ホンダ FITに思う、ニッポンのスモールカー。

2017_0105-16.jpg

デカイ図体して、私はコンパクトカーが大好きだ。
もちろん、洋物かぶれの私なので、アウディA1、フィアット500、MINIなど、
欧州のコンパクトハッチ、中でもホットハッチ系がお好みなのでですが、
マツダのデミオや、ホンダのFITなど、
実用的な日本のコンパクトカーも、けっして嫌いではない。

今年の年末年始の北海道旅行は、
いつも使うレンタカー会社の予約が一杯で、いつものカローラではなく、
ホンダ FITの4WD(しかもハイブリッド!)になった。
そんな、少々古い話で誠に恐縮ですが、
ちょうどマイナーチェンジも行われるとのことなので、
今日はホンダ FITの話をしようと思う。

2017_0630-28.jpg
新しいFITは、なかなかデザインが秀逸で、見た目も良い。
(上の画像はマイナーチェンジされた新型)
かといってデザイン優先で居住性が低いということもなく、
二人での移動であれば、荷物が多くても
充分以上に広く感じる室内空間をもっている。
調べればお値段も190万円ほどからあり、かなりお手頃。
質実剛健を絵に描いたような、まさにニッポン的な価値基準のクルマだ。

しかして、欧州車と比較してみれば、
残念ながら基本性能に関しては、そのデザインほどには高くない。

中でもエンジンはゴウゴウとやかましく、遮音性はかなり低い。
しなやかな乗り心地と共に、足回りからの振動は
かなり抑えられているように感じたので、これはモッタイナイと思った。

それと、シートがいただけない。
腰の弱いOYくんは、かなり辛そうだったし、私ですら長時間乗るとキツかった。

MADE IN JAPANの本懐として、そういった基本的な「良いクルマ」の条件を、
この値段の中で達成しなければならないと心底思うし、
もしそれが達成できていたら本気で欲しいとすら思う。
あと少しのことだと思うのに。ほんとモッタイナイ。

2017_0105-45.jpg

最後に、デザインが良いとは申し上げたが、
運転席から右側の見切りが悪すぎるのは、ちょっと危険だとすら思う。

私は性格的にこういう部分が一度気になりはじめると、
運転中ずっと気になってしまって、気が気でなくなる。
危険が言い過ぎだとしても、要は目障りな感じがして運転に集中できない。

ここは居住性にも何も関与していない部分で、あえて言えば、
フロントウィンドウを寝かせることで、空力特性を有利にする程度の話だろう。
サイズ的にも長距離ランナーではないのだから、
空力特性の必要性もさして高くはないので、
これはある意味デザインのためのデザインだとも言える。

2017_0630-31.jpg
2017_0630-29.jpg
2017_0630-30.jpg

MINIやFIAT500など、過去のオリジナルを持つデザインの場合、
フロントウィンドウはボンネットラインより立てられるが、
欧州車の中でも『プジョー208』あたりはフィットと似たような、
スラントしたノーズを持つが、これだけ運転席からの見切りは良く出来ている。

プジョーに出来て、ホンダに出来ない理由はない。
これも返す返すもモッタイナイ。
こういう所を大切にできないと、本当の意味でのクルマ文化は、
この国には生まれて来ないと思う。

アイデアは、余分なものを削ぎ落とす引き算で生まれるが、
それは決してコストカットと同意義などではない。
かかるべき所には、充分なお金をかけなければ、良いモノにはならないはずだ。
その見極めと、センスが日本人はまだまだ足りないと思わされる。
基本的な部分はかなりよく出来ているので、あとほんの少しの努力だと感じる。
ホントにモッタイナイ。
  

スポンサーサイト

テーマ:徒然 - ジャンル:車・バイク

2017.08.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

フランス、2040年ガソリン車販売禁止へ

2017_0710-19.jpg

フランス、EV社会へ大転換

ガソリン車禁止の余波


フランス政府が6日、2040年までに国内のガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を明らかにした。自国に世界大手のメーカーを抱える国が、ガソリン車禁止を明確に打ち出したのは初めて。実はフランスに似た動きは欧州やアジアでも相次ぐ。同日には40年時点で全世界の新車販売に占める電気自動車(EV)比率が5割を超えるとの予測も出た。電動化の流れが一段と加速する。
(2017/7/7 16:05日本経済新聞 電子版)

フランスは2050年までにCO2の排出量をゼロにする
カーボンニュートラルを目指すらしい。
この化石燃料使用車の新車販売を禁止する方針もその一環だが、
それにしても、お膝元にルノーとプジョーを抱えながら、
よくもこんな大胆な舵取りが出来たものだと関心させられる。
ちなみにフランス政府はその二社の大株主だ。

こういった流れはフランスに限らず、
ヨーロッパ各国にもある。
しかして、ここまで明確な指針を示したのはフランスが初めて。
今後はアジアも含めた各国が、この流れに追随するものとみられる。

もちろん、日和見な東洋の島国も例外ではないだろう。

何にしてもこれは良いことではあるが、
私の次のクルマ選びにも少なからず影響のある話だ・・・

まあ2040年には、私はこの世にいないか、生きていても
お国に免許を剥奪されているかだろうから、無駄な心配かとは思うが、
2040年までに、ガソリンスタンドを含めたインフラ
(化石燃料車は税金がクソ高いとか)が、
どのような変化をしていくのかが心配だ。

あ〜〜暗い話になってきた・・・・

2017_0710-23.jpg
さておき、こちらはルノーのEV『ZOE』。
9月に発表予定の新型日産『リーフ』の兄弟車と思われる。
一回の充電で400kmの走行を可能にしているらしい。
リーフとは違ってなかなか愛らしいデザイン。さすがはおフランス車だ。
電気嫌いの私でも好感の持てるデザインだ。

2017_0710-21.jpg

2018年にはアウディから
500kmの航続距離を誇るEVも登場するとのことだが、
この通りその姿はお世辞にもカッコ良くはない。

2017_0710-22.jpg

こちらは2020年に登場予定のポルシェのEV『ミッションE』。
ってことは2020年あたりには、現在は過渡期と言って差し支えないEVも、
そこそこ熟れてくると思われる。

2017_0710-20.jpg
このVWの『キャンパー・バン』もEVで復活させると発表されて久しい。
こんなのEVで乗れたらいいなあ〜〜
でもだ、そこまで今乗ってるA3がもたない気がするんだよな。
っていうか、そもそもうちに充電できる駐車スペースがないんだよね・・・
やっぱオレっちに電気自動車は無理か。
  

テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク

2017.07.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

RAM Mount iPhone 7 Plus 車載ホルダー

2017_0704-26.jpg

iPhoneはすでにクルマの中でもシームレスに操作が可能な、
『CarPlay』の対応車種を増やしているが、
たとえば、サーフィンで海に向かうときなど、
集まる仲間の状況把握のためのメッセンジャーやLINEなどでのやりとりや、
Google Mapなど、運転中にiPhoneを操れると便利なことは多い。

2017_0626-16.jpg

特にGoogle Mapに表示される渋滞情報は、
Google Map利用者の位置情報を吸い上げることで
混雑状況を把握するというもの。
カーナビに装備されるVICSのように、渋滞情報を監視している路線だけではなく、
たとえ裏路地であろうと、そこにGoogleを利用するスマートフォンがあれば、
そのGPS情報によって道路状況を判断してくれる。
もちろん速報性に長けているうえに、その精度は意外に思えるほど高く、
一度使うと手放せなくなる。

それと私は、クルマのオーディオはiPodに対応しているのですが、
ナビ画面のオーディオコントロールでiPodを操作するよりも、
iPhoneを繋いでiPhoneのタッチスクリーンで直接選曲した方が早いし便利だ。
そんなわけで、CarPlayに対応していないカーオーディオを搭載する私は、
iPhoneの画面が見やすく、しかも操作もしやすい位置に
マウントを設置することにした。

とはいえ、私はエアコンルーバーを使ったマウント類は、
ドリンクホルダーの時代から嫌い。そして、
ダッシュ上に両面テープでマウントするのも野暮ったくて好きではない。
そもそもA3のダッシュボードには細かいシボ処理が施されているので、
両面テープを含めて、接着系は無理だということもある。

2017_0626-9.jpg

そこで、オートバイでも使っている『RAMマウント』を使うことにした。

『RAMマウント』は、
様々にラインナップされたパーツを組み合わせることで、
アクションカメラ、ナビ、タブレットなど、
iPhoneに限らない様々なガジェットを、
クルマ、オートバイ、自転車、ヨット、カヌーなど、
様々な場所にマウントすることを可能にしたマウントシステムだ。

2017_0626-15.jpg
もちろん豊富なラインナップの中には、窓ガラスにサクションカップ(吸盤)で
留めるタイプのマウントも含まれるが、私はオーディオから伸びるケーブルを
iPhoneに繋いで使いたいので、これは却下。
Bluetoothでオーディオと接続すればいいだけことなのだが、
iPhoneのバッテリーの問題、何より「無線より有線接続の方が好きだ」という
私の信念もあって別の方法を考えた。

2017_0626-8.jpg

まずは、iPod nanoを入れっぱなしにしておけるように
グローブボックスに引き込んでいたDockケーブルを、
センターコンソ−ルのシフトレバーの前側に位置するポケット
(灰皿の位置)の裏側から出すように変更。

そして、A3のセンターコンソールの両サイドにあるグラブレールの裏側には
表面にシボがなくフラットなので、そこに接着式のベースマウントを貼り付け、
2つのアームパーツをジョイントで結合し、
シフトレバーを一番前に倒す「パーキング」位置にシフトしても
マウントと干渉しないような高さ(長さ)まで上げた位置にセットした。

2017_0626-11.jpg

横から見るとこんな具合だ。
本音を言えばスッキリとアーム一個で済ませたかったが、
一個でここまでの高さを稼げるアームがなかったためこのように対処した。

2017_0626-13.jpg

画面の向きや角度もいかようにも設定できるので、
容易に好みの位置を見つけることが出来る。
ちなみに、関節部は360°可動するので、
iPhoneの画面を横向きにして固定することも可能だ。

いや〜〜〜我ながら子供じみているとは思いますが、
ガジェットを使いこなすことで、クルマの快適度が向上すると、
運転が更に好きになってくるから不思議だ。
  

テーマ:カー用品 - ジャンル:車・バイク

2017.07.11 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

テスラ 全自動運転テスト動画



これ、マジすごいから観てみて!

自分で自由に操作できる方がもちろん楽しいに決まってるけれど、
走って気持ちの良いワインディングロードならまだしも、
真〜〜〜〜っ直ぐで単調な高速道路を、
ただ黙々と走り続けさせられるのは正直に苦痛だ。

スキー場や、海まで、
寝ながら行けたらどんなにラクだろう。と、いつも思う。
助手席で行くにしても、運転者への手前、横で寝るわけにもいかんし。

さておき、技術革新はもうここまで来ているんです!
笑っちゃうくらい分かりやすい未来。
  

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

2017.06.15 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

ところで、車泊、活用してますか?

2017_0522-42.jpg

車泊を活用する仲間は多い。
それこにはもちろん、宿代を節約できるというコストメリットもあるが、
むしろ、行動範囲とそのための選択肢が、
一気に広がることメリットの方が見逃せない。

早朝から行動を開始することの多い我々の場合、
前日どうしても仕事で帰りが遅くなってしまう日や、
ベッドには入ったものの、なかなか寝付けない日など、
無理して眠ろうとするより、さっさと出発して、
現地で寝てしまった方が、いっそグッスリ眠れることもあるだろう。
そして、朝の交通渋滞を避けるために、
予定時間よりもだいぶ早く到着してしまうことも多く、
そういうときに、現地で気兼ねなく仮眠ができるのも嬉しい。
そして、夜の空いた一般道を走って高速代を浮かすなんてこともできたりする。

そういった精神的余裕は、すでに捨て置けないレベル・・・・
・・・であることは重々承知しているのだが、
私の車があまり車泊には向かない、いわゆる「Cセグメント」のハッチバック
であることを差し引いても、今まで車泊を避けてきたのには理由がある。

それは、私はこう見えて、なかなかの神経質だからだ。
音でも振動でも、つい過敏になって目が醒めてしまうし、
寒さにはまだ道具で対処できるが、暑いことには絶対に耐えられない。
眠れなくては、車泊のメリットはむしろマイナスになってしまう。

そんな私にいよいよ車泊を迫る事態が起こった。
富士山である。

高度順応を考えても、何としても五合目で前泊する必要に迫られ、
いよいよ車泊の準備を整えることとなった。

まずは、トランクスルーも含めた、いくつかのシートアレンジを試してみたが、
結局のところ、素直に助手席を倒して横になるのが、
一番スペースを稼げることが判明。

ただ、助手席の背もたれを倒したときに、
座面との間に深めの段差が生まれてしまうので、そこを埋める必要があり、
適度な厚みを持つクッションを入れて試してみたところ、
快適とまではいかないものの、背中も脚も真っ直ぐに伸ばすことができる、
まあまあフラットなスペースが確保できた。

2017_0522-43.jpg

実はこのシートの段差は、車泊派にとっては、
すでに万国共通の悩みでもあったようで、
それ専用の敷物がすでに用意されていた。
痒いところに手の届く、まったくもって便利な世の中だ。

早速購入してテストしてみれば、柔らかすぎたクッションとは違い、
硬さもシートと同適度にできており、
凹んでそこに身体が落ち込んだりすることもなく、
さらにフラット感が増すようにできていた。
流石は専用品。ナルホドよく考えられている。

2017_0605-14.jpg
2017_0605-15.jpg

身長178cmの私だと、それでもまだ足首から先が座面からはみ出してしまい、
宙ぶらりんだと気持ち悪いので、足を載せる台座に、
クリアボックスを用意して手当てした。これならなんとか眠れそうな予感。

というわけで、富士山に登る前夜の須走口駐車場と、
茨城でサーフィンをした土曜の夜に車泊にチャレンジした。
標高2,000mの須走口は、まだこの時期は寒いくらいなので、
寒冷地用の厚めの寝袋が必要になるが、暑いよりはずっといい。
茨城の海岸沿いでは、今の時期はまだ涼しいくらいで、むしろ適温。
ザワザワとした周りの音が気にならなくもないが、
耳栓をしてしまえば気にもならないレベルだ。

前夜に飲み過ぎたおかげで、寝付きが良かったような気もしないでもないが、
朝には比較的スッキリと寝覚めは良かったので、
ひとまずはこれで及第点といったところだ。

とはいえ、寝床の作り方など、まだまだ改良の余地はありそうなので、
更なる安眠に向けて、もう少し探ってみようと思う。

常に車泊を前提にする気もさらさらないが、
言ったように、車泊を選択肢に入れられれば、可能性はかなり広がる。
これからも、使える範囲で活用していこうと思う。
  

テーマ:カー用品 - ジャンル:車・バイク

2017.06.14 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

第101回 インディ500 佐藤琢磨 日本人初優勝!

2017_0530-8.jpg
2017_0530-7.jpg

『F1モナコGP』、『ルマン24時間レース』と並び、
『世界三大自動車レース』に数えられる『インディ500』で、
佐藤琢磨が日本人として初となる優勝を遂げた。

2017_0522-59.jpg
2017_0530-11.jpg

2度の世界チャンピオンに輝いたF1の現役のトップドライバーで、
その世界三大レースのすべてを制覇する野望を持つ、
すでにモナコGPでの優勝経験を持つフェルナンド・アロンソは、
(三大レースすべてに勝利したことがあるのはグラハム・ヒルただ一人)
今回、そのモナコGPを欠場してまでインディ500への挑戦を発表した。

そんなわけで、いつもはインディカーレースには、
まったく興味をそそられないF1ファンの私ですが、
今年の『インディ500』を観戦しないわけにはいかなくなってしまった。

モナコGP(フジテレビNEXT)の放送が終わったのが0時近くで、
そのほぼ1時間後からインディ500の生放送がはじまった。
私の観たGAORA(CS放送)は、もちろん有料チャンネルなのだが、
たまたま「1ヶ月無料」のキャンペーン期間と重なり、
それもあって観戦することができた。
正直お金を払ってまで観たかと問われれば、甚だ疑問だ。

観客動員数40万人超。
テレビ視聴者数は軽く100万人を超える
世界三大レースに数えられるほどのビッグイベントなのではあるが、
なかなか観る機会がなかったのは、

2017_0530-9.jpg

「オーバルトラック」と呼ばれる、一周2.5マイルのただの丸いコースを、
左回りにグルグルと200周するところを観て、一体何が楽しいのか?
まったく理解できなかったからだ。

なので、アロンソの件がなかったら、
今年もまったく興味を持つことはなかっただろう。
アロンソという餌に釣られて、たまたま観ていたレースで、
日本人初優勝という歴史的快挙を見届けることができたわけなので、
ある意味アロンソには感謝しないといけない。
実際に日本のみならず、
ヨーロッパでのインディ500の注目度も上がったらしいので、
現役F1チャンピオンの人気が、いかに高いのかを示したことにもなった。

さておき、500マイルという長丁場のレースは、
マラソンのように少々間延びした感は否めないが、
最後の10周の攻防はかなり手に汗握るスリリングな展開となる。
今回は特に、佐藤琢磨がラスト2周でトップに立ってそのまま逃げ切ったので、
最後の2周のドキドキ感と言ったらハンパではなかった。

そして、そんなスリリングな展開を生み出しているのは、
紛れもなくこの単純なオーバルトラックなのだ。

最高速度380km/hに達するマシンを、
壁に囲まれたランオフエリアのない場所で、
レース中ほぼアクセル全開で走らせることの凄さは説明が要らないほど、
とてもシンプルで分かりやすい。

マシンに命を預けられるようにセットアップする技術、
もちろん精密な運転技術が求められるが、それ以上に、
純粋にドライバーの度胸が試される。

そして、少しのミスが文字通りに「命取り」になる残酷な一面もあり、時に、
一人の小さなミスが、何台ものクルマを巻き込む多重クラッシュに繋がる、
サバイバルレースの要素も併せ持つ。
単純でいて豪快な、何ともアメリカらしいレースだ。

だから、マシン、チーム体勢、ドライバーに、
それらの条件が揃えば、かなりラクに追い抜きができてしまう。
予選順位がそのまま決勝順位になってしまう、
ほとんど抜きどころのないモナコGPの真反対の存在だ。

しかして、抜きやすいのは抜かれた方も同じ条件なので、
またすぐに抜き返されてしまうし、
時には2〜3台まとめて抜き去るなんて、
漫画みたいな離れ業も観られたりする。

2017_0530-10.jpg

そんなスリップストリームの使い合い、奪い合いのレースなので、
終始団子状態のまま進行し、一台のブッチギリなんてことはまずあり得ない。
最後の10周に10位あたりまでに位置する
どのドライバーにも優勝のチャンスがあり、
優勝の行方はチェッカーフラッグをくぐる最後の最後までわからないという
「これぞレース」と言いたくなるギリギリの展開が見物なわけだ。

アロンソは、かなりの周でラップリーダーをとり、
「ひょっとしてこのままいっちゃうんじゃねーのか?」と
予感させる力走を見せるも、残り20周でのエンジンブローにより
リタイヤとなってしまったのであるが、
その代わりに、同じアンドレッティのチームメイトで、
元F1ドライバーでもある佐藤琢磨が優勝するという、
とてもドラマチックな歴史的瞬間を観ることができた。

もちろん、狭い市街地コースを、
針の穴を通すような精密なドライビングで駆け抜けるモナコGPも、
もの凄いレースだと思うし、ほとんどイコールコンディションで
行われるインディカーとは違って、世界最高の技術の粋を集めた
色とりどりのF1マシンの競演も見応えのあるレースだと思う。

それぞれにそれぞの面白さがあるわけで、
今回も、自分の単純な食わず嫌いで美味しいレースを見逃していたのだと、
改めて気づいた次第であります。

さておき、優勝した佐藤琢磨の手にした賞金は、

なんと245万8,129ドル(約2.7億円)!!!
これを聞くと、素直に祝福できないセコい自分が悲しくなるが、
それだけデカいレースで日本人が勝ったのだと思うと、やっぱり鼻が高い。

ちなみに、アロンソは『ルーキー オブ ザ イヤー』を獲得し、
30万5,805ドル(約3,392万円)の賞金を手にしたそうだ。
2度の世界チャンピオンを獲った男をルーキー扱いするだけでなく、
これほどの賞金をポンと与えてしまうとは、
流石はイチローに新人賞を与えるアメリカだ。態度もデカいが懐もデカい。
いやはやとんでもないレースでありますな。
  

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

2017.06.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

先日ののF1スペインGPでの心温まるヒトコマ



予選4位からのスタート直後の1コーナーで、
フェルスタッペンと接触して、リタイヤとなってしまった
フェラーリのキミ・ライコネン。

その直後に、フェラーリのスタッフユニフォームに身を包んだ
ライコネンのファンとおぼしき男の子が
泣きじゃくる姿が国際映像に映し出された。

そのあと、フェラーリは主催者、テレビクルーを通じて男の子の座席を確認し、
家族三人ぶんのVIPパスを発行して、男の子の家族をパドックに招待した。
そうしてやって来たフェラーリのホスピタリティブースで待っていたのは、
なんとリタイアしたばかりのキミ・ライコネン!

家族はそのあとも同じフェラーリに乗るベッテルが2位に輝いた
表彰式を間近で観て行った・・・

その一部始終はレース中にも放映され、
世界中のファンから賞賛のメッセージが届いたそうだ。

F1にあまり馴染みのない方だと、
「これくらいのこと」と思われるかもしれない。
でもこれは今まででは考えられないような本当に画期的な出来事で、
私ももう長いことF1中継を観てきたが、こんなの初めて観た。

F1を統括する親会社がアメリカのリバティ・メディアに買収され、
それまでの、ヨーロッパ式で敷居の高かったF1を、
アメリカ的なオープンなエンターテインメントに変革する流れが進んでいる。
前CEOのバーニー・エクレストンは、
ばく大な放映権料の獲得と維持を第一義にしていたため、
無料で映像を垂れ流されてしまうSNSなどの
ネットマーケティングに対しては、否定的な立場をとっていた。
そういったいわゆる著作権維持の観点から、マーチャンタイジングなどにも
多くの規制がチームや、ドライバー、関係者に課されていたという。

なので、スタート前ならまだしも、少なくともレース中は、
1秒たりともレースに関係のない映像が電波に乗ることはなかった。

昨今では、そのばく大な放映権料を払えずに、無料放送をできなくなった国や、
フランスやドイツという、お膝元での開催が、そもそもなくってしまうなど、
F1でもファン離れが深刻化していた。

それによって、各チームの開発費となるはずのスポンサー収入が減少し、
ビッグチームと独立系チームとの格差はさらに拡がって、
結果、レースの醍醐味も失われるという負のスパイラルに陥っていた。

とはいえ、権威的で閉鎖的だったことの良い面ももちろんある。
そうすることで得たばく大な収入を、チームへ還元することで、
大きな技術革新と、世界最高のドライバーを集めることに成功し、
現在の「モータースポーツの最高峰」というステイタスを生むに至ったわけだ。

そのため、こういったアメリカナイズされた、
現在の流れを疑問視するムキもなくはなかったが、
今回のこの心温まる「事件」によって一気にその流れは加速するだろう。

実際、サーキットでのイベントなど、
今まで主催者側からの規制が多かった部分でも、
来場者に「また来たい」と思わせるような仕掛けがかなり増えているらしい。
ネットマーケティングへの規制も緩和され、
動画で得られる情報もかなり増えてきた。

来季からザウバーにホンダ・エンジンが供給されることも決まり、
その契約条項には日本人ドライバーの起用も含まれているらしい。
この良い流れに乗って、
日本でももう一度F1への関心が高まることを期待したいところだ。

2017_0522-59.jpg

話変わって、
2度の年間総合チャンピオンに輝いた、F1のトップドライバーである、
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、
伝統のモナコGPを休場してまで、同日に開催される
アメリカ最大のモータースポーツの祭典『インディ500』に参戦する。

先週行われた予選の結果はなんと5位!
ちなみに予選4位は日本の佐藤琢磨だ!
決勝は、モナコGP終了後となる、日本時間28日、25時19分スタート。
この現役のF1トップドライバーであるアロンソの、
インディ500参戦にも賛否両論あるようだが、
話題性のあることはいいことだと思う。私は素直に応援したい。
  

テーマ:F1GP 2017 - ジャンル:車・バイク

2017.05.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR