に
突如現れたのがThe North Faceの
『Gore-Tex Closefit Soft Shell Glove』。

とはいえ、こいつが唐突に目の前に飛んできたワケでも、
匿名の誰かがプレゼントしてくれたわけでもなく、
いつもは行かない白馬の『GRAVITY』にたまたま行ったら
たまたま目にとまったというだけだ。

2019_0226-39.jpg
2019_0226-56.jpg

手に填めた印象はタイトに手に馴染む印象でフィット感はかなり良い。
グリップを握る感触も素手のように自然で違和感は一切ない。

そのぶん薄手なので、吹雪のような極寒の状況になれば、
その性能を超してしまうとは思うが、
体感温度で-10℃程度までなら、ハイク時のポール操作はもちろんのこと、
スプリットボードのモードチェンジも指先がかじかむこともなく
充分にイケる印象ではありました。

一応スマホの画面も操作できるようになってはいますが、
やはり素手のようにはいかないのでオマケのようなもの。
真剣にスマホを操作したかったら結局手袋を外すことになるのはご愛敬。

耐久性も含め、今後もテストを続けますので、
何かあればこちらでレポートいたします。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.03.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

POC スペアレンズ ケース

2019_0124-1.jpg

近頃レンズ交換を素早くできる機構を持ったゴーグルが増えてきた。

私の使っている『OAKLEY AIRBRAKE XL』も
とても簡単にレンズ交換ができるようになり、
最初からスペアレンズが付属されている。

しかして、家や宿やクルマなどで交換作業をするなら、
あそこまで簡易化されている必要はないとも思う。
あのレンズ交換のし易さは現場でこそ活きる種類のものだ。

バックカントリーなどでも転倒時にゴーグル内に雪が入ってしまい、
かといって慌てて内側を拭き取ると防曇処理が剥がれてしまうので
急ぐならゴーグルごと交換しないとならないことは良くある。

そんなもしもの時のために換えのゴーグルをザックに忍ばせておくわけだが、
それがスペアのレンズで済めばザックの省スペースにも繋がる。

しかして、今までレンズだけを保護してくれるケースというものは
ありそうでなかった。
たとえばOAKLEYの場合、巾着袋状のケースの内側を二層にして
本体とスペアレンズを格納できるようになっているが、
これだと本体を使っている間はスペアレンズを守る保護材がなくなってしまう。

poc_retina1.jpg

私は長くArc'teryxの『Powderface case』で代用してきたが
できれば専用のケースが欲しいと思い続けていた。

2019_0124-12.jpg

そうした中、『anon』が数年前にレンズケースを付属品として
製品に盛り込んだのが、スペアレンズ専用ケースを
はじめて実用化した例だったと記憶している。
改めて調べてみても『SWANS』もがスペアレンズケースをリリースしていた以外、
サードパーティーを含めてそれ以外に見つけることがはできない。

そんな中やっとPOCからリリースされることとなった。
ただし、これはまだ日本国内では正式に発売されてはおらず、
併行輸入などで手に入れるほかない。
今後日本国内でも発売されるのかは不明だ。

2019_0124-4.jpg

早速『AIRBRAKE XL』のレンズを入れてみた。
大きな『AIRBRAKE XL』のレンズだと微妙に横幅が出てしまうが、
使用上問題のない範囲だと思う。

それよりも、レンズの湾曲のさせ方はメーカーごと、モデル毎にも変わるので
それらに対応できるのか?の方が心配でしたが、
ケース自体が形状記憶素材的に手で成形できてしまうので
どのレンズにもピッタリフィットさせられる!

というわけで、
今後バックカントリーにはこのケースでスペアレンズを持ち運ぼうと思う。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.03.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

スノーシューにトランスフォームするバインディング

2019_0304-18.jpg
2019_0304-19.jpg



ちょっとした登りのセクションをツボ足で登るとき、
体力のないオジサンは「スノーシューがあったら・・・」とか、
すぐに情けないことを考えてしまう。
もちろん使わないときはただのお荷物でしかないので、
利便性と滑りの快適性を秤にかければ、
おのずとツボ足で登ることを選択することになるのだが、
ほんの少しでもラクができるならそちらを選択したいのが本音だ。

でももし、バインディングがそのままスノーシューになったとしたら・・・
そんなバカがつくほどの夢のような話をマジメに叶えた製品がある。

それが『Ross Snow Tech』が生み出した『Convert』だ。

そしてこれは、すでにクラウドファウンディングでもなければ
アイデアレベルなどでもなく、一般に販売されている製品なのだ。

正直4月1日(エイプリルフール)にポストしたいようなネタなのだが、
これは紛れもない事実なのである。
(ただし、現在はすでに完売)



モノが物なだけに、現場で壊れたりしては元も子もないので、
耐久性など気になる部分もあるにはあるが、
このアイデアを実現した情熱には最大の賛辞を贈りたい。

三つ折りのポールなど、コンパクトにザックに収めておけば、
サイドカントリーなどで間違った方向に落としてしまったときなど、
躊躇せずに登り返せるのは絶対的な安心感につながる。

もちろん、登り返し前提でルートファインディングに行くときなど、
ポジティブに行動範囲を広げることにも繋がるだろう。

これぞまさに“ゲーム・チェンジャー”。
スプリットボードに続く第3の選択肢としてのポテンシャルは高い。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.03.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

elephant × KAYA 藍染めソールカバー スクエア

2019_0124-6.jpg

2019_0124-7.jpg

elephant × KAYA 藍染めソールカバーもこれで3つめ。
今シーズンもインディ用にスクエアバージョンを買った。

別に1シーズンに1個ずつ買おうと決めているわけではないが、
毎年この発売がアナウンスされるとつい欲しくなってしまう。

2019_0204-29.jpg

Tシャツも買ってしまうくらいにKAYAが気に入っているので、
いっそ一度に形違いを買い揃えたい気持ちもあるが、
こうして毎年ひとつずつ買い足していくのもまた楽しかったりもする。
風物詩。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.02.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR