FC2ブログ

クライミングスキンのグルーの貼り替え

2018_1127-7c.jpg

そろそろクライミングスキンの糊の貼り替えもしないとならない時期であります。
私はクライミングスキンに関してはブラックダイヤモンド推し。
それはグリップとグライド感のバランスの良さもさることながら、
グルーの特性が日本の気候(湿度)に合っているように思うからだ。
あくまでも年数回しか登らず、オフシーズンに冷蔵庫で保管しない私の意見だが、
G3のグルーは湿度に弱いのか、
私の使い方だと2シーズン目の最後にはグルーがドロドロになってしまう。
対してブラックダイヤモンドの方は3シーズンは保つ。

なので、G3のクライミングスキンであっても、
私はブラックダイヤモンドのグルーリニューで貼り替えをしている。

ちなみに先日、春〜夏と冷蔵庫で保管されていた
OYくんのクライミングスキンを確認する機会があったのだが、
3シーズン目でもグルーはまったく溶けることなく、
しっかりと固形の状態を保っていた。
やはり、冷蔵庫で保管した方が良いのですね・・・

とはいえ、家族も使う冷蔵庫に、
あんなデカい汚らしいものを入れっぱなしにはできないし、
かといってこのために冷蔵庫を買うのもアホらしいので、
私はこれからも常温保存でいこうと思います。

というわけでグルーの張り替えをするわけですが、
貼り替え用のグルーシートは、在庫の数もそんなに多い品物でもないため、
いざシーズンに入ってから探しはじめるとすでに完売しているなんてこともある。

気の小さい私はいつも余分に買っておいているのですが、
札幌のノブのグルーの張り替えを依頼され、先日グルーリニューを探すと
11月の中旬時点で今年のぶんがまだ入荷してきていないという。
過去にはシーズン中に一切入荷しなかったこともあったのだそうだ。

ひょっとすると、新しいバージョンのグルーにアップデートされるのかも知れない。

果たして、今年グルーリニューは入荷するのでしょうか?
(チューブのゴールドラベルの方は入荷があるようです)

2018_1127-6b.jpg

グルースクレパーで古いグルーを剥がす作業はマジに気持ち良い。
手に伝わる得も言われぬ微振動と、ゴッソリと取り除かれていく様子が
見事にシンクロして、まさに快感であります。

ちなみに、剥がしたグルーはドロドロに液状化しますが、
冷めるとまた固まるのでそれほど掃除に苦慮はしない。
しかも、剥がす前よりも少し固形力が増しているようにも感じるので、
シートの上からアイロンで熱を入れると、
劣化したグルーでも少しは締まるのかもしれない。
これについては今シーズン張り替えをしないクライミングスキンで試してみようと思う。

2018_1127-4b.jpg

アイロンで転写シートの上からグルーに熱を入れたら
上からローラーで押しつけ。

2018_1127-25.jpg

余分なグルーを取り除けば、ハイ完成。
う〜〜ん、ビューチフル。

2018_1127-20b.jpg

プチネタですが、
捨ててしまう余ったグルーは、ベトベトとチートシートに残った
劣化したグルーを取り除くのにとても便利。

2018_1116-20.jpg
話変わって。

日本にも毎年代わる代わる新しいクライミングスキンのブランドがやって来ますが、
命にかかわるものなだけに、なかなか新しいものには手が出せない。
そんなコンサバな私でも、Vectorglideが提供している『Contour』は要注目だ。

シール同士を貼り付けてもスムースに剥がせるので、
チートシートに貼って持ち歩く必要がなく、
温度変化に強いので冷蔵庫に保管する必要もない。
シーズン毎にクリーナーで洗浄すれば粘着力が蘇るので、
グルーを貼り替える必要がないなど、
この話が本当ならまさに夢のようなクライミングスキンだ。

とはいえ、似たようなメリット謳って玉砕していったブランドも少なくはないし、
山の上で辛酸を舐めさせられているスキーヤーやスプリットボーダーを
見てきたので、美味しい話に「はいそうですか」と乗っかるわけにはいかない。

もう少し模様眺めが必要になりそうではあるが、
久しぶりに期待のもてるブランドであることは間違いない。
多くのフィードバックが上がってくるのを待つことにしよう。
  

スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.12.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

サーフィン@茨城 12/2

2018_1203-15.jpg

忘年会シーズンに入り、金曜日に飲み会の入った私は
土曜日をアルコールデトックスに充て、この週も日曜日に波乗り。

仲間はみな予報の良かった土曜日に海に行ったので、
この日は気軽なお一人様。
とはいえ予報は時間を追う毎に悪くなり、
一人だと余計に寝坊の誘惑が強まってしまうので、
寝る前にサーフィンのビデオを観てやる気を滾らせたのだが、
逆に興奮しすぎて寝付けなくなってしまった・・・子供かっ。

2018_1203-9.jpg

ゆっくり5時過ぎに家を出て、波情報を橫目で睨みながら高速を北上するも、
やはり昨晩からの予報と大差ない。むしろ悪化傾向。

早朝の時点で鉾田のポイントはすでにジャンクになっており、
風も北東が強まる予報だったので、やはり大貫に向かう。

2018_1203-11.jpg

友部ジャンクションを過ぎた辺りでの外気温表示はいよいよ3.5℃!
日中は13℃まで上昇する予報だったのですが、
さすがにこの数字を見ると細胞レベルでビビる。

2018_1203-12.jpg

そうして海に近づくと、なんとサンビーチの駐車場の入口が大渋滞!
おいおい!真夏でもこんなの見たことないぞ!
一体何が起きた?!

なんでも百里基地で航空自衛隊の『航空祭』が行われるとかで、
そのための臨時駐車場になっているのだそうだ。
ここから百里基地(茨城空港)までシャトルバスが運行されると言うが、
直線距離で約20km、40分近くかかる距離だ。
気持ちは分かるケドさ、クルマで来る意味なくない?・・・

2018_1203-13.jpg

そうしてなんとか駐車場にクルマを停めるも
波の方はすっかりなし。

風はなく面は鑑のように超キレイなのだが(いわゆる凪ってやつですね)
ロングボードがあればなんとか遊べるかも・・・レベル。

仕方がないので南下開始。

2018_1203-16.jpg

鉾田の北側のポイントを覗くと、やはり波数多めで重なりがち。

2018_1203-18.jpg

でも、中にはこんな波も混ざっていてなんとかできそう!

2018_1203-22.jpg

もし誰かを強引にここに連れてきていたら、
まあまあ険悪になること必至の波なのだが、今日の私は一人。
この際好きにやらせていただく。

何より誰も入っていない。いるのは釣り人と海猫だけ。
完全貸し切りだ!と、せめて前向きに捉える。

2018_1203-19.jpg

小波、風波でも遊べる、こういうときは迷わずASQ FISH!
持っててヨカッタ!

モモ〜コシといった波が3秒おきに続いてきて、いちいちメンドクサイのだが、
ありがたいことに基本的にどの波も全部「割れている」。
なので、どの波でもテイクオフできると言えばできる。

たまに巡って来るハラサイズで、
加えて波間の広いところを狙えば横に滑ることも可能だ。
もちろん走り出すとすぐにひとつ前の波に追いついてしまうので、
刹那のことではあるのですが、何よりこの広いビーチに一人ってところが最高。
レギュラーでもグーフィーでも、ニーボードでもまさにやりたい放題。
真夏だったら真っ裸で入ってやるところだが、さすがに寒いので止めておく。

悪いながらも「20本乗る」と決めて練習に励むも、
1時間足らずであっさり目標達成。
あとは惰性で30分追加し、1時間半やったところで
波がグチャグチャになってきたので上がることにした。

意外に楽しかったので、気をよくして更に鹿嶋まで南下することに決め、
ウェット着たままクルマを走らせたのだが、
セミドライを着て運転するのは思いの外キツい。

2018_1203-24.jpg

下津を覗くとオン風ぶんぶん。
ライフガードの方々がトレーニングしている以外はこちらもサーファー0人。

2018_1203-25.jpg

諦め気分でもうひとつ南下し平井海岸まで行ってみると、
こちらは20人近くのサーファーが入られていたので
私も混ぜていただくことにした。

とはいえ、こちらも広〜〜いビーチですので、
20人くらいではほぼ貸し切りに変わりない。

こちらも先ほどのポイントと同様。
わしゃわしゃと重なる中にふっと現れるセットを狙っていく。
基本分厚い波なので捕まえるのも容易いが、
いかんせん波間が狭いのでロングボードでは初速を生み出す隙間がないし、
パンチがなさすぎてショートでは走り出さない。
まさにオルタナティブ冥利に尽きる日だ!!!!!

しかも、崩れた後でもあとから波がリフォームされてくるので、
小波を捕まえやすいオルタナならば、
次々に小波を乗り継いでインサイドまでかなり長く乗っていくことができる。
途中からはどこまで乗って行けるのか、というゲームにチェンジ。
こりゃ意外と楽しいぞ。

2018_1203-26.jpg

と、なんのかんのと13時まで2時間以上遊んでしまった。
いや〜〜〜楽しかった!

一人でいれば誰にも気兼ねせずにいられるので、
こんな小波でも気持ち次第では十二分に楽しめることが分かった。
これまた貴重な経験だね。
  

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.12.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR