PETZL 超軽量アイスアックス『RIDE』

2017_0424-73.jpg

ほとんど出番はないと知りつつも、
山の道具はついつい揃えてしまいたくなる魔性のアイテム。
アイゼン、ピッケル、そしてハーネスはその最右翼と言えるだろう。

ただ、ややこしいことに、ギアとしての魅力を感じることとは裏腹に
わざわざピッケルの要るような場所には行きたくない。
という気持ちもまた偽らざる本心だ。

行きたくはないのだが、シーズン終盤にもなると、
周りの「持っていてトーゼン」な方々に、
厳冬期に立ち入れないエリアへ行くお誘いを受ける事も想定され、
アイゼンの時と同様、それはある日唐突に
「明日は一応ピッケルも持ってきて」とかってことになる。

とかなんとか、言い訳を繰り返しながら、
楽しいお買い物の下調べは怠らないのが、私という人間だ。

そんなわけで、アレコレと物色はし続けていたのですが、
長さや、素材、形状を組合わせると、その種類は星の数ほどにも上り、
ドレが何用なのかサッパリ分からない。
加えて頭の片隅では「要らないのでは?」という疑念の晴れない代物なので、
「これなら持っておこう」と思えるような、
よほどの説得力がないと手が出せないままでいた。

そんな及び腰の私の琴線に強く触れる逸品に出会ったのは、
シーズンも終盤に差しかかった、つい先日のこと。
友人がFacebookで、こちらを紹介した記事に「いいね!」したことで、
私のタイムラインにこれの記事が掲載され、期せずして出会うこととなった。
ホントこういう口コミ的な出会いは、広告屋を営む私としては、
とても複雑な心境になる。っていうか、勉強になる。

それはさておき、
この『PETZL RIDE』から目が離せなくなったのは、これが、
スキーマウンテリングを念頭に開発された
超軽量コンパクトアックス
だったからだ。

本来は、実際の使用状況に照らして、使い勝手を判断すべきなのだが、
なんせ、そういった状況に遭ったことがないのだから、
いざ検証しようにもさっぱりわからない。
どれだけネットで調べても、想像はできても、いまいちピンとは来ない。
そういったときに「スキーマウンテリング専用」という説明のされ方には、
すぐに興味をそそられてしまった。

スキーマウンテリングの場合、まず間違いなくストックを使っているので、
ピッケルは、最後の急斜面まで出番がなく、
急斜面でしか使わないため、基本的に長いものは要らない。
それはつまり、最後までザックの中にいる可能性も高いので、
何はさておき軽量であることが重要。という理屈に沿って、
シャフト長も45cmのみの展開と、考え方がシンプルでとても分かりやすい。

というわけで、『PETZL RIDE』の重量は、わずか240gに納まっていて、
私の『GREGORY TARGHEE 45』なら、ゾンデやスコップと一緒に、
アバランチ・ギアポケットに一緒に仕舞えてしまうし、
ほとんどないに等しい重さなので、たとえ使わない可能性が高くても、
気兼ねなくザックに積み込んだままにしておける。

2017_0424-88.jpg

PETZLでは、アイスアックス以外にも、
軽量ハーネスの『ALTITUDE』と、軽量アイゼンの『IRVIS HYBRID』を揃え
スキーマウンテリング用の超軽量モデルをシリーズ化している。
下側の画像を見ても分かるとおり、従来品に較べて、3点ともに、
ザックへの積み込みを躊躇させないコンパクトさを実現している。

というわけで、要りもしないのに、
このハーネスも買ってしまった・・・・

こういうセットものに弱い私が、このアイゼンに手を出さないでいられるのは、
つま先の形状がスノーボード・ブーツには合わないから。
もしスノーボード・ブーツでも使えていたら、
間違いなくこれも買ってしまっていただろう。説得力高し。

2017_0522-48.jpg

ちなみに、この超軽量・コンパクトなアイゼンの505gには,
収納サイズだけでなく、重さでもまったく敵わないが、
私のグリベル エアテックライト(改)も、636gとなかなかに軽量だ。

それはさておき、使う日が来ないことを願う反面、
「でも軽いから」とか言い訳しながら、
ザックに忍ばせ続けることもできるのは、
へその曲がった私にとって、グッドアイテム認定の重要ポイントでもあります。
  

スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.05.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

2017春の立山用アイテムをご紹介

2017_0424-3.jpg

昨年から立山黒部アルペンルートに乗車するときに、
スノー道具をカバーして乗車することが義務づけられた。
代わりに手荷物代がとられなくなったのだが、
少しでも荷物を減らしたい山行に、余計な荷物が増えるのはいただけない。

この規制のなかった一昨年も、黒部湖駅まで、
黒部ダムの上を気が遠くなるような長〜〜〜〜〜い距離を歩くときに、
ボードを持つ手が酷く痺れたので、
どうせカバーを持って行かねばならないのであれば、
いっそ、楽に持ち運べるようにしようと、良い方に思い直した。

そんなわけで、構想3年。
いよいよ今回、そのアイデアを実行に移した。

2017_0424-4.jpg
2017_0424-5.jpg

と言っても、ただスキーストラップに市販のDリングを付けて、
どこにでもあるようなフック付きのショルダーストラップを着けただけだ。
ショルダーストラップを着けたいだけで、カバーするのは二の次なので、
袋はボードが入れば宅急便のカバーでもなんでもいい。
スキーストラップでなくても、アウトドア用品店でパーツ買いできる
一般的なナイロンベルトでもいいのだが、
スキーストラップにしたのは、もしもの山でのトラブルにも対応できるから。

長い黒部ダムを歩くときだけでなく、
乗り物の乗り降りの時もラクに移動できるようになったし、
ポケットからチケットを取り出すときなど、
不安定なボードを肩に立てかけておいても、不安感が拭えないので、
両手が使えるのは想像以上に便利だった。これぞアイデアの勝利。
っていうか、誰でも思いつくでしょうけど、みんな面倒でやらないだけだ。

2017_0424-41.jpg

いつもは雷鳥荘に日本酒を荷揚げしていたのですが、
今回は気まぐれにウィスキーにした。せっかくなので、
前から欲しかった『STANLAY 8oz. FLASK』と、
ロックでやるのに最適な、220ccのチタンマグを買い求めた。

オーセンティックなバーに行くと、
モスコミュールは銅製のマグに注がれて出てくる。
その理由は禁酒法時代の目くらましという説から、
スミノフの販促プロモーションの名残であるなど、諸説あるらしいが、
真相はさておき、モスコミュールは冷たいマグで飲る方が数倍美味い。
それと同じ理屈で、チタンマグで飲るロックもまたうんまいっ!

ちなみに、雷鳥荘は山小屋ですが、
生ビール、日本酒、ウィスキーのアルコール類でも、
つまみでも、ハーゲンダッツのアイスクリームでも、
もちろん氷も手に入れることができるので、
よほど飲みたい銘柄があるわけでもなければ、
重い思いをしてまで、荷揚げする必要はない。

2017_0424-89.jpg

でも、近ごろ私は『ニッカ フロム・ザ・バレル』にハマっていて、
どうせならこいつを山で飲りたいと思ってしまう。

そんな、自分のこだわりの時間を、ほんの少しだけ豊かにしてくれる、
こういった小モノたちに、ついソソられてしまうのは、いつもの通りだ。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.05.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

Kashiwax ストラクチャー・スクレイパー

2017_0424-30.jpg

春の雪は、溶けることで水分が多くなるだけでなく、
表面に浮いた粘着性の高い汚れが滑走面に付着することで、
例の妖怪を呼び起こしてしまう。

そんなストップスノー対策として、それ専用のワキシングを施すわけですが、
現場での対策もとても重要だ。
それの最たるモノが、ワックスに付着した汚れを落として滑走面をリセットする
スクレイパーやブラシ類ということになるだろう。

一本滑るごとに滑走面に手を入れることの有用性に、
すでに疑問の余地はないと思うので、
スクレイパー自体の効果に関して、もはや説明は要らないだろう。

なので、今回購入した『カシワックス ストラクチャー スクレイパー』が、
「簡易的ながらも滑走面にストラクチャーを付けることができる」
という部分が、今回のポイントになるわけだが、正直、普通のスクレイパーと、
どれほどの違いがあるのかまではわからなかった。

2017_0425-5.jpg
ちなみに、私はこれに併せて、同じカシワックス製の
『スモール ブラス ブラシ』も山に持って行っている。

どうやら、断面の凹凸が粗めになりやすい素材で造られているようで、
スクレイパーの角をきちんと立てるように研磨してしまうと、
通常のスクレイパーと変わらなくなってしまうのだそうだ。
なので、削るのではなく、いっそカットした方が良いらしいのだが、
垂直にカットするガイド工具を持っていないのでどうしたものか?


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 閑話休題 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

毎度言うけど、ワキシングは信仰心が一番大切だ。

「これは効く!」と思えばとことん効果が顕れるし、
「イマイチだなあ」と感じたら、地の果てまでイマイチのままだ。

カシワックスというブランドは、
「今滑らないのはもしかして○○○が原因なのかも」とか、
想像を巡らす中で生じる心の隙間にピッタリとフィットするアイデアや、
哲学を提示してくれる、私にとってとてもプラシーボ効果の高いブランドだ。
つまり、私の信仰心と科学的な推論の見事な結節点といえる。

繰り返すが、この『カシワックス ストラクチャー スクレイパー』に、
一般的なスクレイパーと、どれほどの違いがあるのか?に関して、
科学的な説得力のあるデータを、私は持ち合わせてはいない。

それはあくまでも主観的な感想でしかないのだが、
「やるか」「やらないか」で言ったら、やるべきだし、
これを「使うか」「使わないか」で言っても、これを使うべきだと思える。
そういう信じる「気持ち」になれることが何より大切だ。

普通のスクレイパーでも問題のないところで、
「あえてこれにしてみよう」と思えることこそが、
こういったアイテムの一番大切な効果効能なのだと思う。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.04.26 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

Kahiwax『Mazukore』『Tsugikore』インプレ編

2016_1024-19.jpg

今シーズンから使いはじめたKashiwaxの
『Mazukore』、『Tsugikore』ですが、
そろそろ使ってみた印象について書いてみたい。

正直に申し上げて、気温も雪温も低い状況で、
「こりゃあダメだ滑らない」とか、ネガティブな印象を持った
滑走ワックスは今までひとつもないし、
「ワキシングしてるのに、ソールバーンが起こってしまった」とかいうこともない。

良い雪質ならば、いっそワックスなどしていなくても、
そこそこ滑ってしまうのではなかろうか??とすら感じてしまう。
昨今、あれこれとワックスブランドは乱立しているが、
言うほどの性能差はないだろう、と私は楽観的に思っている。
以下に話す内容は、「そういうレベルの滑り手のする話」
だということを前提にして聞いてもらいたい。

3月も半ばを過ぎたあたりの、特に関東圏のスキー場で見られる、
水分量の高い雪だと、そんな鈍感な私であっても、
そこには目に見えるハッキリとした性能差を感じ取ることができる。
なので、ワックス冥利に尽きるのは、まさに春の汚れた雪を滑るときだ。

各ワックスメーカーでは、雪温に併せて数種類用意するのが定番手法だが、
近ごろは全温度対応を謳う機能レンジの広いワックスも少なくない。
トーゼン、面倒くさがりの私はそういうお手軽なヤツにすぐになびいてしまう。
そういった「万能系ワックス」で良くあるパターンは、
雪温が極端に低いとか、水分や汚れが酷く多いときなど、
その守備範囲を大きく外れたときに、唐突に滑走性能を下げてしまうことだ。

なので、アレコレ悩まずに済んで、
しかも、対応レンジという意味においての性能劣化が緩やかなワックスこそ、
理想的だと私は思う。

『Mazukore』、『Tsugikore』も、
この二つだけですべての雪温に対応することを謳っているワックスだ。

パッケージにははっきりと「BASE WAX」「TOP WAX」との記載があるので、
この二つはそういう関係なのかとばかり思っていた。
実はそうではなく、雪温 -2℃から-16℃の極寒と春を除くハイシーズンの
水分の多い雪や雪温が高い状況が『Mazukore』の担当で、
ドライな雪や雪温が低い状況が『Tsugikore』の担当なのだそう。

それはつまり、ひとつですべての状況に対応することは不可能で、
最低でも2つは要るという示唆なのだろう。

湯沢エリアBCでは、山のトップはまあまあの乾雪で、
ボトムは重めのストップ雪だったのだが、
なんらストレスを感じずに滑り降りて来ることができてしまった。
しかも、その前日の谷川岳ではとても乾いた新雪や、
風に叩かれた硬いバーンを難なくこなしたその翌日のことだ。
両日とも同じボードで、滑走前にブラシしただけ。

何せ、ストレスを感じないので、ストップ雪であることさえ報せてこず、
感づいてもせいぜい「ちょっと重いなあ」程度でしかない。
それなのに、最後の林道の緩斜面を滑っている時には、
前走者にどんどん追いついてしまい、極めつけは「さっき酷いストップ雪だったね」
と言われて、そのことに気がつけたほど。
こういった守備レンジの広さは、
今まで使ったワックスに感じる事ができなかった部分だ。

2017_0313-1.jpg

3月中盤まで、25日滑走してこれくらい消費する。
同じだけ塗ってるはずなのに、なぜか『Mazukore』の方が消費が早いのは、
私のいい加減な性格故だが、『Tsugikore』の方が、塗っていて硬く感じ、
より薄く伸ばそうとするので、そのせいもあるかも知れない。

滑走時の耐久性に関しては、今まで使ってきたどのワックスよりも短命の印象。
滑らなくなると言うより、見た目にはっきりと滑走面が乾燥して見えてきて、
ワックスが抜けてきたことを報せてくる。
年末年始の北海道では、6日のうちの5日間を、ブラシをかけながら
TTで滑りきってしまったが、それは雪質の良さによるものだろう。
実際はメーカーが推奨するように、
「ブラシをかけて滑走は2日まで」だと思っておいて良さそうだ。
要は「ヌケの良い」ベアリング効果の高いワックスだと言えると思う。

毎回滑りに行く度に、二度塗りしなければならないのが億劫だが、
この性能を体感してしまうと、それもやむなしと思える逸品だ。

あとは、どのタイミングで『Kahiwax C.W.D.』と交代するか?が
問題となるわけだが、言ったように『Mazukore』『Tsugikore』だけで、
かなりの守備範囲を持っているので、それは本気のストップ雪を迎えてからで充分。
使い分けに関しても一切の悩みは不要だ。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.04.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

GIRO NINE Helmet / Patagonia Look Paint

2017_0324-10.jpg

OYくんが、自分のパタゴニアのウェアにコーディネートして使おうと
酔った勢いでポチってしまったヘルメット『GIRO NINE』は、
届いて見ると、彼のウェアのカラーとは似ても似つかない蛍光グリーンであった。

モニター(OYくんの場合はスマホ)で見るのと、実際に見るのとでは、
かなり違うなんてことは、ネット通販社会では良くある話ではありますが、
それにしても、あまりに不憫なのでペイントしてあげることにした。

2017_0324-3.jpg
2017_0324-5.jpg

まずはマスキングから。
といっても、私のマスキングはかなり雑だ・・・

2017_0324-1.jpg

『マスキングゾル』って知ってます?

2017_0324-2.jpg

プラモデル用のハケ塗りの接着材と同じハケが仕込んであって、
塗って乾かすとマスキングができてしまう。
塗り終わったらパックのようにペロリと剥がれる優れ物で、
こういった細かいパーツのマスキングにとても向いている。

2017_0324-7b.jpg

ベンチレーションなどの穴には、
スポンジを入れてマスキングするのはへそ曲がり流。

2017_0324-4.jpg

近ごろは足付けのサンディングはしないで、
下地は脱脂したあとそのままプライマーを塗布しただけで済ませちゃう。
塗料の足付けにはある程度粗めのサンディングで仕上げるのがいいのですが、
それを最後に平滑に仕上げるのが超メンドクサイから。
絶対にカケたり剥がれたりしないわけではないが、
サンディングした下地より少し弱い程度では仕上げられると思う。

2017_0324-6.jpg

今回は東急ハンズで買えるアサヒペン スプレー塗料。
100ml 513円(税込)の使い切りサイズはとても便利。
クリアーは仕上がり具合がグッと良くなるので必須です。
マットクリアはグロスクリアと違って、最後に磨きも要らないので尚◎。

ちなみに、プラモデル用のマットクリアコートは少々お高いけど、
マットの質感がとても重厚になるので、お金があるときはそっちを使う。

2017_0324-7.jpg

ヘルメットなら、4度がけしたら使い切るナイスな分量。

2017_0324-8.jpg
2017_0324-9.jpg

カッティングプロッタで自作したロゴステッカーを貼ったら出来上がり。

2017_0324-12.jpg

厳密にはばっちり同じ色味ではないのですが、
まあいいでしょう!OYくん、Good Lookin'!
我ながら良い仕事したわ。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.04.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

elephant ソールカバー

2017_0213-17.jpg
2017_0213-18.jpg

今シーズン、MGIC38用に新たにニット製のソールカバーを買った。

GENTEMSTICKを買う毎に、純正のソールカバーを買い足してきたのだが、
私のラインナップで、最古参のMAGIC38の純正ソールカバーは、
すでにカッチカチで、カバーから出すだけでも一苦労させられていた。
純正のネオプレーン製のカバーは、各モデル専用にあつらえられ、
その豪華なフィット感と、高い保護性能がとても魅力だが、
そのため吸水性も乏しく、特に乾燥させずにケースに入れなくてはならない、
スキー場からの車中では、カバーの中は高温多湿になってしまう。

もちろんそういった環境がスノーボードにとって良いはずもなく、
特に、ボード中央にもエッジを持ち、しかもそれらが向かい合って納まっている
スプリットボードの場合、その影響はさらに深刻だ。

elephantのソールカバーは、TT168のKAYA染めのものに続きこれでふたつ目。
(画像右端のBIGFISHに使っているものはelephantではなくAftercover製)
こちらでも再三に渡り「ソールカバーはニットに限る」と申し上げてきたが、
elephantのソールカバーに出会ってから、その思いは更に加速してしまった。

柔らかくて、着脱が楽。
吸水性も高いので、ある程度雪の着いた状態でカバーをして、
車に放り込んでも、吸水性が高いので、エッジが錆びにくいなど、
使い勝手に優れている。そして、ニットという素材は肌触りがとても良く、
愛着が長続きすると思う。

何より、今シーズンは、
シーズン当初からMAGIC38の出番が増えるだろうという予感もあったので、
そういう気持ちを後押しするのにもピッタリのアイテムでありました。

こういったサブアイテムがアゲてくれる気分というのも、
長いシーズンを惰性なく楽しむ秘訣だと私は思う。
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.04.12 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

OAKLEY AIRBRAKE XL

2017_0203-2.jpg

ゴーグルとグローブは、新技術や、新しい発想など、
機能的なアップデートが色濃く反映されやすいアイテムですので、
新しモノ好きの私は、毎年あれこれ買ってしまう。
という言い訳を垂れ流してから告白を続けると、
今季は先日お話ししたPOC IRIS BUG用の「ZEISSレンズ」と、
今回紹介する『OAKLEY AIRBRAKE XL』の二つを買わせていただいた。

先日こちらでご紹介したPOCのリプレイスレンズはシーズン前に購入したもので、
今回はつい先日、つまりシーズンを折り返したあたりにポチってしまった。
やはり、ショップではそんなに気にもならなかったのに、
実際のフィールドで目にすると欲しくなるモノって、案外多いですよね?

POCの搭載するZEISSレンズに、ズッポシと惚れ込んでいた私は、
ここ2シーズンほどはPOC以外のゴーグルには目もくれずに過ごしてきた。
ここのところOAKLEYのPRIZMレンズや、SMITHのChroma popレンズなど、
新しもの好きの琴線に触れる、新しいレンズテクノロジーが立て続けに発表されたが、
私にはZEISSレンズのクリアな視界が一番合っているように感じたからだ。
(SMITHはフレームが私の顔にフィットしないのでChroma popは未経験)

そんな私の目とレンズとの相性もあるのだが、
私がPOC一辺倒になった理由は、それまで信者買いを繰り返してきた
OAKLEYが繰り出す新しいフレームデザインが、
どれもこれもピンと来ていなかったことが大きな理由だ。
そんな中、この『AIRBRAKE XL』には、久しぶりに一目惚れしてしまった。
これは問答無用にカッコいいと感じられた。

一目惚れとは言っても、近ごろのゴーグルの値段は
簡単にポチッとはいけない、絶妙に胃に来る価格設定がされている。
一旦シーズンがはじまってしまうと、
3万円以上もするゴーグルの優先順位は下げざるを得ないので、
ひとまず値段がこなれてくる頃合いを見計らうことにして、
そのときになってから考えることにした。

そして、先日披露させていただいたように、
Arc'teryxのウエアを新調したのを機に、
色合わせの意味も込めまして、『PRIZM Sapphire Iridium』が搭載される
こちらのBlue Shadeカラーを、定価の半額程度で購入することができた。
待てば海路の日和あり。

早速使ってみれば、これまた「XL」の名前に恥じない視界の広さ!
上下左右にとにかく広い。IMAX版だ。

2017_0206-18.jpg

今まで使ってきたフレームレスデザインのゴーグルも
その視界はかなり広かったのだが、こちらはそれらと較べても更に広角だ。
こりゃたまげた。
もちろん私のデカ顔を小顔に見せる効果が、更に高くなるところも高ポイント!

2017_0206-16.jpg
2017_0206-17.jpg

それと、AIRBRAKE譲りの、トリガーレバーの操作だけで、
簡単にレンズが交換できる機構は、XLでもそのまま受け継いでいるので、
予備のゴーグルが要るような山行でも、
付属する予備のパーシモンレンズだけを持ってい行けば済んでしまう。

2017_0203-1b.jpg

POC以上に未来的なディテールなので、
カジュアルなGreenclothingとのセットアップには不向きかとも思いましたが、
これまたどうしてお似合いでござんした。

(私にとっての)OAKLAY時代再来か!?
  

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.03.23 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR